トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 選手 バモ族 > サバちゃん引退

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サバちゃん引退

「サバちゃん」という呼び名で長い間親しんできたMariano Zabaletaのプロ生活に幕が下ろされました。

今年に入って試合には出てないし、練習もしていませんでした。1月末にタンディル紙サイトに出たインタビュー記事で「99%引退」と言ってたので覚悟はできていたのですが、やはりさみしい。

サバちゃんがメインでやってきたテニス関連番組の金字塔「Tenis Pro」は終了。サバちゃんは、すでに3月末から始った「Pura Química」というスポーツエンタテインメント番組のメイン出演者の一人として活動開始済み。(そういえば、サバちゃんの叔母だかがTVやラジオの司会者としてけっこう有名な人らしい)



サバちゃん語る:

「TV番組にレギュラー出演となれば、テニスはできない。もう2度とテニス選手には戻らないとは言えないけど、今は復帰は考えていない。この番組に満足してるし。とにかく2、3ヶ月様子をみてみる。レポート・情報・ユーモアを交えたクールなスポーツ番組だよ」


サバちゃん語る(今年1月末のタンディル紙インタビュー記事より):  

「もうすぐ32才。ツアーであちこち回るのに少し疲れた。 もう引退したも同然だ。 いつかはこういう日が来るとは思っていたけど、引退の日は近いと感じる。それとは知らずに現役最後の大会を終えてしまった」
 
「いろいろな分野から仕事をオファーされているけど、今後もテニスに関わっていきたい

「TVで全豪を見ると懐かしくてたまらない。シーズンが始まったのにその準備をしてなくて,今年の豊富もないっていうのはつらい。僕は勝負が・・テニスが好きだから」

「もうチャレンジャーを回る気にはなれない。たとえATP大会に戻れるチャンスがあるとしても。長年ATP大会を回った後にチャレンジャーに戻るのは難しいんだ。チャレンジャーが嫌いとかいうのではなく・・・テニスや勝負が好きだから去年は(ATP大会より格下の)チャレンジャーを回った。でも、今年はもうそれはしない」
 
「 辞め時かなと思ったのは去年。ここ2、3年肩に痛みがあるんだけど、治療に通ったりする気になれなかった。何年もこういう状態が続くと精神的に参ってしまってやる気もなくなるんだ」

(キャリアで一番思い出に残るのは?)
「(何か1つというのではなく)すべてのことが素晴らしかった。自分のキャリアや成し遂げたことやテニスを通じてできた友情に満足している。ここでお終いになるわけじゃない。現役を続ける続けないにかかわらず、テニスとはつながっていくつもりだ」
 
(ガトについて)
「 ヤツとは兄弟同然だ。他の選手と違って8才か9才の時からのつきあいだし。タンディルからブエノスアイレスに遠征することになって、最初の遠征先がTemperleyだった。【注:Temperleyはガトがテニスを始めたクラブ。ちなみにグミィもここでガト兄なんかとテニス仲間だったらしい】 相手チーム選手の家に泊めてもらうことになっていて、それがガストン・ガウディオの家だった。それがヤツとの出会いだった。ヤツのことが大好きだ。テニスを通じて得た最良のものの1つがヤツさ
 
(ガト以外に)
「モヤ・グガ・ニコラペ・サレッタ・ビセンテなどと友だちになった。テニスを通じていい友ができた」

(好きではない選手もいた?)
「好きになれないヤツや複雑なタイプとは関わらないんだ。テニス界もふつうの世界も同じで、いいヤツもいるしそうでないヤツもいる。でも、そういうヤツを名指ししたり、そういうことを気にしたりするなんて無意味だ」


この1月末のインタビューを見るちょっと前にフランコ・ダビン(デルポの現コーチ/ガトの元コーチ)がインタビューでまったく同じ言い回しでガトのことが大好きだと言ってたのを思い出してジーーーンとした。もちろん、ガトもこの2人を心から愛している。
サバちゃんとガトは本当に仲良しで、テニス以外の場所でも年がら年中つるんでいます。



サバちゃんは1978年2月28日生まれ。
14才の頃、当時20才そこそこだったM.ゴメスがコーチになる。M.ゴメスとは、もちろん現在のタンディル出身選手たち(デルポ、モナコ、Mゴン、Junqueira)を育て上げた、あのゴメス。
1995年にはRGジュニアで優勝、同年をジュニアNo.1で終える。プロとなってからは、当時のアルゼンチン人としてはハードコートも厭わず活躍できる画期的選手 として2000年に自己最高ランキング21位を達成。

とっても気さくでフレンドリーなサバちゃん。
今でも思い出すのは、2003年キッツビュルの練習コート。隅の方でサバちゃんを小さなデジカメで撮ろうとしていたら、突然打つのを止めてこちらにやってきて「写真?」とポーズを取った。後にも先にもそんなことをした選手はあの時のサバちゃんだけ。

そんなサバちゃんを5才の頃から慕い続け、お手本としてきたのがモナコ。モナコのファンサービスの良さは生来の性格によるところもあると思うけど、サバちゃんの影響も大きいと思う。10才年下のデルポは数年前に「お父さん」みたいなもんだとか言ってたっけ。

ラファも、モヤやモナコを通した縁もあって人一倍可愛がってもらったはず。(←ラファが仕事で写真撮影されているところに通りかかったサバちゃんが「ゲイ向けカレンダー撮影か」と声かけてくれたり)



いつかまたコーチあるいはデ杯監督としてどこかで再会の日が来るはず。
Gracias y HASTA LA VISTA, Mariano! (お疲れさま、また会う日まで!)





ソースや参考リンクなど:
clipped from www.ole.clarin.com
La publicidad del programa anuncia a Zabaleta como "ex tenista". ¿Retirado? "Si voy a trabajar en la tele, no creo que pueda jugar al tenis", le contó Mariano a Olé. "No puedo confirmar que nunca más voy a volver a agarrar una raqueta, pero ahora no pienso en eso. Estoy contento con este proyecto. Probaré un par de meses para ver cómo me va", continuó Zabala. "La idea es que sea un deportivo, con reportajes, información y humor, algo con onda"
 blog it

今年1月のサバちゃんインタビュー記事から:
clipped from www.eleco.com.ar
“Estoy casi retirado”
Sentí que no estaba bien físicamente, tengo un dolor en el hombro desde hace un par de años y no tenía ganas de ir al kinesiólogo, fortalecerme y demás. Eso te va desmotivando, cansando mentalmente cuando pasan los años.
-¿Tenés en claro cuál fue el mejor momento de tu carrera?
-No, todos fueron momentos buenos. Estoy feliz de la carrera que hice, de lo que logré, de las amistades que me dejó el tenis. Es un momento de mi vida que no creo que se cierre ahora porque, más allá de que siga jugando o no, voy a seguir ligado a este deporte.
Es prácticamente un hermano para mí.
la verdad es que lo quiero mucho, es una de las mejores cosas que me dejó el tenis.
 blog it



以下、過去の観戦写真から:
右左右左右左・・・

右左右左右左・・・
お着替えもショーアップ♪
さすがのサバちゃん
後輩もこのあたりしっかり見習うように
pimp myspace - Gickr
 
小さな友に合図するサバちゃん
pimp myspace with Gickr
 blog it

clipped from blog.goo.ne.jp
2006年夏クレイ観戦写真 その6 Team Tandil
 
 
サバちゃん(左端)も来た。
 
キッツビュールに旅立つサバちゃんが「SFがんばれよ」と激励(に違いない)
 
 blog it


clipped from blog.goo.ne.jp
ハンブルグ観戦写真 その2
サバちゃん練習feat.ガト&モナコ
 
手前はZAGREBチャレンジャー1回戦敗退、
RG予選の前にここハンブルグに寄って練習するサバちゃん
 
そこへガトも登場。2人とも負けちゃってるせいか、よろしく哀愁~
 blog it
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/04/05 ] 選手 バモ族 | TB(0) | CM(2)

これからも元気でね~

私はサバちゃんと言うと、あのサービスフォームを思い出します。ワッセンさんと同じ、あのラケットをかつぎあげる一寸笑っちゃうような独特の。

あとはベルシーのセンターコートで見たラコステのポロの良く似合うサバちゃん。確かオレンジ色だったかな、短めなポロがとても似合ってた。

明るくて笑顔の似合うサバちゃん、テレビ界で長く活躍できそうですね。Vamos!
[ 2010/04/06 23:52 ] [ 編集 ]

Re: これからも元気でね~

Mizueさん

> サービスフォームを思い出します。
本当にあんなサーブで(←失礼!)よく通用したもんだと思います。

モナコも同じフォームだったけど、早い時期にふつうのサーブに移行しといてよかった~
Mゴンもちょっとあんな感じのフォームだったと思います。
ひょっとして、みんなサバちゃんの影響!?


[ 2010/04/07 03:43 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。