トップページ > 選手 ナダル > 鬼に金棒 ナダルにサーブ

鬼に金棒 ナダルにサーブ

656240
この数字が何かすぐわかっちゃったアナタはテニヲタを超え、テニヲタ界のマラドーナの域に達しています。

もうちょっと詳しく書くと: 566/95240/69
ちなみに929/78が今年トップの数字。
これでピンときたアナタがGreg Sharko*でないとしたら、一体誰!? 名乗ってください。
(*Greg Sharko=ATPのStats担当者)





答は、2006年のサービスエースの数/試合数。
 ルビチッチが1位で、929/78
 フェデラーが3位で、566/95
 ナダルは48位で、240/69

RICOH ATP MATCHFACTSより)

1試合あたりでは、ルビチッチ11,9、フェデラー、ラファ3,5



ま、今さら驚くことではありません。WTA並のサーブだといわれた昔からすれば、TOP50に入ったなんてすごい進歩です。

とはいえ、チーム・ナダルとしてはそこで喜んで終わりというわけにはいきません。全米以降、本格的にサーブ改善に取り組んできました。

目標としてるのは、【ここぞという時に】【あと10キロ速いボールを】【もう少し高い確率で】【狙ったところに入れる】こと。 

また、フォアのウィニングショットも磨いています。

今回見た記事の中には特に書かれていませんでしたが、ネットプレイの改善にも以前から取り組んでいます。

2年近く前でしょうか、日本のテニス雑誌のネットプレイ特集記事に名手たちと並んで「まだまだぎこちないが、とにかく実践でネットに出ていくその姿勢が特筆に価する」ということで取り上げられていました。
・・・調べてみたら、なんと2003年10月号のテニスジャーナル誌でした。2年どころか3年以上前のことだったんですね。しかも、表紙写真がナダル。おそらく日本ではじめてナダルを表紙にした雑誌でしょう。2004年にもう1回表紙に登場させています。テニスジャーナル誌、すばらしい先見の明です!

VamosRafal.comの遺産・写真ギャラリー「Magazine & Newspaper Photos 2003」に、上記記事などのスキャンがあります。

閑話休題。
つまり、今までの消耗の激しいプレイスタイルからより効率のいいテニスへの脱却は(とっくの昔から)着々と進んでいるということです。いやはや、本当に数年のうちにウィンブルドンでも優勝しちゃうかもしれませんね。





<ソースなど>
Nadal le dio su apoyo al ’Mago’ Coria
"Lamento lo que le sucedió a Coria. Le mando ánimos para recuperarse pronto y creo que es un gran campeón y volverá a serlo cuando recupere su nivel"
ナダル: 「コリアの不調は残念なことだ。早くよくなることを祈ってる。彼は偉大な選手だから、調子が戻ればまたトップ選手になるだろう」
"El año que viene será durísimo, estará bueno para mi si logro finalizar entre los cinco primeros, y firmaría ya mismo ganar de nuevo Roland Garros aunque luego no figure en ningún otro Grand Slam"
ナダル: 「来年(2007年)はむずかしい年になるだろう。トップ5で終われたらいい出来だと思う。・・・」
"Será muy duro y quiero estar bien, pero se que tendrá rivales difíciles. Estará (Roger) Federer y también (Andy) Roddick, (Nikolay) Davydenko, (David) Nalbandian, (Ivan) Ljubicic y los jóvenes que avanzan día a día como (Novak) Djokovic, (Andy) Murray, (Richard) Gasquet, (Thomas) Berdych y (Gael) Monfils, entre otros",

Tenis.- Nadal: "He hecho un año que no me hubiese imaginado nunca"
ナダルがCuatroTVのロングインタビューで語ったことが書かれています。(過去記事「動画集」にリンクがあります。)
夢のような2005年の後、故障で幕を開けた2006年。山のようにあるディフェンディングポイントが大きなプレッシャーだったが、思いもかけずまたナンバー2で終わることができた。フェデラーが圧倒的にずば抜けた存在ではあるが、まだ自分は若いしナンバー1になるという夢を捨てているわけではない。2000年のデ杯決勝(スペインvs米国)でスペインチームの「旗持ち」だった自分が4年後にデ杯優勝の立役者(のひとり)になったこと。5~9才の時からの友達たちと今でも仲良くつるんでいること。・・・などなど。

El sueño de Rafel Nadal en 2007 es ganar Wimbledon
- ¿Debe entonces olvidarse del número uno para 2007?
- No hay que olvidarse. Pero hay que ser conscientes de que hay uno mejor que todos los demás, y eso ya no depende de ti. Mi objetivo como siempre, es intentar clasificarme para el Masters de Shanghai. Si consigo clasificarme para el Masters ya habré hecho un muy buen año. A partir de aquí todo lo que venga será bienvenido, y si como en los últimos dos años, para Roma ya estoy clasificado para el Masters -cosa que es muy difícil, nada fácil de lograr-, pues sí que los objetivos te cambian.

- ¿En qué ha trabajado estos días para 2007? ¿Qué cambios técnicos ha introducido?
- Después del US Open he ido cambiando el saque. Y la verdad es que me siento más cómodo. El brazo va más relajado al iniciar y no levanto tanto el codo como antes, el movimiento es un poquito más largo y las piernas están más abiertas. Siento que la bola me sale más fácil. También he entrenado bastante el golpe ganador con mi derecha. Es evidente que tengo mejor derecha que revés, pero el golpe ganador de derecha es más importante que el de revés. Y para ser mejor tenista uno le tiene que pegar más fuerte a la bola, sacar mejor, pegar más ajustado.
(サーブのフォームをどう変えたか語ってます。前ほどひじを上げなくなった?とか、前より脚が開いてるとか。その結果、以前よりリラックスして楽にいいサーブが打てるようになっている模様。)

- Mucha gente da por hecho que en junio Nadal ganará su tercer Roland Garros.
- No soy más favorito que Federer... Tengo muy buen registro sobre tierra batida, muy buen récord, y eso siempre da confianza. Cada año es una historia diferente. Evidentemente no voy a decir que no soy uno de los favoritos.
ナダル(2007RGの行方について): 「フェデラーより僕が本命ってことはない。。。 僕はクレイでの戦績はとてもいいから、それは自信になるけどね。過去は過去、2007年は2007年だ。もちろん、自分が優勝候補の一人じゃないとは言わないけど。」

Nadal: ‘Australia es uno de mis grandes objetivos para 2007 この写真は今回の出発風景かな?

チェンナイへ出発時の写真が出ている記事:
Nadal emprende un nuevo viaje cargado de ilusión
Nadal vuelve con ganas(このリンク記事の右コラム見るとわかるんですけど、実際の紙面ではずいぶん大きな写真なんですね~)
Nadal arrives for Chennai Open
関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/01/05 ] 選手 ナダル | TB(0) | CM(1)

Rafafaさんのコメントを移植しておきます

??
鬼に金棒の方にコメントをつける事が出来ません(泣)いい話ありガト~!!サービスエースが決まりだしたら恐ろしい事になるぞ~☆ほんとにNO.1になっちゃうぞ~♪
[ 2007/01/05 09:34 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)