トップページ > 選手 ナダル > ナダル・インタビュー ー Sometimes when you are improving, it's not easy to win.

ナダル・インタビュー ー Sometimes when you are improving, it's not easy to win.

インディアンウェルズでのナダル・インタビューより:


Q. Are you happy with where your game right now?
RAFAEL NADAL: Yes. Really, right now, I am playing well. I was playing in Dubai my best tennis of the year, for sure. It happened. I improve. I work hard. And right now, I feel so much better than Australia. The result sometimes is difficult, and when you are on court, sometimes you can win, you can lose, no? But right now, I feel better on court.
(「今現在、全豪よりずっといい感じだ」「勝つこともあれば負けることもある、ちがう?」)


昨年のウィンブルドン以降決勝進出してないことについてしつこく聞かれています。
ナダルとしては、優勝こそしてないもののSFやQFには進出してるし、勝つこともあれば負けることもある・・・という姿勢。


ナダル「僕が20歳だということが忘れられてることもある。僕はこの2年間で17タイトル取った。たしかにね。だけど、I need always little bit more time playing without this pressure in every tournament.(注:毎大会みんなの期待に添えるわけじゃない、かんべんしてほしい・・・という含みがありそうな発言)
勝たなきゃいけない。うん、僕はいつもベストを尽くしてる、だけど僕は ー どの試合に負けても不思議じゃない。どの試合に勝っても不思議じゃない。そういうことさ。僕はただプレイしたいんだ、・・自分のキャリアを楽しみたいんだ。テニスは楽しい。なぜかって、僕は ー ちょっとしたプレッシャーや競争心をもってプレイするのが好きなんだ。これ以上のプレッシャーはいらないけど。それは(スペイン語)。
通訳「今すでにあるプレッシャー以上のものはいらない」
ナダル「僕はテニスをするのが楽しいし、さらに上達しないといけない。止まるわけにはいかないんだ。それに、進歩している最中には勝つのが難しい時期だってある。僕はただ ー 僕は毎年できうる限りベストな選手になろうとしている。そして・・・・・僕の目標は、もしある日ナンバー1になるチャンスが巡ってきたら、それをつかむ用意ができていること。



Q. What did you win?
RAFAEL NADAL: Not very big, but very nice. We won -- I was playing football with my team in my small village, and we won.
(昔サッカーもやっていた頃、ラファのいたマナコールチームがバレアレス諸島で優勝したことがあるらしい。ラファのポジションはストライカー。)





<ソース>
ナダル・インタビュー(March 9, 2007)
Q. Do you think sometimes people forget that you're still very young and developing and that they expect you to win so many titles because of how great you were last year?
RAFAEL NADAL: Well, sometimes the people forgot I have 20 years old. That's true. I have 17 titles in two years. That's true. But well, I need always little bit more time playing without this pressure in every tournament. You need to win. Well, I try my best always, but I know I -- I can lose every match. I can win every one. But that's it. I just want to play, enjoy the -- my career. I enjoy the tennis because I love play with -- play with little bit pressure, with the competition, and I don't want more pressure. That's not (in Spanish).
MEDIA: (Translated from Spanish)I don't want more pressure than I really have already.
RAFAEL NADAL: Because I enjoy playing tennis and I just have to again improve my tennis. I can't stop. And sometimes when you are improving, it's not easy to win. I just want to -- I'm trying to be best player every year, and sometimes, especially, my goal is be prepared if any day I have the chance to be No. 1.






おまけのペネッタ・インタビュー(Biofile):


お気に入りの大会:
「アカプルコ。とてもすてきな場所だから。大好きよ。」
Favorite Tournament: "Acapulco. Because the place is very nice. I love the place."

(モヤとのおつきあいが始まったのもアカプルコでしたっけ?)


今ま出会った中でいちばんおもしろい選手
「なんといってもスキアボーネ。それからカルロス(モヤ)とラファ(ナダル)(笑)。[あのふたりが? そんなに面白いんですか?]まあね、ふたりともすばらしいチャンピオンだけど、とっても普通よ。」
Funniest Players Encountered: "Schiavone, for sure. And Carlos (Moya) and Rafa (Nadal) [laughs]. (What is it about them? People don't know they are so funny.) Well, they are a good champion but very normal people."

ペネッタの目から見れば、モヤもラファも普通のオトコのコ。





<ソース>
Biofile: Flavia Pennetta
関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/03/11 ] 選手 ナダル | TB(0) | CM(0)

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)