トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦 私の観戦記 > 交通事情を少し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

交通事情を少し

観戦記・・・というほどのことではないのですが、ちょっとだけ交通事情について。

最近、列車に乗り込む前にプラットフォームにある検札器(というのかな?)で切符に刻印しなければならない国が増えているようです。
(ヨーロッパの鉄道駅は改札のよ うなものはなくて、切符がなくても列車に乗り込めてしまう。車内で検札があり、切符を持ってないと罰金をとられることあり。オランダでは、以前は乗車し てから車掌から買うということも可能だったけど、最近ルールが変わって何十ユーロかの罰金。)

イタリアでは、特急など乗車券と座席指定券が1枚になってる場合は刻印なしでも大丈夫なようです。そうでない場合は40ユーロの 罰金。
私はそんなこと知らずに罰金を払う羽目に。もっとも、その車両には他にも外国人旅客がいて、ガイジンじゃしょうがないと大幅割引をしてくれて5ユー ロで済みましたが。

フランスでは特急でも刻印が必要みたいです。私はオランダ行き特急(座席指定要)だったこともあるのか、「刻印するように」と言われただけで罰金は取られませんでしたが。
オランダは・・・そういうお知らせみたいなのを見ないので、たぶん不要。

市内交通(バス・メトロ・市電など)のシステムは場所によってイロイロで、旅行者は苦労する。
ジェノバではバスの切符は乗車前に買っておかないといけないらしい。(運転手さんからは絶対に買えないのか、買えるけどバカ高いのかは不明) 私は、路線図を探している時についでにキオスクで回数券を買っておいたからよかったけど。

ジェノバは地理カンがなかったけど、適当に予約しておいたB&Bが中央駅の次のBrignole駅のすぐ近くで、中央駅よりもたくさんのバスがそこを通ってい た。そのうちのふたつがテニス会場に行くのだから、下手な鉄砲、数打たなくても当たることもある。会場まで歩いても30分だか60分(時間を計らなかった ので不明)だったし。

空港では・・・ローマから帰る時、手荷物検査を通過するのに30分くらいかかった。(これまた時間を計ってなかったので実際は20分とか50分だったかもしれないけど)

タクシー乗ればいいという人もいるかもしれませんが・・・旅行者はボラれることもあるのを覚悟。

この前Todiから帰ってきた時、深夜に最寄駅(アムステルダム中央駅)からタクシーに乗るのがいやで3、40分ほどゴロゴロとスーツケースを引っぱって歩きました。だって、最近の駅前タクシーは(特に深夜になると)まるでローマ空港のタクシー乗り場みたいな雰囲気なんです。並んで待っている正規タクシーの先頭のクルマに乗って・・・という風に素直にいかない。「そこなら◯◯ユーロ」って・・・メーターじゃないのか? 自分の街なのにこんな思いをするなんて~~~ 

あ、旅行者の方は深夜に中央駅近辺をふらふら歩くなんて危険なことはしないように。あぶないですよ。ま、居住者でもそんなコトしない方がいいんだけど。私も次回は深夜バスにでも乗ることにします。あるいはあきらめてタクシーに乗るか。。。いや、深夜なんかに帰宅しなくて済むように気をつけよう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/09/23 ] 観戦 私の観戦記 | TB(0) | CM(7)

日本なら

言葉が読めるし通じるからそれほど困らないけど、海外で交通機関を利用するのは本当に大変です。
果たしてこの汽車に乗っていいのか?路線は合っているのか?降りるところは此処でいいのか?
一種、博打ですよね~

>市内交通(バス・メトロ・市電など)のシステムは場所によってイロイロで、旅行者は苦労する。
はい、嫌っちゅーほど苦労しました。
下手にバス停周辺の風景を地図から想像してると驚くほど見つからないんですよね。
[ 2007/09/23 21:27 ] [ 編集 ]

そうそう、おまけに突然到着ホーム変更になったり・・・ 
アナウンスされても、自分の列車のことだと気がつけば回りのヒトとかに訊けるけど、気がつかないこともあるし。

ま、私の場合、言葉バッチリの日本でもイロイロ苦労しますけど。。。
[ 2007/09/23 23:24 ] [ 編集 ]

そういえば

この間ウインブルドンに行く為、ガトウィックから列車に乗ったら、1本早いロンドンはロンドンでも行き先の違う列車に乗ってしまった。どうせここまで来たら地下鉄で行こうと思って出ようとしたら、「この切符では出れません。もう一度xxx駅に戻って、乗り換えてください」といわれた。どう考えても地下鉄で行ったほうが早いので、余分にお金を払ってやっと出してもらった(事情を話して納得してもらうのにかなり時間がかかった・・・)

地下鉄でも、気が変わって違う駅で降りたら「ここはxxxx駅じゃないでしょ。出れないわよ」といわれたが、シュレックに出てくる猫みたいな目をして(つもり)「気が変わったの、ここからだして」といったら出してくれた。ロンドンにも住んでいた事があるのに、すっかり外国人旅行者だった・・・

余談(言いまつがい)
ラジオから流れてきた「イパネマの娘」を聞いて「あ、これアントニオ・カルロス・モヤ!」
テニスファンだけにわかる言いまつがい・・・
[ 2007/09/24 02:41 ] [ 編集 ]

難しそうだ~

鉄道も、地下鉄も、バスも、タクシーまでも・・・
イロイロと大変なんですねぇ!
しかもれいこさんやRafafaさんら住人でさえ、そうおっしゃられているとはv-12

もしわたしが旅行したら・・・どんなハプニングが起こるか、楽しみにしたいなぁ
(と言っておこうっと)

「イパネマの娘』
そっか、モヤはポルトガル語圏の音楽でも活躍してるのですね!才能ある人は違う!
[ 2007/09/24 07:37 ] [ 編集 ]

ハプニング happens, therefore i am!?

>「ここはxxxx駅じゃないでしょ。出れないわよ」
列車はともかく、地下鉄でこれですか~? 
おそるべし、ロンドン。2009年のATP最終戦を見にいく時には気をつけなくちゃ。

モヤは歌も歌えますよ~ 
オキニグループのコンサートに飛び入りで歌ったことがあるそうです。
いつかイパネマも歌ってくれるかも♪

ハプニングも旅の醍醐味ではありますが・・・
醍醐味だらけだと飽きてきます(笑)

飛行機乗り遅れて命拾いすることもありますしね。
20年ほど前の日航機事故のあの便に乗るはずだった人を知ってますが、その人は前の晩飲み過ぎてあの便を逃してしまったそうです。。。
[ 2007/09/24 08:19 ] [ 編集 ]

不安だ~

語学オンチの私としては、それに方向音痴だった…
とても不安なお話です。
いつも乗っている路線でさえ、たまに反対方向に乗っちゃたりしますもの。

タクシーはボラレそう、それはなんとなくわかります。
日本のように改札がないの??
それに驚きです~
じゃあ、刻印する機械を見つけないといけないってわけですね。

Rafafaさん、『アントニオ・カルロス・モヤ! 』いいわ~♪
[ 2007/09/24 08:23 ] [ 編集 ]

>たまに反対方向に乗っちゃたりしますもの。
方向音痴は・・・どうにもならないですね。
私は右と左というのがいまだによくわからないので、クルマの助手席に座らせても役に立ちません。ぬいぐるみ置いといた方がまだマシだとウチのには言われます。
[ 2007/09/24 09:05 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。