トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 2007 デ杯 > デ杯 – ‘passion’(情熱)と ‘honour’(名誉)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デ杯 – ‘passion’(情熱)と ‘honour’(名誉)



オーストリアvsアルゼンチン 
写真集記事(デ杯サイト)

Stefan Koubek (AUT)71位 v Jose Acasuso (ARG)40位
Jurgen Melzer (AUT)30位 v Guillermo Canas (ARG)107位
Jurgen Melzer/Julian Knowle (AUT) v Jose Acasuso/Sebastian Prieto (ARG)
Jurgen Melzer (AUT) v Jose Acasuso (ARG)
Stefan Koubek (AUT) v Guillermo Canas (ARG)
デルポトロ67位
ペヤ106位

アカスソがフル出場。
アカスソは第1シングルスとはいえ、国内ではナル、カレリ、 チェラ、ガトに続くナンバー4。誰がリーダーというのではなく、自分も「チームの一人、1/4」だと繰り返すアカスソ。その気持ちはわかるけど、もう一歩 成長するためにあえてリーダーとしてプレッシャーを背負って勝ち、その後でこういうセリフを吐いてもらいたい。・・・むずかしいことだけど。

第2シングルスはカニャス。気合の入り方がすごい。練習試合(1セットマッチかな?)でデルポトロにベーグル喰らわせたとか。アカスソにも勝ったようだし。ま、先週ザグレブで3試合(予選を含め)やってきてるということもあるかもしれないけど。

カニャスは、ドーピング違反により15ヶ月間公式戦から遠ざかっていた。昨年9月に復帰してチャレンジャーで怒濤のカムバック。全豪への出場を確保するために年末のチャレンジャーでポイントを稼ぐ必要があるためデ杯決勝には(指名されても)出ないだろうと言ってたが、結局ロシアとの決勝に第5のオトコとして参加。ヒッティングパートナーではなくチームの一員として、という条件での参加だったそうだけど、結局出番はなかったし、事実上はヒッティングパートナーという位置づけだったと私には思えた。

今年1月、カニャスは全豪の予選には出られるランキングだったし、予選に出れば本戦出場、さらに1、2回くらい勝てた可能性はあったと思う。でも、彼は全豪には向かわず、南米のチャレンジャー(ハード)に出る。さらに、南米クレイシリーズのビニャデルマルではなくザグレブに予選から出場。(2年ぶりのインドア大会) それもこれもデ杯のため。もちろん、カニャスがデ杯メンバーに選ばれるという保証は全然なかった。

デ杯サイト記事に、デ杯のような国別対抗戦からは‘passion’(情熱)と ‘honour’(名誉)というふたつの言葉が連想される、とある。まさに今のカニャスのためにあるような言葉かも。

カニャス「これは僕のキャリアの再スタートだ。目標はトップ20。自分の身に起こったことを考えると、再び自分の国を代表するのはとてもエモーショナルなことになるに違いない」


浪花節だよ、人生は。

アルゼンチンがカニャスの浪花節ならば、オーストリアはパンク。(深い根拠はありません。みんな髪ツンツンしてて、ピアスしてるような選手もいるし、レフティばかりなのでなんとなく。)

オーストリアもナンバー1のメルツァーがフル出場。プチ・スランプを脱して自己最高ランキングを更新しはじめた所。
クーベックは本物のスランプを脱した所。
つまり、二人とも上り調子。しかも、速いサーフェスが得意ときてる。


前年度ファイナリストとはいえ、アルゼンチンにとってはきつーーーい一戦。



必見動画 
Guillermo Cañas bromea con Stefan Koubek.
カニャスがクーベックを懐柔している。



チリvsロシア
記事と写真(で杯サイト)

Nicolas Massu (CHI) v Marat Safin (RUS)
Fernando Gonzalez (CHI) v Igor Andreev (RUS)
Fernando Gonzalez/Nicolas Massu (CHI) v Teimuraz Gabashvilli/Igor Kunitsyn (RUS)
Fernando Gonzalez (CHI) v Marat Safin (RUS)
Nicolas Massu (CHI) v Igor Andreev (RUS)

ツルスノフはやっぱりだめだったんですね。
ダビデンコは出ないって言うわ、ユースニーはザグレブに出るってことで出場できないわ、アンドレエフは故障からもどってきてまだ本調子じゃないわ・・・ディフェンディングチャンプ・ロシアはピンチ!

でも、チリもイマイチな模様。まず、全豪で一躍名を挙げたゴンの調子がイマイチらしい。練習試合とはいえA.ガルシアに負けたとか。
マスーも全豪以来ビニャデルマルで決勝まで行けたのが不思議なくらいの調子悪さらしい。
ま、それでもゴン・マスーのオリンピック金メダルペアがガバシュビリ・クニツィンに負ける気はあまりしないけど。




スイスvsスペイン
記事と写真(で杯サイト)

<追記>バブリンカ、練習試合に怪我?で欠場

R1 - M.CHIUDINELLI (SUI) v R.NADAL (ESP)
R2 - S.BOHLI (SUI)278位 v D.FERRER (ESP)
R3 - Y.ALLEGRO / M.CHIUDINELLI (SUI) v F.LOPEZ / F.VERDASCO (ESP)
R4 - S.BOHLI (SUI) v R.NADAL (ESP)
R5 - M.CHIUDINELLI (SUI) v D.FERRER (ESP)

スペインは2004年の優勝以降2年連続で1回戦は【アウェイ + 高速コート – 国内ナンバー1選手】=1回戦敗退(vsスロバキア、ベラルーシ)。今回もアウェイ&高速コートです。が、しかし、今回はナダルがいる!(しかも、フェデラーは自己都合で出ない)

一方、スイスは
CHIUDINELLI は故障続きで去年5月には795位まで下がったんだそうですが、今137位ということはその後がんばっていい成績をのこしているのでしょう。。。 

ところで、フェデラーがデ杯に出ないということについてあまりメディアもとりあげてないような気がするんだけど、なぜなのかな? 他の国で国内圧倒的ナンバー1が出なかったとしたら、大きな論議になると思うんだけど。




チェコvs米国@クレイ
記事(デ杯サイト)

Ivo Minar (CZE)160位 v Andy Roddick (USA) 4位
Tomas Berdych (CZE) 12位 v James Blake (USA) 6位
Pavel Vizner/Lukas Dlouhy 87位 (CZE) v Bob Bryan/Mike Bryan (USA)
Tomas Berdych (CZE) v Andy Roddick (USA)
Ivo Minar (CZE) v James Blake (USA)

数字の上ではどう見ても米国圧倒的有利。4位と6位とブライアンズ!
なんだけど・・・そこはデ杯。しかもクレイ。しかもチェコのホーム。しかもベルディフがかわいい。

ロディックがラケットを大虐待した、とか。(本人だかマッケンロー・キャプテンの弁によれば、ラケットの「自殺」ー いずれにせよ合掌)

2ー2で最終戦にもつれ、さらにそれが最終セットにもつれた場合・・・、ミナールだとブレイクに勝つにはキツい気がするけど、Dlouhyが出てきて、最終セットまでいったら・・・ブレイクは5セットまでもつれて勝ったことないんだよね?  もっとも、それは過去の話。トップ10選手がいつまでも5セットマッチに勝てないというのは変な話 ー トップ10やめますか? それとも5セットに勝ちますか?

米国は、とにかくクレイでの戦績悪し:
If Roddick and co. can defeat Czech Republic, it will mark the first time in ten years that a US team has won a World Group tie on clay, since USA defeated Brazil in the 1997 first round. Although USA has won two Play-off ties on the surface in the intervening period, the nation has lost four more in World Group action, most recently in last year’s semifinals against eventual champions Russia, when Roddick fell to Dmitry Tursunov in an epic decisive fourth rubber.




ドイツvsクロアチア

記事と写真(デ杯サイト)
 ハースがやっぱりハンサム。ベッカーのたれ目がかわいい。


Tommy Haas (GER) v Mario Ancic (CRO)
Benjamin Becker (GER) v Ivan Ljubicic (CRO)
Michael Kohlmann/Alexander Waske (GER) v Mario Ancic/Ivan Ljubicic (CRO)
Tommy Haas (GER) v Ivan Ljubicic (CRO)
Benjamin Becker (GER) v Mario Ancic (CRO)

ベッカーのデ杯デビュー。
クロアチアのカルロビッチは出場料(というのか?)がルビチッチやアンチッチに比べて少なすぎる、という理由で欠場だとか。




ベルギーvsオーストラリア
記事と写真(デ杯サイト)

Kristof Vliegen (BEL) v Lleyton Hewitt (AUS)
Olivier Rochus (BEL) v Chris Guccione (AUS)
Dick Norman/Christophe Rochus (BEL) v Paul Hanley/Lleyton Hewitt (AUS)
Olivier Rochus (BEL) v Lleyton Hewitt (AUS)
Kristof Vliegen (BEL) v Chris Guccione (BEL)

ロクスvsグッチオーネ・・・40cmくらいの身長差? これはぜひロクスに勝ってもらわねば。
で、あらら、ヒューはダブルスにも出るんだ。で、ノーマン・ロクス組・・・やっぱり40cmくらい違う?

巨人と小人が入り混じって、ロクス弟とヒューが走り回り、なんともファンタジーなマンガチック対戦になりそう。





フランスvsルーマニア
記事と写真(デ杯サイト)


Richard Gasquet (FRA) v Victor Hanescu (ROM)
Sebastien Grosjean (FRA) v Andrei Pavel (ROM)
Arnaud Clement/Michael Llodra (FRA) v Florin Mergea/Horia Tecau (ROM)
Richard Gasquet (FRA) v Andrei Pavel (ROM)
Sebastien Grosjean (FRA) v Victor Hanescu (ROM)

ハネスク~~~! Where have you been!?(最近見かけなかったけど、どこで何してたの?)と思ってたら、故障してたんですね。で、去年11月から復帰したばかり。

フランスのナンバー1はガスケ:
「地元開催だからプレッシャーは大きいけど、モチベーションも大きい」
「僕がナンバー1だけど、このチームにはリーダーはいない。一人じゃ勝てないよ」




ベラルーシvsスウェーデン
記事と写真(デ杯サイト)

Vladimir Voltchkov(BLR) v Robin Soderling (SWE)
Max Mirnyi(BLR) v Thomas Johansson (SWE)
Max Mirnyi/Vladimir Voltchkov(BLR)v Simon Aspelin/Jonas Bjorkman (SWE)
Max Mirnyi(BLR) v Robin Soderling (SWE)
Vladimir Voltchkov(BLR) v Thomas Johansson (SWE)

ミルニー@ぞろ目♪
ミルニーとビョルクマンがネットを挟んでダブルスというのも珍しいですね。

ベラルーシは2004年にワールドグループ入りしてからホームでは負け知らず。
それも、アルゼンチン・スペイン・ロシアというデ杯屈指の強豪国に勝ってるんだから、ホーム有利とはいえすごい。しかもいわゆるシングルスのトップ選手(トップ10とかトップ20)がいないんだから。ミルニーとボルコフのランキングを足したら、今回のワールドグループ対戦中最高の数字(=最弱ランキング)? 下手すると、ヨーロッパゾーンの対戦なんかの方がランキング高い選手が出てるかも。

ベラルーシ快進撃の秘密は、もちろんホーム開催(=超速コート)という要素もあるけど、
*ミルニーがシングルスもダブルスもできること
*特にダブルスではエリート中のエリート
*ボルコフがデ杯オトコである







関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/02/09 ] 2007 デ杯 | TB(0) | CM(3)

カニャス

カニャスって確かATPの出した薬を飲んでひっかかったんですよね?もしそうだとしたらなんだかそれで処分されるのって…。どうも納得いかないのは私だけですかね?これがもしアガシのようなスター選手が相手だったらどうしてたでしょうね??
フェデラーは去年も1回戦は出なかったので、「やっぱりね出ないのね…。」というところじゃないでしょうか?去年ほどじゃあないですが、今年も賛否両論あるようですよ。ただスイス国民はあんまり国別対抗戦に興味がなさそうに思えます。私の勝手な想像ですが(笑)。
[ 2007/02/09 21:57 ] [ 編集 ]

予想大会

いよいよ 始まりました! れいこさんの、すばらしい情報を元に、みんなで予想大会しないんですか~?

オーストリアvsアルゼンチン
チリvsロシア
スイスvsスペイン
チェコvs米国
ドイツvsクロアチア
ベルギーvsオーストラリア
フランスvsルーマニア
ベラルーシvsスウェーデン

ぅぅう むずかしぃすぎた... みんなホーム負けてるし・・
[ 2007/02/09 23:55 ] [ 編集 ]

asukamuraさん
>ATPの出した薬を飲んでひっかかった
そうだったと思います。
コリアもそうだったはず。
ルゼツキも。
で、なぜかルゼツキだけは無罪放免。
ルゼツキと同じ時期に陽性反応があったらしい多数の選手たちの名前はついに公開されず。(大物がいたとかいないとか)

でも、そういったことは大きなニュース見出しにはならない。人々のアタマには「カニャス=ドーピング違反」と残る訳です。
ま、しょうがないかな。テニス選手仲間でさえこんなこと↓言ったりするんだから。 

"Appropriate ban. 出場停止は妥当。
No more I could say.
It's a pity people have to do this."


スイス国民はたしかにあまり気にしなさそうですね。スイスのメディアは滅多にチェックしないのですが、アルゼンチンやチリみたいに選手を責めたり糾弾することが少なさそう。大会を見に行っても、観客がおっとりしてるし。

pizzaさん
予想ってむずかしいんですよね。。。 特に私なんかは私情が入りまくって、とてもじゃないけど冷静な判断ができません。
が、あえてなるべく冷静に予想させていただくと、アルゼンチンがまた決勝までいって、決勝にはガトも出場して感動の嵐の優勝。。。 今年はテニス賭博に手を出してみようかと思ったけど、やめておいた方がいいかな?

[ 2007/02/10 04:53 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。