トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 2012/2013 > 2012を振り返る・その1 「言霊発言の行方」「引退した選手たち」など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2012を振り返る・その1 「言霊発言の行方」「引退した選手たち」など

恒例の1年を振り返るシリーズ。

この1年間で記事更新8回。少ないぞっ...

以下、その精鋭(笑)記事8本のタイトル:
 
  • 他力本願な観戦写真・観戦記集
  • もし僕に何かあったら、あなたたちキャプテンの責任だ
  • 2012秋冬の私の予定
  • シュトゥットガルト→ハンブルグ→キッツビュル
  • パリ危険情報
  • 再びブエノスアイレス
  • ブリスベン観戦写真 by pizzaさん 決勝追加しました
  • 2000年代のGS優勝を一覧表にしてみた

他力本願記事とお知らせ(私の予定)ばっかり。

ま、いっか。





振り返る【シリーズ】ってことで、あと1本くらいは簡単なのを書くつもりでいます。







◆過去記事「
2011年を振り返る」中の【2012年にむけて言霊発信】の実り具合: 

  1. アルゼンチンが遂にデ杯優勝し、ナルが号泣
    →SFでチェコに敗れました。でも、SFまで行けたことは評価すべき。

  2. マレィがようやくGS優勝し*、吠える
    →まずウィンブルドン開催オリンピックで金メダルを獲得。その後全米にて無事GS優勝。マレィファンのみならず、多くのテニスファンが安堵した。

  3. ベルディフがもう一皮剥ける ←テニス面ね
    →いちおう一皮剥けたはず。GS優勝しろ!というつもりで書いたんだけど、曖昧だったためか、デ杯で優勝してしまった。(決勝のヒーローはステパネクだった)

  4. 年末、ガトvsフェデラー in 南米(ブエノスアイレス) ←ガトがそう熱望してるみたいなので
    →ガトvsフェデラーは実現しなかったけど、フェデラーの南米ツアーは実現。ガトとフェデラーの再会も実現。
  5. ガトがコーチとしてツアー登場。ジャパンオープンなんかにも来ちゃう。
    →コーチ職にはついてないけど、シニアツアーには登場。


当らずといえども遠からずってところかな。ま、予言じゃなくて願望なのでこれだけ実れば御の字。






◆今年引退した選手たち

フェレロ
私をテニス観戦沼に引き摺りこんだ張本人。まさかGS(RG)優勝1回だけでキャリアを終えるとは思いませんでした。
RG優勝した2003年には全米でも決勝進出(優勝はロディック)し、No.1に登りつめます。が、翌年早々に水疱瘡にかかった辺りから下降線。ディフェンドすべきRGではアンドレエフ相手に1回戦敗退。

2005年2月にはあわやトップ100圏外(98位)にまで落ちますが、持ち直して数年間15〜30位くらいを維持。
しかし、2009年2月から2、3ヶ月の間100位あたりをウロウロ。再度持ち直して一時は14位。
しかし、2011年夏、トップ100圏外に。再々度持ち直してきましたが、37位をピークに雪崩のごとく落ちていき....3度目のカムバックとはならず、引退。

負けず嫌いだけど、その闘志を内に秘める人でした。彼が10代半ばの時に亡くなったママが、コート上で感情を爆発させるような行為が好きでなかったとか。

スペイン人初のNo.1はモヤだったけど、スペインに初めてのデ杯優勝をもたらしたのはフェレロでした。モヤが故障でデ杯に出られなかった2000年、ラフターとヒューイット相手にシングルス2勝(決勝点)を上げ、優勝の立役者に。
デ杯ワールドグループ決勝(2000年) 

2003年にマヨルカ大会を買取り、バレンシア開催へ。(マヨルカはフェレロの初タイトル大会) 
その後アカデミーやホテル経営にも乗り出す。

前ラファ時代のクレイ名勝負と言ったらガトvsフェレロでした。←かなり主観入ってる(笑) 
ガトvsフェレロ(対戦成績)

今年のバレンシア大会で引退。
会場で聞かれる「フアンキ(=Juanqui、フェレロの愛称)」という掛け声には、熱狂は感じられなかったけど温かな愛情が籠っていました。
 
Photo & Video Sharing by SmugMug
 


ロディック
WBを最後に引退、いや全米後だ・・・というような噂はあったようですが、あまりにも突然の引退宣言でした。
私のスローガンのひとつ「ヤンキーゴーホーム」の主たる対象だったんだけど、気がついたらピンポイント(WBとかvsフェデラーとか)とはいえ結構応援するハメになってた。


 
ゴン
テニス選手としては最多オリンピックメダル獲得でしょうか。アテネでダブルス金&シングルス銅、北京でシングルス銀、と金銀銅メダル全部持ってます。



ノノことクレモン
昔けっこう好きだった選手。来年度からおフランスのデ杯キャプテン。



ルビチッチ
私にはまったくひっかかるところがありませんでした。そういう選手もいるよね。
クライノビッチのコーチになるそうです。



チェラ
元祖細繁盛記。
twitter界のフェデラー。
錦織圭の憧れの選手だった過去あり。
ガト友。2004年にはガトと組んだダブルスでビニャデルマルとエストリルで優勝、RGでも3回戦進出。ガトのRG優勝には、チェラとのダブルスも大きな貢献をしたんじゃないかと思ってます。
チームチェラには見栄えのする人が多いという印象あり♪ 

ジュニア時代は将来を嘱望されるようなことはまったくなかったとか??? しかし、生涯獲得賞金額でガトを上回ってしまいました。ガト$6,066,156、チェラ$6,572,494(Career Prize Money - pdfファイル)。

2009年、30歳の頃に200位くらいまでランキングを落としたものの、驚異のカムバック。20〜40位くらいに滞留し、2011年RGではQF進出。翌週アルゼンチンのNo.1となる。
この時代にアルヘンメディアにおいて"Torino"というあだ名が定着。Torinoは昔アルゼンチンで製造されていた車。2010年ブエノスアイレスでチェラがモナコにフルセットの末負けた時、当時のデ杯キャプテンがチェラコーチに"Es difícil competir con un Torino contra un coche nuevo(Torinoじゃ新車に対抗するのは難しい)"と言い、チェラのデ杯チーム入りは消えた(ということだったと思う)。ネガティブな意味で使われた言葉だけどチェラたちはそれをおもしろがって使い、メディアもそれに乗った。

今年はクレイシーズンあたりでアキレス腱を傷め、まったく勝てませんでした。秋にはスペインで治療だかリハビリだかしてバレンシア出場を目指していたと思ったんだけど...12月に入ってtwitterで引退宣言。

20歳の頃のチェラ
Photo & Video Sharing by SmugMug



アカスソ
愛称チューチョ。小さい頃「アカスソ」と言えずに「アカチュチョ」と言ってたことからこの愛称に。
デ杯では辛い役割が多かった。。



シュトラー
76年組だから、もう36歳。最後の公式戦(今年の全豪)時には35歳。
アジアが好きで、日本にもよく来てました。2003年ジャパンオープンチャンピオン。
2010年からWaskeと共にSchüttler Waske Tennis-University主催。



Brian Dabul 練習試合とはいえ、RGでラファに勝ったことあり。(同年、ラファはRG本選でも初の黒星)
Brzezicki 自分の子供にJankoという名前をつけるほどティプサレビッチと仲がよいらしい。
ルチャク バレンシアにヒューと来てました。ヒューのヒッティングパートナーとしてツアーを回っているのかもしれませんね。
Waske 上記シュトラー参照
ノウルズ 引退前からフィッシュのコーチとして活動中
リスナール ツアーではガトに1勝1敗。 
Brezac フランスクラブリーグで彼が所属しているチームが優勝したんだったかな? Brézac stoppe sa carrière et dévoile ses états d'âme sur le net 引退したとはいえ、今後も仏クラブ主催チャレンジャーの予選なんかには出る予定。
Alcaide Guillermo Alcaide's retirement tribute and interview モヤとCarreteroのSDテニスアカデミーのコーチに。

最後の3人はアルゼンチンの友ラウル(twitterアカウント: raulfiber)のつぶやきで発見。(Brezacは初見の名前だった)

まだいますかね?



番外(女子)
ジセラ・ドゥルコも引退。

 


◆今年の新顔

ATPニューカマー賞ノミネート選手 - ( )内は2011年度末ランキングと2012年度末ランキング
  • David Goffin (174-46)
  • Jerzy Janowicz (221-26)
  • Martin Klizan (117-30)
  • Andrey Kuznetsov (222-78)

あと誰がいたっけ???




◆復活組
 
  • ハース
  • B.ベイカー
  • PHマチュー
  • クエリー ←ATP復活賞のノミネートを見て気がついた




◆休場組 
 
  • ソーダリン(2011年Bastad以降公式戦には出ていない)
  • クエバス(2011RG以降公式戦には出ていない)
  • ラファ(今年のWB以降公式戦には出ていない)
  • その他(1ヶ月くらいOUTしてる選手は数えきれない???)




       
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/12/26 ] 2012/2013 | TB(0) | CM(0)

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。