トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 選手 その他 > Philipp Petzschner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Philipp Petzschner

Philipp Petzschner
84年3月24日生まれの26才
あだ名:「Petzsche」あるいは「ピカソ」


ペッチュナーには8才になる子供がいる。17才の頃はキーファー以来のドイツ期待の星と言われてた。(以上、ソース

2001年にはWBジュニアSF進出、でも2002年WBジュニアQFでは芝はお初のラファに負け、2003年シュトゥットガルトでもラファに負ける。シュトゥットガルトの時はスペインとドイツの同年代対決とドイツメディアが盛り上がったのをよく覚えている。←当時の私はrafaelnadal.com常駐のラファファンだったし、ペッチュはその前月にデンボスでチェック済みの選手だったので、記憶が鮮やか。



◆2003年のペッチュナー(my picsより)

当時もう子持ちだったのね・・・
Rosmalen(デンボス) 2003
Philipp Petzschner

デンボス2003でセブとフルセットやったワカモン。サーブアンドボレーヤーでなかなかのキャラクターと見た。翌月シュトゥットガルトでラファと対戦 - メディアによっては同い年対決と盛り上がって?いたんだけど、今ATPでチェックするとPetzschnerは84年生まれ。

旅をし、女の子にもてるためにテニスをする・・・なんて言ってた。
全然芽は出ず、去年あたりチャレンジャーレベルのダブルスでChristopher Kasと組んでちょっと活躍してたくらいしか記憶にない。
 blog it



◆ドイツ期待の大型新人だったはずが・・・全然芽が出ませんでした。↑の切り抜きにあるように、チャレンジャーのダブルスで時々活躍してた程度。才能はあるけど、努力ができないタイプだったらしい。

ボリス・ベッカーにこんな風に言われちゃうし:
Boris Becker

"Philipp Petzschner is the best example of what is wrong with German tennis."

"Two years ago he was the best junior in the world and played Rafael Nadal at Wimbledon. Just look where Petzschner and Nadal are now." (Petzschner's #297 in the world)

 blog it



◆2006年ウィンブルドンで昔の知合いであるコーチKlaus Langenbachに再会し、「29才になって190位というのはいやだから、方向転換したい」「よし、やろうじゃないか」ということになる。



◆さらに、この2006年にはもう1人重要な人物に出会う。故障で世話になったドクターWerner Krassである。ドクターの「君はスポーツマン(の体)じゃないね。僕の元で5週間リハビリをすればスポーツマン(の体)になれる」という言葉に従い、朝6時起きをして体作りに励んだ。
(このあたりの話は、http://www.tennismagazin.de/deutsche_szene/detail.php?object_id=21000&class=30から)



◆翌2007年、4月から2ヶ月半ほど故障でOUTだったが、全米でついにブレイクする。

US Open 2007 (予選から本戦入り)
R1 Petzschner d. Becker  26 36 64 64 61
R2 Haas (10) d. Petzschner  46 63 62 75



◆9月にはデ杯SFでデ杯デビュー

Petzschner/Waske (GER) d Tursunov/Youzhny (RUS) 63 36 76(4) 76(5)
Youzhny d Petzschner 64 64 36 63



◆2007年のランキングは、年初313位 → 自己最高158位を経て年度末185位



◆ちょっと飛んで、2008年秋、東京にて

この年は雨ばっかりで、ペッチュの1回戦は観客なしのコートに移されたはず。イチコケだったので、結局試合は見られなかった。
が、しかし、貴重な写真をゲット♪
左から加藤純(今はジュニアのコーチなどをしているそうです)、???、ペヤ、ペッチュナー、ノウル
IMG_5264_2.JPG

あら、見事に身長順に並んでたのね~
加藤純らしき人がこの人たちとたむろっているのが目に入ったので、加藤君を知っているおともだちを経由してお願いして撮らせていただいたものです。
IMG_5265_2.JPG
 blog it



ペッチュナーの公式サイトから:

Q:スポーツ選手でなかったら?
A:ロックスター

とても縁起かつぎをするタイプ

Q:お守りなんかは?
A:妻からの贈物のネックレス

A:ボクと同じ位クレイジーなDukeという名前の小さい犬を飼っている

趣味はゴルフ、ポーカー、音楽

Q:無人島に持って行く3つのもの
A:家族は別として、ウィルソンとフライデーとロビンソークルーソー。(注: ウィルソンは「キャスト・アウェイ」とかいう映画の登場人物?、フライデーは「ロビンソンクルーソー漂流記」の登場人物)

Q:また会ってみたい人物
A:ファルコ

F1カーを運転してみたい

Q:今までで一番素敵な思い出
A:ボクのGFがプロポーズにYESと答えてくれた時

Q:引退後は?
A:ゴルフキャリアの始まりだ

Q:モットーは?
A:ただ生きること
(注:別のページでは「狂気」がモットーとか言ってる)
(以上、http://www.philipp-petzschner.de/de/ueber-philipp/privatから)


テニスアイドルはゴラン・イバニセビッチ
ニックネームはピカソ 常に天才と狂気の狭間にいる
時計蒐集を始めたけど、高い~
ギャンブラー ルーレットにポーカーに何でも
フレディ・マーキュリーは天才だ
車はBMWのX3
(以上、http://www.philipp-petzschner.de/de/ueber-philipp/philipps-abcから)



◆Biofileから

テニス界のピカソ

それはペッチュナー!

ペッチュナーのあだ名は"Petszchy"または「ピカソ」。「ピカソ」というのは、コート上での彼が天才とキチガイの紙一重だかららしい。
Toughest Competitors: "I would say for me it would be Fabrice Santoro. Because we have a similar kind of game. But he plays maybe a little bit smarter from time to time. I think the toughest one at the moment is Rafa for sure."
「ピカソ」というあだ名は日本のニュースで既出でした。
でも、「天才肌」なだけじゃなくて「クレイジー」な面も持つということは書かれていませんね。それから「地道に腕を上げた」というのもちょっと違うのでは? どこかで、今年から本気でテニスに取り組み始めたって読んだ気が・・・。
 blog it
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/07/04 ] 選手 その他 | TB(0) | CM(2)

わあ~い、ペッチュ特集だあ!

れいこさん、ペッチュの特集ありガト~。
2003年当時の貴重な写真もうれしいです。
8歳の息子はAzisくん、奥さんはDewiさん。
奥さんのツイッターは非公開ですがこれ↓
http://twitter.com/Haeselchen
きれいな人ですよね。
何ヶ月か前にATPサイトにペッチュのことが出たときに
息子のほかにその妹と思われる女の子も写っていたので、もしかすると今は2人の子持ちなのかな?(確認してません)
やっとピカソの花が開きはじめてうれしいな♪
ダブルスで活躍するとシングルスの成績もアップすることがあるんですよね?今後期待しちゃおう。
[ 2010/07/04 21:29 ] [ 編集 ]

Aziz君でしたよね?

Dewiさん、先日@ペッチュしてたのでチェックしてました。公開してくれたらいいのに・・・ロデ嫁とか読んでて楽しいですよね? (って、私は嫁はフォローしてなかった気がするけど) 

ところで、Dewiという名前って、あのデヴィ夫人と同じ名前ですよね。エキゾチックな感じだからインドネシア(系)の人なのかな? そういえば、ペッチュの好きな食べ物にインドネシアの料理名(ナントカGoreng)が出てました。

>ダブルスで活躍するとシングルスの成績もアップ
ガト2004やシュワンクがそうでしたし、シングルスがメインの選手がダブルスでいい成績をおさめ始めたら、少し遅れてシングルスも上向きになることが多い気がします。
[ 2010/07/04 22:35 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。