トップページ > 2007 南米クレイ~三月ウサギお茶会 > Day7

Day7

今日もブログに出たり入ったりしながらダラダラと。



P Mathieu (FRA) vs (12)A Murray (GBR)


マチュー6−2。

2nd service won 17% ー マレィのstats@第1セット


ゴンについて「AOファイナリストだったのがflukeだったとするコメントも見かけるようになった。」(きのうのふじっこさんのコメントから)
今の男子テニス界、fluke(まぐれ)でGS決勝までたどり着けるほど甘い世界ではないよね。
(別にゴンの全豪準優勝がまぐれでもかまわないんだけど。この世の中、そういうこともあるさ、ってことで。)

毎試合毎大会,年がら年中同じレベルでプレイできる選手なんて、どこにいる? 「取りこぼしはないけど、アップセットもおこさない」見本みたいなロブレドでさえ、たまには格下に負けたり格上に勝ったりする。



ロブレド・ファンは思いもかけない敗戦という痛手は少ないだろうけど、思いもかけない金星にもなかなかありつけない。ずっと格下にコロリと負けることもあるけど、格上に勝っちゃうこともある選手のファンと、どちらがシアワセなんだろう? ま、そんなことを考慮してファンになる人もいないだろうけど。



フェデラーがカニャスに負けた時、「年がら年中勝ってるんだからいいじゃん。フェデラーファンは悲痛がるな~」と思った。でも、それまで勝ってた分だけ痛手は大きかったのかな。イチコケ続きの後の一勝がとてもうれしいように、連勝後の一敗は痛いに違いない。



10連勝後の1敗は【10イタイ】、10連敗後の1勝は【10ウレシイ】。no?


マレィ7−5。ふたつMPをしのいだらしい。セット1−1。
最終セット、いきなりマレィがブレイク。マチューがブレイクバックするかと思ったけど・・3−0。

マレィ5−2sマチュー。MPx3をしのいでマチューがサービスキープ。5−3。マレィがキープして勝ちました。



マイアミのジュニアドローを見てたら、2回戦で錦織 vs Guido Palla(去年デ杯決勝のヒッティングパートナーだったかっこいい男の子)になるかも。おもしろそう。


カニャス・インタビューより:
Q. Really not much time to celebrate because tomorrow very a big match. Are you ready?
GUILLERMO CAÑAS: Yeah, I am ready, yes. I'm ready. I'm ready to enjoy it again, to be in the center court against the No. 1 in the world. Yes, I'm ready.

ということで、準備オッケーだそうです。



(1)R Federer (SUI) vs (Q)G Canas (ARG)



わ、カニャスが4−2でリードしてる!

しかし、ブレイクバックされて、カニャスs5−6フェデラー。(ブレイクバックしたゲームで、フェデラーは「チャレンジ」に2回成功) きゃあ~、タイブレ突入~~~  

ミニブレイク!by カニャス。え、サービスエース?by カニャス! 3−0! 3−2。バモ、ウィリー! コードボール by カニャスが幸いして、カニャスs4−2フェデラー。5−2 またフェデラーのミスで6−2 = カニャスのSP。・・・やったぜ、ウィリー! 7−6で1セット目をとりました。

2セット目。
1−1。フェデラーのBPx2を凌ぐ。が、3つ目のBPでブレイクされる。
フェでラーが6−2で取る。

最終セット。どうやらフェデラーがいつものフェデラーに戻っちゃった模様。フェデラーs1−0カニャス。


あれ? SportsYAの動画にマイアミのものが追加されている(ページ右)。特派員が何か言うだけの動画かもしれないけど。


2−0カニャスs。4つ目のデュース。BP。デュース。BP。デュース。Ad.カニャス。ようやくキープ。
ブレイクバックしました~ 3−3! 観客大騒ぎ。
4−4。フェデラーがミスると悲鳴が。。 カニャスがキープして、カニャス5−4sフェデラー。

カニャスs5−5。カニャス0−30、15−30、30−30 ・・・ふぅ、、、私がカニャス・ファンだったらもう3回くらい死んでます・・・30−40、いいサーブで凌いで40−40。Ad.カニャス。サーブが決まって、カニャス6−5フェデラー。

なぜか着替えるフェデラー。

で、この肝心な場面でビビらないところが王者。6−6。
カニャスがミニブレイクして、2−0。2−1、ミニブレイクバックで2−2、3−2、3−3、フェデラーのサービスエース3−4。4−4、5−4、スマッシュかと思ったがドライブボレーに切り替えたフェデラーがミス ー 6−4(MP)。6−5。7−5。

勝っちゃった。。。 







Tuesday, March 27, 2007


Singles - Fourth Round
(12)A Murray (GBR) d P Mathieu (FRA) 26 75 63 - Saved 2 M.P.
(3)A Roddick (USA) d (13)D Ferrer (ESP) 75 63
(6)T Robredo (ESP) d (24)R Stepanek (CZE) 76(4) 57 76(3)
(23)J Chela (ARG) d (Q)A Delic (USA) 63 62 
(Q)G Canas (ARG) d (1)R Federer (SUI) 76(2) 26 76(5)
J Del Potro (ARG) vs (2)R Nadal (ESP) わくわく・・・
(20)J Nieminen (FIN) vs (7)I Ljubicic (CRO)
(Q)F Lopez (ESP) vs (10)N Djokovic (SRB) どきどき・・・




Doubles - Second Round
(1)Bjorkman/Mirnyi d Cermak/Levinsky 63 76(4)
(6)Damm/Paes d Knowle/Melzer 64 67(1) 10-6 (Match TB)
(5)Santoro/Zimonjic d Skoch/Thomas 76(7) 76(6)
(2)Bryan/Bryan d Berdych/Ljubicic 62 62
関連記事
スポンサーサイト




カニャス粘る粘る。糸引き納豆の様・・・すごいわ。最後は息切れすると思ってた。いやぁ、いいもの見せてもらいました。
[ 2007/03/28 09:33 ] [ 編集 ]

天敵その2ですね。

↑王者にとっての。

因果を感じるなあ。。
[ 2007/03/28 10:11 ] [ 編集 ]

3月病患者再び

カニャスの粘り凄いですね。
JCとの打ち合いも凄かったけど、一度地獄を見た彼ならではの粘りに王者も屈したのですね。
ロジャーもマラトの3月病患者の会に入会したかも?

フェリ、ジョコにダンゴ食らっちゃいました。
0-6,3-6で負けた。
でも、ここまで残っただけ上出来ですね。

デルポとラファはどっちかなぁ(私もこのカードにワクワク)
[ 2007/03/28 10:42 ] [ 編集 ]

3月ウサギじゃなくて

3月マラトのお茶会に参加しちゃったのかな? >フェデラー


フェリは・・・アイリーンさんの言う通りここまで復活しただけで、今回はよしとしましょう。

マレィだって、ジョコだって、デルポと同じ年(一年前)にはまだまだ本領をあらわしてなかったですものね。来年にはデルポも一人前のBABY BALLSになっているでしょう。
[ 2007/03/28 13:09 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)