トップページ > 2007 デ杯 > デ杯QF終了

デ杯QF終了

ということで、9月21~23日のデ杯SFは:

 ロシア vs ドイツ(ロシア開催)
 米国 vs スウェーデン(スウェーデン開催)


バモがいなくても捕らぬタヌキということで、決勝開催地は:

 ドイツ vs 米国ならドイツ
 ロシア vs 米国なら米国 (すみません、スウェーデンは興味ないので除外)

決勝はドイツvs米国を希望しまーーーす!
そしたら見にいけるもんね。

とは言ったものの、そんなバモの香りもないものにお金出すのはもったいないかも。
ならやっぱりロシアvs米国かな。で、ロシアの2連勝は悔しいので、米国が優勝でいいかな。シングルスがロディック&フィッシュなら言うことなし。
1週間早いけど、フィッシュのバースディプレゼント。(フィッシュは12月9日生まれ。デ杯決勝最終日は12月2日)

ま、これで心安らかにデ杯SFや決勝を観戦スケジュールからはずすことができます。


そして、そのSFと同時開催のワールドグループ入りを賭けたプレイオフに出場する国も勢揃いしました。
今回各地域グループ1の2回戦に勝ったブラジル、ペルー、日本、韓国、英国、イスラエル、スロバキア、セルビア
そして、2月の1回戦で負けたチリ、ルーマニア、クロアチア、オーストラリア、チェコ、スイス、ベラルーシ、オーストリア
この16カ国が来年度のワールドグループ入りまたは残留をかけて対戦します。
日本の対戦相手はどこになるでしょう? 4月11日(水)に抽選会です。




RUSSIA v FRANCE
P.Mathieu (FRA) d N.Davydenko (RUS) 26 62 61 75
M.Youzhny (RUS) d R.Gasquet (FRA) 62 63 67(8) 57 86
I.Andreev / N.Davydenko(RUS) d S.Grosjean / M.Llodra (FRA) 36 75 63 36 63
S.Grosjean (FRA) d I.Andreev (RUS) 75 46 26 63 64
M.Safin (RUS) d P.Mathieu (FRA) 76(3) 63 62
3−2でロシア勝利
最後はやっぱりサフィンがやってくれました。花束がやたらと似合ってましたね。


BELGIUM v GERMANY
T.Haas (GER) d K.Vliegen (BEL) 67(4) 75 64 62
P.Kohlschreiber (GER) d O.Rochus (BEL) 63 75 76(4)
M.Kohlmann / A.Waske (GER) d C.Rochus / O.Rochus (BEL) 46 62 63 61
3−0でドイツ勝利確定
C.Rochus (BEL) d M.Kohlmann (GER) 36 64 64
D.Norman (BEL) d P.Kohlschreiber (GER) 62 63

試合終了後、ドイツチームがベルギーチームのロッカールームにやってきたそうです。
今回みたいに楽しそうにはしゃぐ観客は見たことない、と驚いていたとか。



USA v SPAIN
J.Blake (USA) d T.Robredo (ESP) 64 63 64
A.Roddick (USA) d F.Verdasco (ESP) 76(5) 61 64
B.Bryan / M.Bryan (USA) d F.Lopez / F.Verdasco (ESP) 75 63 36 76(5)
3−0で米国勝利確定
T.Robredo (ESP) d B.Bryan (USA) 64 64
J.Blake (USA) d F.Verdasco (ESP) 63 76(3)

フェリ・ベルダスコ組、健闘。
しかし、スペイン完敗でした。


SWEDEN v ARGENTINA
T.Johansson (SWE) d D.Nalbandian (ARG) 67(3) 76(2) 62 76(0)
R.Soderling (SWE) d J.Del Potro (ARG) 76(4) 76(4) 64
J.Bjorkman / T.Johansson (SWE) d D.Nalbandian / G.Canas (ARG) 46 76(4) 62 63
3−0でスウェーデン勝利確定
J.Bjorkman (SWE) d S.Prieto (ARG) 61 62
J.Del Potro (ARG) d R.Lindstedt (SWE) 76(7) 64

ナル・・・第2試合に出るデルポのためにも自分が勝たなきゃアカン、と言ってたじゃないか~~~っ! 





ディック・ノーマンの日記より:
De duitsers zijn ons komen opzoeken in de kleedkamers, niet om ons te feliciteren met onze matchen, maar om te zeggen dat ze enorm opkeken naar de Belgische supportersgroep.  Zo'n bende uitgelaten supporters hadden ze nog niet meegemaakt.

World Group Play-offs line-up complete




関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/04/09 ] 2007 デ杯 | TB(0) | CM(6)

すたぁ☆彡

やっぱりマラトはスターだわv-354
ダブルスに出なかったのは、足のマメのせい?
でも勝負の試合には監督の信頼も厚く、やり遂げてしまうんだから立派だわ~
花束、何故か似合っていましたねe-339

フェリダス、ブライアンズにあのスコアって、大健闘でしたが残念…
ナルが調子悪そうなのが心配ですね。
[ 2007/04/09 13:25 ] [ 編集 ]

マラトはヒーロー

足(脚)が悪かったというので心配していたんですけど、な~~んだっていう感じv-238
でもデ杯男はやっぱりナルじゃなくてマラトだったんだ~v-46

髭も剃って凛々しくて、彼のいないテニス界なんて・・・

見る度に惚れ直しているって変なのかななんて思いますけど、まだまだ楽しませてくれそうです。
(先週までちょっとつまんなかったので)

来週からのクレー・コート・シーズン、れいこさんの観戦記&写真楽しみにしていますね~(図々しくてすいません)v-81
日本を含めた入れ替え戦のしくみ、なかなか良くわからなかったんですが、理解できました。
ありがとうございます。


[ 2007/04/09 13:57 ] [ 編集 ]

は~デ杯は好調ですなぁv-3003月も終わったし♪
セブも頑張ったけど、やっぱ嬉しい。
でもフランスっていつもロシアに負けてるよね…

ナルは大丈夫なのかしら。ちょっと気になりますね。
モナコはダブルスで優勝したみたいでいい感じかな~?
クレーでの活躍期待しております。テレビで見たいなぁ。
それにしても、もうクレーシーズン!
たくさんいい試合が見れますように…
[ 2007/04/09 19:45 ] [ 編集 ]

マラトはなにかかっこいいこと言ってましたね。「オレ様が勝つことはわかってたのさ」みたいな。

でも、
>足のマメのせい?
なんだ、要するに「マメが悪化するといやだから、今日はさっさと終わらせよう」って思っただけなんだ。

>足(脚)が悪かった
脚が長かった・・・と読んでしまいました。
(ディスプレイの字が小さいため。けっして老眼ではない。)

MOMOさん、実は私もこの結果と花束写真を見て惚れ直しちゃいました。

観戦といえば
今週金曜日からモンテカルロ入りです。今回は愛しのMac(マッケンローじゃない方)を連れて行くので、ホテルから熱いレポートをお届けする予定です。
熱いレポート=「ガトがかわいかった」「モナコがたくましくなってた」「マラトが凛々しかった」「ナルが◎○してた」

入れ替え戦の仕組み、私もこのデ杯記事を読んで納得した次第。本当に一体何年テニス見てるんだか。。

jonsiさん
>フランスっていつもロシアに負けてる
PHマチューがいつもロシアに負けてる・・・というイメージが・・・ かわいそうなポロ。。

モナコは、AIG優勝めざして(?)がんばれ~
[ 2007/04/09 21:33 ] [ 編集 ]

la mer

れいこさん、
お魚君何気に気になる選手の1人になってるんですね。(って今更気づいてどうする!だったりして^^;)今回出場しませんでしたが、応援団として頑張ってたみたいです(笑)

>フェリベルダスコ組
試合見ましたが面白かったです。基本的にアメリカ応援なので冷や冷やして見ていたものの、2人とも惜しかったです。5セット目に入っていたらどうなったか分からないです。ブライアン兄弟、フェリ(と多分ベルダスコ)のサーブが読めなかったそうです。
[ 2007/04/10 08:26 ] [ 編集 ]

へへへのへ

お魚君は、ガトと誕生日が一緒なんです♪
(それを言ったらサントロもなんだけど・・・)
なんか、アンディに「キャプテンにヒッティングパートナーとして僕も混ぜてくれるよう根回ししてくれ」みたいなこと言ったとか?
いじらしいじゃないですか~ 好きだわ、そういうの。
[ 2007/04/10 19:54 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)