トップページ > 2007 南米クレイ~三月ウサギお茶会 > カニャスのカはカムバックのカ

カニャスのカはカムバックのカ

今だから書けるけど
カニャスがフェデラーに勝つといいな、と今年はじめに考えた。RGを想定していたんだけど。それまでにはカニャスもツアーレベルに完全復帰してるだろうと思って。
予想ではありません。フェデラーに勝つとしたらカニャスが最適、フェデラーのRG優勝を止めるのにこれ以上うってつけの人はいない、と思っただけ。

そして
カニャスの復活ぶりは追っていたので、今回の予選ドローを見た時にはこう書きました:

カニャスが勝ち上がって、さらに本選1回戦に勝って、2回戦で上位シードと当たると・・・アップセットもありそう。

結局予選2回戦でヴァスケに負けたんだけど、マリス欠場によりLLとして本選入り。
本選ドローを見た時にも、フェデラーの真下のQualifierという文字を見てすぐアタマに浮かんだのはカニャス。予想ではなく希望: ここにカニャスが入れば、ひょっとしたら・・・少なくとも簡単には勝たせないだろう、と。


 
カニャス経歴より:

2000年 左手首?故障により7~11月の4ヶ月間OUT。
2001年4月 カサブランカで初優勝し、ATPのカムバック賞受賞(227位→15位)

2002年 トロント(マスターズシリーズ)で優勝。
その後すぐ故障し、2003年2月に右手手術。同年9月にツアー復帰。

2005年2月 アカプルコでドーピングに陽性反応。

2005年6月 自己最高ランキング8位

2005年夏 2年間の出場停止を言い渡される
2005年 全米にGFや友人たちの応援に行くが、門前払いを喰らう。
         出場停止中の選手はATPやITF主催の大会会場には足を踏み入れることは出来ない。

故意に禁止物質を摂取したのではないという主張がCAS(スポーツ仲裁裁判所)で通り、出場停止期間が2年から15ヶ月になる。

2006年9月11日 復帰 (1年以上大会に出ていないので、ランキングポイントゼロからの出発)
9月17日 復帰後初の大会(Belemチャレンジャー)で優勝し、500位台に。 

チャレンジャー大会を荒らし続け、年度末ランキング142位。

デ杯決勝(vsロシア)に「第5の男」として参加。

2007年 チャレンジャー優勝で幕開け

デ杯1回戦(vsオーストリア、@インドア超速カーペット)対策のため、あえて全豪予選を見送り、サグレブ(インドアカーペット)に予選から出場。1回戦でサントロに敗退。(ちなみにカニャスがデ杯に出られるという保証はなかった)

デ杯1回戦 練習試合ではアカスソもデルポもカニャスには敵わなかったとか。

デ杯初日 オーストリアのナンバー1・メルツァーに勝つ。
この勝利がなかったら(アカスソの勝利もだけど)、デルポのデ杯デビューはちょっと違ったものになっていたかも。2−1でリード中(負けても、その後カニャスがほぼ確実に最後のポイントをあげてくれるだろう)という恵まれたデビューではなく、1−2でもう後がない、、、という厳しいものだったとしたら。ひょっとしたら、デビュー自体がなかったかも。もちろん、そういう厳しい状況でも勝てた可能性はあるけど。

コスタドサウイペで、復帰後初のATPレベル優勝。

現在60位。

ちなみに、テニス選手のGFとは別れた模様。昨年末にアルゼンチンのモデルだかと噂になっていましたが、その後フォローしてないので真相は不明。



今回の予選後、カニャスがこんなことを言ってます:
「シドニー大会で、僕がRGでシードされると賭けた選手が何人かいるんだって」

選手たちはそういうことには敏感ですからね。
たとえば2005年の話: 
モンテカルロ初日にナダルの好調さを見て取ったモナコは、ナダルと<RGが始まる頃にはにナダルがランキング8位以内になってる>という賭けをし、見事的中。パリでの全夕食をまんまとせしめた。
 


2回戦(vsフェデラー)勝利後のインタビューより:

テニスってそういうものなんだ。すべての試合に勝つなんてありえない。僕は予選最終ラウンドではベストなテニスが出来なかった。ラッキールーザー(として本選に入れて)ラッキーだ。そして、チャンスが巡ってきた時にそれをつかむというのは素晴らしい。(But, you know, tennis is like this. You never win all the matches. And I didn't play my best tennis in the last round, and I am lucky to be a lucky loser, and it's great to take the chance when you have.)

Q. Are you as happy now as you were as a kid? Once you mentioned that, '86 and the one Argentina World Cup, are you as happy now as you were then?
GUILLERMO CANAS: No. I think in '86, I was more happy. Yes, I know. But, yeah, I'm really -- the real thing is maybe in one hour I start to feel more happy. Now I'm really -- I'm trying to thinking what I did. But really I feel great.
But, you know, tennis is like that. Sometimes today is the day to enjoy it, but tomorrow I have another match and I gonna keep winning. For this, it's tough to enjoy what I do today.
But tonight, I gonna celebrate with my coach, with my physical coach, and with my friends, and, really, I'm very happy. But in '86 I was more.
(今回の勝利より1986年のアルゼンチンW杯優勝の方がうれしかったそうです)





★The Desert Sun紙の大会特集ページ
 記事の他、動画や写真もあり
 フェでラーやシャラポワの練習風景動画(12秒とか・・・)、など

★動画 Guillermo Cañas bromea con Stefan Koubek.
以前必見動画としてご紹介済みですが、今年ので杯1回戦で、対戦相手クーベックを色仕掛け?で懐柔しているカニャス。

★動画各種 ユーロスポーツ





Day4注目の試合:

J Benneteau (FRA) vs [6]J Blake (USA) ベネトー!
[32]F Verdasco (ESP) vs [2]R Nadal (ESP)  う~ん、、
J Acasuso (ARG) vs [22]J Ferrero (ESP)  わは、、
G Canas (ARG) vs C Moya (ESP)  カニャスの浪花節よりモヤのロックンロール♪
[12]N Djokovic (SRB) vs E Korolev (RUS)  
 わはははは・・・楽しみ~ どっちが勝ってもOKなので、存分にやってくれたまえ。





<ソースなど>
Rollercoaster Ride: Another comeback for Canas

Federer felled: Canas produces shock upset
Federer, who has previously expressed some general dissatisfaction with reductions in doping bans, might have wondered if his collection of streaks was brought to an end by a player who should not even be playing. “They always fight for it anyway, everybody that was tested positive. That’s, for me, just not understandable. Everybody who gets caught always says, ‘I didn’t do anything,” said Federer. “For him, what happened, you know, he must feel a bit awkward but he’s dealing well with it.”
Tipsarevic said the upset might create some whispers about Canas in the locker room, but that the anti-doping process should be left to run its course. Like Federer, Tipsarevic prefaced his comments by saying he wasn’t familiar with the ins and outs of the anti-doping process and the nature of various substances being tested for. "I'm a, a friend of Canas and he's a really nice guy. The thing is that he took doping. That's his own thing, and, of course, now a lot of people are going to question this, is he really still doped? Did he take something to clean himself after the match?” said Tipsarevic. “The bottom line is, he played a great match, he beat a world No. 1. Let’s just leave [it to the] people who need to do the testing and the controlling to think about that and not put in question the win over Roger.”

Reasons why Federer lost
1. Too many errors. Federer had 39 errors against a guy who played defensively, returning several shots.
2. Canas didn't give Federer anything. Canas only had eight unforced errors.
3. Canas is fearless. While waiting to get on center court, Serbian player Janko Tipsarevic said when Canas was ahead 4-2 in the second set, he saw no fear in his eyes, which made him know the Argentinian was going to score the upset.

Un largo camino de vuelta hacia el grupo de los mejores
En 2000, una lesión en la muñeca izquierda, la que utiliza para el revés, lo tuvo cuatro meses sin jugar, entre julio y noviembre. El regreso fue difícil, pero en abril de 2001 se dio el gusto de conquistar su primer ATP, en Casablanca, y recibió el premio al Regreso del Año, por avanzar desde el puesto 227° al 15°.
En agosto de 2002 conquistó su mejor trofeo, el Masters Series de Toronto, pero poco después sufrió una lesión en los ligamentos de la mano derecha. Fue operado en Manhattan, en febrero de 2003, y sólo volvió a la actividad en septiembre de esa temporada. A partir de allí subió la cuesta y trepó hasta el 8° puesto del ranking, el mejor de su carrera, que alcanzó el 6 de junio de 2005. Dos meses después, la ATP le comunicó la suspensión que concluyó el 11 del actual. Y ahora, en Brasil, empezó el tercer regreso de la mejor manera.






<追記>
ブッチさんのところから無断コピペですが、今後の勉強のため:

今回カニャスがラッキールーザーで本選入りできたのは紙一重とも言えたんですよね。マリースが欠場したおかげなんですけど、ドローが出る前に欠場表明してたら、スタラーチェが本選入りとなってましたし、

引用元記事:
「歴史的なアップセットかも?」
http://butchranking.seesaa.net/article/35821398.html
関連記事
スポンサーサイト




コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)