トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ランキング/スケジュール > ランキング - Zeballosがようやくトップ100入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ランキング - Zeballosがようやくトップ100入り

8月10日付


Zeballosがようやくトップ100入り [2009/07/28]

7月27日付

ふたたび上昇気流に乗りつつある模様:
  • ベルディフ 19位。1年ぶりにトップ20に復帰。次は一桁だ~ 
  • PHマチュー 28位(↑11)
  • モナコ 41位 めざせトップ20復帰!

以前よくダブルスを組んでいたこの2人がそれぞれトップ100入り:
  • クエバス 74位(+33) 当然自己最高更新。おめでとう!
  • Zeballos 98位(+15) ようやくトップ100入り。おめでとう!
チャレンジャーだったけど、2人で組むと毎回のようにいい成績を残していたっけ。

クエバスは86年1月1日生まれ。父はアルゼンチン人、母はウルグアイ人。12才の時にウルグアイに移住。しかし、すぐにテニス修業のためブエノスアイレスに戻った。
ディエゴ(ハートフィールド)とコーチをシェアしていたこともあって、ディエゴとは練習仲間(だった)。さらに、彼はガトのことを敬愛しています。そして、ガトと同じくインディペンディエンテのファン。
コーチはダニエル・オルサニッチ(アカスソの元コーチ)なはずだけど、ハンブルグにはオルサニッチの姿はなかった。
弟Martin(92年組)もテニス選手。
オルナと組んで2008RGダブルス優勝。
既出だけど、クエバス@2008の動画@Segundo Saque
http://www.segundosaque.com/video/202/Pablo+Cuevas

Zeballosは85年生まれ。私がブログを始めた2005年に、デルポとともにアルゼンチン青田刈りなら・・と書いた選手。いつまで経っても上がって来れなかったのは、ツアーに出るための資金不足だったという理由もあると思う。
今年に入ってチャレンジャー3大会で優勝。(ダブルスでは5大会優勝)
コーチは、ロイトマンやガトと同じAlejandro Lombardo。ほんわかとした雰囲気を持つレフティ。



復帰が待たれる人たち:
  • ナル 14位 ツアーには来年復帰予定
  • モヤ 61位 ツアーには来年復帰予定
  • アンチッチ 89位 全米も欠場だとか・・・

復帰組チェック:
  • チェラ 165位
  • ガト 313位 がんばれ~~~!
  • ディエゴ 345位。もうすぐ復帰。プロテクトランキング(200位前後)で出場予定。
  • サバちゃん 440位 

若手チェック:
  • Federico Del Bonis(90年組) 363位
    今 年後半くらいからチャレンジャー予選を勝ち抜いてチャレンジャーに出場しはじめました。今週はGstaadの予選を勝ち抜いて本選入り。初のATP大会出 場。(6)Federico del Bonis (ARG) d. (2)Michael Lammer (SUI) 2-6 6-4 7-6(5) 本選1回戦でバブリンカと対戦予定。
  • Guido Pella(90年組) 419位
  • Javier Marti(92年組)  676位 
    Poznanチャレンジャーの予選最終ラウンドで予選第1シードに負けた。
    (1)Alexander Dolgopolov (UKR) d. (6)Javier Marti (ESP) 6-1 6-3
  • Carlos Boluda(93年組) 1690位 


[ 2009/07/09 07:45 ]
◆ランキング 7月6日付

フェデラーが1位に返り咲きました。一度1位から落ちた選手がまた1位というのはあまりないことだとか。

今まであまりそういうことがなかったから、今回・今後もそういうことは起きない・・・という風には、私は考えない。むしろ今度こそ・・と思うタイプ。(ラファが1位になった時には、当分の間めまぐるしく1位が入れ替わるんじゃないだろうかと思ってた) 

ラファの1位は46週連続でしたっけ? これは、連続1位在位期間↓で見ると、ボルグと並んで歴代8位。立派!

1 フェデラー 226週
2 コナーズ 160週
3 レンドル 157週
4 サンプラス 102週
5 ヒュー 75週 ←私がテニスを見始めた頃が全盛期
6 マッケンロー 58週
7 アガシ 52週
8 ボルグ&ラファ 46週
(http://www.tennisculture.net/Stats/No1mondiauxConsecutive.aspxより)

そして通算1位在位期間↓でも歴代11位。これは、まだ記録更新できますね。

1 サンプラス 286週
2 レンドル 270週
3 コナーズ 268週
4 フェデラー 227週(更新再開)
5 マッケンロー 170週
6 ボルグ 109週
7 アガシ 101週
8 ヒュー 80週
9 エドバーグ(Edberg) 72週
10 クーリエ 58週
11 ラファ 46週
(http://www.tennisculture.net/Stats/No1mondiauxCumul.aspxより)

そう、フェデラーが1位に返り咲いたなら、ラファだってきっと返り咲きます。


ということで、今週のランキングから気になったところです。

1 フェデラー 
GS15勝という新記録もすごいけど、去年のラファに続いてRG・WB同年制覇も成し遂げちゃったんですねえ。王者ぶり復活ということで、私のアンチ・フェデラー(というかフェデオタ)発言も復活の予定。
2 ラファ 
GS15勝に追いつくのはちょっと大変そうだけど、全米で優勝すれば、オリンピック金メダルも含めた「生涯ゴールデンスラム」達成! いや、デ杯も優勝してることだし「生涯プラチナスラム」とでも言った方がいいかも。これには当分フェデラーも追いつけまい。
3 マレィ 来年はロディックとWB決勝だ!
4 ジョコ 元気?
5 デルポ 
6 ロディック 
7 シモン 
8 ツォンガ
9 ベルダスコ
10 ゴン

ベルディフ 20位
フェレール 22位 本人はいいプレイはできてると言ってるようだし、また盛り返してくれるかな。
ハネスク26位 自己最高更新
サントロ、未だに34位。引退するのもったいなくないか?

まだまだ使えそうなニューボールズ:
ハース19位 (↑15)
フェレロ 37位(↑33)
ヒュー 44位(↑12)

おーい・・・!?:
フェリ 40位(↓13)
サフィン 60位(↓36)
グルビス 72位 
ボレリ 74位
アンチッチ 92位(↓52)
コロレフ 99位
バグダティス 151位(↓58)
オルナ 367位(↓147)

ベッカー 46位 
ロクス兄 57位
Golubev 73位 どこまでいけるか!?
Crivoi 85位 自己最高更新 どこまでいけるか!?
錦織圭 111位
Mahut 146位

アルゼンチン:
5位 デルポ
16位 ナル 一試合もしてないのに、RG終了後にはちゃっかりランキングアップ(17→16位)。さすが~ しっかり治して、またトップ選手たちを恐怖のどん底に突き落として下さい。
36位 アカスソ 
50位 Vassallo Arguello
58位 Mゴン
61位 L. Mayer 発音は「マイヤー」でいいらしい。87年組。Massa弟と組んでRGジュニアダブルス優勝。今年に入ってからトップ100入りし、自己最高更新中
62位 モナコ 年度末までディフェンドするポイントがあまりないから、まだ上がると思う。
(以下、気になる選手のみ)
84位 Dabul(RGエキシビでラファに勝っちゃった選手。170cm)
107位 シュワンク
134位 Zeballos がんばれ~
135位 カニャス
201位 チェラ
233位 ハートフィールド
338位 ガト(↑12)
383位 Pella(90年組)
397位 Del Bonis(90年組)
(以下、92年組)
1126位 F. Arguello(今回のデ杯のヒッティングパートナー)
1485位 Velotti
1638位 Collarini
ランキングポイントなしだけど、Renzo Olivo(フランスのMouratoglou Tennis Academy所属)

スペイン:
2位 ラファ
9位 ベルダスコ
14位 ロブレド
22位 フェレール
32位 モンタニェス 
37位 フェレロ
40位 フェリ
45位 Gロペ おっと~、いつのまにかトップ50入りしてた。そういえば、彼も例の83・84年組か。。
(以下、気になった所のみ)
55位 モヤ 復帰を待ってます。
280位 Bautista(88年組)
308位 Mロペ
568位 Gerard Granollers-Pujol(89年組、上杉の弟)
651位 Georgi Rumenov Payakov(89年組)


[ 2009/06/09 ]
<RG終了後6月8日付ランキングの感想>
チリッチが忍び足でいつのまにか13位にいた。
大ダビ(ナル)小ダビ(フェレール)が並んで17・18位。
ズベレフがようやくトップ50入りして45位、ペッチュナー59位、Golubev74位、Crivoi88位、Zeballos地道に上がってきて119位、ブブカようやくトップ200入り194位、De Bakkerトップ200目前の204位、以上自己最高ランキング更新組。
デルポ5位、モナコ60位、Mゴン64位、Junqueira86位、サバちゃん645位、以上タンディル組。
シュワンクは去年のRGのポイントも落ちた上に春にほとんどプレイしなかったこともあり109位、錦織圭113位、ディエゴ復帰はまだか193位、以上気になる人たち。
Lacko217位、Kudryavtsev(パイナップルアタマ)221位、オルナ224位、以上「おーい、元気?」組
ガト348位。

Dlouhy/Paes3位 - パエス光ってる!
Mirnyi/Ram5位 - 全米あたりで一発・・・
Kubot/Marach6位 - ダブルス界一のヴィジュアルペア
Moodie/Norman9位 - ノーマン、今年はノってるねえ。
関連記事
スポンサーサイト

ランキング。。。

ズベレフがTOP50入りしたのは嬉しいけど(ペッチュも少しずつ上がっているし)、ボレリが66位に落ちてイタリアの3番手になってしまったのが悲しい。v-406タナボタくん(懐かしい呼び名)も68位で一緒に低迷中。
ドイツ人はトップ選手こそいないけど、100位以内に9人もいてそこそこいい感じです。
[ 2009/06/09 08:00 ] [ 編集 ]

Re: ランキング。。。

>タナボタくん
まだ若いし、そのうち大化けする可能性はありますよね。
でも、たとえばベルダスコがようやくブレイクしたトシまで待たなきゃならないとしたら、ファンは大変ですねえ。ま、それでもブレイクしてくれたらいいんだけど・・・

というか、モナコ・・・ 
シモンの快進撃とか、ベルダスコの遅すぎたブレイクとか、今回のRGでの悪役とか、モナコにこうなってもらいたい!というパターンを全部同年代の他の選手に持っていかれてしまった・・・・・・・・

> ドイツ人はトップ選手こそいないけど、100位以内に9人もいてそこそこいい感じです。
オランダ人は・・・以下省略。
ま、私はココロはアルゼンチン人なので、いいんですが。。タンディル好調だし。
[ 2009/06/09 08:23 ] [ 編集 ]

JC上がったね~。20位台まであと少し!
良かった良かった。と思って下を見たら…マラト。。。
しょうがないのかしら?昨年SFまで行っちゃったから。
と気を落として下を見たら…モナコも仲間だった。
マラトとモナコ、モナコはまだまだこれからよ!
いいものは沢山持ってるんだから、ここを乗り越えて頑張らなきゃね。
マラトは何位で今年を終えるのか。サントロ師匠を見習うのだよ!

あとロブレドの安定感はさすが。ランクアップしてる?
アンチッチは残念無念。また元気な姿を見たいものです。
[ 2009/07/09 18:18 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Jonsiさん

> と気を落として下を見たら…モナコも仲間だった。
同国のMゴンやマイヤーに抜かれたのがちょっとショックでした・・・

> ロブレドの安定感はさすが。ランクアップしてる?
先週から1位アップでした、地道に・・・
その安定感が地味感につながってるのかも。
2008年初頭から11~22位の間に留まってます。その前は2006年半ばにトップ10入りしてからずっと5~10位(一度だけ11位)。ランキング変遷にドラマ感がない!
もっと安定してる人も上の方にふたりほどいますけどね。。

> アンチッチは残念無念。また元気な姿を見たいものです。
若い時にトップ10入りしてたのにね・・・
相当重症だったのですね、monoが。
1年間通して大会出場が無理なら、せめて得意なサーフェスの大きな大会期間中(前哨戦も含めて)だけでも100%の体調で出られたらいいんだけど。もっとも、今のような状態では日頃の練習の積み重ねというのが出来なさそうだから、そういう状況がやってきても、思うようなテニスはできないのかも。。

[ 2009/07/09 21:10 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。