トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦 私の観戦記 > サンマリノ観戦記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サンマリノ観戦記

ただいま~ 無事帰宅いたしました。

ホテル格安っ♪とか喜んでいたけど、この時期のヨーロッパってバカンスシーズン=バカンス地以外はローシーズンだから当然のことでした。ちょっと外にあるホテルだと、四つ星でも今日明日なら30ユーロ台とかあった。

そう、お店も夏休みで閉まっているところが多かったので、なんだか寂びれた感じ。中心街の高級店が入っているところ以外はお店のシャッターなどに落書きがすごく多いので、よけいにうらぶれた雰囲気が漂う。

ボローニャの町は、夏の暑い昼間でも実はけっこう歩き回りやすい。町中アーケードだらけなので、あまり日向を歩かなくて済むのだ。これは計算外だった。(というか、ほとんど何も考えず調べもせず来てしまったんだけど)

昨日(日曜)、とても良い所をみつけた。本屋と飲食店のフュージョン! 本屋にカフェが入ってるのはよくある話だけど、ここは1階にカフェ、2階にちょっとした食材コーナーとレストラン、3階にはワイン・ビール屋(ハム・チーズの盛り合わせや、ちょっとしたものも食べられる)が同居。おいしいものが食べられるし、なんと言っても「お一人様」でも食事しやすいのが◎。日曜にお昼を食べた時には、私も含め大テーブルには「お一人様」x3だった。あまりにも気楽なので、夕食も3階でハム・チーズの盛り合わせとワインで済ませた。

この飲食店はイタリアのチェーン店EATALY(eatとイタリーをかけ合わせたオヤジギャグな名前):
http://www.eataly.it/welcome_eng.lasso

なんと日本の代官山と日本橋三越に進出済み:
http://www.eataly.co.jp/welcom.html(日本語サイト)

ボローニャ店は、本屋とのコラボというのが他店とは違ってユニークなんだろうと思う。

このボローニャ店舗の改築の様子など:



今日(月曜)は、観光などする間もなく空港に向かいました。空港バスが行きと帰りと違うルートを通ることに気がつかず、、、いや、十分余裕を持ってホテルを出たので飛行機には余裕で間に合ったけど・・・しっかりしろーーーっ! ←自分を叱咤

私より4時間半後に、ウチのも某国からアムステルダムに到着予定。空港で待つつもりだったけど、家に帰ってきちゃいました。出迎えてあげるから・・と恩着せがましく言ってあるので、ちょっと休んだら空港に戻ります。実は家の近くから空港行き路線バスが出ていて、早ければ30分くらいで着く。以前は、めったに出てなくて時間がやたらかかると、調べもせず決めつけていたんだけど、実はとても便利なのでした。



さらばサンマリノ

最終日、ついに山(?)の天辺にある要塞その1とその2に行ってみた。別に何ということのないものなんだけど、崖の上にあるので眺めがいい。一番奥にあって半分宙に浮かんでいるような物見部屋?は、窓だけでなく床と壁の境に隙間があって、風が通ってその涼しいことと言ったら・・・! 全然人が来ないし、入口(階段)に腰掛けて一休み。

そして、例のカフェでカプチーノをいただいて(今日も3ユーロでなく1、30ユーロだった。今日は2ユーロだけ置いてきた)、「サンマリノさようなら」(まさこさんのコメントタイトルをそのまんま流用・笑)と、ちょっとセンチメンタルにつぶやいてホテルへ向かう。

ホテルは、私の部屋があった最上階は増築(改築)ですばらしい部屋だけど、その他の部分はやはり格安ホテルの作り&雰囲気でした。そして、大幅値引きだったのは、中心街から外れているせいで空きが多いせいだったのだろうと思う。もっとも、中心街はさらに丘の上なので、テニス会場に行くにはこのホテルの方が近い。さらに、バスの発着場所からも坂道を上り下りする必要がない。私には大正解のホテルでした。

16:30発バスに乗ってリミニ駅へ。って、バス発着所までスーツケースひきずって歩いていったのに(5分弱かな?)、ホテルから10mくらいの所にも停留所があった・・・。ま、いっか。

17時25分ころリミニ駅到着。(観光バス仕様のバスに1時間近く乗って4ユーロ以下というのは安い) 10分くらい並んでボローニャ行きの切符を買う。18:09発の特急一等指定21.50ユーロ。スポーツドリンクを買って、冷房ばっちりの中、ゆったり優雅に本を読みながら移動。1時間弱でボローニャ着。

ボローニャからリミニに向かった時は普通切符7、80ユーロだった。一等も二等も満席で、スーツケースに腰掛けてた。冷房がほとんどきかず暑かった。でも、あれはカプリ行きの特急だったから、特急料金払わなきゃいけないんじゃなかったんだろうか。リミニに止まる列車だ~と無邪気に乗り込んじゃったけど・・・ 検札来てたらン十ユーロの罰金だったかも。

さて、駅からホテルまでグーグルマップによると600m(徒歩約7分)。タクシーで行ったら5ユーロ前後だった。運転手さん、イヤな顔ひとつせず、えらい! アムステルダムのタクシー野郎どもにツメの垢をお土産に持って帰りたい。

そして、ホテルは・・・ こんなところに50ユーロ(朝食別)で泊まってしまっていいんだろうか。ホテル公式サイトのサマープロモーション69ユーロというのもあるけど、どう考えてもその値段で泊まれるホテルじゃないってば~ 床は大理石(もっともイタリアでは大理石は他国ほど高級素材じゃないはず)、天井はリバティスタイルのオリジナルを修復したものらしい。

ホテル前の大通りを歩いて町の中心街まで行ってきました。お金恵んで下さい~という人もいたけど、ワカモノたちだけじゃなくて普通ののおばさんおじさんこどもがブラブラ歩いているので、明るくて人がいるところを歩く分には全然こわくない。

ナイキがあって、店内に(他のアスリートもだけど)ラファがいた。

ここもwifi無料なり~♪



【追記】
旅先でボラれたという話はよく聞くけど、私はその逆を経験。

昨日と同じカフェで今日もカプチーノを頼んだ。今日は飲んだらさっさと買い物に・・と思ったので、カプチーノっていくらだったかなとメニューを見てみると、3ユーロ。・・・え? 昨日、私はカプチーノとエスプレッソを頼んで、3ユーロちょっとだった。お勘定間違えたのな?と、お財布からレシートを取り出してウエイターにそのことを告げる。ウエイターが、昨日お勘定をした人に確認をとる。その人がやってきて、「それでいいんです。着席でなくカウンターの値段にサービスしたの」(イタリアやフランスではよくあることだけど、カウンターで飲む方が着席して飲むより安い) 他のスタッフに言っちゃったので、それで同僚の手前不都合とかないですか?と聞いてみると、「だいじょうぶ、私がボスだから・・・」だって。

黙ってそんなサービスをしてくれてたなんて、びっくり。今日のお勘定も、そういうやりとりを見ていたレジの人がボスにお伺いを立ててくれたおかげでカプチーノ1、80ユーロなり。もちろん今日は3ユーロ置いてきました。
【追記終わり】



ガト生存確認の巻

今日も夕方から出勤。買い物していて重役出勤。なので、Riba vs Alundを見逃した。でも、いいの・・・ ふふふ、途中からだけどガト練見られたから~ 

6時前も6時すぎても練習コートにはガトが現れなかったので、センターでなんとなく観戦してたんだけど、ふと気になって7時半頃にダブルスやってるアザーコートを覗きにいった。入口でサイドチェンジ=入場を待つ。ダブルスの試合の声の他に、かすかに聞き覚えのある声が・・・ ガトだっ、ガトだってばっ! プレイの真っ最中だろうが、サーブ真っ最中だろうが私は構わないから早く入れろっーーー! と、ココロの中で入口係に叫ぶ。(練習しているであろうコートは、今待っているこのコートの並びにあって、このコートを通って行くことになる)  

アルゼンチンのAlundのコーチ(だと思う)がガトの練習相手。今回時々面倒を見てくれている人だ。思うように打てない場面でちょっと何か言ってたりしたけど、まあまあの御機嫌と言えるかな。表情が見えるほど近くに寄らなかったのでなんとも言えないけど、さすがに今日はふつうだったのでホッ・・・ もっとも、もし話しかけていたらヒステリー起こされた可能性はあるけど。。

毎週敗戦で終るのが常のテニス選手だから、負けたからといってそうそう何日も落ち込んだりしているわけにはいかないよね。・・・イチコケ続きというのはきついんだけど。

今日もDolgopolov Jr.とクレージー・ダニが仲良く肩を並べて試合を見ている場面を発見してしまった。やっぱりあの2人・・・

初戦敗退以来見かけてなかったCrivoiが、階段昇降トレーニングしていた。

アルゼンチンのプリエトや誰かのコーチらしき人が妻子連れで来ていて、試合後併設のサッカーグラウンドでストレッチするプリエトやアルノルドの近くで、ちっこいバモ族がコーチらしき人と遊んで貰っているほのぼのした光景が見られました。

明日はたぶん会場には足を運ばずにボローニャに移動になると思う。根性出して坂の上の上の上にある要塞みたいなところも見てみる予定。

ボローニャでのネット状況は不明なので、今度こそ更新が途切れる可能性あり。月曜の夕方帰宅予定です。浦島な私のために、テニス界の重大ニュースやバモ族のどうでもいい重大ニュースをチャット欄に書いていただけると助かります。


ガトのいない水曜日の巻

夕方5時半くらいから会場に行きました。ひょっとしたらガトが練習するかもと思ったけど、遭遇せず。フィットネストレーナーはサッカーグラウンドで黙々と走ったりトレーニングしてたけど。彼にガトの様子聞こうかとも思ったけど、やめておく。

私が行く前に練習したのかもしれないし、昨日の今日だから却って会わなくてよかったかも。

ルッツィ基金のスタンドがあったので覗いてみると、スタラーチェの本↓発見。
http://www.fitcampania.it/news_detail.aspx?news_ID=964

表紙の写真がえらく写りがいいのと、子供時代・ジュニア時代からの写真がたくさん載ってたので、思わず買ってしまった。ガトもモナコもフェレロも好きだというこのイタリアン・ポテト、私も好きだ~っ!

今日見たスタラーチェvsロクスは見応えのある良い試合でした。スタラーチェ、やっぱりかっこいい~ ガトが惚れるわけだ。

そうだ、昨日書き忘れたけど、クレイジーダニと仲良しらしき選手発見。ウクライナのDolgopolov Jr.です。昨日のDe Bakker戦の最後の方をクレイジーダニが見にきていて、試合後なんだかんだ話してた。そして、今日ボランドリvsクレイジーダニを見ているDol. Jr.を発見。Dol. Jr.もちょっとエキセントリックなタイプっぽいし、惹きあうものがあるのかな。


負けたの巻

時間をカンチガイしていて、気がついたら12時すぎてた。まずい!と会場へ向かう。昨夜遅かったし、今日の試合も遅いから、まさか11時には練習しないよねえ。

会場に着いて探してもガトは見当たらず。終っちゃったかなあ・・ 4、5人で雑談しているスタッフがいたので、「すみませんが、練習のスケジュールとかわかりませんか?」と聞いてみるが、英語通じず。1人「わかった」という感じの人が、案内を買って出てくれた・・が、しかし、それは今日のOOPだってば~~~ 「プラクティス」とか「トレーニング」と言っても通じない。近くにいた別の大会スタッフに聞いてみろということなので、聞いたら、大会事務局を教えてくれた。そこにありました~ ガトはプリエトと午後1時から30分。そうか、30分刻みなんだ・・・12時からだったら見逃してたところだった。コート2と3の間の関係者専用通路を通って練習に出て行くだろうから、コート2か3のスタンドで見張ろうと、そこへ行くと・・・おっと、プリエトとアルノルドが打ってる脇で準備運動してます!  なんだ、場所変わったの? しかし、しばらくすると、コート5に向かう。(トレーナーが、プリエトに向かって「cinco(=5)云々」と言ってるのがきこえた)

当然私も移動。

この練習でのプリエトは、練習相手というよりコーチ。打ちながら「すばらしい」とか「ナイスショット」みたいなことをしきりに言ってた。そして、ガトだけがボレー&スマッシュとサーブをした。プリエト、ありガト~!

途中でプリエトの妻子も見学にやってきた。よちよち歩きの小さい子供で、「パパ~」とか言うのを、ママが「お仕事終わってからね」とか言ってた(んだと思う)。練習終了後、パパとテニス。(ラケットの方が大きいくらいなので、すぐに卓球のラケットとボールになったけど) 

練習を覗きにきた人に、英語で「あの選手誰?」と聞かれた。アクセントと見た目から、ひょっとしてオランダ人かなと思ったら、やっぱりオランダ人夫婦。息子がDe Bakkerを知ってるらしく、休暇中に近くの大会に出るからと応援に来たとか。

練習後、ホテルに戻り昼寝&読書。観光する気力なし。

5時近くになって会場へ。

Crivoi負け。
De Bakker負け。

することないので、Gimeno-Traverでも見るか・・と席に着いた途端、ガトがコート2&3の間の通路を歩いて行く。コート4か5でウォーミングアップするんだ! 私も移動。コート4は見学できないようなので、コート5でありますように。・・・やった、コート5だ。しかし、毎回毎回きっちり現われる私ってストーカー?などという思いがアタマをよぎり、10秒ほど隠れてから一列しかない観客用ベンチの一番端に座る。

全然知らない人(現役選手なのかも不明)と打つガト。

昨日「がんばって」は言っちゃったので、今日は話しかけず。

スタラーチェを上の空で眺める。黒いウエアが似合ってる。

そして、いよいよガト&セッピ登場。

まさかべーグル喰らうとはね・・・ 叫ぶ間もラケット虐待する間もフットフォルトやドロップショットする間もなく1セット取られた。手も足も出ないって、こういうことを言うのかな。

第2セット。ようやく試合らしい試合になった。第1セットで手も足もでなかったボールも取れるようになり、ボールも浅くならず、拍手喝采のラリーやショットもちらほら、得意技のフットフォルト・(成功しない)ドロップショット・語り&叫び・ラケット虐待も出た。でも、やっぱり足がついていかない。もう一回ラケット虐待しかけたんだけど、一本おシャカにして警告もらってるし、その後一本ストリングが切れちゃったし、思いとどまるガト。そんなガトに温かな拍手。

セット終盤にセッピが崩れてくれたこともあって、まるで奇跡のようにセットを取った。

今日は、Dolgopolov Jr.がDe Bakkerに第1セットをベーグルで取られつつも勝った試合を見たので、ひょっとしたらガトも・・・・・と願うけど、叶わず。そうそう世の中うまくはいかない。第3セットもあっという間に終りました。セッピが持ち直しちゃって、また全然手足が出なくて、最後の最後にはガトの「あきらめと自嘲からくる高笑い」が出た。この種のバカ笑いは昔は見られなかった・・・ 今一番見たくないガトは、このバカ笑いガト。

ガトのテニスは一言でいうと「走ること」。なのに足がついていかないのでは、思うようなプレイができないのは当然。今日の第2セットでさえ、まだ以前ほどの「足」じゃなかった。

あーあ、、、全米予選に出てる場合なのかなあ・・・ 本選入りしなければランキングポイントつかなかった気がするんだけど。もちろん、予選突破すればポイントだけじゃなくて得られる自信も大きいけど。

ヨーロッパから直接アルゼンチンに帰るよりはニューヨークを経由して・・・なんて考えもあるのかも。米国はけっこう好きらしくて、Tenis Proでサバちゃんと「全米とかさ、いいよね、出たいよね」みたいなこと言ってたし。

「その日」はいつやって来るやら。「その日」とは書いたけど、具体的にどういう日のことなのか自分でもわかってません。でも、いつか来るよね~


サンマリノTVサイトよりの巻

ストリーミング???
http://www.sanmarinortv.sm/live/default.asp?id=382
http://www.sanmarinortv.sm/live/

番組表
http://www.sanmarinortv.sm/palinsestotv/default.asp?id=40

ニュース動画?
http://www.sanmarinortv.sm/tg/default.asp?id=381
http://www.sanmarinortv.sm/produzioni/?id=380&cat=4

スポーツニュース
http://www.sanmarinortv.sm/sport/default.asp?id=34

* Tennis: Cepu Open - Foto Gallery
http://www.sanmarinortv.sm/sport/default.asp?id=34&id_n=35408
* スタラーチェインタビュー
http://www.sanmarinortv.sm/sport/default.asp?id=34&id_n=35369


サンマリノのライブストリーミング(大会サイトにリンクがあるもの)
http://www.e-tennis.tv/channel_2.aspx
目指せ全米!の巻

町をふらふら歩いてお土産を買ってたら、6時の練習にちょっと遅刻してしまった。だからといって、誰かがどーのこーの言うわけじゃないけど。

今回の練習相手は見たことない選手。この大会に出ていてスペイン語圏の選手で知らない選手というと、アルゼンチンのAlundかDecoudしかいない。Alund/Decoudのコーチは、昨日ガトのコーチみたいなことしてた人。

練習後半は試合形式だったんだけど、、、ガトがサーブアンドボレーヤーになっていた。なぜだーーーーっ!?

練習終わり。話すこともないし、そのまま見送る。本当は「何でまたいきなりサーブアンドボレーヤーに!?」と聞きたかったけど、話したくないかもしれないし、それどころか聞かれたくもないかもしれないので、やめておいた。

Dabul vs MachadoとRiba vs Martinが横並びコートでやってたので、見学する。コート2面を挟んで外側にミニ観客スタンドなので、両方の試合が見られる。(コート2面の間は関係者専用通路)

ガトが関係者専用通路でしばらくDabul vs Machadoを見て、クラブハウスに消えていった。(クラブハウスはセンターコートスタンド2階の一角にある)

しばらくすると、クラブハウス3階の窓から試合を見てるガトを発見。遠目にもかわいい。

そのうちガトも窓から消えちゃったし、センターのクレイジーダニ vs ガルバーニを見にいく。あらら、クラブハウスすぐ横の通路からこの試合見てるガト発見。遠目にもかわいい。

見にいったらすぐ終っちゃったので、Riba vs Martinを見に戻る。戻る途中、ガトがクラブハウス横のスタンド通路(1階)から外を見ているのに気づいた。(黄色いTシャツなので目立つのだ) 話すこともないし・・・と、足を止めずに進む私。しばらく歩いてから「そうだ、「明日がんばってね」と言うことがあるじゃないか!」と思い、引き返す。しかし、ガトは消えていた。え~~~~、、、せっかく決心したのに~と、未練がましく階段を上って1階通路をキョロキョロ。いません。2階に上がって、またキョロキョロ。いたっ! 

久しぶりの腕相撲握手。

今後の予定を聞くと、来週はコルデノンスチャレンジャー(イタリア)、その次はジュネーブチャレンジャー(スイス)、そして・・・ひょっとしたら全米予選だそうです。そうか、サバちゃんやZeballosが全米予選に出るって知った時、ひょっとしたらガトも・・って思ったけど、そうなんだ。

午後8時。ルッツィ追悼イベントが始まる。ひょっとしたらガトが出るかな~と思ったけど、出ない。なので、もつれているRiba vs Martinを見にいく。Riba、すっごく気合が入ってる。ドロップショットとかうまいねえ。

ちょうど2セット目タイブレが始まっていた。今度はMartinが取って、最終セット突入。トイレ休憩らしいので、ふとミニ観客スタンドの裏を覗くと、木が生えた斜面があって、黒いうさぎが数匹夕ご飯の真っ最中。

3セット目途中でRibaがトレーナーを呼んだ。その最中にアナウンスが聴こえた。「・・・(イタリア語)ガストン・ガウディオ・・・・・(イタリア語)」 気がついたらセンターコートに向かって走っていました。

なんだ、出るなら出るって教えてよっ! というか、出るのか聞けっ! (←自分に) 

ということで、ガトがサンタンジェロというイタリアの女子選手と組んで、セッピと誰かさん組と対戦! ・・・1人だけ手抜き・・いや、リラックスしてるガト・・・ この試合の最中に停電。しばらくして再開。

その後2試合。最後はスタラーチェ&誰か(たぶんシニア選手) vs ボランドリ&ガリンベルティ(って言ってたと思う)。

全部終ったら11時近く。さすがにハイキングコースを戻る気はしないので、車道を歩いて帰ることにする。どうにかなるだろう・・・。

車道はすぐに歩道ナシになるんだけど、その後は縦列駐車スペースが延々と続いていて安全に歩けた。しばらく行くと歩道も再登場。なんとか人間が歩く場所を歩きながらホテルに到着。所要時間35分くらい。


今日も♪の巻

改めてグーグルマップで見てみたら、どうやらどこかの建物の敷地だと思ってた所を通り抜けると会場への道があるらしい。で、11時から練習だったら間に合わない・・と思いながらも、11時半すぎにホテルを出て会場へ向かう。建物脇の道を抜けると・・・やっぱりハイキング道。でも、大きな石がゴロゴロしていた昨日の道より歩きやすい。急傾斜で、乾いているからすべらないようなものの・・・ それでも、どうやら20分くらいで無事到着。

さて、ガトはいるかな。センターコートかな・・とセンターへ向かう前にちらっとグラウンドを見下ろしてみると(入場してそのまままっすぐ行くと、センターの一番上の座席と同じレベルという構造)、・・・いるっ! ガトがフィットネストレーナーと運動中。昨日は写真を撮れなかったので、隠し撮りしようかとカメラを探って構える。・・・あれ? 消えた? トレーナーが出て行くのだけが見えた。あらら、終っちゃった? あ、まさか練習後の整理運動だったんじゃないでしょうねえ。。トレーナーがアザーコートに向かったので、私もそちらへ。しかし、トレーナーは途中で誰かとおしゃべり。う~ん、、、どうしよう、と悩んでいたら、いつのまにかトレーナーも消えてた。

やっぱりセンターかな、とセンターへ。・・・いました~♪ しかも、そこにはポティート(スタラーチェ)も。きゃーーー、一石二鳥とはまさにこのこと! 座って、改めてコートを見る。・・・? あれ~~~、ガトがベンチでしゃべってたのはボランドリだったんだ。後ろ向きだからわかんなかった。で、もう片方のベンチを見ると、そこにはセッピ。なんて豪華絢爛な練習コート・・などと感心している場合じゃない。セッピにKY光線を送る。シュワッチ!

さて、ガトです。・・・キミはそんなにポティートが好きなのか~~~っ!?と叫びたくなるほど、ふにゃふにゃの超御機嫌。「ぽてぃ~のぉ、うんたらこんたら~」「ぽてぃーの、みゃうみゃうー」とでれでれしながら打ってる。スタラーチェも時々「ガストーネ、まかろーに」とか言っている。休憩に入ると、ガトは迷うことなくスタラーチェの膝の上・・じゃなくて、スタラーチェのベンチに一緒に座る。「ガストーネ」は本当に「ポティーノ」がダイスキなんだ・・・。

スタラーチェは今年のRGではフェレロとひとつのベンチをシェアして仲良さげだったし、モナコがスタラーチェに勝ったキッツ決勝の後「ポティートがダイスキだ」と言ってた。彼は、バモ族を虜にする何かを持っているのかもしれない。(みんなに内緒で、その何かを私に分けて~~~っ、オネガイ♪)

ガトが「ヘンマン風!」とか言って、バックスライスのアプローチショットでネットに出てボレーを決める。スタラーチェが何か言うと、ガトが「ムイアミゴデミオ(ヘンマンとは仲いいんだぜ・・というイミかな)」。

試合形式に入る。私にとっては、下手なATP大会の序盤戦なんかよりワクワク。・・スタラーチェの圧勝で、ガトは何度か叫んだり、高笑いしたり・・・ 「喚く」というのはなかったけど。

今日はフィットネストレーナーのみで、昨日のコーチっぽい人はいませんでした。

練習終わり。ガトが引き揚げた後で、あ、そうだ・・と、まだそこにいたトレーナーにこの後また練習するのか聞いてみた。6時にまた練習だと教えてくれて、ミネラルウォーターを一本くれた。ありガト~♪

今日は、天気予報では雨マークが出ていただけあって、曇り。練習の後、ホテル方面に引き揚げる途中からちょっと降り出した。おかげで過ごしやすい。

町をぶらぶらしながら、夕方の練習を見にいく予定。・・・あ、今日から本選だから、何試合か予定されていたっけ。せっかくだから、それ見るのもいいかも。

サンマリノのライブストリーミング
http://www.e-tennis.tv/channel_2.aspx


ガト捕獲~♪の巻

自宅wifiがプチストライキだったこともあって、「いってきます」も言わずに出てきてしまいました。(コメントへのお返事もしないままになってます。ごめんなさい)

今サンマリノです。下界より過ごしやすい感じ。(サンマリノ中心街はリミニと海を上から望む丘の上にある)

乗り継ぎなども問題なく、かなりスムーズにサンマリノに到着しました。時間はそれなりにかかるけど。自宅→バスで空港→飛行機(9時25分発)→空港バスでボローニャ中央駅→列車でリミニ駅→バスでサンマリノ→徒歩でホテルについたのが15時半くらいだったかな? バスの運転手がスタラーチェをさらに整えたかんじだったので、得した気分。(でも、全然色気のないヒトだった)

ホテルで通された部屋は、増築?したばかりということでとってもきれい。これで45ユーロだなんて申し訳ない。

ホテルについて荷物整理の後は、うだうだうだ。さらにうだうだ。だって冷房が心地よくて・・・

でも、ま、とりあえず会場に行ってみることに。だいたいの方角だけ確認して、なんとかなるだろうと出かけたら、案の定迷った。(←1人だったからいいけど、同行者がいたら迷惑な話) 岩だらけの急な下り坂ハイキングコースみたいなところを通ってなんとか到着。あんな道で転ばなかった自分をほめてあげたい。

予選やってるんだけど、観客が全然いない。Naso対誰かの試合をやってたけど、それはパスして練習コートへ。・・・網が張り巡らしてあって見えない! なんでっ!? そこで目に入ったのが練習コート脇の登り坂。坂を昇り始めるやいなや・・・敷地内の斜面を走り去っていく黒いウサギ2匹が目に入った。吉兆なり。

最初のコートにいるのは・・・誰だかわかんない。そして、次の・・というか、あの声は・・・っ!? あのうなり声はガトに違いない~ いたーーーっ! しかし、距離がありすぎるし、木やフェンスがじゃまでよく見えない。とにかく、もう一度練習コート入口と思われる辺りに戻ってみる。あった、あの道をいけばきっとガトが見られる。しかし関係者以外立ち入り禁止地区っぽい。でも、誰もチェックする人はいないし・・・と侵入。すると、反対側に一般人も入れそうな入口があった。ほっ。。おっとドローとか貼ってある。どれどれ。・・・うそーーーっ、いきなりセッピと? なんでやねん? わわっ・・(←ガトが大声で喚くのが聴こえた) 御機嫌麗しくないようなので、とりあえず目立たない所からチラ見。全身を見たいけど、そうするとこちらも見られちゃうから、チョットダケヨ状態。ま、見学してるのは私だけだから、ガトが途中で気がついてラケットを上げて合図してくれた。ガトは、ちょうどA.マルティン(だと思う)と試合形式の真っ最中。最近またしょっちゅう同行しているおなじみのフィットネストレーナー(Vasco)の他に、新顔のコーチらしき人影が・・・ 誰だ???

隣り合わせに2面あるここは練習コートだと思ってたけど、ちゃんと観客席のある試合コートでした。

ん? 何かが私のレーダーにひっかかった。Crivoi登場。向こうの練習コートの選手たちが何かCrivoiに言っている。ウマグ(だっけ?)での活躍おめでと~とでも言ってるのかな?

練習終了後、ガトにコンニチハを言いにいった。ひげ面、写真や遠くから見ると×だけど、近くで見ると全然オッケー。美しくさえある。。

セッピーーーっ、君は今は一刻も早く全米シリーズに備えるべきじゃないかい!?

ホテルにはちょっとしたレストランも併設されていてる。人通りのあまりない通りに面していて従業員がホテルと兼用なので「お一人様」でも入りやすいため、夜はここで1人で食べました。スパゲティボロネーズはおいしかったけど、ミックスグリルとつけあわせのイモは×。スパゲティだけでほとんどお腹いっぱいだったし、セットメニューがお得かしら・・とか思った私が浅はかだった。

ホテル中wifiが入るということなのに、私の部屋ではつながらない。なので、今後(も)更新は不定期となる予定。夜出かけたりしないので、連日更新という可能性はあるけど。

ちなみに、ここサンマリノのホテルは(木)夜までの予約で、その後ボローニャに3泊して来週(月)に帰宅予定です。

Vamos, Gaston! Podemos! バモの巣!
関連記事
スポンサーサイト

早速会えて良かったですね~v-410
それにしても緒戦がセッピとは!!
Umagで、JCはせっかくそのセッピにフルセットで勝ったのに、さっき決勝でデンコにボコボコにやられました。疲れが残ってたみたい。
セッピも、昨日JCと2時間40分の試合やったばかりで少しは疲れてるはずだから、勝機ありですよ~v-221
[ 2009/08/03 06:51 ] [ 編集 ]

無事到着ですね!

こんにちわ!れいこさん無事サンマリノに到着されたようで、それにいきなりガトとも遭遇とは、よかったですね!!リミニ駅でのバス乗り換えもスムーズだったようで安心しました(変に混乱させてないか不安だったので)。まあヨーロッパに住んで旅慣れている人は、勘が働く人多いから、迷ってもなんとかされるとは思っていましたが。熱中症などに気を付けて観戦楽しんでくださいね~。
あ、そうそう例の兵隊の交代なんですけど、私の時はお昼の12時を見計らって行ったんですけど、交代式みたいな儀式っぽいものはなく、普通に交代しただけでした。もしかしたら儀式みたいなものはないのかも!?期待させて申し訳ありませんでした(T-T)。
[ 2009/08/03 07:40 ] [ 編集 ]

初日に捕獲!!!

ハイキングコースの難所を越えるとそこにガトがいた!!!
>ラケットをあげ、合図してくれた!!まるで逢うのが当然のようなガストン!!
ひげ面・・・美しい???(これは愛だからよね)
応援している選手に逢えるのは本当にうれしいですよね!
月曜日は試合がないようですね!ではまた練習がみられますよね!
だいじょうぶセッピに勝てる!!!
もう試合に出ないのかと心配していたあの時期からしたら、今年はパリでも逢えたし・・・復帰ですね!
[ 2009/08/03 07:45 ] [ 編集 ]

さっそくのガト捕獲おめでとうございます^^
それにしても危険な道を(‥;)
セッピは何故わざわざサンマリノに出るの~?
と私も思いましたよ。

>バスの運転手がスタラーチェをさらに整えたかんじだったので、得した気分。
会ってみたい!!
[ 2009/08/03 14:29 ] [ 編集 ]

Enjoy!

早々にガト捕獲に成功、おめでとーv-218(^^)
ガトも心強いに違いありません。一緒にダブルスに出たいって言ってみた?v-10

明日からも充実した観戦となりますようにv-22
[ 2009/08/04 00:21 ] [ 編集 ]

毎日随分楽しそうで、出かけた甲斐がありましたね。

>バモ族を虜にする何か
何だろう??
ガトだけなら、やっぱりマタタビが一番ではないかと・・・v-8
[ 2009/08/04 00:27 ] [ 編集 ]

素晴らしい☆

知らない町で夜道を35分もお一人で・・・
でっかい『愛』が届いていると思います。

ダブルスの相手、取られちゃったんですね。
楽しみにしてたのになぁ。

「ガト出場予想地図」を作り直したら、また見せて下さいませ。

>マタタビが一番ではないかと・・・
アレ、使って下さい!
[ 2009/08/04 08:19 ] [ 編集 ]

タクシーなどはないのでしょうか?

夜道少し不安ですね・・・でも夜のタクシーも危ない?
気をつけてくださいね。
勝ちますように!祈ってますね!
ミネラルウォーターで思い出しました。パリでJCとスタラーチェの練習みていたら、スタラーチェのコーチがミネラルウォーターくれました。ごめんなさい。熱心に見ていたのはJCだったのよ。。。
全米予選に!ぜひぜひ目指して欲しいです。
やはり、そうでなきゃ!
パリで一緒になったわたしの観戦仲間はご主人と全米の予選のみの観戦されます。一応試合見れたら見てもらいますね。日本選手のお世話されているので、重なっちゃうと難しいのですが・・・っていうかれいこさん行っちゃう???
[ 2009/08/04 13:06 ] [ 編集 ]

本当にれいこさんの行くとこガトはちゃんといてくれるのですね~v-10
引き続き、楽しい旅になりますように♪
ガトの勝利を願って寝ます~v-75
[ 2009/08/05 01:08 ] [ 編集 ]

残念でした

いろんなガトがたくさん観られる試合だったと思いました。残念だったけど、仕方ないよね、ガトさん。
でも、お髭はあそこまで延ばさないで欲しいなぁ。

南米の人が北米経由で帰国を考えているとしたらツワモノです。さすがです。
とある南米のサッカーチームは年末の日本で行われる試合に出場するのに、北米経由だとビザの発給が煩雑すぎで時間も掛かるので、時間が掛かってもヨーロッパ経由でしか移動しないそうです。
そういう事があるのに、果敢にGSに挑むあなた達が好きだーー!

そして、れいこさんは北米へ飛ぶの??か??
[ 2009/08/05 09:38 ] [ 編集 ]

練習ってなに?

練習ってなに?
[ 2009/08/06 14:17 ] [ 編集 ]

儀式

>練習ってなに?
去年か一昨年か忘れたけどNIKEのキャッチコピーに
「練習(トレーニング)は自分を鬼にするための儀式」っていうのがあったっけ。。
そのラファバージョンの電車の中吊り広告、盗ってきたかったな~v-37
がっちゃんは鬼にならなくてもいいからね。

[ 2009/08/06 21:02 ] [ 編集 ]

サンマリノさようなら!

素敵な東洋人の女性だから、サービスしてくれたのですね!本場のカプチーノはやはりおいしい??和むエピソードでした!
ガト練習していてよかった・・・かすかな声でわかるなんてすごいわ!愛ですね!!
毎週結局勝つのは一人だもの。。過酷な商売です。。
ボローニャ楽しんできてください!やはりパスタがおいしいのかしら?
[ 2009/08/07 07:09 ] [ 編集 ]

お帰りなさいませ!

無事のご帰宅で良かったです。

今回も現地ならではの情報、ありガト~ございました☆
次回はスイス?アメリカ?
ガト、どうするんだ!

Eatalyですが、代官山のお店は地元で有名です。
中で焼きたてピザを食べられるのですが、これがもちもちで美味しいと評判です。日本の自宅からそんなに遠くないのに行った事ないけど。。。
[ 2009/08/10 22:50 ] [ 編集 ]

Re: お帰りなさいませ!

HRKさん

> Eatalyですが、代官山のお店は地元で有名です。
えー、そうなんですか! じゃ、この名前はご存知だったんですね。

パスタが実においしかったです。巨大マカロニみたいなのにトマトソースというシンプルなものだったけど。チキンとベイビーズッキーニというのも、あぁ、チキンって、ズッキーニって、こういう味なんだよねえ・・としみじみしちゃいました。
あと、夕方になると、カフェコーナーでも「前菜」としてピザの小切れみたいなのとか出してました。あぁ、初日(金曜夜)から連日あそこで食べたかった・・・ う~ん、、、お腹空いてきた。。


[ 2009/08/11 06:14 ] [ 編集 ]

本当に美味しいんだ。

>この名前はご存知だったんですね。
リンク先に飛ばなかったら思い出しませんでした♪
EatとItalyだけでなく駅前にあるので「ロータリー」とも引っ掛けてるのか?と思った記憶もありました。

何で地元で有名かって、全部イタリアから直輸入でここでしか手に入らない食材があるからだそうです。
しかもイートインが美味しいから、とても流行っているそうです。
5月に帰国した時に仕入れた情報でした。
行けば良かった。
[ 2009/08/11 07:11 ] [ 編集 ]

e-68いっこさん
ふつうならチャレンジャーなんかには出ないランキングの選手にいきなりあたっちゃうなんて、本当についてなかったです。セッピが疲れているだろうであろうことだけが希望だったんですが・・・ 
でも、1回戦負けとはいえ、その負けた相手が優勝というのは悪くないのかなあ・・と。



e-68VanVanさん
駅を降りたら迷うことなくバス小屋を目指したおかげで、ほんの5分かそこら待っただけでバスに乗れました。大助かりでした!

兵隊の交代式らしきものは、やっぱり見られませんでした。でも、バッキンガム宮殿なんかと違って人間らしい兵隊さん(たち)だったのがおもしろかったです。

>熱中症などに気を付けて
試合が連日4時開始だったので、バカ暑い時に観戦する必要がなくて楽でした。(センターだけでなくアザーコートにも照明があるおかげ)
でも、「熱中」しちゃいましたけど~



e-68まさこさん
1回戦負けだったけど、何回も練習を見られたし、ミックスダブルスでつっ立っているだけで何もしない姿も見られたし、行ってよかったです。
思うようには復活できていないけど、それで変にフラストレーションがたまっているようではないので(少なくとも今の所は)、ちょっと前に言ってたように来年も一年間プレイしてくれるだろうと期待してます。

>毎週結局勝つのは一人
本当に。。サッカーとかだと、勝ち負け半々なのにね。。

オランダのパスタが情けなさすぎるせいだと思うけど、イタリアで食べるパスタは格別です。
日本食におけるゴハン=イタリアンのパスタ、という感じで、パスタさえちゃんと茹でてあったら、あとはシンプルなソースで十分!と改めて思いました。

結局、2日目以降は人出も多かったので延々とクルマが駐車されていて舗道が始まるあたりまでなんとなく人気(ひとけ)があって、危ない感じはしませんでした。治安よさそうな場所だったし。

>パリで一緒になったわたしの観戦仲間
以前、私も有明でお会いした方ですよね? 
お忙しいだろうけど、時間が空いている時で余裕があったら少しでも見ていただいて、近くから念を送って下さるとうれしいです。



e-68アイリーンさん
>セッピは何故
大会側がWCでセッピかボレリかフォニーニを狙ってたようだし、セッピはボレリの結婚式にも出たかったから・・・みたいです。あと、ルッツィ追悼イベントにも出席したかったのかも。

毎日あんな道を通っていたのに、一度もコケなかったのはラッキーでした。いろは坂並みの坂道をくねくね歩かなくてもいいようにあちこちにある階段を使っていたので、階段の上り下りもすごく多かったのに、まったく筋肉痛にならなかったのがすごく不思議です。息はゼエゼエ切れまくりましたけど・・・ 



e-68Mizueさん
次回は、ガトに無断でダブルスにエントリーしちゃおうかと・・
実際に試合に出られなくても、ダブルスの練習いえ打ち合せだけでもできたらうれしいし♪ 
またいつかマックスと組んで優勝してみたいものです。。。



e-68いっこさん
思いきって出かけて、本当によかったです。
会場でガトを見つけるまでは、ちょっと観戦ブルー(マリッジブルーみたいな???)だったんですけど。またふられたら(=欠場)どうしよう・・とか。。

私、今後はマタタビスプレーをコロン代わりに使うべきでしょうか!?



e-68HRKさん
【でっかい『愛』】が自分の中にあるというのは自己陶酔・・・じゃなくて・・・いや、やっぱりそうか・・・とにかく、ポジティブな感情が自分の中にあるというのは、いいことだな・・としみじみです。

>ダブルスの相手
すみません、最初これを見た時「なぜここで『グルビスの相手』?」と思っちゃいました・・・

>南米の人が北米経由で帰国
ガトは、たぶんイタリアのパスポートも持っているんじゃないかと思います。Vassallo Arguelloもイタリアパスポート、ディエゴ(ハートフィールド)はオーストリア、という風に、けっこうよくある話みたいです。
でも、今年アルゼンチンの選手が米国への入国に手間取って(拒否され)、エントリーした大会に出られなかったということがありましたね。テニス選手はそういうペーパーワークも年がら年中やらなきゃいけないから、大変だ。。



e-68みつかさん
たしかに、今回はついていました! 今日は遅くなっちゃったからもう練習終っちゃったかも・・と思ったら前日より遅めに練習開始だったり。

会場が、すごく選手チェックしやすくできているんです。もしまた来年も出るようであれば(来年の今頃はチャレンジャー卒業していてもらいたいけど)、また見にいこうかと思ってます。

>「練習(トレーニング)は自分を鬼にするための儀式」
おととしかな? どこかイタリアのチャレンジャーを見にいった時にも町で見かけて、そこから帰宅する途中のオランダのバス停にも貼ってあったと思います。プラスチック板の下に貼ってあったので、さすがの私にも手が出せなかったけど・・・



e-68がっちゃん・・・
そうやってとぼけて練習をさぼろうだなんて・・・10年早いぞ~

[ 2009/08/12 05:41 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。