トップページ > 2007 南米クレイ~三月ウサギお茶会 > Day3 - 連敗記録更新中

Day3 - 連敗記録更新中


ブエノスアイレス

Singles - Round Robin
G Canas (ARG) d (1)D Nalbandian (ARG) 64 64 <追記>
N Devilder (FRA) d (2)J Ferrero (ESP) 16 76(2) 60 
R Ramirez Hidalgo (ESP) d (6)G Gaudio (ARG) 61 61
(7)J Chela (ARG) d A Martin (ESP) 61 63
D Hartfield (ARG) d (8)J Acasuso (ARG) 63 ret. (right elbow)
M Vassallo Arguello (ARG) d S Galvani (ITA) 62 64
F Saretta (BRA) d カレリ棄権(LL)J Vanek* (CZE) 76(8) 67(2) 63
J Monaco (ARG) d P Starace (ITA) 63 64

ガト、記録更新中。。。
串刺しだし。。。
(イダルゴは、たしか去年もガトに勝っちゃってくれたよね。いや、いいんだけど)
で、フェレロ~~、もうガトにつきあってくれなくていいから。。

ガト、次はきっと勝てるから、棄権しちゃだめだよ。


ドヨヨ~~~ンと重苦しい空気が漂いますが、いいニュースもあるじゃん!

ハートフィールドがアカスソに勝った(相手の棄権だけど)♪
モナコが勝った☆
ふたりとも、次の一戦はQFを賭けた熱い戦いになります。
ハートフィールドはロイトマンと。(最近のチャレンジャーで活躍してる同士だから対戦も多いかと思ったけど、2004年に2回対戦して1−1)
モナコは・・・そう、モヤとです。


フェレロ:「2003年の頃のような自信はないけど、あの頃の自分より今の自分の方がいいいい選手だと思う。テニス界全体のレベルが上がったんだ」

モナコ:「今日みたいなプレイがコンスタントにできたら、トップ30に入れそうだ」

ハートフィールド:「ハードや芝でプレイするのが好きだけど、クレイでプレイする方がいい。」
“Prefiero jugar en polvo, aunque me guste jugar en cemento y césped. “
なんだかさみしいセリフ。ハードや芝でプレイするためには、旅費をかけて遠くまで行かなきゃいけないものね。
「今年は1年を通してATPレベルでプレイできるんじゃないかと思ってる」
ということは、秋にはヨーロッパインドア!? 速いコートは得意でも、インドアはあまり経験なさそうだから、予選とか勝ち上がるのはむずかしいかなあ。。。 それまでに本選ダイレクトインできるくらいになってるといいんだけど。


ハートフィールドインタビュー動画(三部作@Segundo Saque) 
”ロジェリオ”・フェデラーとのあの対戦(@全仏2006)について、など

SportYa 動画(ページ右)




ロッテルダム

Singles - First Round
(8)R Stepanek (CZE) d (Q)J Hernych (CZE) 62 75
M Gicquel (FRA) d A Clement (FRA) 64 63
P Kohlschreiber (GER) d G Simon (FRA) 63 31 ret. (right hamstring)
ヒューイット棄権(LL)D van Scheppingen* (NED) d G Monfils (FRA) 67(3) 64 63
(LL)R de Voest (RSA) d (WC)M Verkerk (NED) 63 76(0) 負けたけど、おかえりなさ~い

Singles - Second Round
(5)N Djokovic (SRB) d (Q)A Pavel (ROM) 67(8) 61 63
(6)D Ferrer (ESP) d K Vliegen (BEL) 64 62




メンフィス

ATP Singles - First Round
(WC)S Querrey (USA) d I Karlovic (CRO) 63 62
[7]J Benneteau (FRA) d H-T Lee (KOR) 75 63
B Becker (GER) d R Kendrick (USA) 26 63 64 ケンドリック健闘
[1]A Roddick (USA) d T Johansson (SWE) 62 75
[3]A Murray (GBR) d F Dancevic (CAN) 63 46 64


ATP Singles - Second Round
[Q]T Gabashvili (RUS) d (WC)A Kuznetsov (USA) 57 63 64
S Koubek (AUT) d [Q]E Korolev (RUS) 76(4) 62







 
関連記事
スポンサーサイト




どうしたの、ガストン(><)

今年まだれいこさんに会ってないからかな???
フェレーロもどうにかブラジルでファイナルまでいきましたが、今回早速負けています・・・
[ 2007/02/22 17:30 ] [ 編集 ]

途中で送信しちゃった・・・

もう年齢も・・・の二人。がんばって欲しいですね。
[ 2007/02/22 17:33 ] [ 編集 ]

ははは・・・

ヨーロッパ・クレイの頃には調子が戻っていて、まるで私がLUCKを運んできたかのような印象を与えられるといいのですけどね。
[ 2007/02/22 20:57 ] [ 編集 ]

gaudio違いで・・

そうよそうよ☆ヨーロッパクレイでがんばってくれるわよ!

ブエノスアイレスのHPの18日の写真のガウデイオpella??は誰??
写真うつり、すごくかわいいんだけど・・

イゴール君は太ったのかしら?すごく変でした・・
[ 2007/02/23 00:20 ] [ 編集 ]

Guido Pella

のことですよね?↓:

http://www.copatelmex.com/galeriadefotos.php?id=10&pos=8
http://www.menstennisforums.com/showthread.php?t=91374(MTF)

16才。オレンジボウルだかでけっこう勝ってたようです。この前のデ杯(vsオーストリア)にヒッティングパートナーとして同行しました。レフティで、メルツァーなんかとプレイのタイプが似てるかららしい。つまりコテコテのクレイコーターではなく、デルポトロ系なんだと思います。

男前ですよね~ とても16才には見えないけど・・・(いい意味で)
ブエノスアイレスでは、ガトとも練習してたそうです。

彼とか彼より下の世代には協会から援助があるそうだから、順調に伸びれば2、3年以内に上位大会に出てくるかもしれませんね。
[ 2007/02/23 05:20 ] [ 編集 ]

公式HPの写真

会見時のものでしょうか、ガトの辛さがにじみ出ているかのような表情が何とも切ないですね。
でも反面、すごく色っぽいなあ、とも思いました。
苦悩する姿でさえもセクシーな男は必ず這い上がってくる、というのが私の持論なので、ガトも必ずやってくれると思います。
実は私はサッカーも好きで、イタリア代表のブッフォンのファンなのですが、彼も怪我で長期離脱するなど苦労と不運が多く、評価は高いのに結果が伴わなかったんです。
ある大事な試合で負けて打ちひしがれてる姿はそれはそれは痛々しく、同時にゾクゾクするくらいセクシーでした。
いつか必ず大きな成果を出すに違いない、と思っていたらW杯で下馬評を覆し世界一になりましたから。
たった一例で上記のような持論を持つに至ったわけですが(笑)、とにかくガトは大丈夫。
クレイシーズンに期待してます。




[ 2007/02/23 10:45 ] [ 編集 ]

>苦悩する姿でさえもセクシーな男は必ず這い上がってくる

おおっ、名言!

>イタリア代表のブッフォン
といわれても、わからない。。。(W杯見ても、せいぜい2割くらいしか知ってる選手がいない) どこかで写真など見かけたら観察してみますね~

ガト、ブッフォンに続け~
[ 2007/02/24 03:55 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)