トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦 私の観戦記 > ガトを求めて三千里

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガトを求めて三千里

【6月16日追記】
  • Scheveningen CHにエントリー!
    Cuevas, Pablo URU 55
    Luczak, Peter AUS 88
    Koellerer, Daniel AUT 111
    Souza, Joao BRA 118
    Hernandez, Oscar ESP 124
    Kamke, Tobias GER 128
    Darcis, Steve BEL 133
    Schukin, Yuri KAZ 148
    Vliegen, Kristof BEL 167
    @ Vanek, Jiri CZE 173
    Silva, Julio BRA 176
    Krajinovic, Filip SRB 177
    Veic, Antonio CRO 183
    Meffert, Dominik GER 186
    Gaudio, Gaston ARG 195
    Aguilar, Jorge CHI 199
    Junqueira, Diego ARG 205
    Vagnozzi, Simone ITA 210
    Dasnieres de Veigy, Jonathan FRA 220
    Gremelmayr, Denis GER 229
    Mertens, Yannick BEL 234
    Sidorenko, Alexandre FRA 237
  • GstaadにもUmagにもエントリーしてない:
    http://www.tennisteen.it/notizie/entry-list/9787-atp-entry-list-26-luglio-1-agosto.html
    GstaadからWC貰うメドがついているから? それともこの週はチャレンジャーに出る気? それとも、この頃にはアルゼンチンに一度帰るつもり? ???
  • BraunschweigのWCが出ました。昔々ガトが優勝した規模の大きいチャレンジャーだから、ガトはとりあえずごく短期的にだけどこの大会に照準を合わせているんじゃないかと思う。それに、Braunschweigは朝7時に出ると1回乗換で12時半頃到着と、割と列車の便がいいし、行くぞ~~~!
【追記終わり】




RG優勝者であるガトがRGに予選から出場し、しかも2回戦で無名の選手(←一般的には)に敗退というのは、日本でもニュースになったそうですね。でも、ガト本人としては、RG本戦に入れなかったのは残念だけどヨーロッパツアーの結果はポジティブで、いいテニスはできているとのこと。

ガトに勝ったAlvesは、その後予選3回戦も勝ち本戦入りし、本戦1回戦でゴンに負けました。(ゴンは本調子というわけではなく、2回戦でドルゴポロフにストレートで負けてます)
RG前々週のサンレモチャレンジャーSFでガトに負けたガバちゃんが、今回のRGでは4回戦に進出し、メルツァーに負けました。(サンレモSFのガバちゃんとRGのガバちゃんは別人でしたが)
RG前週のサグレブチャレンジャーでガトに負けたZemljaは、RG1回戦でモナコに勝って、ガバちゃんに負けました。



ガトのテニスは戻ってきつつありますとはいえ、トップ10時代はもちろんRG優勝以前のトップ50常連時代のレベルまで戻るのも、難しいと思う。トップ100だって、ひょっとしたら無理かもしれない。

それでも、なぜガトは試合に出続けるのか? 私が思うに、今のガトにとってテニスは他人との競争(ランキング)じゃなくて、自分との戦いなんだと思う。ま、以前からコートでは対戦相手だけじゃなくて自分自身とも戦ってきたガトなので、目新しいことじゃないんだけど・・・

今はとにかく一週一週様子を見ながらヨーロッパ夏クレイ(チャレンジャー+ATP大会予選?)にエントリー・出場していく模様。そして、今年終わりにその後のことを決めるつもりらしい。



ということで、恒例の「ガト求めて三千里」(2010夏ツアー編)の始まりで~す!

問題はどの大会に行くかですが、基本的にはガトがドローにいるのを確認してから列車で移動できる大会にしておこうと思ってます。会場に着いてドロー見たらガトがいなかった・・とか、早期敗退後無駄に現地滞在というのは、避けたいので。もちろん、安い便が見つかれば飛びます。

↓は、6~7月の大会スケジュールです。ガトが出る可能性の高い大会をマークしてみました。(消耗しないように・・と言ってたので、エントリーしても様子を見て休む週もあると思う)

Challenger-3 (4 pages)-1
       
  • 今のところエントリー済みなのは、ウィンブルドン前週のミラノCH、ウィンブルドン第1週のMarburg CH、ウィンブルドン第2週のBraunschweig CH(alt7番目)。
  • ウィンブルドン翌週にはオランダのScheveningenでチャレンジャーがあるので、出場してくれたら大感激♪ 【追記: 7月6・7日(火・水)の南アフリカW杯SFにアルゼンチンが進出するようであれば、ガトは応援に行くつもりらしい。そうなると、 Scheveningenには来ないか・・・・・・ 追記終わり】 でも、その翌週のシュトゥット ガルトまたはBastad予選に出ることを選ぶなら、それはそれでいい。シュトゥットガルトなら応援に行っちゃうもんね~ (シュトゥットガルトが本戦WC出してくれるのが一番なんだけど)
  • ハンブルグは500大会なので予選入りも難しいだろうし、大会もたぶんWCはくれない。(フェレロにさえWCを出さなかった大会だもん・・・)
  • Gstaadは優勝したこともある大会だし、それ以外の年もそこそこいい成績を残しているし、去年同様WCを貰えるんじゃないかと期待。
  • 上の表には出てないけど8月第1週にはキッツビュールとサンマリノでチャレンジャーがあります。キッツビュールに出てくれるんじゃないかと期待。キッツは、ATP大会じゃなくなってしまった今、せめてRGチャンプ&キッツ常連だったガトを招致すべきじゃないだろうか!?



来週出るScheveningenのある週のエントリーリストにもよるけど、まずはMarburgかBraunschweigに行こうと思っています。ミラノで勝ち進めば、サンレモの時みたいに飛ぶかもしれないけど。Marburg途中からBraunschweig・・というパターンもありかな。

自分用メモ:
  • 7月9~12日 http://www.northseajazz.com/ 
  • 7月7~10日は、日本から友人が来蘭。(9日はノースシージャズフェスティバルだそうなので、一緒にいくかも)
  • アムステルダム発20時半 → バーゼル着7時 → チューリッヒ乗換 → ミラノ着13時 これじゃ、試合に間に合うかわかんない・・・ 飛ぶならアリタリアかKLM。Ryanairもあるけど、飛んでいるのはナンチャッテ・ミラノ空港(ベルガモ)なので要注意。【追記: RyanairはアムスじゃなくてEindhoven発だった・・・】
  • アムステルダム発7時 → フランクフルト乗換→Marburg着12時19分
  • アムステルダムzuid発7時 → Wolfsburg乗換→Braunschweig着12時半
  • Braunschweig発17:51 → アムステルダムzuid着23時
  • MarburgからBraunschweigは、Kassel-Wilhelmshöh乗換で約2時間半
  • 【追記: ミラノ23時半夜行 → パリ8時半 → アムステルダム ・・・ 飛んだ方が安いかも】
  • 【追記: アムステルダム ⇄ ミラノ easyjet】
  • 【追記: アイントホーフェン ⇄ ミラノ(ベルガモ) Ryanair】 
  • 【追記: ミラノ → フランクフルト Ryanairが朝早い便+曜日によっては夜遅い便も】
  • 【追記: ふつうにKLMでも安いことあり】

その後は、まだどこにエントリーするかもわかってないけど、オランダのScheveningen → シュトゥットガルト(WCで本戦) → Gstaad(本戦WC) → キッツビュール となれば、完璧! 

自分用メモ:
  • 【追記: 7月6・7日(火・水)の南アフリカW杯SFにアルゼンチンが進出するようであれば、ガトは応援に行くつもりらしい。そうなると、 Scheveningenには来ないか・・・・・・ 追記終わり】
  • 8月、日本から友人のお嬢さんがドイツのサマースクールに参加。アムステルダムにも一度は週末に来る予定。キッツからの帰りに彼女のところに寄って、一緒 にアムステルダムにという可能性もあり。
  • アムステルダム発7時 → フランクフルト乗換 → シュトゥットガルト着12時すぎ
  • シュトゥットガルトからGstaadは、3回乗換6時間弱~ 
  • アムステルダム発20時半 → 3回乗換 → Gstaad10時半着
  • アムステルダムからジュネーブに飛んでいるのは、easyjetとKLM。KLMは片道だと500ユーロ以上、往復だと安ければ200ユーロくらいからだけど、キッツからジュネーブまで列車で8時間とかなので論外。
  • ジュネーブ空港駅からGstaadまでは1回乗換で3時間弱。
  • アムステルダム発19時 → Poznan着7時過ぎ → Sopot着13時半 

夏の間にランキングポイントをかき集めて、秋のジャパンオープンに出てくれたら最高なんだけどなあ。お寿司に神戸ビーフ、なんでも食べさせてあげるよっ!

Vamos, Gaston!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/06/10 ] 観戦 私の観戦記 | TB(0) | CM(8)

愛だわ

ガトはこんなにも愛されて幸せ者ですv-10 れいこさんが沢山の時間をガトと過ごせますように…v-22

私は今年マックスには一度も会えそうにありません。遠くてもつながっている空を眺めて生きて行こうv-485
[ 2010/06/10 14:31 ] [ 編集 ]

Re: 愛だわ

Mizueさん

こんなに愛せる選手がいて幸せです!
そして、その選手が32才になろうという今まだプレイしていてくれて、それを見にいけるということがどれだけラッキーなことなのか、数年後にようやくわかるんだろうなと思います。


[ 2010/06/10 19:49 ] [ 編集 ]

すごい!

です~!! Mizueさんがおっしゃるように、これを愛と呼ばずしてなんと言うのか。まさに無償の愛ですね。

私はここまでラファに執着できるのか・・・と思わず自分に問いかけてしまいます。やっぱり私はもっとミーハーv-16

それにラファの場合ファンが多すぎるので、余計に執着がなくなるのかもしれません。何も私が必死で応援しなくても・・・という気持になってしまいます。
彼の精神の強さにはとても惹かれ、励まされているのですが。だから、「捧げる」より「頂戴する」愛かな(笑)。
[ 2010/06/10 20:24 ] [ 編集 ]

Re: すごい!

いっこさん

無償じゃないです、RG2004で一生を応援に捧げてもいいくらいの思いをさせてもらいました~
もしガトが全然トップ100にも入らないような選手だったらここまで応援してなかった・・・ どんなファンであれ、選手から何かしら「頂戴」するものがあるから応援するんだと思います
それに、やっぱりガトのテニスが一番ワクワクするんです。

私も、ラファがRG初優勝するちょっと前くらいから世間とは逆にラファ熱が下降していきました。朝昼晩カキコしてたこともあるファンサイト掲示板にも、優勝後はほとんど行かなくなっちゃたし。
でも、ラファもいつかはトップ10を去って、もうトップ10や20には戻れそうにない・・・という時期が来ますよね。そういう時が来たら「頂戴」したものを少しでも返したいなと思ってます。彼からは2003年と2004年だけでも十分たくさんのものを貰いましたから。
[ 2010/06/11 02:54 ] [ 編集 ]

ガトがうらやましい~~

こんなに愛されて本当にガトがうらやましいです!
それとれいこさんのヨーロッパ在住もうらやましい・・
計画通りにたくさんガトとあえますように!そして勝利たくさんみられますように!
日本のオキニのため日本全国応援追っかけしたことあるけど、その頃は子供が小さく制約多かった。どんな大会でもオキニの目の前優勝をみると、幸せです。やはりたくさん何かもらっているんだよね・・優勝までの道のりもあるし・・そのオキニのおかげで観戦に興味を持つようになりトップの選手の試合をみたらもうはまりました。やはりレベルが違う(寺地君ごめん)極東日本は本当に悲しい。。でも今はライストで見られるからまだいいかな。時差があってもね。JCからベルダスコにオキニ1位が変っちゃったけど、異国の地の選手こんなに応援するなんて自分自身でも本当にびっくりです。
[ 2010/06/11 07:06 ] [ 編集 ]

まさこさん

ガトって、各地にいまだに熱狂的ファンがけっこういるんです。もちろん、ラファとかフェデラーとか他のトップ選手の比じゃないけど。フェレロとかもそうだけど、それだけの実績や魅力のある選手なんですよね。

自分でもヨーロッパ在でラッキーと思うけど、強い円で旅行できる日本在住も捨て難いと思います。
でも、金曜夕方にSF進出が決まって、そのSFを見に行くというのはやっぱり近場じゃないと無理ですね。

とはいえ、日本の便利で豊かな暮らしと引きかえにするほどじゃないかな。週末にちょっと両親に会いに・・ということもできない。ま、テニス観戦だけに限ったら、日本在よりはずっと恵まれています。ここオランダは郵便物もちゃんと配達されるし♪ あ、でも食べ物がおいしくない・・・ 何もかもというわけにはなかなかいかないですね~


[ 2010/06/11 08:21 ] [ 編集 ]

マルコは報われるのです♪

ガトが自分との戦いを精一杯やり遂げて、納得するその日まで、れいこさんがガトとの素敵でHappyな時間をたくさんたくさん、過ごせますように!! 
大好きなサッカー選手がケガをしてほぼ2年を棒に振ったとき、もうダメなんじゃないかと何度も思いました。でも彼は諦めず、辛いリハビリに耐え戻ってきてくれた。大好きな選手が元気にプレーしているのを応援できるのは、決して当たり前なんかじゃなくて、凄く贅沢でありがたい事なんですよね。(Rafaだって重病や半年以上も掛かるような大ケガはしていないけど、何度もケガを繰り返しているし・・・)。

私は何もお返しできなくて本当に申し訳ないけれど、感謝の気持ちを忘れずにどんな立場、状況になっても、ただその人が戦う限り、応援していきたいです。れいこさんのほんの何百分の一でも・・・。
(って何かいつも同じ事言っていてごめんなさい~)。
[ 2010/06/12 01:14 ] [ 編集 ]

Re: マルコは報われるのです♪

Faramirさん

2年は長い!!! 
選手もだけど、ファンも待つのはつらかったでしょうね。思ったようなレベルに戻ってこられるかどうかわからなかっただろうし。。

> 大好きな選手が元気にプレーしているのを応援できるのは、決して当たり前なんかじゃなくて、凄く贅沢でありがたい事なんですよね。
私も、ガトがチャレンジャー回りになってからようやくそれに気がつきました。昔はクレイ大会やマスターズシリーズに行けばもれなくガトが出ていたんですよ~ なんて贅沢だったんだろう・・・

> 私は何もお返しできなくて本当に申し訳ないけれど、
遠くからでも応援していれば、そういう気持はエネルギーになって届くと思ってます。ゼッタイにそういうことってあると思います。
それに、応援している人が多ければ多いほど人気があるってことになり、スポンサーもつきやすくなる=ラファへのお返しになってる・・・と思います。

[ 2010/06/12 06:56 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。