トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 2007 オフシーズン > 今年を振り返る - その1【疾風怒濤のゴン】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今年を振り返る - その1【疾風怒濤のゴン】

2007年テニス界のあれこれ・・を書こうしたけど、いろんなことがありすぎてまとまらず。(というか、記憶力の低下が・・・)
それならば・・と、今年書いた記事をさっと眺めて「あ、こんなことあったっけ。こんなこと言ってたっけ。こんなこと書いてたっけ」というのを数回に分けてお届けします。

ま、要するに、過去記事から目についたものをコピペして時々コメント(←自分の記事に自分で)してます。過去の自分との対話・・・ナンチャッテ。コピペ部分は文言の一部を変更してることあり。茶色部分は今の私からのコメント。
最初は「1ヶ月=1記事」ペースかなと思ったけど、春になって観戦に出かけたり、分家ブログ「あれこれ」を始めたこともあって、だんだん3ヶ月=1記事ペースという感じになってます。


■チェンナイ・アデレイド・ドーハ

ナダル: 「来年(2007年)はむずかしい年になるだろう。トップ5で終われたらいい出来だと思う。・・・」

ナル、例年より1週間早くチェンナイからスタート。初めて自宅以外で誕生日を迎える。モヤとナダルもケーキが食べたくて(!?)一緒にお祝いしてくれた。
ここでモヤたちとグーーンと距離が縮まってマヨルカのエギジビに呼ばれたりプレステ仲間に混ぜてもらえたものと思われる。よかったね。しかし、腱炎?のせいで1回戦敗退。

例年全豪前後から飛ばしてくるハルバティ。06年末に故障してたようだけど、今年はイマイチ振るわず。全米以降大会に出ていなくて、年頭は21位だったが年末のランキング136位。で、近々右肘だかの手術で、来年の全豪欠場だそう。

そんな北欧勢がどこまで活躍するかも、今年は注目していきたいです。(バモ族にかまけて忘れてしまいそうだけど~)
 ーなどと書いたことは、やっぱりすっかり忘れてました。

サントロ、我が道を行く: “The fact that I haven't won a Slam, or reached number one has nothing to do with my kind of game, my preference for touch.I have reached the highest level I could. I simply wasn't able to progress beyond.“

ゴン」 (過去記事へのリンク)
ゴンの今年の目標は、GSまたはマスターズシリーズでの優勝。



■シドニー・オークランド・クーヨン

モナコ無事予選を通過し、本選入り

SF: C Guccione d J Del Potro 57 63 75
デルポトロ、キャリア初のATP大会SF進出

(1)Djokovic d Guccione 63 67(6) 64
ジョコビッチ、勝ちビビリ。“....I was - how we tennis players say - choking in the end....“

[3]Ferrer d Gaudio 57 63 62
3−5でこのゲームをキープしなきゃセット取られちゃう・・という場面でフットフォルト宣告。アタマにきたガトは、セカンドサーブのトスを上げつつ大々的にフットフォルトをおかし・・・「ナーンチャッテ。(トスが流れたから)やり直し~」
HtHはガトが4勝3敗でリード中。(3連敗中、とも言えるけど・・・)

昨年末、ジョコビッチがマレィに「来年は僕たち二人ともマスターズカップに出られるといいね」と言った。

モヤは16試合連続で最終セットタイブレを取っている。キャリア合計32試合。
追い込まれればこんなに勝負強いモヤなのに、強かった時のフェレロには最終セットタイブレを2回も取られている。

SF: Moya d (6)R Gasquet 63 46 62
モヤ: 「満員のスタジアムでトップ10を目指してる若者を倒す。しかも、体力面でもまったくひけをとらないんだ。こういう試合は、僕にとってうれしい驚きだ。」

<いい人賞>フェレール
決して流暢とはいえない英語で一生懸命インタビューに応じる姿はジャーナリストたちの賞賛の的だった。



■全豪

予選 Golubev vs. Gulbis
Gulbis楽勝と思ったのに負けてた。後日コモ・チャレンジャーでGolubev見たけど、まだ若くてかわいかった。

アピアランス・フィー」(過去記事へのリンク)

ロディック d Tsonga 試合終了後、ロディックは十字をきってました。

ナル(何と2セットダウン中 − 故障?)
8-Nalbandian d Tipsarevic 6-7(5) 4-6 7-6(2) 6-0 2-1 (Tipsarevic retired)
あれれ? リタイアしたのはナルじゃなくてヤンコだったんだ。ナル、命拾い。この命、大切に。

Muller d Gaudio 6-0 4-6 6-2 6-3
どうして、、、、ベーグルと縁が切れないのだろう。そして、なぜ116位(ミュラー)に負けるかなあ。。
ガト@LOTTO!!! フェレロ、フェレールに続いて、なぜLOTTO!?
(この負け試合で何かポジティブな点は?と聞かれ)「早くウチに帰れること」

フェレロが負けたのが、ガトの敗戦以上にシンジラレナイ。ファンはつらいだろうけど、フェレロはまだまだ勝てます。多分いいプレイは出来ているんだろうけど、それがうまくクリックして成績にむすびつかないという状況なんじゃないかと思います。
当時、フェレロとガトはふたりしてイチコケ記録更新中でしたね。。

セブがいいのは確かだけど、ナルは(まだ)どこか悪いの? アンフォースとエラー多すぎ。結局フルセットの末ナルが勝ってQF進出。

全豪ジュニア(男子シングルス)
錦織圭は出ないみたいです。彼は今週はチリで開催されているチャレンジャーに出場、予選2回戦で敗退。

ジョコビッチ(次のフェデラー戦について): 「僕はまだ降参してない。もし白旗を掲げてコートに出るとしたら、僕はここで何をしてるっていうんだい?」

MTFから:
4大大会すべてでQF以上に進んだ選手(現役):
 フェデラー 全豪W 全仏F 全英W 全米W
 ナルバンディアン 全豪SF 全仏SF 全英F 全米SF
  − 以上のふたりはすべてでSF以上 
 ヒューイット 豪F 仏F 英W 米W
 サフィン  豪W 仏SF 英QF 米W
 ナダル   豪QF 仏W 英F 米QF 
 ゴンサレス 豪QF 仏QF 英QF 米QF   
この中でGS優勝してないのはナルとゴンだけ=そろそろか? (特にナル)
あとちょっとでエリートクラブ↑入り:
 Davydenko (QF, SF, R2, SF)
 Roddick (SF, R3, F, W)
 Hrbaty (QF, SF, R3, QF)
 Ferrero (SF, W, R4, F) 
  この後ウィンブルドンでQFに進み、エリートクラブ入り。
 Grosjean (SF, SF, SF, R3)
 Henman (R4, SF, SF, SF)
 Moya (F, W, R4, SF)
 Kiefer (SF, R4, QF, QF)
 Bjorkman (QF, R4, SF, QF)
 T.Johansson (W, R2, SF, QF)

フェデラーとナダルが1、2位になってから、この2人両方に勝ったのはベルディフのみ。
ナルもこの2人両方に勝ちました。

ナダルとフェデラーのHtHは6−3でナダルがリード中。約3年前にフェデラーがナンバー1になってから、フェデラーに2勝以上しているのはナダルだけ。ナダルの2年連続年度末ナンバー2というのは、94~95年のアガシ以来の記録。
ナルがラファを抜いて3勝、となりました。ラファ、ナルに負けるな!

SF Gonzalez d Haas 61 63 61
ウィナー42、アンフォーストエラー3
ゴンとは思えない。神懸かっているとしか思えない数字。しかも、どう考えても(絶)好調なハース相手に。ゴン、一体キミに何が起こっているんだ~~~!?

Gonzalez d Del Potro 7-6(7) 4-6 6-7(3) 6-4 4-0 RET
デルポ、はじめての5セットマッチだったこともあり痙攣で途中棄権。

200全豪Day2で期待されたてたけど撃沈されちゃった人たち↓、みんな今年の全豪で名誉挽回:
 Chela b Murray 6-1 6-3 6-3
 Haas b 14-Gasquet 6-2 7-5 6-2
 Horna b 22-Monfils 6-4 7-5 6-1
 Goldstein b Djokovic 6-2 1-6 6-3 6-2
 Bogomolov Jr. b 9-Gonzalez 4-6 7-6(6) 6-3 6-7(3) 7-5
  この時のゴンはウィナー80本、アンフォーストエラー85本。ボゴモロフは各55本、53本。

デルポトロとの2回戦では【昔のゴン】が出ちゃったそうです: 最初の2セットでアンフォーストエラー41本
もちろん、ゴンはガッカリ。そこでステファンキがゴンに言いました: 「ちがう、ちがう、ちがう。明日は明日の風が吹く。だからグランドスラムには7回戦もあるんだ。いい時もあれば悪いときもあるのさ」


1月29日付ランキング
ハース、トップ10復帰。02年10月以来のトップ10復帰。(02年5月に最高位2位達成→04年2月1086位)
ナル11位。→3年8ヶ月ぶりにトップ10にアルゼンチン勢ゼロ。最盛期にはトップ20に5人くらいいたこともあるというのに、現在トップ20にいるのはナルだけ。
トップ20に南米勢はゴンとナルだけ。
デルポトロ、いつのまにか67位。(コロレフ84位)
モナコ、抜かされて70位。がんば!
カニャス106位 − まだまだごぼう抜きの予定。
ディエゴ・ハートフィールド109位 − 今年こそ全仏・全英・本選にダイレクトインできますように! (去年の今頃は200位くらいだったから、順調に上がってるといっていい)
ちなみに、ガトは39位でした
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/12/23 ] 2007 オフシーズン | TB(0) | CM(2)

チェックするの?

チェックするの?
[ 2007/12/24 10:45 ] [ 編集 ]

もちろん

するよっ♪
[ 2007/12/25 08:39 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。