トップページ > 選手 その他 > ツルスノフ語る

ツルスノフ語る

己を知るには敵を知れ、といいます。

なので、ロシアについての記事Tursunov flies the flag of team unity を読んでみました:



アルゼンチン・ナンバー1であるナルに勝ち越しているのはサフィンとユーズニーのみ。
しかし、アルゼンチンの2番手が誰であろうと、モスクワの高速サーフェスでは、サフィン・ユーズニー・ダビデンコ・ツルスノフにとっては敵でないだろうとのこと。

ちなみにHtH:
 サフィン6-2ナル
 ユースニー2-0ナル あら、意外・・
 ナル4-2ダビデンコ 
 ナル1-0ツルスノフ(クレイ)
 
 サフィン3-1 チェラ
 チェラ2-1ユースニー
 チェラ5-0ダビデンコ 
 ツルスノフ1-0チェラ 
     ☆チェラってロシアン・キラー

また、勝敗を分ける鍵になるであろうダブルスは、SF(vs米国)の時と同じくツルスノフとユーズニーになるのではないか、と予想してます。


つまり、ナルがシングルスで2勝し、さらにダブルスでも勝たないと、アルゼンチン優勝の目はない、と。。。 アルゼンチンの2番手が誰になるかわからないけど(チェラかなあ・・・?)、そーゆー世間の思惑を裏切るべくがんばるべし! そして、ナルにはアルゼンチンの重鎮としての活躍を期待してます。


この後、記事の笑点・・・じゃなくて焦点はツルスノフへ。


"If you start thinking about playing for your country you're not going to be able to play at all because it has too much importance," he said. "That said, I don't think a tennis match should have that international importance. It's a team event, you're playing for your friends, trying to help one another, that's all.

「自分の国のためにプレイすると考え始めると、全然プレイできなくなってしまうだろう。だって、それはあまりにも重大なことだから。」
「とは言っても、テニスの試合がそんなに国際的に重要である必要はないと思う。デ杯はチームで戦うのだから、助け合いながら友だちのためにプレイするんだ。それだけさ」



"For example if Nikolay sees me doing something wrong he'll tell me and Marat is the same. He [Safin] might act sometimes a little bit like a spoilt child but overall I think he has a good heart. He's never behaved like his spotlight is in danger because I'm around."

「たとえば、もしニコライが僕が何かまちがったことをしているのを見れば、僕に言ってくるし、マラトも同じだ。彼(サフィン)は時にはちょっと甘やかされた子供みたいに振舞うかもしれないけど、素直なやつだよ。彼は、僕が最近ちょっとばかりもてはやされているせいで彼の地位が脅かされているなんていう態度はとらない」



最後にツルスノフから、ATP同僚選手たちへのメッセージともとれる御言葉:
"People shouldn't suppress themselves.  There are lots of characters in the game but the fans don't get to see that."

「自分を抑圧することはないんだ。テニス界にはおもしろいヤツがいっぱいいるのに、ファンの目にとどかない」

おまけ(ツルスノフがロシアが優勝すると思う理由):
 "Because the captain said if we don't win we're going to serve a term in the army,"

「だって、キャプテンが言ったんだ、優勝しないと兵役送りだって」 

関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/11/27 ] 選手 その他 | TB(0) | CM(3)

もしかして一番乗り?

一番なのかな?やったv-237

お引越しおめでとうございます!
引越し祝いにきっとナルたちがモスクワで勝ってくれますよ!ナルも高速サーフェス苦手じゃないし
カニャスは出ないんですかね?結構期待してるんだけど。

[ 2006/11/27 20:29 ] [ 編集 ]

もしかして二番乗り?

掲示板の方にもコメントしてみましたv-238
引越し祝いかぁ。相手がロシアじゃなければなぁ。
でもね、なんかどっちでもいい気がしてきた。
い、いや…気持ちがひと段落しちゃってるだけで、やっぱりマラトの喜ぶ顔が見たい~
カニャスね。私結構なぜか好きなので戻ってきて嬉しい。

やっぱツルちゃんはいいな~
[ 2006/11/27 21:21 ] [ 編集 ]

3番乗り!?

asukamuraさん、一番乗りおめでとう&ありガトございま~す。
賞品は・・・・・・・・ロジャーからのチュ-☆インガム(笑)なんちゃて。
カニャスは当然ものすごく出る気でやってると思います。めったにないチャンスですからね。でも、チェラとか(=2番手シングルス)がそれを阻むくらいの仕上がりじゃないと、ロシアには勝てないかと。いくらカニャスが調子よくても、まだチャレンジャーレベルでの話ですからね。

jonsiさん
あ、そうか。。。jonsiさんは敵側のオンナでしたね。。
マラトの喜ぶ顔は全豪で、ということで手を打ちましょう! ね?
ツルちゃん、ホントにいいですね~。実物は割とシャイっぽいんじゃないかというのが、また◎。



コメントは上から下への方が自然かなあ・・・


[ 2006/11/27 22:45 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)