トップページ > テニス一般 > 素晴らしき新世界!?

素晴らしき新世界!?




Tennis - ATP - L Equipe
Tennis - ATP - L Equipe

Tennis - ATP - L Equipe
Roger Federer réagit après l'annonce de la venue mardi d'Etienne de Villiers, président de l'ATP, à Monte Carlo.
Mots-clés : tennis federer





いきなりフェデラーで失礼!
(・・・なんてことを言って、フェデラーファンにも失礼・・)



モンテカルロ期間中に、ATPから2009年以降のツアーについての改革案"Brave New World(=「素晴らしき新世界」)"の正式発表があったそうですね。
↑のフェデラーはその件についてコメント(「反対」または「異議」または「疑問」)していると思われます。(アブラカダブラ語でしゃべってるので、そのあたり不明)


この改革案に含まれるのは:
 「ラウンドロビン方式」導入 (これはもう挫折してますが)
 マスターズシリーズのリストラ
  =お金にならないモンテカルロ・ハンブルグを降格
 トップ選手のマスターズシリーズ出場義務の強化
 など。

それもこれもすべて$$$のため。

この改革案には多くの選手が反対しています。今年3月以来、80人のトップ選手がこの改革案の停止(選手側との協議)を求める請願書に署名したとか。モンテカルロでは、5人のトップ10選手(フェデラー、ナダル、ダビデンコ、ルビチッチ、マレィ)が改革案への反対を唱えるために記者会見を開きました。

ア メリカン・テニス・パープリン・・じゃなくてATP(Association of Tennis Professionals=テニス選手組合)の名が泣いてます。テニス選手たちの利益を守る立場にあるATPが選手(やファンや米国以外の大会など)の 意向を無視し、$$$を追求している。
もちろん、$$$がなければ運営もままならないわけだけど、ATPはディズニーのような営利企業じゃない。(現ATP会長De Villiersはディズニー出身)

選手たちがDe Villiersを背任罪で訴えることはできないんでしょうかね?



モンテカルロでの出来事については:
nannanさんの記事「フェデラーとナダルの抗議声明
に詳しく出ていました。



そんなATPの改革案を阻止しようという署名運動があります:

 【Stop the ATP】(http://www.stoptheatp.com/index.cfm)

 (この運動はモンテカルロ大会とハンブルグ大会にも支持されているそうです)

 改革案の詳細・問題点などについて:  
  http://www.stoptheatp.com/about.html

私は署名しました。






関連過去記事「ATP改編

余談ですが:
"Mickey Mouse"という英語にはチープでネガティブな響きがあるんですね。

ちょっと古い記事だけど:
Can An Outsider Tame The Tour? De Villiers' Bold ATP Agenda (2006年7月)
ATP pledges to plug personality gap (2006年11月)
関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/04/30 ] テニス一般 | TB(0) | CM(7)

ナイス!

>アメリカン・テニス・パープリン
れいこさん、上手い、座布団三枚上げるよ~んv-218

ドビリエがCEOとして利益を上げようとすることは、彼としては当然なことだと思うんだけど、選手達に一番必要なことはそういうことではないということを彼にわからせないといけないのでは? それ以前にやって欲しいことがある、自分たちのやりたいことはそうじゃないって。

大きな可能性を秘めた市場である中国やアジアでテニスをもっと大きな存在とするためにプロモーションするというのは良い方向だと思います。
ただ、そのためのカレンダー見直し等はもっと多くの選手・大会主催者の意見を吸い上げて、ATP本来の意味を思い出してやって欲しい。どこかにしわ寄せが行くことは避けられないと思うし、チャイニーズマネーに目をくらませてホイホイと動かないで…。

署名運動については、私自身はまだ態度保留です。
[ 2007/04/30 18:29 ] [ 編集 ]

アブラカタブラ語

聞いてみました。超短いし大したことは言っていませんが、『昨日の(自分たちの)リアクションにより、来るはずではなかった彼ら(ATPトップたち)が来ることになり今夜会合がある。プレッシャーをかけすぎるべきではないが、これでもっと意義あることになる』みたいなこと言ってると思います。
[ 2007/04/30 18:36 ] [ 編集 ]

ATP

パープリンよりPUNK(バカもの)の方が適切だったかも。

選手たちの意向を汲みつつ、利益もあがる賢いプランを考えてもらいたいものです。

アブラカダブラ語の分析、ありガト~。
[ 2007/04/30 20:18 ] [ 編集 ]

お金お金~♪

>お金にならないモンテカルロ・ハンブルグを降格
絶対嫌~!換わりに中国が開催地になるんでしょう?近くて安くなっても嫌だ。
マスターズシリーズ出場義務の強化てのが一番嫌~

王様ロジャーはじめ、ダビデンコ、ルビチッチ、マレィが異論を唱えてくれてよかった。
とはいえ、政治でも経済でも反対されそうな案ほど、異論を挟む間を与えず、さっさと可決しちゃう事が多いので心配です。
[ 2007/04/30 22:36 ] [ 編集 ]

いっそのこと

本格的にディズニー化して、ミッキーマウス耳の着用を義務づけるとか・・・
[ 2007/05/01 07:49 ] [ 編集 ]

パンク

>アメリカン・テニス・パープリン
笑。アメリカン・テニス・パンクのほうにも座布団1枚どうぞ。

世界的に見ても、アメリカは「自分たちが一番」的な考えで支配したがるのが原因なのか、いろんな国から批判されてますよね。もしアメリカをスペイン語圏やフランス語圏の人たちが支配していたら、今はどんな世界になっているのだろう、とアメリカに対する批判を耳にするたびに歴史的背景を考えてしまいます。

もしフランス人がアメリカを支配してたら、もっと味に繊細でマクドナルドなどのファーストフードは流行っていなく、もうちょっとスリムな人が多い(今アメリカは肥満大国なので)、とか。

スペイン人は、・・・うーんあんまり思いつきません。

>ミッキーマウス
そういえばMTFで、トップ選手がいなくて簡単に優勝できる大会で優勝した選手、もしくは大会をこう言っているのを見かけるのですが、どんな意味だかご存知ですか?因みにA君はよくそう言われてました(苦笑)
[ 2007/05/02 02:53 ] [ 編集 ]

その昔、オランダが

ニューヨークを売っぱらわなかったら・・・
アメリカ中に風車とチューリップと木靴が蔓延していたかも。。。


>>ミッキーマウス

Mickey Mouse
【名-1】 ミッキーマウス(のイラスト[アニメ・漫画・映画])、古臭いこと[もの]、時代遅れのこと[もの]
【名-2】 単位の取りやすい科目[講座]、たやすい科目[講座]、楽勝科目、楽勝講座
【名-3】 素人仕事、急場しのぎのやっつけ仕事
【名-4】 ばか、あほ、間抜け、へま、どじ、失敗
および上記の形容詞形
[ 2007/05/02 07:54 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)