トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 2010 > オークランド・シドニーほか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オークランド・シドニーほか

オークランド2回戦から

◆John Isner (USA) d. (7)Juan Monaco (ARG) 5-7 6-4 6-3

ポイント数ではモナコが1ポイント多かったし、どちらが勝っても不思議ではない熱戦だった模様。センターコートに入ったアルマグロがひどい出来だったこともあり、何でこの31位と34位の試合をコート6なんかに入れたのか・・・とまで書かれていた。

第3セット2−2、モナコのサーブ。その時、センターコートでラジコンの腕前をご披露する(←たぶん)ロブレドの姿が会場内にある大スクリーンに登場。その雑音にモナコは集中を失い、サービスゲームを落とす。(イズナーは大学テニスで雑音には慣れている)
さらにモナコに不利なことに、イズナーのサーブをレシーブするにはコート周囲が狭すぎる。

モナコはもう一歩成長しよう!

clipped from www.nzherald.co.nz
Isner punishes Monaco frailty
 

Projected on the stadium's public address system, the noise from Robredo's antics swept over the outside courts at just the right time for Isner - and just the wrong time for Monaco.
With Monaco on serve at 2-2 in the third set of yet another classic Isner comeback, the Argentinian certainly didn't appreciate the distraction, dropping his bundle and then dropping his serve.

 

And with the 2.06m American's serve coming down from the clouds and kicking back into the sky, Monaco often found himself running out of room in the tight confines of court six.
In the end it was the surroundings as much as Isner's power game that got inside Monaco's head, with the Argentinian frequently reduced to muttering and gesticulating at the fences. The writing was on the wall as early as the second set, when Monaco stood for ages with his head resting against it, pondering his lot.

 blog it

(6)Jurgen Melzer (AUT) d. (WC)Sebastien Grosjean (FRA) 6-2 6-7(5) 7-6(1)

おひさしぶりのセブ
Heineken Open - Day 3

[ 2010/01/13 ]
シドニー1回戦から

  • Korolev d. (5)Querrey 6-2 5-7 6-4
    デルポやチリッチに続け~


オークランド1回戦から

  • Melo/Soares d. Melzer/Petzschner 6-2 6-3
     
    メルツァーとペッチュだなんて、ゼッタイにいいペア! 今後に期待。目標はウィンブルドン決勝進出!
     
  • Arnold/Monaco d. Garcia-Lopez/Montanes 6-3 6-4

    アルノルドは、今年もモナコのダブルス家庭教師を引き受けてくれた模様♪ デ杯選手の座を固めるためにもダブルスにも精を出そう!

  • (7)Monaco d. Zeballos 6-3 6-0
     
    何か私に怨みでも・・・としか言いようのないドロー。実は、モナコまずいんじゃないか・・・と戦々恐々としていた。Zeballosは先週のブリスベンを欠場していたので、どこか故障気味なのかな?とも思ったけど、ひょっとしたら今期はメインツアーで勝負をかける年だ・・・という気負いで肩に力が入っちゃったのかも。
    Heineken Open - Day 2
      
  • Wassen/Zeballos d. (1)Bryan/Bryan 4-6 6-4 (10-6)

    タマちゃんことZeballosは、チャレンジャー時代はよくクエバスと組んでダブルス決勝進出・優勝を繰り返していた。

    Heineken Open - Day 2



シドニー予選から(1回戦)

  • (ALT)Oswald d. Zverev 6-3 6-4
    オズワルドが成長したのか、それともズベレフが・・・・・・なのか?
  • (7)L.Mayer d. Del Bonis 7-6(3) 6-3
    デルボニス、今年もチャレンジャーで地道に稼ぐよりメインツアー本選入りを目指す模様。
  • Nieminen d. Rufin 6-2 6-7(7) 6-3
    おフランスの90年組ルフィン健闘。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/14 ] 2010 | TB(0) | CM(2)

ズベレフは昨シーズンのアジアツアーのあたりに手首を骨折してずっと休んでいました。たぶんこの予選が復帰戦だったと思います。まだあまりよくないのかな?
[ 2010/01/13 23:31 ] [ 編集 ]

あらら、そうだったんですか。
今年は体調のせいで途中棄権というようなことがなければ、もうちょっと期待通りの結果が出るかな? 目指せ 「無事これ名馬」!
[ 2010/01/14 03:38 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。