トップページ > 2007 南米クレイ~三月ウサギお茶会 > Day6

Day6

(14)T Berdych (CZE)  vs (23)J Chela (ARG) 

さっき、ゼッタイにTVでベルディフvsチェラを流してたはず。
なのに、ちょっと外に出て戻ってきたら、フェデラーvsアルマグロ。

詐欺だ。

ふてくされていたんだけど、思い出しました。Bwinストリーミングが始まってた。
ところが、なかなか画面にたどり着けない。ログイン名忘れるわ、パスワードを大文字で入れてたためいつまでたってもログインできないわ、ログインできたと思ったら、私がふだん使ってるブラウザでは見られないわ・・・ ようやく、ベルディフと再会。

いきなりタイブレ(2セット目)。画面が小さすぎて1セット目どっちが取ったかわからない。
一応ベルディフ応援なんだけど、ミスった時の彼の反応がかわいくて好きなので・・・複雑。(そんなんじゃ、ファンとは言えない?) ん? 6−3でスコアボードの上に何か文字が出た・・・MP?それともSP? チェラ6−5。Match Pointって出てたような・・・・しかし6−6。7−6。あぁ、負けた。。

でも、ま、いっか。チェラは今年はデ杯のTenisProも捨てて自分のキャリアに賭けてるんだもんね。(その甲斐あって、今年の成績だけなら現在アルゼンチンNo.1)


(Q)G Canas (ARG) vs (15)R Gasquet (FRA)

カニャスがブレイクして、4−3リードだったんだけど、ブレイクバックされて4−4。
【ありあまる才能vs溢れる気合】の行方はどうなることやら。5−5。
気合勝ち。。 この試合前の段階で、カニャスはトップ50突入 -  どこまで行く気だ!?

F Santoro (FRA) vs (7)I Ljubicic (CRO)

サントロもすごいけど、2セット目を取ったルビチッチも相変わらず。(去年の全仏ルビチッチvsモナコを思い出してます) 

(11)D Nalbandian (ARG) vs (20)J Nieminen (FIN)
ナル、どうなのさ? トップ10すべりおちちゃったんだよっ!? 

ナルといえば、、、ガトは元気かな。

ニミネンが第1セットを6−4でとって、今5−5(ニミネンサーブ)なんだけど・・・長いよ、このゲーム。14分でようやくニミネンがキープ。

タイブレ。ナル2−3ニミネン。この直後のニミネンがすごかった。解説者の"great guts, great heart"というコトバそのもの。AIGでの彼をを思い出しちゃった。



(1)R Federer (SUI) d (29)N Almagro (ESP) 75 63
(Q)A Delic (USA) d (4)N Davydenko (RUS) 76(5) 63
(6)T Robredo (ESP) d F Mayer (GER) 64 64
(24)R Stepanek (CZE) d (LL)A Falla (COL) 63 62
(23)J Chela (ARG) d (14)T Berdych (CZE) 64 76(6)
(Q)G Canas (ARG) d (15)R Gasquet (FRA) 76(3) 63
(7)I Ljubicic (CRO) d F Santoro (FRA) 36 63 64
(20)J Nieminen (FIN) d (11)D Nalbandian (ARG) 64 76



QF4回戦は:
 フェデラー vs カニャス
 ステパネク vs ロブレド
 Delic vs チェラ
 ニミネン vs ルビチッチ

 PHマチュー vs マレィ
 フェレール vs ロディック
 フェリ vs ジョコビッチ
 デルポ  vs ナダル

なんとなく場違いなフェリ・・・・・
フェデラーはやられたら倍返しというパターンが多いけど、どうなるかな?
ボトムの2戦は・・・私としてはどういう組み合わせになってもOK。

 フェリ vs ナダル
 フェリ vs デルポ
 ジョコ vs ナダル
 ジョコ vs デルポ
関連記事
スポンサーサイト




どうしちゃったの

 ベルディフ君、このところ、どうしたんだろう。熱心に試合を追っていたわけではないけれど、早々に敗退が目立つ気がする。いつのまにか、ジョコにも追い越されてしまって。

 enfant prodigeのガスケも、もうひとつ芽がでないなあ。どこからでもウィナーを打てることにおいてフェデラー以上と言われてるのに。フェデラー自身が、自分の若い時を見ているようだと評した彼、なかなか結果がでなかった若い頃というのまでフェデラーと似なくても。

 ゴンもどうしたの。AOファイナリストだったのがflukeだったとするコメントも見かけるようになった。FHがはずれっぱなしらしい。

 フェデラーのファンながら、IWにMiamiと、このところ彼がトーナメント直前に交遊につとめるというのもなあ。まあ、彼なりにリラックスしているのかもしれないけれど。実際、彼も、あの冴えわたっていたAOの時のパーフォーマンスからはほど遠い状態。若い選手ほど、トーナメントにひっきりなしに出るのはキツイだろうし、出れば勝つことのストレスもあるだろうし、彼なりの考えはあるだろうけど、一ヶ月半もトーナメントから遠ざかっていると、サビつく部分を否めないのも如実に見てとれるし。

 このところ、トーナメントの若手どうしの新鮮な組み合わせには満足しているけれどね。デルポはリュビと似てるとのコメントを読みました。そうなんですか?ラファとの対戦は、もちろんラファが勝つと思うけれど、デルポの健闘を皆、期待してるわね。ラファの天敵、皆消えてるから、よけいにね。彼が苦しむところも見なくてはね。
[ 2007/03/27 09:38 ] [ 編集 ]

紙一重

ほんのちょっとしたことで、トップ10に入ったり、100位近くまで落ちてしまう・・・それが今の男子テニス界なんだと思います。
今だけじゃなくて、いつもそうだったのかもしれないけど。

(ある程度の)才能や環境の他に
そういう上り下がりに耐えられるだけのメンタルがあれば、プロとしてやっていける。
そこに【運】や【きっかけ】が絡めば、GS優勝とかトップ選手の座が。その前には挫折とかイロイロあるだろうけど。その前だけじゃなくてその後も。
[ 2007/03/27 10:14 ] [ 編集 ]

わーカニャス次ロジャーとですか!
次は…王者の貫禄になるのかしら。負けるわけにはいかないですよねぇ。

ポ、ポイチュ…。負けちゃったかベルディフ。
まぁまだ若いんだし。そのうちまた結果が上向きになるはず。

デルポとラファ。今回はデルポがテレビで観たいなぁ。
ジョコvsナダルも対戦したばっかだから面白いかも。
でもフェリに勝ち上がって欲しい気もするし。
[ 2007/03/27 19:09 ] [ 編集 ]

ふじっこさん
出れば優勝以外の成績では満足してもらえないし、実際、勝ってしまう ー ぜいたくななやみですけどね。(フェでラーは別に悩んではいないかもしれませんが)
最近、たしかにイマイチですね。でも、年がら年中発情・・・じゃない冴えてなくても、いいじゃないですか。

ま、私としては今冴え冴え→RGの頃にはサビついている、というシナリオの方がいいんですけど。。ま、彼の場合、多少サビていても、大会序盤でそのサビを落としながら優勝まで持っていってしまうことが多い。試合中もそうですよね。ビビることがあるとすれば、試合序盤~中盤。試合を締める終盤ではビビらない。

>トーナメント直前に交遊につとめる
看板選手の勤めとはいえご苦労なことです。

フェデラーはともかく、ATPあたりはウッズの威光の恩恵に与ろうと必死なんでしょうね。ATP(アメリカン・テニス・プロモーションズ)は、マイナーなスポーツであるテニスの地位向上に務めているわけです。
今年の全米シリーズでは、セット間にチアガールたちが出てきて【ハーフタイムショー】をやる、というのに100円賭けます。

>デルポはリュビと似てる
共通点はあるでしょうね。私は長年テニスファンをやっててもプレイを見る目というのがないので、よくわかりません。
でも、デルポは

おっと~~~
http://www.kids-tennis.com/
今ならグガ&錦織君@ベンチ写真がトップです。

いや、これ↓を探しに行ったんでした:
http://www.kids-tennis.com/movie/
デルポのキャッチフレーズ「アルゼンチンの柔軟性,創造力」ー まさにこれです。
さらに、彼はかなり明晰なアタマを持ってると思われます。普段の彼を見てると、ぼ~~っとしてるように見えるんですけど。

jonsiさん
そうなんですよ~ 一番下の4人、悩みますよね。
フェリがラファに勝つというのも、フェリ再浮上のきっかけになるならOKだし。

打倒フェデラーということを考えると(必ずしもフェデラーが出てくるとは限りませんが)、誰が一番でしょうね? ここでデルポが一挙にスーパーサイヤ人になる、というシナリオはまだ無理があるかな?

さて、どうなることやら。いつでも何でもありな男子テニス界だけど、【3月】は気まぐれな月だし、思いもかけない結果になるかもしれませんね。。。

[ 2007/03/27 21:29 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)