トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> テニス一般 > プチあれ7 - May 2009

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プチあれ7 - May 2009

◆Sport 1(オランダのスポーツチャンネル)のRG2009放映告知
もちろんラファが登場。BGMは"Dust In The Wind" (by Kansas)


◆ラファ本THE WORLD OF RAFAEL NADALが届きました。リサイクル封筒に入ってた - 宛名のところを修正液で消して、そこに私の名前&住所が手書きで書かれてる。約25x28cm/100ページ、見開きの約半分にドドーーンと写真、テキスト少なし。

ミラーイメージですが:
Photo 54.jpg

[ 2009/05/13 ]
◆明日13日(水)、ガトにRGのWCが出るかどうか決まるらしい。(ソース【訂正:「・・かもしれない」というニュアンスだった模様】

◆先週のチャレンジャーで、イスラエルのErlichが復帰。(4月末にもギリシャのチャレンジャーに出てたようですが、今回は固定?パートナーのRamと組んでの復帰) Erlichは去年の全米以来ずっと大会に出ていませんでした。
Erlichの固定?パートナーであるRamは、Erlich休場中にミルニーと頻繁に組んで現在ミルニー・Ramとしてチームランキング4位。Erlich/Ramに戻るとしても、今年は大きな大会だけでもミルニーと組んで最終戦に出た方がいいような気がしますが・・・ 

clipped from stevegtennis.com
Israel Open in Memory of Sergeant Lior Vishinsky
 
Finals
George Bastl/Chris Guccione (SUI/AUS) d. (1)Jonathan Erlich/Andy Ram (ISR) 7-5 7-6(6)
 blog it

◆デ杯入替戦(9月18~20日)組合せ

(C)とあるのがホーム、(S)はシード。おフランス人御一行様、ご案内~♪ 非国民になりきって・・いや、オランダ人になった覚えはないけど、応援しますことよ!

しかし、私はその時日本にいなくちゃいけないかもしれないという可能性が・・・ 今年はジャパンオープンのほかに、11月半ば、そして7~9月にかけてのいつか・・と3回も日本行きの用事がある。3回も飛びたくない&夏の日本には足を踏み入れたくない・・・ とりあえず、この冬、私のかわいいスズメちゃんたち(スズメ=ツバメのバリエーション)に会いたい一心で日本に行こうかと思ってたけど、思いとどまって正解だった・・・
clipped from www.daviscup.com
(S) AUSTRIA v CHILE (C)(*)
(S) BELGIUM (C) v UKRAINE
(S) BRAZIL(C) v ECUADOR
(S) FRANCE v NETHERLANDS (C)
(S) INDIA v SOUTH AFRICA (C)
(S) SERBIA (C)(*)v UZBEKISTAN
(S) SWEDEN (C)v ROMANIA
(S) SWITZERLAND v ITALY (C)
 blog it


[ 2009/05/10 ]
◆ラファがいよいよ「自伝(回顧録)」執筆?
どこまで具体的な話なのか不明だけど、著作権代理人が動いているらしい。(ソース

◆トップ選手の年間経費試算

オランダのテニス雑誌に出ていた、Octagonというマネージメント事務所のAlastair Garland氏による試算/例です。

「トッ プ選手」の定義が不明ですが、ホテル代は自分持ちということは、チャレンジャーを中心に回っている選手かな? (←ATP大会メインドロー選手のホテル代 は大会持ち。コーチなどのホテル代については、不勉強ながらわかりません) 3桁ランキングだとコーチ帯同はむずかしいことも多いらしいけど・・・ (ソース
 
ちなみに、この雑誌にはeマガジン形式のウエブサイトあり。【Bekijk deze editie(この号を見る)】から中身が見られます。

メインコーチ      $2.000 x 25週         $50.000
ツアーコーチ      $1.000 x 15週          $15.000
ホテル(選手/コーチ) (一泊$100 x 2)x 40週     $56.000
飛行機代(選手/コーチ)              $40.000
交通費                                                             $10.000
食事代(選手/コーチ) (一日$50 x 2)         $28.000
ラケット張り代     ($25 x 6フレーム)x 40週  $15.000
フィットネストレーナー $1.500 x 10週           $15.000
スポーツサイコロジスト $300 x 10セッション      $ 3.000
電話+雑費                         $ 8.000
年間合計                        $231.000

Tennis Digizine 2009-02

◆イラクリ・ラバーゼ引退してコーチをやってるらしい。ソースはMTFのカキコ

◆ウィンブルドン屋根付センターコートこけら落としエキシビション試合
ESPN Classicで放映予定。(5月17日東部標準時間午前9時半~)
アガシ、グラフ、ヘンマン、クライスターズが出場し、男女シングルスおよびミックスダブルスを戦う。(ソース


◆ガスケのコカイン陽性反応を聞いたロドラ曰く:

「外出する時はすごく気をつけてる。自分のグラスから手を離さないんだ。こういうマチガイが一瞬のうちに起こるって知ってるから」


"When I go out I am very careful. I keep my hand over my glass, because I know that this kind of mistake can happen very quickly."
 blog it

◆デ杯入替戦(9月)

ドロー発表は、12日(火)11時@ロンドン

clipped from www.daviscup.com
Seeds for 2009 World Group Play-off Draw
 
Austria, Belgium, Brazil, France, India, Serbia, Sweden, Switzerland.
 
Chile, Ecuador, Italy, Netherlands, Romania, South Africa, Ukraine, Uzbekistan.
 
The draw will take place at the ITF offices in London on Tuesday 12 May at 1100 local time (1000 GMT).
 blog it


◆ガスケ

コカインに陽性反応。
Bサンプルも同様。
髪検査からはコカインは検出されず。

リンク先記事には、以上3点の事実のほか、サントロほかテニス界の反応。

レキップ紙サイトによれば、今日(11日)から暫定的に出場停止。
clipped from uk.reuters.com

* Gasquet confirms positive test for cocaine

* B sample also positive, he says

* Says hair sample test showed no traces of cocaine

 blog it

◆ナルの手術についてドクター・コトロ語る

手術は2、3時間+48時間安静。5月末までバルセロナに滞在し、その後アルゼンチンでリハビリ。4、5ヶ月でプレイできるようになるだろうとのこと。それが大会復帰というイミなのかどうかは読み取れませんが、いずれにしても今期はもうほとんどプレイできないが来年は100%で臨めるだろうとのこと。
クエルテンと同じような故障と言われてましたが、別のもので、またクエルテンの手術はもっと症状が進んでからだったとか。

手術をするのはCimaという名前の病院だそうです。このCimaというのは「頂上」とか「頂点」というイミだそうで、キング・ダビドを頂点へ・・とか言ってます。たしかに縁起のいい名前かも。
clipped from www.derf.com.ar

Angel Ruiz Cotorro es el médico personal de Nalbandian.
 
-Angel, ¿en qué clínica van a operar a David?

-En una clínica que se llama Cima... Como la cima de una montaña, sí.

-Justo van a llevar al Rey David a una cima (nobleza obliga, le subimos la apuesta al buen humor de Cotorro).
 
-Primero tiene 48 horas de reposo. Después, la idea es que se quede con su equipo hasta fines de mayo en Barcelona. Y luego seguirá con la recuperación en la Argentina. Estará para volver a jugar en unos cuatro o cinco meses. Y como coincide con el final de la temporada, me atrevo a decir que para el 2010 va a estar al 100%.
 
Kuerten tenía otra patología y, además, se operó en una fase más avanzada de la lesión.
 blog it



[ 2009/05/09 ]
◆クライチェックとラファとの出会い、ほか

今年のロッテルダム期間中のリチャード・クライチェック(大会ディレクター、ウィンブルドン1996優勝)が、大会中にラファと話をした時のことを書いてます。

ラファはクライチェックとの初めて会った時のことをとてもよく覚えているそうです。ジュニア時代にオランダのナイキジュニアプログラム(NJTのことかな?)で会っているとのこと。(クライチェックはラファとの出会いは覚えていないそうですが) 

また、ラファは、クライチェックがウィンブルドン最後の試合でマリス相手に5セット目7−9で負けたことを覚えていたとか。昔からGSで優勝するならウィンブルドン・・・と言っていただけありますね。

クライチェックは、ラファの英語がものすごく上達したことにも驚いています。去年のロッテルダムではいまひとつコミュニケーションが潤滑に行かなかったそうだけど、今年は冗談を言(い合)ったりできたとか。

clipped from www.telegraaf.nl
Hij vertelde me tijdens het onderonsje in de kleedkamer dat hij zich nog heel goed onze eerste ontmoeting kan herinneren. Als junior heeft hij, als onderdeel van het Nike Junior Program, in Badhoevedorp gespeeld en daar ben ik toen een dagje op bezoek geweest. Op dat moment realiseerde ik me natuurlijk niet dat ik met een toekomstige nummer één van de wereld te maken
had en ik moest hem dan ook bekennen dat ik me onze eerste kennismaking niet meer herinnerde. Het geheugen van Nadal is beduidend beter. Zo wist hij ook nog dat ik bij mijn laatste Wimbledon-optreden in een zware partij met 9-7 in de vijfde set van Malisse had verloren. Het is misschien niet de leukste wedstrijd om aan herinnerd te worden, maar het is wel leuk om te horen dat een grootheid als Nadal dergelijke duels in zijn geheugen heeft opgeslagen.
 blog it


[ 2009/05/08 ]
◆ナル、13日(水)に手術、復帰は来年・・らしい 【追記:復帰まで最低4ヶ月とも書かれているけど、本人が「今年のデ杯、そして残りのGSに出られないのが残念」と言ってる】
tn.com.ar にニュース(動画)が出ています。スタジオとしゃべってるのはナルの代理人?Bernardo Ballero。手術は、バルセロナのドクター・コトロ監修(というのかな?)の元、Marc Philliponというスペシャリストが執刀。
関連記事@ESPN 

◆ラファ本:http://www.rafabook.com/

◆Thiemo de Bakkerの新コーチにJohn van Lottum。

◆ニミネン、手首手術で3ヶ月ほどOUT。

[ 2009/05/07 ]
◆美咲さんが教えてくださった英文ニュース(ナル、手術へ)のソース記事、ようやく見つけました: 
http://www.clarin.com/diario/2009/05/05/deportes/d-01911365.htm
13日(水)に手術、復帰は来年・・と書いてあるようです。他の記事には回復には手術後4~6週間とあるのに、この記事では4~6ヶ月となってる・・? 
もう決断したにせよまだにせよ、今のままじゃ試合に出ては負け/棄権・・の繰り返しになるばかりだろうから、手術するしかないと思うんだけど・・・
【追記:私の目に入ったアルゼンチン発記事の中では、手術決定・・とあるのはこの記事だけみたい。ま、結局は手術という結果になりそうではあるけど。】

◆ESPNサイトの月例レポート(過去1ヶ月の成績によるランキングだったと思う)より、男子のみピックアップ

当分の間、クレイでは「ラファから何セット取ったか」がステイタスシンボルになるか!?
ジョコとマレィの2位争いがおもしろくなりそう。
フェデラーは去年の全米以降、ラファ・ジョコ・マレィに7連敗中。
デルポはナルに代わってアルゼンチン(デ杯チーム)の大黒柱になるには、なんかまだイマイチだよね・・・ モナコがもっと頼りになる存在になってくれるといいんだけど・・。やっぱり、ガトが完全復帰してクレイ対戦だけでも戻ってくる必要あるかな。
ロディック、クレイでも進歩してるか?
シモンは、エストリルには「予選からでもいいから・・」という気持だったんだ。。

clipped from sports.espn.go.com

Tennis Power Rankings

 
1(1)Rafael Nadal
 
the only question heading into the French Open is: How many sets will he lose?
 
2(10)Novak Djokovic
 
he figures to be Nadal's major threat at Roland Garros, no matter if the rankings say he's slipped behind Murray.
 
3(2)Andy Murray
 
7(5)Roger Federer
 
no wins in his past seven against fellow members of the Big Four.
 
8(6)Juan Martin Del Potro
 
13(9)Andy Roddick
 
Don't forget that Roddick reached the semis in Rome last year, prior to being bamboozled by a shoulder injury that dented his summer.
 
17(13)Jo-Wilfried Tsonga
 
18(18)Fernando Gonzalez
 
19(14)Fernando Verdasco
 
20(17)Gilles Simon
 
Desperate to get more action, Simon admitted he was willing to play qualifying in Estoril, Portugal, this week.
 blog it


◆「MARCA記事 byいっこさん訳」(Masters of the Game) ラファファン必読。

Federer Fails to Deter Nadal in Fight to Be Richest Tennis Star (Bloomberg、via The Ticker) ラファのお金関連記事(スポンサー契約、資産管理など)だけど、それ以外のラファエピソードも豊富。長いけど、根性出して読んでみる価値あり。

◆マドリードの投票によるWCは、マルセル上杉ことグラノジェルスに決定した模様。(ソース
モナコ、ずいぶん追上げたんだけどね・・。昨日今日であちこちのブログなどでも取り上げられたんだけど、ちょっと遅かったかな。。

◆ラファ(ファン)だけでなくガト(ファン)も自慢できる記録

clipped from www.tennis.com
173-14 Nadal’s career record on clay (a winning percentage of 92.5)
 
147-4
Nadal’s record on clay since 2005, a 97.3 winning percentage

- The four losses:
to Gaston Gaudio in the quarterfinals of Buenos Aires in 2005 (0-6, 6-0, 6-1)
to Igor Andreev in the quarterfinals of Valencia in 2005 (7-5, 6-2)
to Roger Federer in the final of Hamburg in 2007 (2-6, 6-2, 6-0)

to Juan Carlos Ferrero in the second round of Rome in 2008 (7-5, 6-1)
 blog it


◆これはおもしろそう。スポーツイラストレイテッド誌ウェブサイトのコラムニストJon Wertheimによるラファ/フェデラー本。「conversation between Uncle Toni and Nadal during the rain delay at 2-2 in the fifth set」については、Timesサイトなどにも書かれていましたね。あのウィンブルドン決勝5セット目2−2での雨中断、ロッカールームでラファに何て言ったらいいか逡巡するトニに、ラファが「落ち着いてよ。ボクは勝つから」(←うろ覚え)と悠然と言い放ったとか。ラファは、その瞬間にナンバー1になっていたのかもしれない・・・
Steve Flink: "Strokes of Genius" a must read
 
 
“Strokes of Genius” (published by Houghton Mifflin Harcourt, due out in book stores in the middle of May), Wertheim has not only given that glorious moment in tennis history the precise kind of literary treatment it merits, but he has done more than that.
 
Wertheim’s savvy reporting takes us into the locker room during the two rain delays, and we are drawn into some fascinating dialogue between player and mentor. As Wertheim describes the conversation between Uncle Toni and Nadal during the rain delay at 2-2 in the fifth set, a remarkable role reversal takes place as Nadal reassures his uncle and urges him to stay calm.
 blog it


◆ナル、5セットマッチどころか・・・テニスしてない時でも具合良くないそうです。(故障は、ヒューやグがやノーマンと同じようなものらしい - 彼らに較べれば軽症らしいけど) 手術するかどうかまだ本人の決心がついてないようだけど、バルセロナのドクター・コトロ(スペインテニス協会のドクターだけど、ナルも昔から世話になってる)の元には米国から執刀医?が来て待機しているらしい。 (ソース

[ 2009/05/05 ]
◆ナル、やっぱりかなり良くないようで、金曜日に手術をするかしないか決断するらしい。手術はグガと似たようなもの - ただしグガほど大変なものではない・・とのこと。(ソース

◆RGの成績次第で、ラファは早くも年度末ナンバー1の座を確実なものにしてしまう可能性があるらしい。(ソース) 

◆TomicにRGのWCが出たらしい。全豪とRGでWC交換協定みたいなのがあるんでしたっけ?

◆チリでもお家騒動???

ゴンが、チリテニス協会現会長の元ではデ杯には出ないと宣言。しかし、将来またデ杯に出場する場合、興行収入からの自分の取り分はすべてチリの選手育成?のために寄付するとのこと。

どうやら、テニス協会(会長)が公にすべきでないデ杯興行収入からの選手取り分(%)を公開してしまったことがきっかけになったらしい。ちなみに、協会の取り分が30%、選手たちが70% - オーストラリア戦では、ゴンに147百万ペソ(約2500万円)、マスーに108百万ペソ(約2000万円)Capdevilleに41百万ペソ(約700万円)・・・らしい。

米国デ杯チームのヒッティングパートナーは1万ドル・・という話を読んだことがある。

そう、デ杯選手は無料で国のために戦っているわけじゃないのです。もっとも、貧乏国(以前のアルゼンチンとか???)の場合はどうなんだかわかりませんが。デ杯に帯同する自分のコーチのコーチ代はもちろんコーチの渡航費・宿泊代など持ち出しになるから全然引合わない・・という話があったような。。

Debido a un acuerdo que data desde 2005, los representantes de los jugadores podían revisar las cuentas y las utilidades se repartirían en un 70% para los tenistas y en un 30% para la federación.
 
En la federación responsabilizaron a los "asesores" de los jugadores (principalmente a Gonzalo de la Carrera, gerente general de ADO y cercano a los tenistas) y decidieron que la mejor forma de ponerle fin a la polémica era "transparentando" las cifras que ganaron los jugadores contra los australianos: 147 millones para González, 108 para Nicolás Massú y 41 para Paul Capdeville.
Declaración Pública de Fernando González C.
 

"Jugaré gratis por Chile y donaré los dineros a los tenistas menores"
 blog it


◆モナコのマドリードWCのために清き一票を!
http://www.marca.com/debate/2009/05/183/prevotaciones183.html
モナコの所をクリックしてマーク → 【VOTAR(投票)】をクリック

◆ゴン、マドリードもOUT

[ 2009/05/02 ]
◆ラファとツォンガ、バンコク出場
(http://www.tennisweek.com/news/fullstory.sps?inewsid=6631701)

◆キッツビュル
WC: クーベック、Koellerer、→【訂正:この2人はWC候補というだけらしい】 A.ベック(http://www.tennisfabrik.at/view.php?id=11281)
予選WC: デンコ甥、メルツァー弟、あと2枚

◆ウィーンにデルポとナル出場
(http://www.tennisfabrik.at/view.php?id=11288)
[ 2009/05/01 ]
スペイン版ELLE に登場の色男たち
http://www.abc.es/multimedia/fotos/gente/elle-inmortaliza-principes-tenis-34186.asp
http://greattennisphotos.blogspot.com/2009/04/hot-hot-hot-spaniards-in-may-issue-of.html
http://sports.163.com/photoset/05HE0005/41967.html
http://sports.sina.com.cn/t/2009-04-24/09284342043.shtml

◆フェデラーとミルカの結婚式
http://sports.163.com/photoset/05HE0005/41950.html

◆ロディックも(新郎はゴルフ??)
http://sports.163.com/photoset/05HE0005/41677.html

http://sports.sina.com.cn/tennis/players_wives.shtml
選手のGF/奥様特集
フェレロとGFのこの写真は初めて見ました

http://www.blic.rs/news.php?id=4330
もうひとつGF特集。トロイキにもキレイなGFがいるんだ~ BozoljacにもモデルなGFがいたと思うけど、這い上がれない彼に愛想つかしたりしてないといいなあ。

◆テニス選手とGF/奥様の動画 - 一番デレデレなのはベルディフのような気が・・・ いや、シアワセで何より!


こちらの方がより「テニあれ」っぽいかな?
デントの奥さんはジェニファー・ホプキンス(テニス選手でしたっけ?)
なつかしのロディックの乳つかみ場面も出てきます。


◆ステパネクGFのバイディソバには、新たなオトコの影が・・!?
http://deniksport.blesk.cz/clanek/tenis-zeny-wta/72504/nicole-ale-tohle-neni-radek.html
ヒッティングパートナーという話もあるみたいだけど。

◆昔のものだけど、ついでに発見したので:
http://www.filippofortis.com/html/portraits/main.htm
ロブレド、モヤ&Gロペ(スペイン版マリークレール掲載写真)

◆ウリラハ(Bohdan Ulihrach、1975年生まれ)、どうやら引退らしい。
(チェコ語だけどソース

◆サフィンとサフィナ@レキップマガジン
http://www.lequipe.fr/EquipeMag/Mag/flip/flip_20090425.html
ページ右隅をクリックして探して下さい。サフィナ@少女の勉強を見てやってる?サフィンも出てます。

◆フェレールが去年秋くらいに長年のGFと別れた・・それでデ杯決勝などでは散々な出来だった・・・という話を耳にしました。ソースのない話なので真偽のほどは定かでありませんが、彼にGFのことは聞かない方がいいかも。
モナコもあのかわいい彼女と別れちゃったみたい。早速何人か新しい名前が上がってきてます。

ラブラブな時はまだいいけど、関係が悪化している時とか別れちゃった時にGFのことを聞かれるのはつらい(イヤ)だろうなあ。。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/05/14 ] テニス一般 | TB(0) | CM(12)

モナコに清き一票してきました!

5/5のコラム、「正反対への道へ」でガト、コリアのついて少しかかれています。 http://pinky.blog.tennis365.net/

ガト優勝の動画見ました~
[ 2009/05/05 22:17 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> モナコに清き一票してきました!
ありガト~

> 5/5のコラム、「正反対への道へ」でガト、コリアのついて少しかかれています。 http://pinky.blog.tennis365.net/
あ、日本のブログでも取り上げられてるんですね。
今となっては、あの決勝にはラファ時代以前のノスタルジーさえ感じます・・・
[ 2009/05/05 23:33 ] [ 編集 ]

れいこが手術した

れいこが手術したの?
[ 2009/05/06 17:19 ] [ 編集 ]

Re: れいこが手術した

がっちゃん、私じゃなくてナルが手術しなきゃいけないかもしれないの・・
[ 2009/05/06 18:30 ] [ 編集 ]

ナル・・・

5/13に手術と書いてある記事(美咲さんにも教えてもらったし)だったり、まだ決めかねているような記事もあったりで・・・
本人もやりたくない気持ちの方が強いのでしょうね
手術してもまた痛めることはあるわけだし・・・
背中から腰の痛みって、テニス選手にはつきものみたいなものですよね
リハビリして元のランキングに戻るというのは、相当きついというのは分かります
でも痛みに耐えながら試合に出続けても良い結果は得られないと思う
ここで手術してテニスに飢えた状態を作るのも、彼にとっては復帰してきたときの爆発の原動力になって良いかもしれないなんて・・・思ってみたりします

ガト残念でした
でも一試合ごとに、ガトらしさが戻ってきているのでは?
RG楽しみですねv-351
[ 2009/05/06 22:55 ] [ 編集 ]

Re: ナル・・・

momoさん

> 本人もやりたくない気持ちの方が強いのでしょうね
どこかの記事には、まわりは手術になるだろうと見ている・・と書いてありました。本人以外は手術すべきって思ってるんじゃないでしょうか。。

> リハビリして元のランキングに戻るというのは、相当きついというのは分かります
そういえば、リハビリが大変だ・・ともナルが言ってたような。
でも、まだ27才だから先はあるから・・とも。

とにかく、5セットマッチどころかふつうの3セットマッチも持たないカラダじゃどうしようもないんだから、ぐずぐず言わずに手術を受けてもらいたいと思います。。本人がいつまでも決断しないなら、家族が飛んできて、睡眠薬でも飲ませて手術しちゃうえ!

ガトは、ま、今週はしかたないです。2週間続けて(間でチャレンジャーとはいえ優勝して)集中し続けるのはまだ無理だろうと・・ 
[ 2009/05/07 00:05 ] [ 編集 ]

>to Gaston Gaudio in the quarterfinals of Buenos Aires in 2005 (0-6, 6-0, 6-1)

このスコアを見るたびに、一体どんな試合だったのか、見てみたいような見るのがコワイような・・・複雑な気持ちになります。
[ 2009/05/07 06:22 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> >to Gaston Gaudio in the quarterfinals of Buenos Aires in 2005 (0-6, 6-0, 6-1)
> このスコアを見るたびに、一体どんな試合だったのか

ガトがラファに「いちいちウルセーんだよ」と言い、ラファが「ボク何も言ってないもん」(の挙げ句"Callate Sudaca Gil"と言ったとか言わないとか。動画↓があるんだけど、私にはこの台詞は聴こえません) ←適当意訳

http://www.youtube.com/watch?v=A1JBbKbtzJY

Play of the week にもなったガトvsラファ@ブエノスアイレス2005
http://www.youtube.com/watch?v=PgV5LSwNqyo&feature=related
[ 2009/05/07 07:12 ] [ 編集 ]

>◆Federer Fails to Deter Nadal in Fight to Be Richest Tennis Star (Bloomberg、via The Ticker) ラファのお金関連記事(スポンサー契約、資産管理など)だけど、それ以外のラファエピソードも豊富。長いけど、根性出して読んでみる価値あり。

根性出して読んでみました(こんな時間に…)。

面白いですね~~。
ラファ、そんなに会社持っていたとは。

しかし一番気になったのは、↓。
────────────────
Before the tournament, he enters an almost empty main stadium to practice. At the baseline, he pulls off his tennis shorts, allowing observers a peek at him in his tight, white briefs. Two women in the press box scramble for their mobile phones to snap photos. After changing into three-quarter-length pants that he sometimes wears for practice, Nadal begins his warm-up.
────────────────

いくら人が少なかったとはいえ。。。メインスタジアムでパンツ一丁になったのかっっ?!(笑)

[ 2009/05/08 02:29 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

やっちゃん

> ラファ、そんなに会社持っていたとは。
私も驚きました。ちゃんと年金まで手配してあるし。
ある程度稼いでるプロはみんなこんな風にしてるのかもしれないけど、あまりお金の話は活字にならないようだから、この記事貴重です。

それと、ラファの資産って、スペインでも高額所得者に税優遇が厚いらしいバスク地方にあるという話をどこかで読みました。モンテカルロとかスイスに移住はしないけど、ちゃんと税金対策はしてるようです。さすが、ラファ・パパ。

> At the baseline, he pulls off his tennis shorts, allowing observers a peek at him in his tight, white briefs. Two women in the press box scramble for their mobile phones to snap photos.
> いくら人が少なかったとはいえ。。。メインスタジアムでパンツ一丁になったのかっっ?!(笑)

プレスボックスにいたという女性、至急連絡下さい!
[ 2009/05/08 04:24 ] [ 編集 ]

壁紙

れいこさん、こんにちは。
壁紙、ナルなんですね。
この角度だとスマートに見えます☆
ナルの手術、もう終わる頃だと思います。
手術後の48時間の安静って結構きついですね。まったく身動きとれないのかしら。まずそこで挫折(キレて)しまわないかと心配です(~_~;)
痛みは点滴に鎮痛剤を混ぜて緩和するのだと思うけど、なぜかナースに座薬を処方してもらうナルを想像して笑ってしまう自分です。美人のナースがいてくれると格段にリハビリが進むかも!? ママも駆けつけてるらしいし、病室でわがまま放題なナルが目に浮かぶような。。。(ーー;)
[ 2009/05/14 03:54 ] [ 編集 ]

Re: 壁紙

nalbyさん

特に危険な手術というわけではないようだし、無事終ったでしょうね。

> なぜかナースに座薬を処方してもらうナルを想像
つい、一緒に想像してみました・・(笑)

> ママも駆けつけてるらしいし、
え~~~っ!? 
コドモ返りして思いっきり甘えてそうですね。
ナースなんか目に入らないんじゃないでしょうか。

マザコン度に関しては、アルゼンチン>>>スペインのような気がするんですよね。ママに会えない時間がアルゼンチン人たちの方が長いからかな。

復帰は急がなくていいから、元気いっぱいで戻ってきて、今までの恩(!?)を返してもらいたいです。
[ 2009/05/14 04:18 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。