トップページ > カテゴリー [2008 南米クレイ・春ハード ]

ブエノスアイレス・ロッテルダム・サンノゼ - ライブストリーミング・リンクほか

<ロッテルダム>



<ブエノスアイレス>



<サンノゼ>
ライブストリーミングがありましたね。・・・の一言で済まそうと思ったけど、ディエゴが出るんだった。




Besanconチャレンジャー
サントロ(WC)、アンチッチほか

    

【続きを読む】にはドローなど

コスタドサウイペ・マルセイユ・デルレイビーチ - 錦織圭優勝

■デルレイビーチ決勝
[Q] N Nishikori ((JPN) d [1] J Blake (USA)  36 61 64

技術もだけど、その「動じない」試合ぶりがすごい。(SFでは「ナーバスになった」なんて言ってたけど、嘘でしょ?)

2セット目早々にブレイクして2−0にしたのはいいけど、ブレイクがBPを握る。そこで錦織は(今日初めて?)サーブアンドボレーに出てデュース、そのままキープした。たしか今日も似たようなことやってた。

とにかく、おめでとう! デルレイビーチって、ボロテリ・アカデミーから近いのかな? だとしたら、現地の観客は「日本人が優勝」というよりも「隣町のKEIが優勝した!」と喜んだかも。

本当にツアー常連になってくれそうで、同じ日本人としてうれしいです。(非国民モードになることは多いと思うけど。たとえば来週のサンノゼとか・・・)

そうそう、私がここ1年半ほど割と錦織君のことを気にかけてきたのは、RG2006でジュニアの部に出てた彼を見てるからです。
それまで名前も聞いたことなかったんだけど、早朝のチケット売場前の行列でたまたま話をした日本の方からこういう有望ジュニアが出るって聞いたので、どれどれと見にいきました。(アルゼンチンのE. Massaとダブルス組んでいたので余計に見てみようという気になった)

  ■RGジュニアダブルス優勝の錦織圭とE. Massa(RGサイト写真リンク)
  ■錦織圭・E. Massa@RGジュニア2006(観戦写真)

後で読んだところによると、錦織君はスペイン語はまったくわからないし、Massaは英語をしゃべらないし・・で、まったくコトバによるコミュニケーションが成り立ってなかったらしい。ベンチタイムには何事かしゃべってるようにも見えたけど・・・?

ちなみに、そのMassaは故障続きで2006末以来大会に出てないようです。どこかのテニススクールでコーチをしているらしいという話を読んだのですが・・・


■デルレイビーチ・ダブルス決勝
[2] M Mirnyi/J Murray d [1]Bryan/Bryan 64 36 10-6

マックス/マレィ兄の新ペアになってからほとんど勝ててなかったけど、米国でブライアンズを下しての優勝とは素晴らしい。


大西洋を挟んでマレィ兄弟↑↓が優勝。


■マルセイユ決勝
[4] A Murray (GBR) d [WC] M Ancic (CRO) 63 64

デ杯を切り捨てた選択は正しかった、というところかな。

私は【デ杯オトコ】が好きだけど、トップ選手がトップでいるためには時には(あるいは常に)デ杯を切り捨てることも必要だと思う。
スイス国民は、フェデラーがデ杯に力を入れて1位の座を滑り落ちるよりも、デ杯は捨てて1位の座をキープする方を選ぶと思う。ラファがデ杯に入れ込みすぎてナンバー1またはウィンブルドン優勝またはRG4連覇なり5連覇のチャンスをつかみそこなっては、スペインテニス界にとってもマイナスだし。

マレィの場合、デ杯に入れ込むより少しでも多くウィンブルドンで勝つことの方が大切だと思う。マレィ本人にとっても、英国テニス界にとっても。


■ブエノスアイレス決勝
[1] C Moya (ESP) vs [2] N Almagro (ESP)

モヤの優勝希望。
アルマグロ&彼のファンには悪いけど、ブエノスアイレス・チャンピオンというのは外見もとても大切な要素なんです・・・・・

ビニャデルマルの結末

追記:
■“Pico” Mónaco no jugará la Davis por un esguince en el tobillo
荒い画面ですがモナコが故障した試合場面。アカスソのスマッシュの後にモナコが倒れている所が映ります。


■動画 ゴンvsCuevas
うわっ、はじまってすぐにゴンがラケットを虐待・・・

■モナコの怪我は当初3~4週間かかるものとおもわれていましたが(=ブエノスアイレスには出られない)、集中治療によりひょっとしたらブエノスアイレスに間に合うかもしれないとのこと。(ソース
モナコは今週のランキングでは過去の自己最高(19位)を大幅に上まる14位。まだ去年のブエノスアイレス優勝のポイントが残っているということもあるけど、14位は14位。おめでとう!

ビニャDay5

追記: Tenis Formによると、ここでライブストリーミングだそうだけど・・・?:
http://web1.mega2.cl/atp2008/v2/

追記その2: MTF情報によると、↓で上記チャンネル視聴権を1ヶ月購入(およそ10ドル)するという方法がある: 
http://www.jumptv.com/
(このサイト、たぶん既出。今後はこの可能性を考えるべき。) ←既出どころか「リンク」に入ってた。
たぶんこれですね: http://www.jumptv.com/en/channel/MegavisionChile/



■QF [3] J Monaco (ARG) d J Brzezicki (ARG) 62 63
1・2回戦はモタモタしてたけど、今回はすっきり決めました。

■QF S Ventura (ESP) d F Fognini (ITA) 63 63
こういう言い方はVenturaに失礼だけど、ガトに勝った選手がその後も勝ち上がってくれてうれしい。ドロー運が悪かったと言うつもりはない。上位シード選手に当たったわけじゃないんだから。ただ、同じ1回戦負けでも、相手がこれだけ強かったというのであれば、この先に希望が持てるという話。

モンダイは・・・モナコ vs Ventura@SF。
どう考えても私はモナコ応援なんだけど、「ガトに勝った選手が優勝したら、ガトも浮かばれる」などという悪魔の囁きが聴こえてくる。一番いいのは、【Venturaの大健闘虚しくモナコが決勝進出→決勝はモナコの圧勝=事実上の準優勝はVentura!?=ガトも浮かばれる】なんだけど。

■QF P Cuevas (URU) d [7] J Acasuso (ARG) 63 63
若いと思ってたCuevasも22歳だそうで(誰かさんと同じ1月1日生まれ)、もうこれくらい勝ってもおかしくない年です。でも、アカスソもがんばれ~!

■QF [1] F Gonzalez (CHI) vs C Berlocq (ARG)
ゴンもだけど、ベルロクも強気発言: 「(オルナとの3時間に及ぶ試合の後でも)体調には問題ない」 「自分にはゴンサレスに勝てるだけの力はある」 「(開催国選手&ナンバー1シードとして大きなプレッシャーのあるゴンと違って)自分にはプレッシャーはないし、観客が相手応援であっても気にならないどころか却って燃える」

追記: [1] F Gonzalez (CHI) d C Berlocq (ARG) 75 60

■ダブルス
SF
M Gonzalez/Monaco d [WC] A Garcia/Ramirez Hidalgo 63 64
うわ~、ひょっとして、モナコったらダブルス・シングルス制覇のチャンスあり!?

QF
N Lapentti/J Murray d Fognini/Hartfield 46 63 11-9 (Match TB) - Saved 2 M.P.
惜しかった!



■ゴンのマタ抜きがGIFアニメ(というのかな?)見られるATPサイト・ニュース:
Gonzalez Wins All-Chilean Opener; Chela Stumbles Again

■動画 ゴンvsディエゴ
[1] F Gonzalez (CHI) d D Hartfield (ARG) 63 64
ディエゴはこの日、27歳のお誕生日でした。
遅咲きでもいい、キレイな花を咲かせてもらいたい。

■動画 モナコ vs Vassallo Arguello

■去年フェデラーがあと10年プレイするつもりだとか言ってたようですが、ゴンも長持ちしそうです:
"Carlos Burgos, PF de González: “Tranquilamente puede jugar hasta los 35 años“ 
(ゴンのフィットネストレーナーが「ゴンサレスは35歳までやっていけるだろう」と語ったらしい)

■納得の一言
タイトルをディフェンドすることのむずかしさについて、オルナが語っておるな:
オルナ: 「タイトルをディフェンドするだのなんだというのは、ジャーナリストが創り上げたもの。去年と今年は別のものなんだ。毎週のようにタイトルをディフェンドしてるのはフェデラーだけさ」

"I played poorly, that's all," Horna said. "All that story about defending a title is something you journalists create. Last year was one thing, this year is another year. (Roger) Federer is the only one defending a title every week."

 blog it

ビニャDay3&4 - 2回戦

[3] J Monaco (ARG) d M Vassallo Arguello (ARG) 63 46 75 - saved 3 M.P.
2セットで勝ちなさい・・と言いたい所だけど、こういう試合を落とさなくなっただけで◎。

P Cuevas (URU) d [4] F Verdasco (ESP) 75 63
ベルダスコはクレイに移行したばかりだし、Cuevas(86年組)はずっと順調に伸びてきているから、アップセットというほどではないかも。

[7] J Acasuso (ARG) d (Q) D Gimeno-Traver (ESP) 62 62
JP Brzezicki (ARG) d (Q) M. Granollers-Pujol (ESP) 62 62
F Fognini (ITA) d [Q] D Marrero (ESP) 64 67(5) 63
S Ventura (ESP) d S Roitman (ARG) 46 63 76(4)
ガトに勝ったVenturaが次のFogniniにも勝つか!?

C Berlocq (ARG) d L Horna (PER)  7-6 4-6 7-6
ディフェンディング・チャンプのオルナ敗退。
昨年優勝した時には「とりわけ妻には感謝したい」と言ってましたが、今回はその妻と子ども2人が同行。裏ATPサイトのトップニュースに妻子との写真が出てました)


? [1] F Gonzalez (CHI) vs D Hartfield (ARG)
明日、ディエゴ勝利というニュースを見られるかな?


今日のところはこれだけ・・と思ったけど、ポーランドのチャレンジャーの結果をチェック。QFはかなり興味深いメンツ:

Challenger ATP KGHM DIALOG Polish Indoors Wroc0142aw 2008


ビニャデルマルDay2

■F Fognini (ITA) d [2] J Chela (ARG) 76(0) 62
ドロー見た時にちょっといやな感じだったんだよね。Fognini(87年組)、去年RGでモナコと当たった時にすごく良かったし。(Fogniniの足のマメだかがなかったら、モナコが負けてた確率かなり高し)

■[Q] D Gimeno-Traver (ESP) d [Q] E Schwank (ARG) 64 16 61
■[Q] M Granollers-Pujol (ESP) d B Pashanski (SRB) 76(4) 62
■[4] F Verdasco (ESP) d [WC] H Podlipnik (CHI) 64 63
スペイン若手、好調なり。
Schwankが負けちゃったのは残念。(私ってやっぱり面食い?)

■L Horna (PER) d [5] A Calleri (ARG) 64 64
がんばってオルナ♪ (やっぱり面食いじゃないみたい・笑) デ杯前だもん、気合入るよね。それにディフェンディング・チャンプだし。

M.Gonzalez/Monaco vs Armando/Zeballos 62 46 10-7

■Day1のディエゴは今季初勝利でした:
 D Hartfield (ARG) d M Zabaleta (ARG) 63 75

彼の公式サイトより:
「いいプレイができなかった。でも、アタマを冷静に保つことができて、それが勝利につながった。こういう勝ち方をすると自信がついて、今年の成績にも影響してくると思う。むずかしい試合に勝てて満足してる」
「次、ゴンサレスに当たるとしたら、得意のフォアハンドが使えないようにバックサイドを攻めまくる。彼は今調子があまり良くないし、このチャンスを活かしたい。」

次の対戦相手はゴン。ようやく入ったトップ100から滑り落ちてしまったディエゴは、死にものぐるいでぶつかるだろうと思う。チャレンジャー回りの生活に戻るか、ツアー公式戦を回れるか・・・の境目だものね。全豪が終わってランキングガタ落ちのゴンもかわいそうだけど、ここは勝たせていただきます。(こっちは生活がかかってるのよっ!)

■Day1で敗退したコリア。DF10本(DFで試合終了)だったそうだけど、2時間の試合にも疲れも見えず、見通しは明るいようです。
(ソース: http://www.fuebuena.com.ar/?p=686)



<Wroclawチャレンジャー>

■今更だけど、Wroclawではカロル・ベックが予選から本選入りしてました:

予選R2: Karol Beck (SVK) d. (4)Mikhail Ledovskikh (RUS) 7-6(1) 6-3
予選R3: Karol Beck (SVK) d. (5)Jeremy Chardy (FRA) 6-3 7-6(5)
本選R1: Beck d. Qureshi 61 36 64

■Golubev d Serra 36 60 64
 Melzer d Troicki 63 36 76
2回戦ではこの2人が対戦。


<ダラス・チャレンジャー>
■Brendan Evans def Todd Widom 6-3, 1-6, 7-6(5)

ビニャデルマルDay1・ガト登場そして敗退

ライブスコアが動かない・・・
コリアの試合はかろうじてRadio Cooperativaサイトで動いてる模様。Cuevas有利と思ってたけど、4−4・・・あ、Cuevas*5−4になった。コリア、いくつかBPがあったのにデュース、CuevasのSP、デュース・・・・結局6−4でCuevas。

ガトはどうやら負けた模様。3−6 4−6(2ッセット目べーグルという説も・・・)らしい。スコアははっきりしないけど、負けたことは確かみたいです。



■Day1の結果から:
S Ventura (ESP) d [WC] G Gaudio (ARG) 63 60
 第1セット40分。第2セット15分。
 
P Cuevas (URU) d G Coria (ARG) 64 46 63
 復帰第1戦でCuevas相手にこのスコアなら健闘と言っていいのでは?
 
[3] J Monaco (ARG) d N Lapentti (ECU) 26 63 64
 最終セット4−4でブレイクしてそのまま勝ちました。

D Hartfield (ARG) d M Zabaleta (ARG) 63 75


■動画: マスー語る (ガトが一瞬だけど出てくる)
普通ならマスーはパスなんだけどなんとなく途中まで見てみた。始まってすぐにマスーがガトに声かけてる場面が出てきます。チェックしてよかった♪




結果も大事だけど、ガトが試合を楽しめますように。
テニスっていいな、と思えますように。

¡Buena suerte y  vamos,  Gaston!

  • Court 1 Not Before 1.30 pm
    Gaston GAUDIO
    vs Santiago VENTURA
  • Central 2.00 pm
    Guillermo CORIA
    vs Pablo CUEVAS

  • Central Not Before 5.00 pm
    Carlos BERLOCQ / Martin VASSALLO-ARGUELLO vs Juan Ignacio CHELA / Fernando GONZALEZ
    Nicolas LAPENTTI vs Juan MONACO

ビニャデルマル・ドロー(豪華ダブルスドロー追加)

■大会公式サイト:http://www.movistaropen.cl/

http://web1.mega2.cl/atp2008/v2/(大会メディア協賛MEGA TVの大会特集ページ)

ひょっとしたらここで何か見られる? (たぶんダメだとは思うけど。サイドバーのFOTOやVIDEOから去年の大会のものが見られます。)

SFと決勝のTV放映: TyCLatino-America, SporTVBrasil, Tennis Channel USA
ニュース動画配信:ESPN, FOXSport, CNNなど

去年のガト発見:
clipped from web1.mega2.cl
 blog it





ガトの1回戦はSantiago Ventura。
せめて一勝。

コリアが復帰。(プロテクトランキングでエントリー)
さすがにマレィ弟は出なかったけど、予選にマレィ兄とジェイミー・ベイカーが出場。

SF希望は【ディエゴvsベルダスコ】、【モナコvsチェラ】
もちろん、モナコvsガトになるのが一番だけど、いつになく現実に即した希望を挙げておきます。

...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)