トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 2007 全豪&前哨戦 > いよいよスターたちが登場!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いよいよスターたちが登場!

<追記>★動画 いまさらですがチェンナイ動画各種(QF他)
 ユーロスポーツのチェンナイ・ドーハなどのテニス動画もうチェック済みの方も多いでしょうけど。

<追記>★動画 Spaniard thrwos in the towel ナダル棄権
またはこちらのページ右の動画リンクから
(ウチのPCにこれを見るためのソフトが入ってないらしく、私には見られませんが・・)

★動画 Kooyong Preview(クーヨン記者会見)
ブロードバンドまたはローバンド(と言うのか??)
(「Federer pumps Hewitt's tyres」より)

★動画 Stars arrive at Kooyong
クーヨン記者会見の模様
最初にCMが入るかも。(私が見たときはロディックのPONGでした)

★動画 Rain Hampers Heineken Open
雨天のため観客接待?をするロブレド

ヤフー(クーヨン写真集)
サフィンがalmostボーズアタマ・・・

★写真集 Tennis show hits town (クーヨン)


Nalbandian starter, Federer ready
キーファーの欠場理由: 体の具合はもう良いようだけど、半年プレイしてないから全豪に出るには準備不足・・・ということらしい。
"It makes no sense to take part in a grand slam tournament after a half-year's break and without proper preparation," (Sidelined since the French Open in June, the German baseliner had surgery in July and October and had hoped to resume at Rod Laver Arena.)

ローチ(フェデラーのコーチ): "It could be a very hot Open and the weather over in Doha has been very cold and windy apparently, so the conditions haven't been very good.(今年のドーハは寒かったから灼熱の全豪に備えるには向いていなかった)
ドーハに出なかったのはアピアランス・フィーについて合意に達しなかったからだろう、という話もあり。(Qatar rebuffs Federer's agents
A disagreement over appearance money is the probable reason for Federer's absence from the $1.1m (£600,000) tournament, which in previous years is reputed to have dished out half that amount again to get him. (中略) This view may have chimed with the Qatar organisers, quoted as having been "unable to reach agreement" with IMG, Federer's agents.


Love in the air for top three
(ロディック・サフィン・フェデラーが上記のクーヨン動画でコーチについて語ってることが書かれています)
ロディック: 「彼(コナーズ)はテニスをやさしいものにしてくれた。僕は自分でテニスを難しくしてたんだ。」
Asked if Connors had made tennis harder, Roddick replied: "He's made it easier. I was making it harder on myself. It's a lot of fun."
サフィン(コーチが年がら年中帯同しないことについて): 「年がら年中一緒だと、おたがいが鼻についてくるかもしれないじゃないか。コーチとそういう問題をおこしたくないんだ。」
"Otherwise we can get tired from each other and I don't want to have this kind of problem with the coach,"


Federer and Roddick have bad news for Hewitt
今年は(ヒューイットの度重なる要請により?)全豪サーフェスを速くしたという話がありましたが、フェデラーやロディックによると去年と変わってないらしい。


Truant superstars served notice that they are cheating the fans
度重なる選手の欠場に、ATPも腰をあげる。欠場への罰則規定を厳しくする。その代わり、a)(来年以降?)2週連続マスターズというのをなくす、b)GS以外は決勝も3セットマッチにする、c)賞金額を増やす、d)ボーナス基金(?)、e)選手のプロモーション強化。
"So we are going to be asking and expecting more of our stars. We shall be introducing significantly tighter withdrawal rules for 2007 and 2008 and they will be tougher the following year. Making a commitment should be just that, not an option. But the rewards will be there — no more back-to-back Masters, no more five-set finals, more prize-money, bonus pools and enhanced player promotion."


Nadal realistic about Federer challenge
ナダル: 「僕はただ自分のゲームを向上させようとしてるんだ。特にクレイ以外のサーフェスでより良いプレイが出来るような部分を。」
「僕の目標は、すべてのサーフェスで向上し続けること。まだ若いんだし。それでもしタイトルがついてくればすばらしい。」
"I am only trying to improve my game, and specifically those parts of my game that will help me play better on surfaces other than clay,"
"My goal is to keep improving on all surfaces since I am still very young and if the titles come that would be great."



Across The Net: Nadal’s Two Paths for 2007
(2007年はナダルにとってのターニングポイントになるだろういう話)
Nadal is good enough on clay to hold his #2 ranking. The problem is that many men in the locker room may not be as intimidated by Nadal as they were even a year ago. If a player does not believe he can beat Nadal or Federer, he is likely to lose. Players that lose their fear of Nadal are likely to make every match he plays more difficult.
....
Rafael Nadal can simplify all of this by winning in Melbourne and continuing a more organic development of his game. Of course winning the Australian Open is not so easy. Nadal will have to win 7 three out of five set matches in the Australian heat and on a punishing surface. Still that seems less difficult than reinventing a game that has been forged over thousands of hours. If Nadal can impose his iron will on those hard courts, he is almost a co-favorite with Roger Federer because the surface and climate suit his game so well. If Nadal plays with a crisis of confidence, his results will likely be along the lines of the previous few months. Spain's Raging Bull may be at a moment of truth, but like his Davis Cup performance in 2004 Nadal will likely show he has the goods to be at the top of the tennis world.





SAP OPEN MEDIA CONFERENCE ロディック・インタビュー(1月8日)


(17才のロディックがアガシの自家用機(?)に同乗させてもらった時に一番後悔してることは何かと聞くと、アガシは慈善基金を始めるのが遅すぎたことだと答えた。これがきっかけでロディックはこの翌年早速自分の慈善基金を設立)
ANDY RODDICK: I was lucky enough to hitch a ride with Andre when I was about 17 on his plane. I was just asking him questions, probably being really annoying. I asked him what his biggest regret was. He said that he didn't start his foundation early enough. It really surprised me, made an impression on me. I started mine the next year.


Q. Are you hoping to get an early shot at him(フェデラー) this year in Australia?
ANDY RODDICK: Well, yeah, I mean, I've made it clear that I'd love to play him as many times as possible. Also that means that I'm deep in a tournament. That's a good thing, as well (laughter).


(RG以来、ナダルの成績がぱっとしないことについて)
Q. Seriously, though, hasn't won a title since the French. On hard courts, he hasn't been producing the same results.
ANDY RODDICK: You don't want to hear what I have to say.
No, dude, he's still winning matches. He's not losing first rounds. The guy made the semis of Masters on a hard court, on a fast indoor court. I'm sure he thinks he could play a little bit better. To say the guy's struggling, I mean, look at his age, with everything that he's accomplished. I mean, I'm going to give him the benefit of the doubt.
「いや、あのさ、彼はまだ勝ってるじゃないか。1回戦負けとかしてないし。ハードコートや球足の速いインドアで準決勝に出たりもしてるし。(中略)彼の年を考えてみてよ、(あの若さで)あれだけのことを成し遂げて。つまり、僕は性急な判断は下さないよ。」

関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/01/10 ] 2007 全豪&前哨戦 | TB(0) | CM(5)

ゴン情報

ゴン応援隊長のasukamuraです(笑)。
MOMOさん、私の観戦記を覚えててくれてどうも有難うございます。
ゴンですが、どうやらナルの代わりに明日試合をやる模様。それはいいのですが、ナルが心配ですね…。ここんとこいつもいいところまで行くのに、肝心な時に怪我で負けたりリタイヤしてたので、できれば万全な状態で臨んでほしいです。全豪は得意なサーフェスだし。

>Rogerのアピアランスフィーについて
ドーハがどうだか知りませんが、AIGについてはちょっとした噂を聞きました(あくまで噂ですよ)。
JTA(でしたっけ?)にはRogerを呼べるようなお金はとても出せない。日本で新たにスポンサーを開拓したい意向がRoger側にあった為、来日が実現した、というものです。
個人的には、Roger側の意向(アジアマーケットの開拓)+ミルカの強力なpush(日本大好き)+Roger自身の日本への興味(古い文化が好きですから)=来日の実現となったのではと思われます。
それを聞いて「やっぱり日本は貧乏なのね…。という事はRafaとかはよほど日本に興味を示してくれない限り、来日はムリなのかなぁ…」と、少しガッカリしました。
個人的priority(例えばWINとか地元とか)がない限り、条件やメリットが優先されるのはしょうがない事かと思われます。
何度もいいますが、あくまで噂です(笑)。でもRafaなんかは情に厚そうなので、メールなんかで熱烈ラブコールしたらいつかは来てくれそうな気が。
[ 2007/01/10 19:54 ] [ 編集 ]

あらら

ナル出ないんですか? ・・ラファ共々、大事をとってのことだといいんですけど。

>JTA(でしたっけ?)にはRogerを呼べるようなお金はとても出せない。
え、出せないんですか? そんなにビンボーだとは思いませんでした。・・・日本ではテニスは儲からないそうですから仕方ないのかな。
ま、出す用意があっても来てもらえない大会もあるわけですけど。(ロッテルダムとか)

「条件やメリットが優先」は人間なら当然のことです。私は、チャリティだって自分にとってメリットがあるからするんだと思ってますから。

>スポンサーを開拓
ま、まさか・・・ブログで絶賛の嵐だったというアレは関係ないですよね? 

ラファ来日実現については、任天堂かソニー(プレステってソニーですよね?)にがんばってもらいましょう! 
[ 2007/01/10 21:25 ] [ 編集 ]

エージェンシー

>asukamuraさん
日本でスポンサーを獲得したいと思ってたのはエージェンシーの方ではないでしょうか?確かロジャーに同行して来日していましたよね?
エージェンシーはそれはありとあらゆる方法で選手で儲けることしか考えていません。そして選手もエージェンシーの言うことには絶対服従ですから、ロジャーの意志とエージェンシーの意志が必ずしも同じとは言えない時もありそうです。ロジャーの所属しているIMGはかなり巨大な組織で、シャラボアも確かそこに所属。ロジャーが若い時一度そこを抜けたのは、そういうエージェンシーとの確執があったのではと想像しています。でもそれはよい決定でした。でなかったら今日の「最強ロジャー」は存在しなかったような気がします。今回IMGと再び契約したのも「うちの財団とボランティア活動の点でかなり一致したので」とロジャーは述べていました。世界No.1をゲットーするためにIMGも少し妥協したのか、はたまた彼のボランティア活動も宣伝に利用しようと思ったのかもしれません。
[ 2007/01/10 21:51 ] [ 編集 ]

あくまで噂ですよ(笑)

>ちーこさん
確かのAIGにはIMGの方も同行してましたね。私はエージェンシーの事は全くわかりませんが、時として選手とエージェンシーの意志が一致しない事もあり得るとは思います。ただ、Roger程度の大物?になると、ある程度の決定権も選手側にはありそうな気がするのですがどうでしょう?少なくとも今年のAIG参加にはRogerの意志が強く働いてると思います。というかそう思いたい(笑)。

>ブログで大絶賛のアレ
まさか(笑)!!まあ、もしかしてプレゼントしてもらえた可能性はありますが。もしスポンサーになったらファンとしてはかなり複雑…。あのブログどおりにRogerが言ってるCMが出来たらケッサクかも。

>任天堂
そっか!Rafaにはそういう手がありましたね。鳥山明に頑張ってもらうってのはどうでしょう?
[ 2007/01/10 22:30 ] [ 編集 ]

エージェント=代理人=選手!?

>選手もエージェンシーの言うことには絶対服従
え、そうなのですか? 絶対服従???

>Roger程度の大物?になると、ある程度の決定権も選手側に
ガトくらいの大物でもけっこう決定権はあるように思えるんですけど。。
2005年、地元ブエノスアイレスの週になぜかガトがマルセイユにエントリーしてたんです。(ブエノスはお金がないので、エージェントが人並みのアピアランスフィーを出すマルセイユと話を決めたんだと思います。) で、直前になってそれを知った【お家大好きガト】は、(何をどうしたのかは知りませんが)マルセイユを蹴ってブエノスアイレスに出ました。
(これだけならちょっとした美談に仕立て上げられるんですけど、翌年はアピアランス・フィーが合意に達さずにブエノス欠場。)

もちろん契約内容にもよるでしょうけど。フェデラーがエージェントの言いなりになるような契約を結ぶとは思えません。それに、エージェント=代理人ですし、おおまかにいって【エージェントの意向=選手の意向】なんじゃないでしょうか。
それでasukamuraさんも「Rogerの意向」と書かれたのかな。

こういう話はあまりオモテに出ないけど、私は興味あり。
[ 2007/01/10 23:24 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。