トップページ > 2007 南米クレイ~三月ウサギお茶会 > Day1

Day1



ブエノスアイレス with ラウンドロビン

Singles - Main Draw Elimination(本選入りを賭けたプレイオフ)
D Hartfield (ARG) d (Q)D Gremelmayr (GER) 76(5) 61
N Devilder (FRA) d [Q]J Brzezicki (ARG) 63 57 63
A Di Mauro (ITA) d (Q)C Berlocq (ARG) 61 63
P Starace (ITA) d M Zabaleta (ARG) 76(9) 62
(LL)S Galvani (ITA) d (Q)D Junqueira (ARG) 64 46 75

Singles - Round Robin
S Roitman (ARG) d (8)J Acasuso (ARG) 76(4) 61
I Andreev (RUS) d A Martin (ESP) 63 26 61

Doubles - First Round
(4)Garcia/Prieto d Schwank/Villagran 64 26 14-12 (Match TB) - Saved 1 M.P.
Hartfield/Vassallo Arguello d Cibulec/Vanek 62 76(6)

ディエゴ・ハートフィールド、単複2勝!
シングルスのWCは、本当はカニャスに出るはずのものだった。だけど、そのカニャスが先週SF以上に残ったのでSE(特別枠)で本選入りとなり、WCがハートフィールドに回ってきた。このチャンスを生かすのだ、ディエゴ~~~!
彼のグループには・・・出身地が近くて仲のいいアカスソ、そしてロイトマン。で、シードのアカスソがロイトマンに負けてる。ということは・・・ロイトマンに勝てば、たとえアカスソに負けてもQF進出のチャンスはある・・・。2勝すればコトは単純なんだけど、アカスソを侮ってはいけない。で、でも~~~とにかくチャンス、チャンス、チャーーーンス! バモス、ディエゴ!

サバちゃんがプレイオフに負け、スタラーチェがモヤ&モナコ組に入りました。モヤとモナコで先週のガトのカタキを取ってもらおっと。で、モヤとモナコの直接対決でQF進出を決めてもらいましょう。



う、ウルトラマンを呼ばなきゃ・・・ 
ナルもモヤも人間を踏みつぶしたりしなかったでしょうねえ?

Photo http://www.minutouno.com/1/hoy/index/id_56.htm

モヤとナルの路上エギジビは800人もの人が集まって大盛況。
写真(↓にリンクあり)を見ると、たしかにすごい人出。ナルは腐ってもアルゼンチンナンバー1のスターだし、モヤも過去3回ここで優勝してることもあって人気者だからね。

2003年にバルセロナでモヤvsナダルの路上エギジビを見たけど、この半分どころか、せいぜい1/4くらいしか見物人がいなかった。

写真集(3枚)
MTFのスレッドにも写真あり
Nalbandian y Moyá juegan en pleno centro de Buenos Aires (ATP)写真あり
Nalbandian-Moyá, gala de tenis en el Obelisco  


ロイトマン:「僕は27才だけど、いつかはこういう時が来ると思ってた。若い頃協会の援助もなかったし、他の選手のように有望株でもなかった。だから(だけど)僕はこれからなんだ。そんなに大した活躍ではないけどね。」
”Tengo 27 años pero sabía que este momento iba a llegar. No tuve apoyo cuando era juvenil, tampoco me destacaba tanto como otros, así que mi mejor momento llega ahora. Al menos llegó".




ロッテルダム

Singles - First Round
(5)N Djokovic (SRB) d (Q)F Serra (FRA) 76(6) 64
O Rochus (BEL) d J Tipsarevic (SRB) 46 62 64
(Q)A Pavel (ROM) d D Bracciali (ITA) 61 61
(1)N Davydenko (RUS) vs (LL)M Berrer (GER)
(WC)R Haase (NED) d (Q)R Karanusic (CRO) 63 76(2)

Doubles - First Round
(4)Damm/Paes d Bolelli/Cipolla 64 61
(WC)De Bakker/Ljubicic d Smit/Van Haasteren 46 76(5) 10-8 (Match TB)


ハーセはATPレベル初勝利。WCを出した甲斐があったってもんです。
同じくオランダ若手のデ・バッカー(De Bakker)は(火)にルビチッチと対戦。(デ・バッカーとルビチッチは今回ダブルスを組んで1回戦に勝った)

クライチェック(大会ディレクター)は、この大会を欠場しながら(日)の決勝までいったバグダティスに医者の診断書提出を求めるらしい。

センターコートにはホークアイがあるようです。フェデラーやナダルの万が一の出場に備えて、ホークアイ導入を見送ってアピアランスフィーを用意しておくということだったけど、その後事情が変わったんでしょうか。


★動画 Interview met tennisser Lleyton Hewitt (ヒューイットインタビュー)
★写真 ファッションショー出演中のフェデラー (昔の写真です。クリックするともう少し大きくなる)


今週のドロー&リンク記事に追記しておきましたが:
センターコートTV
私のPCでは何も見られないけど:
LIVE TENNIS - ウェブカムみたいなもの?
LIVE TENNIS PLAZA - テニスプラザというのは、色々なブースがあって、サイン会とかインタビューをする場所でもある。サイン会などの時間に合わせてここをチェックすれば、おもしろいかも。イベント情報は大会サイトNEWS→Meet and Greet。(サイン会などが必ずこのテニスプラザで開かれるとは限りませんが)
このページ右にあるMEDIA FILESも要チェック。動画がアップされてます。今あるのはルビチッチとジョコビッチとTV Rijnmond(ローカル局。毎日大会特集番組があるらしい)。
選手とチャットなんていうのもある。チャットへの入り口はこのMeet and Greetページ右。


GENIALE PRAATJESMAKER
ジョコビッチ(去年Amersfoortで優勝した後)「僕は自分が世界ナンバー1になる能力を持っていると思ってる」
(去年の全仏、ナダル戦の前?)「クレイのナダルでも勝てないことはない」
フェデラーファンやナダルファンの中にはカチンと来る人も出てきそうなセリフ。1月の全豪でもフェデラー戦前に何か言ってたし。ジョコビッチは対戦相手を侮っているわけでも、自分を過大評価してるわけでもなし。これくらいの気概があってしかるべきでしょう!
  „Ik weet dat ik de capaciteiten heb om de nummer één van de wereld te worden.”
„Nadal is op gravel absoluut te verslaan”


,,IK KAN GAAN STUNTEN’’
オランダのWCハーセ(19才)はでかいし(190cm、71kg)、サーブアンドボレーヤーっぽいプレイだと思ってたんだけど、本人曰く「オールラウンドプレーヤー」。
昔から大きかったのではなく、16才になってから大きくなり始めたそうです。それまでは小さかったため大きい選手相手に色々工夫をこらさなければならなかったそうで、いやらしいスライスや緩急自在のプレイができるのはその頃の名残らしい。ちなみに、190cmというのは最近のオランダ青少年としてはごく平均的な身長だと思われます。
ハーセ:「力をつけるためにもあと8キロくらい体重を増やそうとトレーニングをしてる。マレィも全豪でナダルに負けた後で、本当に一人前の強いカラダになるにはあと2年くらいかかるだろうって言ってた。19才じゃまだまだなんだよ。
もちろん、ナダルは別さ。でも、彼は12才から筋肉トレーニングを始めて、学校にも行かなかった。僕はVWO(高校卒業レベルとはいえ大学進学コースなの で成績もかなりいいはず)を終えたし。それに僕はそんなに早い時期に筋肉トレーニングを始められるタイプじゃないんだ。(以下略)」
(,Ik ben allround, kan serve-volley spelen, verdedigen en aanvallen. Zo ben ik in staat het spel van mijn tegenstanders te ontregelen. Tegenstanders kunnen gek worden van mijn tempowisselingen en de irritante slice. Ik ben laat gaan groeien, dus vroeger moest ik als klein ventje wel gekke dingen gaan doen. Pas na mijn zestiende ging ik groeien en kon ik mijn netspel ontwikkelen.”
,,Ik wil slank en soepel blijven, maar moet ook sterker worden. Daarom doe ik veel aan krachttraining en wil ik nog een kilo of acht aankomen. Maar dat duurt gewoon anderhalf jaar. Ook Murray zei in Australië na de nederlaag tegen Nadal dat hij pas over twee jaar echt superfit kan zijn. Je kunt op je negentiende nog niet optimaal zijn.
Goed, Nadal is dat misschien wel, maar hij deed vanaf zijn twaalfde aan krachttraining en ging niet meer naar school. Ik heb mijn vwo-diploma gehaald en bovendien ben ik geen type dat zo vroeg al krachttraining had aangekund. Dan was ik helemaal kapot gegaan. Als jochie zaten mijn knieschijven verkeerd, had ik problemen met mijn rug en deden mijn achillespezen pijn. Pas vanaf mijn zestiende voelde ik niets meer. Nadal heeft blijkbaar een ander lijf en kon dat wel aan. Maar er zijn honderden andere Nadals die heel vroeg alles op het tennis hebben gegooid en het niet hebben gehaald. Dit omdat ze niet zo veel talent hadden of die zware trainingen niet aan konden. Deze jongens hebben de top niet gehaald en ook geen schoolopleiding achter de rug. Ik heb een andere weg gekozen.”)

いや、いくらなんでもナダルは12才から全然学校に行かなかったわけじゃないんだけど・・・


An email conversation with Richard Krajicek: 'Maybe my serve and volley could give Roger trouble

Q:出場選手のうち何人くらいがアピアランスフィーを受け取るのですか? そしてアピアランスフィーの総予算は?
クライチェック(ロッテルダム大会ディレクター):トップ15または20くらいまでの選手、または何らかの理由でランキングは低いが有名な選手。実際の予選については語れないけど、予算のかなりを占める。

Q:A streaker famously ran on to the court before the start of that Wimbledon final. Could you believe your eyes?(クライチェックはウィンブルドン優勝者。その決勝開始直前、コートに若い女性ストリーカーが登場したことについて)
クライチェック:何を思ったって? 素晴らしい! 実際、しっかりと見たよ,すべてをね。でも写真家たちが僕の写真を撮っていたから、「イカン、集中するんだ、彼女の目を見ろ」って自分に言い聞かせた。その時の写真を見ると、僕の視線は目の高さにあるけど、対戦相手のワシントンの視線は下を見てるんだ。実際、あれは緊張を解くにはいい方法だった。ウィンブルドン決勝という場面で、僕は優勝すると期待されていてとてもナーバスだったんだ。





メンフィス

ATP Singles - First Round
S Koubek (AUT) d S Greul (GER) 63 76(3)
[6]J Melzer (AUT) d [Q]J Witten (USA)16 63 76(3)
[Q]T Gabashvili (RUS) d [5]X Malisse (BEL) 46 2-2 ret. (right wrist)
[Q]E Korolev (RUS) d [8]R Ginepri (USA) 76(4) 46 63
Y.-H. Lu (TPE) d (WC)C Guccione (AUS) 76(4) 63
(WC)A Kuznetsov (USA) d [Q]K Kim (USA) 62 26 64

ATP Doubles - First Round
F Lopez / S Querrey d J Kerr /D Skoch 46 76(6) 10-8 (Match TB)

フェリ、とりあえずダブルスで肩ならししてシングルスに臨みます。鮮烈なデ杯電信柱なライオン丸デルポ(デルポトロ)相手とはいえ、負けちゃイケマセン。
そして・・・やっぱり勝ちました~ コロレフ! ジネプリになら勝てると思った。故障で1ヶ月ほど出てなかったけど、予選をやってるし。それに故障で休む直前の試合がアレですからね。アレ=ゴン相手の5セットマッチ・・・と思ったら4セットでした(ゴン 7-6(4) 6-7(6) 3-6 2-6 コロレフ)。


Fish finds success after 2 operations
手首を2度手術しているフィッシュ。去年の今頃は341位でしたが、現在25位。
復帰にあたっては、仲の良いブレイクの例からインスピレーションを得ているそうです。ブレイクは2005年、4月の210位だったのを年度末ランキング23位で終えてます。フィッシュは去年の2月341位→年末47位。
さらに、去年11月半ば、コーチのトッド・マーティンとフォアハンド改良に取り組みました。グリップとテイクバックを変えたのですが、最初から驚くほどうまくいったそうです。
フィッシュ「ここまで戻ってくるのは長い道のりだった。故障以前、色々なことを当たり前と思ってたとは言いたくないけど、今はひとつひとつの勝利を大切に思うし、ひとつひとつのポイントにより真剣に取り組んでいる」
'It was a long road back,'' he said. ''I don't want to say I was taking things for granted before, but now I savor every win and I take every point more serious.''


マリス、故障棄権について:"I hit a backhand and kind of snapped my wrist a little bit," Malisse said. "It started hurting pretty bad on the next shot, and I could barely hit a backhand. I couldn't play on, because I couldn't hold my racket. I just kind of snapped something." (Querrey関連記事 Newcomer meeting expectationsより)


関連記事
スポンサーサイト




路上エキジビ

れいこさん、こんばんは。
この巨大なナルとモヤは???
足にしがみついてみたいv-352
もちろんモヤ兄ィの方ですよ。

サバちゃんがモヤ&モナコブロックに入らなくて、少しは
れいこさんの気苦労も減ったことでしょう。
先週のyahoo!に出ていたモナコのカッコイイ写真を壁紙にして喜んでいます。
打っている時の目が綺麗なんですよね。
腕も太くなってたし。
トレーニングの成果が出てきたのかしらv-290

やっぱりアピアランスフィーって高いんですね。
関係ないけどクライチェクの奥さん可愛いんですよ。
時が経っているので、可愛かったというべきか(-"-;)
[ 2007/02/21 00:33 ] [ 編集 ]

こんにちは

いつもたくさんの情報ありがとうございます☆
ガリバー画像、面白いですね。
ナル、大好きなモヤ兄さんと一緒で楽しそう(*^.^*)
いきなりタフなグループに入れられちゃいましたが、
ガトと一緒にQF進出できたらイイな~。
たまには地元孝行しないとね(^^;)
[ 2007/02/21 03:40 ] [ 編集 ]

死のグループ

アイリーンさん
普通サイズでもモヤにならいくらでもしがみつきたいです。彼は紳士なので、そういう女性をむやみに引きはがしたりしないと思うんですが、セクハラになっちゃいそうだから自粛します。

クライチェクの奥さんって女優かなんかだったみたいですね。(オランダにいるのに知らなかったりする) 女性誌などには「クライチェク妻」という肩書きではなく、ダフネ・デッカー(だったかな?)と自分の名前で出てます。最近の画像は見たことがあるけど、可愛かったという当時の彼女の姿は知らないです。

nalbyさん
モヤは大サービスで肩まで抱いちゃって。。。 ナルったら役得~
なんて言ってる場合ではない ー ナルのグループは「死のグループ」なんて書いてる所がありましたが、本当に大変なことになっちゃいましたね。最近の勢いとか、普通の大会でのナルの力の入れ具合からするとナルが不利なんですが。。。 期待せずにいるとがんばってくれるかも!? 



ガト・ファンは、いじらしく半年ぶりの1勝をめざします。(と言いつつ、ひそかに優勝を狙ってたりする)
[ 2007/02/21 07:58 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)