トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 2009 芝~全米~年末 > 2000-2009眺望

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2000-2009眺望

私がテニスを見始めたのは2002年半ばからなんだけど、私なりにこの2000年からの10年を眺めてみます。

まず、記憶に新しいところから

デ杯 
<個人競技テニスにおける団体戦>


スペインに始まり、スペインに終わる10年。テニス新興国スペインのデ杯初優勝に始まり、テニス大国スペインの圧倒的2連覇で終わりました。
2000年のスペイン優勝ではフェレロ、2004年はラファ、2008年はフェリとベルダスコとフェリダス、2009年はフェレール・・・と、毎回国内トップ選手ではない選手の活躍が優勝の鍵となり、彼らの多くはその後大ブレイクしました。

この10年で衰退したのがオーストラリア。ま、ヒューひとりのがんばりでは限界があるよね。

逆にこの10年で着々と実力をつけてきたのがアルゼンチン。2002年にWGに返り咲いて以来、一度も入れ替え戦には出ておらず、2002・3・5年にSFに進出した後、2006・8年には決勝進出。その日は近い!



過去10年のデ杯決勝
年度優勝準優勝スコア
2009スペインチェコ5-0
2008スペインアルゼンチン3-1
2007米国 ロシア4-1
2006ロシアアルゼンチン3-2
2005クロアチアスロバキア3-2
2004スペイン米国3-2
2003オーストラリアスペイン3-1
2002ロシアフランス3-2
2001フランスオーストラリア3-2
2000スペインオーストラリア3-1


















◆国別優勝回数

スペイン    優勝4回、準優勝1回
ロシア     優勝2回、準優勝1回
オーストラリア 優勝1回、準優勝2回
フランス    優勝・準優勝各1回
米国      優勝・準優勝各1回
クロアチア   優勝1回
アルゼンチン  準優勝2回
チェコ     準優勝1回
スロバキア   準優勝1回



◆デ杯ランキング(2009年末)
clipped from www.daviscup.com
Rank Nation       Points  Played Previous
1   Spain      39,354.69  12    [1]
2   USA                       19,470.00  12    [2]
3   Russia      18,625.00  13    [3]
4   Czech Republic  16,311.88  10    [4]
5   Argentina               15,628.75  12    [5]
6   Israel        8,601.25  10    [7]
7   Germany       7,326.25    9    [8]
8   Sweden                   6,518.75    9    [9]
9   Croatia                     6,415.00         9    [6]
10   France                      4,750.00    8      [10]
11   India                          3,460.00  10     [11]
12   Switzerland     3,196.88    9     [12]
13   Serbia        3,178.12    9        [13]
14   Belgium        3,160.94    8     [14]
15   Australia       3,000.00  10       [15]
16   Ecuador        2,882.50     11    [16]         






GS


サフィンの全米優勝で始まり、サフィンの引退で終わった10年。(サフィンの引退試合は、奇しくもこの10年最初と最後を飾った若き全米優勝者同士の対戦でした) あるいは、サンプラスのGS優勝記録更新(2000ウィンブルドン)で始まり、フェデラーのサンプラス越え(2009ウィンブルドン)で終わった10年ともいえます。

  • GS優勝者リストはフェデラーの名前ばかりですねえ・・・ 特に2006・7年は毎回決勝にフェデラーがいて、4分の3はフェデラーの優勝。(フェデラーの2年連続年間スラムを止めたラファの功績は大きい!) 現役選手で生涯GSを達成しているのはフェデラーのみ。
 
  • ボルグ以来のRG・ウィンブルドン同年制覇を、ラファとフェデラーが達成
 
  • 3年連続ラファvsフェデラーの決勝だった全仏・全英
 
  • フェデラーと4度のGS決勝を戦って敗れたロディック
 
  • WCで出場し、悲願のウィンブルドン優勝を遂げたイバニセビッチ
 
  • 嵐を呼んだファイナリストたち: バグダティス、ゴン、ツォンガ、フェルケルク
 
  • MPを凌いでGS優勝:
     
    • ガト(RG2004決勝
      G.Gaudio d. G.Coria 0-6 3-6 6-4 6-1 8-6 - Saved 2 MP's
    • サフィン(全豪2005SF)
      M.Safin d. R.Federer 5-7 6-4 5-7 7-6(6) 9-7 - Saved 1 MP
    • ロディック(全米2003、SF)
      A.Roddick d. D.Nalbandian 6-7(4) 3-6 7-6(7) 6-1 6-3 - Saved 1 MP
    • グガ(RG2001、4回戦)
      G.Kuerten d. M.Russell 3-6 4-6 7-6(3) 6-3 6-1 - Saved 1 MP
     
  • エリートクラブ(2009年度の現役選手)
    1)GS4大会すべてで優勝: フェデラー
    2)GS4大会すべてで決勝に進出: 該当者なし 
    3)GS4大会すべてでSF進出: ナル、ジョコ、サフィン、ラファ
    4)GS4大会すべてでQF進出: ヒュー、ゴン、フェレロ



◆歴代GS優勝者

歴代GS優勝者(上段)と準優勝者(下段)
年度全豪全仏全英全米
2009ラファ
フェデラー
フェデラー
ソーダリン
フェデラー
ロディック
デルポ
フェデラー
2008ジョコ
ツォンガ
ラファ
フェデラー
ラファ
フェデラー
フェデラー
マレィ
2007フェデラー
ゴン
ラファ
フェデラー
フェデラー
ラファ
フェデラー
ジョコ
2006フェデラー
バグダティス
ラファ
フェデラー
フェデラー
ラファ
フェデラー
ロディック
2005サフィン
ヒューイット
ラファ
プエルタ
フェデラー
ロディック
フェデラー
アガシ
2004フェデラー
サフィン
ガト
コリア
フェデラー
ロディック
フェデラー
ヒューイット
2003アガシ
シュトラー
フェレロ
フェルケルク
フェデラー
フィリプーシス
ロディック
フェレロ
2002T.ヨハンソン
サフィン
コスタ
フェレロ
ヒューイット
ナル
サンプラス
アガシ
2001アガシ
クレモン
グガ
コレチャ
イバニセビッチ
ラフター
ヒューイット
サンプラス
2000アガシ
カフェルニコフ
グガ
ノーマン
サンプラス
ラフター
サフィン
サンプラス







ナンバー1


過去10年でナンバー1になった選手は9人:

  • 米国から3人:アガシ、サンプラス、ロディック
  • スペインから2人: フェレロ、ラファ (スペイン人初のナンバー1は、モヤ@1999年)
  • ロシア・ブラジル・オーストラリア・スイスから各1人。
  • ちなみに、アルゼンチン人で世界ナンバー1になった選手はまだいない。アルゼンチン人としての最高位は、ビラスの2位。その次がコリアとナルの3位。そして、ガトとデルポの5位。



◆歴代ナンバー1

選手名の横についている数字は、歴代何人目のナンバー1かという数字。
#1 Players Chronological







トップ選手たち


◆年間トップ10の変遷

太字: 初の年間トップ10入り
1     : その年ナンバー1になっている
★    : GS優勝
☆   : GS準優勝
*   : 最終戦優勝
+    : 最終戦準優勝
斜体: 今年度までに引退した選手(フィリプーシスは引退なのか、まだ復帰予定なのか不明)

 2009年2008年2007年2006年
1 フェデラー★★☆☆ ラファ★★ フェデラー★★★☆* フェデラー★★★☆*
2 ラファ1★ フェデラー1★☆☆ ラファ★☆ ラファ★☆
3 ジョコ ジョコ★* ジョコ デンコ
4 マレィ マレィ デンコ ブレイク+
5 デルポ★+ デンコ+ フェレール+ ルビチッチ
6 デンコ* ツォンガ ロディック ロディック☆
7 ロディック☆ シモン ゴン☆ ロブレド
8 ソーダリン ロディック ガスケ ナル
9 ベルダスコ デルポ ナル アンチッチ
10 ツォンガ ブレイク ロブレド ゴン
番外    ☆バグダティス




 2005年2004年2003年2002年
1フェデラー★★+フェデラー★★★*ロディック★ヒュー★*
2ラファロディック1☆フェデラー★*アガシ
3ロディック☆ヒュー☆+フェレロ1★☆サフィン
4ヒュー☆サフィンアガシ1★+フェレロ☆+
5デンコモヤコリアモヤ
6ナル*ヘンマンシュトラーフェデラー
7アガシコリアモヤノバク
8コリアアガシナルヘンマン
9ルビチッチナルフィリプーシスコスタ
10ガトガトセブロディック
番外サフィン 1ヒューサンプラス
番外☆プエルタ フェルケルクT.ヨハンソン
番外   ☆ナル



 2001年2000年
1ヒュー★*グガ★*
2グガ1★サフィン1★
3アガシサンプラス1★☆+
5フェレロカフェルニコフ
6セブ+アガシ1★
7ラフターヒュー
8ハースコレチャ
9ヘンマンエンクィスト
10サンプラスヘンマン
番外1サフィン☆ラフター
番外イバニセビッチ 
番外☆クレモン 
番外コレチャ 




◆年間ランキングトップ◯入り回数

1位:
 フェデラー(5回)
 ヒュー(2回)
 ロディック、ラファ(1回)

トップ2:
 フェデラー(7回)
 ラファ(5回)
 ヒュー、ロディック(2回)

トップ3:
 フェデラー(7回)
 ラファ(5回)
 ヒュー、ロディック、ジョコ(3回)

トップ10:
 フェデラー、ロディック(8回)
 モヤ、ヒュー、ナル、ラファ、デンコ(5回)

トップ25:
 ヒュー(10回)
 フェデラー、ロディック(9回)

トップ50:
 モヤ(13回)
 ハース(11回)

トップ100:
 サントロ(18回)
 モヤ(14回)

http://www.tennis28.com/rankings/yearend_mostyears.html
(上記リンクのキャプチャ: http://megalodon.jp/2009-1227-2217-19/www.tennis28.com/rankings/yearend_mostyears.html)



◆勝利数(現役選手のみ)

Career ATP Match Wins Leaders

650+
Roger Federer 678-161 (80.8%)

550+
Carlos Moya 573-314 (64.6%)

500+
Lleyton Hewitt 520-181 (74.2%)
Andy Roddick 507-163 (75.7%)

450+
Tommy Haas 459-251 (64.6%)

400+
Juan Carlos Ferrero 421-225 (65.2%)
Rafael Nadal 401-91 (81.5%)

350+
Tommy Robredo 377-228 (62.3%)
Ivan Ljubicic 375-252 (59.8%)
Nicolas Kiefer 365-271 (57.4%)

(as of December 7, 2009)
 blog it



◆連続トップ◯入り:

<現役選手>
http://www.tennis28.com/rankings/cons_weeks_top5etal_active.html(キャプチャ:  http://megalodon.jp/2009-1227-2204-43/www.tennis28.com/rankings /cons_weeks_top5etal_active.html)

連続トップ100入りの長い選手だけ転記します。(今現在トップ100にいる選手のみ)
トップ100圏外に出ちゃうと、戻ってくるの本当に大変なんだよね。。。

clipped from www.tennis28.com
Top 100 Consecutive

Player       Weeks Date Entered
Fabrice Santoro         672  Feb 17, 1997
Ivan Ljubicic         535   Oct 04, 1999
Roger Federer        534   Oct 11, 1999
Mikhail Youzhny      466  Jan 29, 2001
Andy Roddick       457  Apr 02, 2001
Tommy Robredo     455  Apr 16, 2001
David Nalbandian   441  Jul 23, 2001
Nikolay Davydenko   431     Oct 01, 2001
Fernando Gonzalez  414     Jan 28, 2002
Feliciano Lopez   391  Jul 08, 2002
David Ferrer     389   Jul 22, 2002
Rafael Nadal    350   Apr 21, 2003
Robin Soderling  332   Aug 25, 2003
Tomas Berdych   309   Feb 02, 2004
Fernando Verdasco  304   Mar 08, 2004
Tommy Haas     290  Jun 14, 2004
Jose Acasuso    281  Aug 16, 2004
Paul-Henri Mathieu 254  Feb 21, 2005
Richard Gasquet  246  Apr 18, 2005
Stanislas Wawrinka 245 Apr 25, 2005
Gael Monfils    244 May 02, 2005
Novak Djokovic    235 Jul 04, 2005
James Blake      230 Aug 08, 2005
Andy Murray      222 Oct 03, 2005
Dmitry Tursunov     220 Oct 17, 2005
 blog it


<歴代(73年以降)>
http://www.tennis28.com/rankings /cons_weeks_top5etal.html(キャプチャ: http://megalodon.jp/2009-1227-2203-32 /www.tennis28.com/rankings/cons_weeks_top5etal.html)

注目に値するのは:
  • 連続トップ5部門のフェデラーとラファ 
  • 連続トップ25部門のフェデラー、ヒュー、ロディック
  • 連続トップ100部門のモヤとサントロ






名勝負・記憶に残る試合や業績など


私的にはなんと言っても2004RG決勝(ガト d コリア)! ま、それは置いといて、一般的にはこんなところ?

  • 2008ウィンブルドン決勝(ラファ d フェデラー)
     
  • フェデラーの独走と、ラファのクレイでの独走
     
  • フェデラーの天敵となり、テニス界を活性化させたラファ
    (対戦成績はラファの13勝7敗)
     
  • イバニセビッチのウィンブルドン優勝
     
  • 2009ウィンブルドン決勝(フェデラー d ロディック)
     
  • サフィン、サンプラスを下して全米優勝(2000年)
    当時は私はテニス見てなかったので全く記憶にないんですが、すごいインパクトだったんでしょうね。そのインパクト故にサフィンはその後10年間に渡ってこの優勝の亡霊につきまとわれたのかもしれないけど。。。
     
  • 全豪2005準決勝 サフィン d フェデラー


私的記憶に残る業績:
 
  • 私がテニスを見始める直前のことなので記憶にはないんだけど、ガトがバルセロナで初優勝して、翌週のマヨルカと併せて2週連続優勝(2002年春)
     
  • まさかの「カニャスがフェデラーに2連勝。しかもマスターズシリーズ@ハードコート」(2007年IWおよびマイアミ)
     
  • フェデラーそしてラファが最も恐れるオトコ・ナル
     
  • オルナ・クエバス組のRGダブルス優勝
     
  • ラファが、多くの歴代RG優勝者たち(アガシ、モヤ、コスタ、フェレロ、ガト)にきっちり勝ってからRGで優勝したこと。(グガとは対戦はなかった)
     
  • 史上最年少でデ杯決勝点を挙げたラファ(2004年デ杯1回戦、vsステパネク)
    2勝2敗で迎えた最終試合、しかもアウェイ(=超高速コート)でのことでした。
     
  • 2003ウィンブルドンでGS初出場を果たしたラファの予想外の大活躍
    2003年春にM.チャン以来の最年少でトップ100入りしたラファ。ウィンブルドンではベッカー以来の若さで3回戦進出となった。
      
  • モヤ・フェレロ・ラファが「バモ族三種の神器(GS優勝、デ杯優勝、ナンバー1)」を手に入れる
     
  • マヨルカ島が世界ナンバー1を2人輩出。(1人目のモヤがナンバー1になったのは1999年のことだけど)
     
  • 人口11万のタンディル(アルゼンチン)がトップ100選手を続出。
    ある時点で、トップ100にタンディル出身選手が4人もいたことがある。(デルポ、モナコ、M,ゴン、Junqueira) それ以前にもサバちゃんが数年に渡ってトップ50選手だった。しかも、彼らはすべてMarcelo Gomezの門下生。
     
  • 2人のGSチャンプ(ガトとデルポ)を送り出したフランコ・ダビン。デ杯キャプテンとしても、2001年にアルゼンチンのワールドグループ昇格を果たしている。
      
  • デ杯ホームでは負け知らずの13連勝のガト。今日のデ杯強国アルゼンチンの基礎を築いた最大の功労者・・だと思ってる。



◆ATPによるこの10年の記録&業績トップ10(字数制限があるのでフェデラー関連は省きました)

Top 10 Records & Achievements Of The Decade
 
3. Rafael Nadal’s four consecutive Roland Garros titles
 
5. Rafael Nadal
 
Roland Garros-Wimbledon double
 
6. Andre Agassi, at 33, became the oldest player to hold the No. 1
 
8. Rafael Nadal’s imposing clay-court streak
 
9. Lleyton Hewitt is the only man other than Federer to be crowned ATP World Tour Champion two straight years during the decade
 
10. Rafael Nadal‘s record at ATP World Tour Masters 1000 tournaments
 
Honorable Mentions
 
Kuerten did what no other player had previously done – beaten Agassi and Sampras back-to-back in the semi-finals and final – to win the title and lock up the year-end No. 1
 

Nicolas Massu winning singles and doubles gold at the 2004 Olympics.

 

Rafael Nadal reaching 400 match wins faster than any other active player is worthy of note. Nadal reached his 400th win from 491 matches, topping Federer and Hewitt, who both needed 520 matches to register their 400th wins.

 blog it



◆ATPによるこの10年間の痛恨の敗戦

Near Misses Of The Decade

1. Guillermo Coria Misses 2 Match Points in the 2004 Roland Garros Final


2. Andy Roddick Loses to Roger Federer in the 2009 Wimbledon Final

 
16-14 in the longest fifth set in a final in Grand Slam history.

3. Mathieu, France 2 Points From 2002 Davis Cup Title

 
Mathieu led by a service break in the fourth set, and was two points from victory when leading 5-4 with deuce on Youzhny’s serve

4. Michael Russell’s 4th Rd. loss to Gustavo Kuerten at Roland Garros, 2001

 
5. Pat Rafter’s Consecutive Wimbledon Finals Defeats, 2000 & 2001
 blog it






その他モロモロ


  • ホークアイ導入
  • ATPの各種改革
     ポイントシステム(上に厚く、下に薄く)
     ダブルス
     短命だったRR(ラウンドロビン)
  • ドーピング問題
  • ギャンブル問題
  • ノースリーブシャツとパイレーツパンツの登場
  • 日本に錦織圭現われる




関連記事
スポンサーサイト

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。