トップページ > 選手 その他 > サフィン語る

サフィン語る

オークランドは今週ずーーーっと雨に祟られています。決勝がはじまらない。クーヨンが始まっちゃうからそちらを見るか。。。 (←見るのはミルカじゃなくて、フェデラーとロディック! その前にサフィンvsマレィ♪)



オークランド決勝を待ってる間に見つけたサフィン記事をご紹介します。

The Age紙に「Yoyo from Moscow(モスクワのヨーヨー男)」というサフィン記事が出ていました。おもしろかったのでご紹介します。(サフィンの発言を中心に、記事の流れにそって適宜訳しただけです)





(サフィンvsフェデラーの試合後、ラウンジでの通りすがりの会話)
Q: フェデラーとサフィン、ふたりがベストの調子だったらどちらが勝つでしょう?

フェデラー: うん、彼(サフィン)だな。
サフィン: もちろん、僕さ。



ツルスノフ: もし(サフィンが)ナダルのようにテニスだけに集中できたら、うん、ナンバー1になってるよ。」 
"If (Safin) had Nadal's focus and tunnel vision about tennis, yeah, he'd be No. 1."

サフィン: うーん、僕は辞めるだろうね。だってさ、きっと退屈しちゃうよ。僕はナダルのような人生を送りたいとは思わないし、ナダルだってたぶん僕のライフスタイルは気に入らないだろう。とにかく、僕は何のためであれ、自分のライフスタイルを変える気はまったくない。たとえ何年にも渡るナンバー1の座と引きかえであっても。僕はただ普通の人間みたいに生きたいんだ。僕は、、なんて言うんだ?視野狭窄には陥りたくないのさ。そういうのは楽しめないと思う。残念なことに、僕には絶対に無理だ。そういう風になったことがない。そういうのは僕じゃないんだ。
"Well, I would quit, because I would get bored," he said. "I don't think I would like to have the life of Nadal, and Nadal maybe doesn't like my lifestyle, but I would definitely not change my lifestyle for anything, even to be No. 1 in the world for many years. I just want to live like a normal person. I don't want to be as — how you call it? — tunnel-vision. I would not enjoy it. Unfortunately for my mind, I could never do that. I never did it. It's not me."



(引退までにあと5回優勝したいそうだが、そこにGSが加わるかどうかにはあまり自信がないようだ。彼の才能からしてGSふたつというのは妥当だろうか?)
サフィン: もっと取れたかもしれないし、もっと少なかったかもしれない。(中略)だけど、今の僕が僕だ。僕はハッピーだし、自分の人生に本当に感謝してるよ。
"It could have been better, could have been worse, so I don't know if I would do some things different if it would never click in my life and I would not become a tennis player — or also, another side, I could maybe be a bit better. You never know. But I am where I am, I am happy and I am really thankful for the life that I have."



サフィンは、引退については何も具体的に考えてはいないけど、引退した後も、何らかの形でテニスに関わっていきたいようです。で、体型維持のためにもシニアツアーに出る可能性大? 



「普通の」人生を送りたいので、子供は引退してからだそうです。

サフィン: まず、ふさわしい女性を見つけなきゃいけない。ふさわしい女性というのは、支えになってくれ、そして理解を示してくれなければならない。このごろじゃ、そういう女性を探すのはとてもむずかしいけど。」
"First, I have to find the right woman," "The right woman needs to understand how to be supportive and understanding. It's pretty tough to find the right one these days."



(有名であることについて)
サフィン: そうだね、いろんな(好きな)ものがタダで手に入るね。
"Well, it gives you a lot of things for free, and I like them."



お金とは?
サフィン: 選択の自由
"It means freedom of choice."



モスクワにいる時にはまだママが洗濯をしてくれるそうですが、料理はやればできるんだそうです。料理がいやなのではなく、食器洗いがいやなんだとか。

サフィン: だけど、僕は家族もちじゃないし、GFもいないし、BFもいないし子供もいない。だから家で夕飯を食べないんだ。いつも友達とレストランにいくのさ。
"But I have no family with me, I have no girlfriends, I have no boyfriends and I have no kids, so I never have dinner at home," "I'm always eating with my friends at a restaurant, so it's a special life and I'm enjoying it."



サフィン: 若いときには、しちゃいけない間違いをたくさんしちゃうんだ。だけど、ある年頃になると、試してみたいことがあるから間違いをおかすんだ。つまり、次々と間違い、また間違い、そしてまた間違いを繰り返すのさ。
"Yeah because when you are young, you make a lot of mistakes that you shouldn't make but at a certain age, you do make because you want to experience some things, and so it happens you make mistakes after mistakes after mistakes,"



サフィン: で、僕もいろいろなことを考えて・・・これから2、3年はテニスに徹底的に打ちこみたい。本当だよ。僕はずっと自由で、何をするのも自分の自由なんだ」
"So now I figure out some things and I want to dedicate myself completely to tennis for the next few years and that's what I'm going to do. Definitely, I'm more free and I have a free choice of anything I am doing.



サフィン: プレッシャーは全然ない。テニスで成し遂げたいと思っていることをするために必要なことをしようとしているだけだ。今は何もかもパーフェクトだ。リラックスしてるし、旅するのもいいもんだと思ってる。
"I don't have any pressure on me, just trying to give myself (what I need) to be what I want to be in tennis. Right now, everything is perfect. I am relaxed, I am travelling, and I like it."



(有名なブロンド軍団@2003全豪について)
サフィン: あぁ、前にも言ったけど、僕の好みは・・・ いや、もう二度とああいうことはないよ。それにあれは誤解だってば。ま、僕のいい宣伝?にはなったけど、でも、あれは友達の友達だったんだ。」
"Aah, like I said, I like …," "No! It will never happen again and it was just a misunderstanding between all of us. It gave me a lot of, ah, promotion, but they're just friends of my friends, so it was a pretty good set-up for me."






シニアツアーに出る気になったら、ぜひぜひぜひガトを誘ってね。オ・ネ・ガ・イ!
関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/01/13 ] 選手 その他 | TB(0) | CM(7)

食器洗います~

The Age紙のサフィンの記事、紹介&訳していただいてありがとうございます。
>後5回優勝
どんどんして~
もっとファンを楽しませてくれ~

でも急に引退と言いだすんじゃないかといつも心配なのです。

>食器洗いがいや
やりますよ~。
お掃除でも、洗濯でもv-238

[ 2007/01/13 14:28 ] [ 編集 ]

いえ、私が洗いますってば!(笑)

訳さなかったけど、サフィン(または他の人)が自分のことを株にたとえたことがあるんですか? 上がり下がりがあるけど、そーゆーものなんだとか。ま、配当がどうのこうのじゃなくて好きで所有する株ですね、サフィン株は。
あと、デ杯の時にはローラーコースターにもたとえられていましたね。スペイン語では、ローラーコースターのことを「ロシアの山montaña rusa」というんだとか。

サフィンって、食べ物は何が好きなんでしょうね? ウォッカ?
[ 2007/01/13 22:51 ] [ 編集 ]

先越された!

食器なら私が洗いますってば
とコメントしようとしたら、もうすでに(笑)
うん、やっぱりマラトはいいなぁ。
こーいった記事を読む度に思いますわ。

マラトの好きな食べ物って何でしょうね。
私、好きなわりにはいろんな事あんまり知らないんですよねぇ。
ウォッカは大好きですよ。私は(笑)
大晦日に、今日はウォッカでカクテルを作ろう!と思って近くのスーパーで買ったんですが、一種類しかなくて。
いまいち美味くないなぁ…と裏を見たら、『フィリピン産』と載っててガッカリ。ウォッカトニックを作りたかったのにトニックウォーターもなかった。スーパーじゃ駄目か…
普段は飲むとなーんにもしたくなくなるので飲みませんけど。

あれ、マラト話をしてるつもりが酒の話に(笑)
[ 2007/01/14 00:06 ] [ 編集 ]

(ウォッカは食べ物じゃなかった・・・)

選手たちはちゃんと野菜を摂っているのかなあ、とちょっと心配してみたり。

私はジントニック派。なくても大丈夫だけど、旅先ではできれば一杯ひっかけてから眠りたい。でも健康のことを考えるとブラディマリーとかの方がいいかな、と考慮中。ま、アルコールは心の栄養だから何でもかまわないんだけど。
[ 2007/01/14 08:03 ] [ 編集 ]

皿洗い候補がいっぱい(笑)

マラト記事の訳、有難うございます(^^)
まさに独自のカラーを出してますねぇ。v-16
これを読むと「僕はカバでハッピーさ!」発言を思い出してしまいます。^^;

後2,3年と云わずGSいっぱい獲るまで徹底的にテニスに打ち込んで下さい!!
マラトの勝利が私の心の栄養なので…v-238
因みにアルコールは全く受け付けない淋しい体質です。v-15
[ 2007/01/14 09:41 ] [ 編集 ]

ふじっこ

>自分のライフスタイルを変える気はまったくない。たとえ何年にも渡るナンバー1の座と引きかえであっても

 フェデラーも、ドーハ欠場に関連して、ふつうにクリスマスとか正月楽しみたかったんだと言ってますね。そして、もっと、オフシーズンを長くとれればいいなと。ほんとうに、テニス選手ほど、オフシーズンが短いスポーツってないんじゃないかな。

>僕はナダルのような人生を送りたいとは思わないし、ナダルだってたぶん僕のライフスタイルは気に入らないだろう。

 まあ、ここはナダルでなくても、誰でもよかったんだろうと思うけど。人は人ってことで。しかし、ナダルを引き合いに出すのは、とりわけ、適当ではないわね。まだ二十歳だかれ、テニスに向かう姿勢だって違うのはあたりまえだからね。
[ 2007/01/14 16:02 ] [ 編集 ]

ガトがサフィンを慕う理由が(さらによく)わかる気がしました。
(カバとネコがふたりで日向ぼっこしてる風景が目に浮かんでくる。。。)

>ふつうにクリスマスとか正月
正月早々に大会っていうのは変更のしようがないんでしょうかね。
元旦が誕生日なんて人は、余計にかわいそう・・・

>まだ二十歳だかれ、テニスに向かう姿勢だって違うのはあたりまえ
たしかに。伸び盛りの20歳とピークを過ぎた30歳を一緒には語れませんよね。
ただサフィンは、ひょっとしたらデビューの頃からあまり変わってない可能性あり。
[ 2007/01/15 04:30 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)