トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> テニス一般 > お詫び: 勘違いでした - 夫婦でGSチャンピオン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お詫び: 勘違いでした - 夫婦でGSチャンピオン

追記】
その後もう一度考えたら、この2人が夫婦(カップル)であるという記述が見当たらない・・・ 色々な状況から夫婦だと思い込んでいたけど・・・と再度調べてみたら、どうも違うみたいです。とんでもない誤報を書いてしまいました。大変申し訳ありません。

男性(GSジュニアダブルス優勝)の奥様の出身地が書かれている記事によると、私が奥様だと思いこんでいた元選手とは違う出身地になっていました。引き続き調べてみて何かわかったらまたお知らますが(誤報でない可能性も0,003%くらいあるので)、このクイズ記事は妄想が暴走した軽挙妄動の末の真っ赤なウソだったとお見捨ておきください。

いちおう、私が答だと思い込んでいた妄想をサイドバーの「がっちゃん」コーナーにある貼板の方に書きました。気になる方はそちらをごらんになって、私の妄想具合を笑ってやってください。

今まで勘違いやら誤報は色々書いてきたけど、今回が一番はずかしいです。
本当に申し訳ありませんでした。


[ 2010/04/10 ]
春なので、クイズです:

夫婦(事実婚も含む)でテニスのGSチャンピオン(ジュニアも含む)になっているのは誰?


アガシとグラフは有名ですが、他にもいました。
私もつい最近気がついたし、たぶんほとんどの方が見当もつかないんじゃないかと思いますが。

え? そんなもんクイズに 出すなって? 
でも、私が気づいた以外にもいるかもしれないし、いいじゃないですか~  春だし。

さて、誰と誰でしょう? 


あまりにも漠然としすぎているので、ヒントを: 

夫婦のうち少なくとも一人はバ モ族、2人とも50才未満



参考: 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/04/10 ] テニス一般 | TB(0) | CM(8)

う~ん分かりません・・・
しかし実はキング夫人の現パートナーのIlana Klossさんも
夫婦?かは議論のある所ですが事実婚ではあるかもしれません。私は数年前にこれ知った時に驚きました><
キング夫人は厳密には既に夫人ではなかったんですね。
[ 2010/04/10 02:23 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

タンタンさん

どうでもいいようなトリビアクイズに答えてくださってありガト~

Ilana Klossさんの名前は初めて聞きました。
調べてみたら彼女も全米ジュニアで優勝しているんですね:
http://en.wikipedia.org/wiki/Ilana_Kloss

キング夫人(←夫人とつけないと誰のことだかピンとこない・・・)のlife partnerと書かれているから、やっぱり「伴侶」なんでしょうね。
バモ族というカテゴリーには入らないけど、正解です! すばらしい!


(クイズ出したおかげでひとつ知識が増えた~♪)



[ 2010/04/10 02:39 ] [ 編集 ]

GSチャンピオン同士のご夫婦ですか~。
アガシとグラフ以外にもいるの?
ごめんなさい、さっぱりわかりません!
兄弟ならいっぱいいるのにな~v-356

ちょっと横道にそれちゃいますが、RGチャンピオンの名前を見ていたら、懐かしいNastasha Zvereva発見。ダブルスの名手で、しかもとってもキレイだったのでわたしでさえ忘れられない選手なのですが、彼女のお国の国旗が3つもある・・・!ヨーロッパの歴史の一つを垣間見た気がしました。
[ 2010/04/10 13:53 ] [ 編集 ]

のびたさん

そうなんです、実はいたんです!
しかも、夫婦の一人は、きょうだいもGS優勝してるんですよ。

さらにヒント:
2人ともバモ族で優勝したのはジュニアGS
男性の方は、テニあれに来る人なら知っているはずの名前

答は・・・とりあえずここではなくサイドバーのがっちゃんコーナーにある【貼板】に書いておきますね。あとでこちらにも書きます。

> 懐かしいNastasha Zvereva発見。
> 彼女のお国の国旗が3つもある・・・!
一瞬、その人ってZverevのママ!? とか思ってしまいましたが、姓はふつう父親のものだから違いますよね。
しかし国旗が3つって、まさしく歴史ですねえ。。
[ 2010/04/10 19:24 ] [ 編集 ]

Give up!

資料を眺めて考えたり探したりしましたが、さっぱりわかりません!

>きょうだいも…
サンチェス? うーん…

>Nastasha Zvereva
私も好きでした! ラリサ・サブチェンコと組んで強いペアでしたよね。
[ 2010/04/10 20:55 ] [ 編集 ]

Re: Give up!

Mizueさん、ごめんなさい!

追記しましたが、ガセでした。。

フランコ・ダビン(86年RGジュニアダブルス優勝)とマリアナ・ペレスロルダン(85年RGジュニアダブルス優勝)が夫婦だと思い込んでいました。

フランコの奥様がマリアナという名前で、いかにもテニスをやっていたような感じだったのです。
フランコとマリアナペレスロルダンはタンディルを本拠地に同じ時期にツアーを回っていたし、他にも「えー、やっぱり!?」と思っちゃった記事があったのです。でも、そんな経歴の奥様ならどこかでその件が出てくるはずですよね。でも「フランコの妻は実は・・」と書かれている記事は見たことない。。

本当にはずかしい話です。。
よけいなことにアタマを使わせてしまって申し訳ありませんでした。
[ 2010/04/10 21:08 ] [ 編集 ]

問題ない誤報です♪

時間があったら徹底的に調べていたと思うのですが、その前に判定が出てしまいました・・・。
でも、直感で思ったのは「婚約までしてたのがOKならエバートとコナーズ?」でした。

全然恥ずかしくないですよーーー!
間違えを堂々と訂正されているんだから!
恥ずかしいのは間違えと気付いていつのに繰り返す事と思います。
[ 2010/04/11 00:23 ] [ 編集 ]

Re: 問題ない誤報です♪

HRKさん

誤報だけならまだよかったんじゃないかと思うんですが、クイズだったから調べたりしてアタマを捻った方がいただろうな・・・と、それが申し訳ないです。

> 「婚約までしてたのがOKならエバートとコナーズ?」
おつきあいまで間口を広げたら、まだ他にもいるでしょうね。
いや、グランドスラマー同士はそうそういないかな?


[ 2010/04/11 04:10 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。