トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 2006 オフシーズン > 2006年のあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2006年のあれこれ

<追記>

史上最笑のナダル攻略作戦: ジョコビッチ@RG
(ナダルの"VAMOS RAFA"シューズに対抗して、手書きの汚い文字で"VAMOS DJOKO"とシューズに書いてナダル戦に臨んだ。多くのファンの心をつかむが、勝利はつかめず。)






2006年のテニス界のあれこれを思いつくままに列記しました。





まずは - ご冥福をお祈りします
 ウォルト・ランダースさん(享年53才)
 ラウタロ・ナルバンディアン君(享年9才)- ナルのイトコの息子で、洗礼子でもある



引退した選手たち - おつかれさま&ありがとう
アガシ
コレチャ
コスタ
ノバク
ファン・ロッタム
エンクィスト
ジェフ・モリソン



引退予備軍 
ルゼツキ 結局続行だそうですが。
アーサーズ しばらく様子を見て考えるとか。



シニア・ツアーにデビュー 
リオス 来年のビニャデルマール限定で現役復帰の予定


出戻り 
フレッド・ヘメスJr.  
 2005年春くらいに一線を退いたけど、最近またフューチャーズとかに出てる。復帰後3度目のフューチャーズ決勝で優勝。


出戻りというか・・・生き返った人 
カニャス 
 シーズン終盤の南米チャレンジャーシリーズを席捲。
プエルタ 
 来年6月に復帰・・・かと思いきや、復帰するかどうか100%決定でないらしい。



若い人たち - 後から後からウジャウジャと出てきましたね~
トップ20の平均年齢が23,6才。1990年以来の若いトップ20。
そして、この平均年齢が24才を切ったのは1994年以来初めて。
ソース: ATP Rankings Top 20 Awash With Star Youngsters

デルポトロ 1045位(05年はじめ)→158位(今年はじめ)→92位(現在) 
コロレフ 417位(05年はじめ)→186位(今年はじめ)→103位(現在)
この2人以外は、また別の機会にBABY BALLSとしてまとめて記事にしたいと思います。



ATP大会初優勝 
Nicolas Almagro (Valencia)
Marcos Baghdatis (Beijing) トップ10に入ってから初優勝という変り種
Daniele Bracciali (Casablanca)
Novak Djokovic (Amersfoort)
Luis Horna (Acapulco) 男泣きの初タイトル@25才
Jurgen Melzer (Bucharest)
Andy Murray (San Jose) 今年の最年少優勝者
Jarkko Nieminen (Auckland)
Radek Stepanek (Rotterdam) こちらは27才にして初タイトル
Dmitry Tursunov (Mumbai)
Stanislas Wawrinka (Umag)
Tennis Corner(First time singles titles)より)


TMS初優勝
ロブレド
ダビデンコ



初のTOP10入り 
年度末ランキング、初のTOP10:
 ブレイク、ロブレド、アンチッチ、ゴン
今年初めてTOP10入り: 
 ベルディフ、バグダティス、フェレール、ステパネク (まだ他にいたかな?)
Butch's Tennis Blog を参考にさせていただきました



この1年間でランキング急上昇
ベッカー 421→78 
  大学テニス経由なので、実はそんなにドラマチックなわけではない

若手:
バグダティス 55→12
ジョコビッチ 78→16
マレィ 64→17
アルマグロ 114→32
シモン 124→45
Querry 616→130
Gulbes 419→141 
ズベレフ 595→151
Robin Haase 669→167
チリッチ 587→170
錦織圭 1504→603

中堅どころ:
ベネトー 160→40
フリーヘン 93→31
ジケル 123→50 
ラミレス・イダルゴ 120→57
ケンドリック 339→237(全英)→87 
Vassallo Arguello 223→81
エコノミディス 544→120
ファラ 231→108

復活組:
ハース 45→11
ソーダリン 100(2月)→25 
フィッシュ 225→47
ニコラペ 140(夏)→67
クーベック 184→80
プレス 155→84
カニャス 514(9月)→143
ビンチゲラ 409→146



ランキングの下がり上がりの一番激しかった人
サフィン 12位→104位→26位



ランキング安定感ではおそらくATP唯一
ベト・マルティン
 2002年にトップ40に入ってからズルズルと落ちてきてるとはいえ、80位近くになってもまたいつのまにか60位台にもどっている。



トップ50の中で以前トップ10だった選手
サフィン、ヒューイット、フェレロ、モヤ(以上、ナンバー1になったことあり)、ハース、ヘンマン、ガト、キーファー、グロジャン・・・他に誰かいる? 



ランキング急降下
フェリが・・・
しかし、もっと大変なことになってるのはコリア(年頭の8位から116位へ)
サバちゃんも・・・・



故障の多かった人、故障(など)から戻ってきた人 - 特に目についた人のみ 
グガ
デント
コリア
ステパネク
ルチャク トップ100入りを目指したけど
ピムピム(J.ヨハンソン)
アンドレエフ
エラノウイ
クーベック
ちょっとだけどナダル
フィッシュ
フィリプシス
フェルケルク 
シャルケン あと3ヶ月くらい様子をみて身の振り方を決めるという話もあり。
クラトフビル 復帰にむけてがんばってるらしいです



皮膚ガンと闘ってるそうです - 治癒祈願  
マンティリャ



欠席の多かった人(出場大会の少なかった人) 
ヒューイット 
ナル



その後どうなってるのか気になる 
カロル・ベック



コーチ関連 
ロディックとコナーズ
マレィとギルバート
ゴンとステファンスキ
デルポトロとインファンティーノ
チェラとMonachesi(ロブレドの前コーチ)
フェリとコスタ
カレリとAndrés Schneiter(プエルタやスキリャリのコーチだったことあり)

グガ、パソスさんの元に戻る
サフィン、ルンドグレンと訣別
クラベットさん、ベルダスコ→ロブレド

グミィ、コリアの通算9人目?のコーチに。
コリアは今年だけで4人のコーチの間を渡り歩いた。
ちなみに2000年以来の歴代コーチ: Luza、Monachesi、Davin、Markus、Blengino、Mancini、Perlas、Higueras、De la Peña、Gumy (あらら、合計10人?)

フェルケルク コーチに払うお金がないので来年からコーチなし。





* 来年のパレルモ大会がなくなった模様。
選手などの大会関係者の方が観客より圧倒的に多かったそうだから、仕方ない?
キッツビュルはなんとか(あと2年間は)続行の見込み。

OUT: VamosRafael.com 元祖ファン・サイト
IN: RafaelNadal.com 公式サイト

OUT: GSなどでのウェブカム
IN: ライブストリーミング配信



ATP改革の波
ATPブログ開始
ホークアイ導入



結婚した人 
ダビデンコ



離婚した人 
ボゴモロフJr.(ハークルロードと離婚)
リオス(去年の話かもしれない)



子供が生まれた人 
カレリ デ杯決勝にむけて出発する6日くらい前に第一子(Sara)を授かる。
ルチャク Sebastianを授かる
ヒューイット(今年でしたよね) ミアちゃんでしたっけ?
アーサーズ (去年のことでしたっけ?)
・・・オーストラリア選手の間では子作りブーム!?
シャルケン Jackie(今年ではないかも)



私生活ついでに、ロマンス関連 
ナダル ついにGF発覚   
ロブレド デゥルコと別れる
ゴン デゥルコを射止める
メルツァーとミスキナ???
ロディック シャラポワなどと噂になる





#バグダティス@全豪 
 全豪でのあの雨。その時アナタが思い浮かべたのは?
  A水色の雨~♪ Bクリムトの黄金の雨 C傘がない

#キーファーのラケット投げ

#クライチェック(ロッテルダム大会ディレクター) 
 フェデラー・ナダルを筆頭にトップ選手が続々と欠場。泣くに泣けなかったでしょう。
決勝はステパネクがロクス兄を6-0 6-3(46分)で下す。今年の最短決勝らしい・・・
  
#スペイデアのツアー内幕暴露本

#Moya d. Nadal 2-6 6-1 6-1 (マイアミ)

#サフィン、アルマグロとの試合終了後、握手を拒否 (バレンシア)

#コリア 4本連続ダブルフォルト(モンテカルロ)

#Nadal d. Federer 6-7(0) 7-6(5) 6-4 2-6 7-6(5) (ローマ)

#ナダル
10代のシングルスタイトル獲得数(16勝)でボルグと並び歴代1位に。

#ガト パンツ破れ、夢も破れる(ハンブルグ)

#ディエゴ・ハートフィールド@RG
 ラストミニッツLLとしてフェデラーと対戦。
 ナンバー1とGSで対戦した思い出は対戦ビデオと共にディエゴの一生の宝物となり、彼の子供や孫たちに語り継がれます。

#Vassallo@RG 
 南米のジャーニーマンが、グロジャンに勝った!

#錦織圭@RG 
 ジュニアダブルス優勝。快挙なり。

#ナル@全英 
 サッカーW杯をTVで見るために早目の時間に試合を入れるよう大会運営側にリクエスト。他にもそういうリクエストをした選手はいるのに、ナルだけニュースになる。

#Federer d. Nadal 6-0 7-6(5) 6-7(2) 6-3 (全英)

#ルビチッチ@第1シードとして臨んだBastad
 選手登録所?で「選手ですか? コーチですか?」と聞かれる。

#モナコ、サバちゃん、デルポトロ、junqueira@シュトゥットガルト
 アルゼンチンの人口10万の町タンディル出身選手4人がそろってQF進出。

#フェレール、シュトゥットガルト優勝
 300分、6-4 3-6 6-7(3) 7-5 6-4の激戦を制して、両親の目の前で優勝。2002年ブカレスト以来のキャリア2勝目。
対戦相手アカスソが試合の最中に痙攣でぶっ倒れたが、フェレールもどっこいどっこいの状態だった。

#カレリ、キッツビュル優勝。(キャリア2勝目)
 子供をおなかに宿した妻の目の前での優勝でした。

#Ferrero d. Nadal 7-6(2) 7-6(3) (シンシナティ)

#Murray d. Federer 7-5 6-4 (シンシナティ)

#AIG、フェデラー招致に成功

#鈴木貴男@AIG

#ノバク@AIG 
 ほんの数年前のAIG優勝者ノバクがいやだといったにもかかわらず、大会側の都合で午前1時半に試合開始となった。

#ヘンマン@AIG 
 久々の決勝進出。相手が悪かったけど。

#ベルディフ@マドリッド 
 「シーーッ」 

#ハルバティ@ベルシー決勝
 決勝にふさわしい試合が出来なかったと観客に謝る彼の瞳には涙が。

#ロディック@上海 
 フェデラーとのHtHは悲惨なままだけど、とりあえずマッチポイントまでいった。

#アカスソ@デ杯決勝





みなさんは、どんなことが一番記憶に残っていますか?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2006/12/27 ] 2006 オフシーズン | TB(0) | CM(14)

こうやってみるといろいろな事がありましたねえ~。
個人的に印象に残ってるのはパリ決勝。
涙ぐむハーバティとそれを優しく見守るダビデンコ。
おもわずもらい泣きしてしまいましたよ。
年とると、思わぬところで涙腺が…って、皆さんそんな経験ありません(笑)?
[ 2006/12/27 11:11 ] [ 編集 ]

ほんとに1年の間にいろいろあったんですね~
私もパリの決勝でのハーバティの涙には胸を打たれましたよ。いい人だ・・・
あと、USオープンでのナダル対ルイス・オルナが思い出に残ってます。ほんとに面白かった!ナダル顔負けに走りまくるオルナにお客さんから拍手喝采、靴はあっと言う間にボロボロに。彼は今年ATP初タイトルだったんですねー。また彼の試合が見たい。

AIG、初の生観戦でのフェデラー・鈴木の大熱戦は一生の思い出になるかも。
来年も盛りだくさんな1年になるといいな。
[ 2006/12/27 12:46 ] [ 編集 ]

ノバク本当に引退ですか?
有明でプレーしてましたよね。
今年いっぱいってことだったのかしら。

私はやはりサフィン太字の文がらみかな~
デ杯のアカスソ戦ですね。
終わってからの選手同士のハグシーンが良かった(アカスソの涙もね)
アルマジロっていやな奴~なんて思ってしまいましたが・・

ナルに関してはなんともいえませ~ん。

錦織君、是非来年は期待したいですね。


[ 2006/12/27 13:41 ] [ 編集 ]

まさに、ニュースあれこれで、れいこさんの本領発揮
ですね。うなりました。

 リストアップからもれていて、少し
気になる選手にSoderingがいます。

 病気も気になるなあ。
 コリアは病気でなく怪我ですが、
彼はフォームにでも問題あって、
そんなにも故障期間が長いんでしょうか。
テニス界の熊川哲也、がんばってもらいたい。
 それに皮膚ガンというのも、常日頃、テニス
選手って太陽浴びっぱなしだしなあと心配
していたのでね。日焼け止め塗ってるんでしょうか。
フェデラーも一時、額にくっきり境目ができてたなあ。

 ヒューイットって、現在、どういうモチベーションで
いるのかなあ。去年のUS QFの際は、フェデラーへの不屈の
闘志を見直したのに、上海は出産間近い妻のそばにいたい
と欠場してみたり。

 支離滅裂にあれこれ気になったことを挙げてみました。
[ 2006/12/27 18:06 ] [ 編集 ]

asukamuraさん
そーなんですよ、涙もろくなって。
その上、ハーバティは今年私の中のランキング急上昇の選手なのでよけいに。(以前は、ガトの天敵&全然バモじゃないのでややマイナス感情を持ってたんですけど、モンテカルロでガト練習に割りこんで和気藹々してたかと思うと、ハンブルグで飛び切りの笑顔を目撃・・・という伏線があって、そのうえあの涙ですから。。。)

nannanさん
おおっ、そういえばそんな試合もありました! あれはすごかった。
まさに「オルナ、がんばってオルナ」の真骨頂をみせてくれましたね。オルナって、ものすごーーく良い人で人望があるそうです。

MOMOさん
そうなんです。故障を克服して戻ってきたからもう少しやるのかと思ってたら引退なんだそうです。
取り上げようと思って結局タイミングを逃しちゃったんですけど、長いキャリアを振り返るノバクの言葉が載っている記事:
http://www.radio.cz/en/article/85716
サフィン・ファンは【大船に乗っていたはずが、いつのまにか大船ごとジェットコースターに~~~】って気分でしょうか。

ふじっこさん
おっと、故障関連はノバクに続いてSoderingも忘れてました。彼も当たりだすと手がつけられないから要注意。
コリアは・・・詳しいことは私も知らないのですが、不調の根本は【肩】と肩と密接な関係のある【サーブ】だったと思います。DF4本連続で打ってもキーファーに勝っちゃうくらいですから、サーブさえ入るようになればトップに戻ってくると思います。新コーチ・グミィの手腕に期待。
[ 2006/12/27 18:44 ] [ 編集 ]

素晴らしい~

今年もいろいろあったのですね。
なんかしんみりしてしまいました。
28日にデ杯決勝をTVでみて、今年は終わりかな・・・

コアな出戻り組のヘメス君情報ありがとうございます。
横浜チャレで初めて見たのは何年前だろう??

バグダディスもあのかわいい彼女とは別れちゃったらしい。
ナダルのGFはテニス選手のGFの中では一番普通っぽい子ですね。最初みたときは違うと思ったぐらいですもの。しかし、その後いちゃいちゃみせつけられました・・・

やはり一番印象に残っているにはフェデラー@AIGかな?観客の多さにびっくりしました。

来年はフェレーロにぜひがんばって欲しい。
[ 2006/12/27 19:27 ] [ 編集 ]

今年はバグダティスに尽きますね。いい友人になれそうです。
【全豪でのあの雨。その時アナタが思い浮かべたのは?
 A水色の雨~♪ Bクリムトの黄金の雨 C傘がない 】
当然Aです♪
[ 2006/12/27 19:34 ] [ 編集 ]

まさこさん
ケンケンことケンドリックも今年はすごかったじゃないですか~ 87位ですよ! 来年はまたAIGに来るかもしれませんね。
いちゃいちゃといえば・・・ラファ&モヤは本当に仲がよくて、それぞれのGFといるときよりこの2人同士の方がいちゃいちゃぶりが激しいと主張する人がいました。じっと見つめあい微笑みあい、髪を撫で・・・・さすがにキスまではしてなかったそうですが。。。 (公共の場での話です)

あどさん
あどさんは「バグちゃん」大好きですものね~ 
私にとっても、高架下で一杯やりながらイロイロ話してみたいタイプではあります。
[ 2006/12/28 00:21 ] [ 編集 ]

ヘメスJr.!

ここにあげられた中で、彼が復活というのに思わず反応です。数年前一度だけ行った京都チャレンジャーでダブルス優勝したのが彼とリック・デ・ヴォースト(南アだけど、オランダ系の名前?)でした。二人とも普通にハンサムな好青年だったし、自分が生で見た大会で優勝した選手は印象に残るので。

ハーバティのベルシーでの涙は本当に感動的でした。彼の生笑顔はとろけますね~v-10
[ 2006/12/28 00:33 ] [ 編集 ]

ファンロッタムといい、オランダ選手は日本ではおなじみですねえ!
(さすが日蘭修好400年を越えるだけのことはある!?)

Rik de Voest 南アだし、たぶんオランダ系です。
(オランダ式に発音するとデ・フストとなります)

ヘメスJr.もワッセンもハンサムですけど、デ・フストも同系統のハンサムさんですか? 
[ 2006/12/28 00:58 ] [ 編集 ]

ハンサムさん

>デ・フストも同系統のハンサムさんですか?
はい、正統派のハンサムさんですv-10 ファンロッタムもハンサムですよね!!
デ・フストさんだったのですね。呼びかけるチャンスはないと思うけど、覚えておきます。
[ 2006/12/28 15:47 ] [ 編集 ]

ケンケン

そうそうケンドリックも復活ですね。
いきなりTV登場、めちゃくちゃいい試合したのでびっくりでした。来年AIG来てほしいな。

mizueさんもヘメスJr.チェックされていたのですね。昔はかわいらしかった、今はどうかな?

今デ杯決勝見ていたら、イゴーリ君ニット帽が似合っててすごくかわいらしかった。来年に期待です!
マラドーナはサッカーと同じぐらいすごい応援だわぁ。

[ 2006/12/28 20:26 ] [ 編集 ]

そういえば、ケンドリック、ハートフィールド・・・と今年の夏は見知らぬ(!?)イケメン君がトップ2をヒヤッとさせましたね! アップセットはならなかったけど。

来年のAIGには、ケンドリック・ヘメスJr.・クラトクビルのイケメン3人組が揃うかも♪ 

アンドレエフも来年は本格的に戻ってくるでしょうね。楽しみです。←かわいらしいから
[ 2006/12/28 22:05 ] [ 編集 ]

教えてくらさい

私はテニス始めたばかりで、なかなか上手く打てません。
上手く打てる方法・振りかたなど教えてください!
お願いします!e-278
[ 2007/06/29 20:51 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。