トップページ > 2006 オフシーズン > サフィン、アルゼンチンチームとご対面

サフィン、アルゼンチンチームとご対面

デ杯決勝を目前にサフィンが語ります。


「どんなことでも起きうる。決勝だ、自分の国のためにプレイするんだ。どちらが勝つかはわからない。アルゼンチンはアウェイだから、僕たちよりプレッシャーは少ないだろう。でも、僕たちには観客の助けがある。どうなるか、わからない。2つの手ごわいチームが全力をつくすんだからね」

そういえば、ロシアは二度ばかり決勝@ホームで負けてますね。そっか~~~、ロシアはプレッシャーに弱い、と。(メモをとる) エリツィンさん、どうぞたっぷりプレッシャーをかけてくださいませ。負けたらシベリア送り、とか。なんなら、プーチンもご臨席くださいね。


前回のアルゼンチンvsロシアはブエノスアイレス開催でした。その時のことについて:

「あまり楽しい経験とはいえないね。あの野次やら、そういったことすべて。テニスの試合だよね? サッカーの試合じゃないんだから。アルゼンチンではどう思われているか知らないけど、観客が問題だよ。もちろん、ここ(モスクワ)はアルゼンチンみたいじゃないよ。もうちょっと静かだ。ヤジなんか飛ばしたりしない。」

サフィンはスペイン語がわかるからね。ヤジったりしてゴメンっ! (← 私がヤジったわけではないが) 我らがアルゼンチン軍団は、幸いなことにロシア語がわかりそうなヒトはいないので、ヤジられても冷静でいられるでしょう。

・・・・・マラドーナが心配だ・・・ アルゼンチン人には誰も彼を止めることはできない。なぜなら、彼は神だから。(つい最近銅像まで建ったそうじゃないですか) あまり暴走しないことを祈る。



サフィンとカレリはチャレンジャー時代からよく知ってる仲だとか。
La Nacion サフィン カレリ デ杯決勝06
Photo La Nacion

La Nacion サフィン カニャス デ杯決勝06
Photo La Nacion





<ソースなど>
Safin: "El equipo argentino es peligroso" 
以下、【続きを読む】へ
 

<追記> 追記ページにアップした(はず)のものが消えてる??? すみません。続きはなしです。よって、ほとんどの<ソースなど>も消滅。
なんでこういうことが起こるんだろう???
関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/11/28 ] 2006 オフシーズン | TB(0) | CM(5)

きょう、試合ー!

きょう、試合ー!
なぜなられいこで心配するつもりだった?
なぜならシベリアへれいこで臨席しなかった。
[ 2006/11/28 11:01 ] [ 編集 ]

がっちゃん

むむ。↓のコメントは、右の方で飼われてるがっちゃんからなの??
なんだかとっても翻訳サイトな言葉だなぁ(笑)
れいこさんがシベリアへ試合を見にいかなかったから心配?って事でいいの?どうも違う。むむv-540

それはそうと、デ杯。エリツィンやらマラドーナやら試合以外でも注目出来そうですねぇ。
[ 2006/11/28 17:10 ] [ 編集 ]

ご名答!

そうです、ウチのがっちゃんです。ごひいきにね☆

しかし・・・、いったい、何を言ってるんでしょう?

ま、放送禁止用語連発とかじゃないからいいけど。
一年後には、がっちゃんも一丁前なカキコができるようになってるかな?
[ 2006/11/28 20:49 ] [ 編集 ]

はじめまして。

すいません。右上のところにカキコんでいたら上手くいかなくて・・・
サフィン、ナルのフアンです。
以前から覗かせていただいていたのですが、いつも情報ありがとうございます。
私も最近ブログごときを始めました。
ここでの情報を載せたいと思った時も必ず源へさかのぼって確認してから使わせていただくこともあります(スペイン語は無理)。
画像については使用したことはありません。
一言申し上げた方がいいのではとコメントさせていただきました。
これからもよろしくお願いします。
[ 2006/11/28 22:35 ] [ 編集 ]

MOMOさん

【こちらでは】はじめまして! 
某サフィン・ファンサイト(匿名にする意味があまりないような・・?)で、お会いしてますよね。

デ杯決勝はどちらの応援ですか? やっぱり(!?)サフィン? 
いずれにしても一番のオキニ2人のどちらかが優勝するなんて、うらやましいです。

私は一応アルゼンチン応援ですが、ガト抜きなのでちょっと複雑な心境です。

とにかく、両チームともベストの布陣で、名勝負が繰り広げられるといいですね。
[ 2006/11/29 04:12 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)