トップページ > 2007 ギブミークレイ > クレイシーズン開幕!

クレイシーズン開幕!

ヒューストンでは、サバちゃんが予選から本選入り308
さらに:
(8)J Monaco (ARG) d (WC)J Gambill (USA) 75 64308

バレンシアでは: E Korolev (RUS) d (8)G Garcia-Lopez (ESP) 63 16 63

また夜にでも何かあれば追記します。
とりあえず、モナコとサバちゃんの勝利と、ガトの顔(@別館掲載動画)が見られてうれしい。


ヒューストン1回戦
[Q]M Zabaleta (ARG) d [WC]R Sweeting (USA) 60 76(8)
[Q]D Vemic (SRB) d R Ramirez Hidalgo (ESP) 63 60

きゃ~、サバちゃんが勝ちました!
で、先週モナコに勝っちゃったVemicがイダルゴに楽勝。
Vemicはいわゆるジャーニーマンだけど、今年は○位入り(数字忘れた)を目指すって言ってた。チャレンジャー界のサントロみたいなプレイをするらしい。(私が見たダブルスの試合ではミスばっかりで相手コートにボールをほとんど返せてなかったけど)



バレンシア1回戦
(2)J Ferrero (ESP) d E Gulbis (LAT) 63 61
(7)F Volandri (ITA) d I Andreev (RUS) 64 76(8)
E Korolev (RUS) d (8)G Garcia-Lopez (ESP) 63 16 63
(Q)A Gensse (FRA) d J Ward (GBR) 67(2) 64 63

J Wardは現在ランキング851位の20才。フェレロのアカデミーで4年半ほど修業してることもあり、今回の予選WCが出た模様。父親はロンドンでタクシー運転手をしているそうで、テニス修業に何年も資金を出せるほど裕福ではないそうだけど、有望な選手ということでアカデミーが柔軟な対応をしてるようです。(マレィが修業してた頃は、たしか年30,000ポンドかかるってことだったと思う)

Ward off temptation in his quest to follow in Murray’s footsteps(英国The Times)

関連記事
スポンサーサイト




コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)