トップページ > 選手 ナダル > ナダル公式サイト・日本語版? 

ナダル公式サイト・日本語版? 

ナダル公式サイト日本語版がオープン(予定)なの???

http://www.tennis-japan.com/nadal/home.html
注:音が出ます。

公式サイトの方には496は出てないけど。



<追記>あちこちで噂になってるのオールスター出演CMってこれですかね?
動画 JUST DO IT.NIKE PRO

ボクシング?の亀田選手とかも出てるバージョン(去年の?)があるそうだけど、見てない。

動画 Nike Pro 2005
関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/02/20 ] 選手 ナダル | TB(0) | CM(6)

あっ長いバージョンだ。
私がTVで録画したCMはもうちょっと短かったです・・・長いのを録画したかった。

このナダルの日本語サイト、秋ごろRafafaさんに教えていただいてちょっとのぞいていたんですが、あまり更新されないみたいなんですよね。
ここ(tennis-japan)の方、当時はrafaelnadal.comに日本関係の担当として顔写真とか出てましたけど、今はいらっしゃらないみたいです。どうなってるのかなあ・・・
れいこさん、日本関係担当者にぜひ立候補して・・・
そして私たちにラファのサインとか服とか靴とかを横流ししてくださいv-343
[ 2007/02/21 21:34 ] [ 編集 ]

流し素麺と交換が条件(笑)

CMは30秒バージョンと60秒バージョンがあるのかもしれませんね。というか、日本のTVでこういうのが流れているんですね~ 

>当時はrafaelnadal.comに日本関係の担当
え、そんな話があったんですか? 日本語で色々読めたらいいのに。。

今は亡きVR.comでも、スペイン語バージョンができた頃(2004~5?)に日本語バージョンも作ちゃおか!?という話はチラッとあったんですよ。

ま、それはさておき。
ラファ公式サイトには、日・中・仏バージョンくらいあってもいいような気がします。フランス語のファンブログがすごくたくさんあるし。中国でも日本に負けず劣らずの人気ですよね。

サインくらいなら、チャンスがあれば貰ってきますよ~。服とか靴を脱がして貰ってくるのは流石にちょっと(?)ためらわれますが(笑) 自分がサインに興味がないから貰いにはいかないけど、貰おうと思えばどこかでチャンスはあると思います。あ、でもラファは超人気者だから、やっぱりむずかしいか。ラファに群がってるのが大人たちならまだしも、子供ばかりだからやりづらい。
[ 2007/02/21 23:51 ] [ 編集 ]

復帰しました♪(せんでいいと言う声が・・・)

http://www.rafaelnadal.com/english/en/home.html

↑こんな小さな子にもわかるラファの良さ!全豪だったかな、ラファのぐちょぐちょのウエアをくれって言って、ほんとにもらっていたツワモノがいましたよ。ラケットもらってきてください!!高価で買い取りますよ!!
[ 2007/02/22 18:43 ] [ 編集 ]

Rafafaさん

また来られるようになったんですね。よかった。

で、復帰早々そんな風に商売心をあおらないでください、オネガイ(笑)
もしラファラケを拾ったりしたら、ねこばばしたりしないで差し上げますから~
[ 2007/02/22 20:14 ] [ 編集 ]

>ぐちょぐちょのウエア
ファンの人って、洗うんですかね?洗ったら意味ないのかな?

っていうか、ラファって子供に取り巻かれてるの?
若い女の子に取り巻かれてるのかと思ってた・・・

>日本語バージョンも作ちゃおか!?
作ってくださいよ~
そして私もまぜてください♪
[ 2007/02/23 12:43 ] [ 編集 ]

やっぱり洗うでしょう?

ラファだけじゃなくて、有名選手に群がる=殺到するのは子供が多いです。特にラファは子供に群がられるタイプみたいですけど。若い女の子も子供がいれば子供を優先するんじゃないかと思います。あ、でも、ラファの場合は熱狂的なファンが多いから子供相手でも構わないかも。


VR.com、復活してくれませんかね。しなさそうですね。この前Rafafaさんがリンクしてくれた時にちょっと覗いたら、イロイロ充実してきてるみたいだし。オフィシャルが充実するのがイチバンですものね。
[ 2007/02/24 03:37 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)