トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 2009 デ杯 > デ杯1回戦あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デ杯1回戦あれこれ

◆[ 2009/03/16 ] 追加
2009年1回戦スペインvsセルビア
La Copa Davis. España 3-1 Serbia!
セルビアに勝利後歌うスペイン軍団、コスタキャプテンのスピーチ、ラファのスピーチなど。



◆写真

つらい時、オトコはタオルを噛みしめる・・・
Gilles Simon is defeated by Radek Stepanek during the Davis Cup match Czech Republic vs France
 


英国vsウクライナの観客。えーと、、、お支払いはキャッシュそれともカードですか?
Davis Cup Great Britain vs Ukraine
 


ウクライナのMarchenko(87年組)ってこんな顔してるのね。
Davis Cup Great Britain vs Ukraine Press Conference
 


小ダビ。
Spain v Serbia - Davis Cup World Group First Round Day 1
 


キウディネリ、おつかれさん。誰かさんへのデ杯みやげにロディックの爪の垢でもいかが?
Davis Cup - US v Switzerland Day 1
 


もうちょっと役に立つといいんだけど・・・ ま、いっか。。。
Davis Cup 2009 World Group - Germany v Austria
 


ラペンティ弟(今年の全豪予選の写真だけど)
2009 Australian Open - Qualifying
 


兄とはまた違った風貌。・・・短髪の方が似合う♪
2009 Australian Open - Qualifying
 


ラペンティ弟デ杯写真@DayLife

これがアルゼンチンのデ杯キャプテンの主な仕事(写真参照) ・・これなら私にもできる!
 
◆Vassallo Arguelloは、試合の後泣いたとか。デ杯の時点(3月2日付)では、実は彼がランキング上はアルゼンチンデ杯チームのトップ選手でした。彼が50位(自己最高)、モナコが56位、チェラ159位。(チェラはずっと試合に出てなかったし、モナコもしばらく出てなかった時期があったんですが) 
トップ50常連になる器ではない彼にとっては、テニス人生のハイライトのひとつとなる一週間だったにちがいありません。デ杯復帰のアルノルドも勝てたし、そう思うとナルもデルポも出なくて正解。ナルとデルポは、今回休んだ分がんばって最低でも決勝まで行くように。そうすれば、Vassallo Arguelloとアルノルドもデ杯ミニカップを貰えるはずだから。

Dos que dieron pelea pero que disfrutaron su día feliz
(Vassallo Arguelloとアルノルドとアルノルドのクルクルな息子の写真あり)
Vassallo Arguelloといえば"tenista rico y tenista pobre"という概念: Hombre rico, hombre pobre 



ESPN動画 (アルゼンチン)

●アルゼンチン動画集

●アルゼンチンのニュース動画サイト:http://www.tn.com.ar/
「Davis」で検索(BUSCAR)するとデ杯関連動画が出てきます。

●おフランス(&チェコ)写真ギャラリー
http://www.fft.fr/coupe-davis/2009/rep_tch-france/?id=4750



◆シモン語る

敗戦が決まった後、そういう場合としてはめずらしく負傷?でチーム入りしてなかったモンフィスも含むーム全員で会見に現れた模様。

デ杯初出場ながらランキング上からエースという立場だったシモン。最近の大会に較べれればいいプレイができたが、デ杯(にエースとして初出場すること)のプレッシャーがあり、相手が調子よかったこともあるが(数からすればほんの数ポイントではあるが)大切なポイントでいいプレイができなかったのが敗因、とのこと。

シモン:「2敗してしまい、友人たちの顔を見るのがつらい。彼らから次の対戦の機会を奪ってしまったから。僕たちは団結しているけど、僕には(エースとしての)責任がある。ふつうの試合ではこんな風に悲しくはならない。持てるもものすべてを出し切ったから罪悪感はない。だけど、責任を感じる。僕はトップ10選手で、(ランキングから言ったら)勝てる選手2人と対戦して一勝もできなかった。とてもがっかりしている。僕たちはここに来られてとてもハッピーで、すべてを出し尽くした。態度も雰囲気も精神面でも、何も非難すべき所はなかった。だけど、結局は負けた。(訳注: 以下適訳が思いつきませんでしたが、原文:Dans un premier temps, on ne retient que ça.  グーグル英訳だと:As a first step, it does just that.)」


clipped from www.lequipe.fr
Simon : «Responsable, pas coupable»
 
C'est dur de regarder ses potes et de se dire qu'en perdant deux matches, je les prive de poursuivre l'aventure. Même si on est tous solidaires, c'est un poids que je porte. On ne peut pas ressentir une telle tristesse sur un match normal car cela n'engage pas que moi. Je ne me sens pas coupable parce que je donne tout ce que j'ai. Mais je me sens responsable. Je suis dans le top 10, je joue contre deux joueurs à ma portée et je ne gagne pas les matches. C'est une grande déception. On était super heureux d'être là, on a tout donné. On n'a rien à se reprocher dans l'attitude, l'ambiance et de l'état d'esprit, mais il y a la défaite à l'arrivée. Dans un premier temps, on ne retient que ça.
 blog it

◆ロディック語る

今年調子良さげだけど、その秘訣は「あせらず時間をかけること」みたいです。もちろん、ステファンキ・コーチの指導の賜物。

初日にキウディネリに勝った時点で、ロディックは米国選手のデ杯勝利数でアガシと並ぶ歴代6位(30勝)。Day3のバブリンカ戦勝利によりアガシを抜いて単独6位。
その点について聞かれると、彼が17、8才の頃からアガシが目をかけてくれてアドバイスを惜しまず、しかも一人前になった頃には(出しゃばりすぎないようにとの配慮から?)さりげなく距離を置いたように思えること・・など、アガシを持ち上げます。

ロディックはデ杯最終日には負け知らず(11勝0敗)だそうですが、その点についても「勝負を決めるためには、チームが2−1にしてくれないとね」「ボブとマイクがいるから、Day2について悩まなくて済むんだ」と、自分の手柄にはしません。

また、キャプテンのP.マッケンローについても、チームが若い頃と今では対応が違ってきていることを指摘し、その柔軟なキャプテンシーに敬意を表してます。

気配りの人ロディック・・という感のある会見ですが、最後がそれにも増してロディックらしい。自己最速サーブについて聞かれたロディックの答です:

「時速263マイル(≒423キロ)(笑)。もし僕がクルマだったらフェラーリさ。いや、ジョークだよ(笑)。冗談なんだ。どっかの記事見出しなんかにしないでくれ。まったくのジョークなんだから。(時速)155(マイル)。少し減らした(原文:Lost a little.)。まじめな話、今のフェラーリの件は書かないで。書くなっ(笑) お願いだから書かないでくれ」


clipped from www.asapsports.com
something I've been doing better this year is just kind of -- Larry has been big on it -- taking your time.
 
in order to clinch, your team has to put you up 2-1.
 
I think that's why having Bob and Mike on the team has made it a lot easier on us, just because we don't have to worry about that middle day.
 
my memories with Andre are from how great he treated me when I was 17, 18 years old, coming up. Once I think he felt -- I don't know if it was a conscious thing or whatever, but maybe when he felt I could go it on my own, he maybe distanced himself a little bit.
 
I think the most impressive thing about Patrick has been his ability to adjust over the course of eight or nine years.
 
263 miles an hour (laughter). If I was a car, I'd be a Ferrari. No, I'm joking (laughter). I'm joking. Don't let that be a headline somewhere. Completely joking.
155. Lost a little. Seriously, no one write that Ferrari line. Don't do it (laughter). Please, don't.
 blog it



[ 2009/03/08 ]
ASEFT(フランス公式?サポーターサイト) 
この人たち、デ杯はもちろんベルシーなんかでも観客席の一角に団体で座っていてうるさいにぎやかに応援してます。

応援歌(替え歌)歌詞一覧(デ杯なんかだと、印刷したものを配ってたりする)
グッズ販売もあり。オフィシャルスカーフなんて良いかも。
デ杯見にいった時に無料でTシャツとか配ってました。

◆チェコ写真集(aktualne.centrum.cz)

◆ラファのくつ!
telesport.hq1
screen-captured

◆フランスのレキップ紙別冊はツォンガ表紙
ページ下隅っこをクリックでページがめくれます。

◆El equipo argentino palpita la Davis ante Holanda(03/06/09、6分チョット)
会見の模様。キャプテン語る。練習の様子。チェラ語る。モナコ@練習。モナコ@笑顔で語る。Vassallo Arguelloも。


◆Chela abrirá la serie de Copa Davis ante Holanda (03/05/09 、2分チョット)
対戦抽籤後の会見でチェラ、モナコ、Vassallo Arguello、キャプテン、アルノルド語る。


◆チェラ、モナコ語る
Argentina lidera 2-0 la serie ante Holanda
Argentina lidera 2-0 la serie ante Holanda


◆Copa Davis: Argentina prepara su debut ante Holanda(3分半)
緑のTシャツのモナコがランニングする姿がちょっと映る。キャプテン語る。会見で語るモナコ。チェラ,アルノルドも語る。
Copa Davis: Argentina prepara su debut ante Holanda
Copa Davis: Argentina prepara su debut ante Holanda


◆Modesto Vázquez explica la baja de Nalbandian (03/03/09、1分半)
↑とほとんど同じ内容


◆アルゼンチンテニスブログFue Buena撮影による記者会見。同ブログ記事によると、01:28頃にキャプテンがモナコとデルポを混同してる場面があるらしい。モナコの表情にも注目。(このキャプテン、英国テニス協会でも選手育成だかに係ってたことがあるらしい)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/03/11 ] 2009 デ杯 | TB(0) | CM(4)

やっぱり~~。。。

れいこさん、インタビューの翻訳ありガト~ございました。

シモンは試合直後、泣きそうな顔をしていたので、自分を責めちゃうか・・・と思ってたら、やっぱりそうみたいで心配です。やっと頭より先に体が動く状態に戻ってたのにIWで逆戻りしそう・・・それと、デ杯恐怖症になりませんように!!

今日、学校の友達(コロンビア人の男子テニス部員)と「3日間でタイブレ4つ落とすのはぐっさり来るよね・・・」って話をしてました。忘れなくていいから、傷になってませんように。

>Dans un premier temps, on ne retient que ça.
>As a first step, it does just that.
明日隣の席のフランス語を話すスイス人男子に訊いてみます。
彼は「ロジャーのいないスイスがアメリカに勝てる訳がないから全然残念じゃない。」って言ってました。ロジャー一人いても勝てたかな?って思いました。ロデくんの2試合だけでなくダブルスまで流し観したのですが、2日目、客席にいた関係者に飲み物を買いに行って渡してました。エースだけどパシリも出来ます!
[ 2009/03/10 07:52 ] [ 編集 ]

シモンのは、仏語からだし、かなりアバウトです。でも何もないよりはましかな、と。なにしろシモンの初めてのおつかい・・じゃなくてデ杯であーゆー結果だったので、気にしてる人多いかなと思って。

ま、でもみんなつらい思いをして強くなっていくのです。

>エースだけどパシリも出来ます!
それじゃ、私の飲み物もお願いしようかな(笑)
(またロディックの株が上がっちゃうじゃないですか~ 何か悪い話はないんですか?・笑)

フェレールも昔アルマグロがまだ出たての頃、試合中にラケットをストリンギングに出したりしてました。きっと今でもやってるはず。
[ 2009/03/10 21:27 ] [ 編集 ]

訳すとしたら、

>Dans un premier temps, on ne retient que ça.
>As a first step, it does just that.
隣の同僚に確認しました。試合は観たそうで、話が早かったです。れいこさんがアップして下さっていた『ジル・シモンの肖像』のリンク先をあげていたので、それも観ていてシモンの事を若干知っていたから「この会見は普段と違って感情的だね」と言ってました。

結論ですが:
使ってる単語が口語だとアバウトな意味になって、正確には訳せない。前の方で負けたけど前向きな姿勢を見せてるから、「これが始めてだって、思ってよ("Initially at the first, we take into the account")」って感じと思う。

だそうです。

ついでに教えてくれた事。
「『ジル・シモンの肖像』のロケ地は分からないようになってる。でも、今住んでいるヌーシャテル(スイス)じゃなくて、フレンチ・アルプスのどこかだと思う。ヌーシャテルにはあんな高い山はない」そうです。ピアノを引いていた場所も自宅ではないだろうけど、どこかわからなかったそうです。

>またロディックの株が上がっちゃうじゃないですか~
結婚前祝ということで、おめでたい!
[ 2009/03/10 21:43 ] [ 編集 ]

初めてのデ杯だから(しかたない)ってことかな?
シモンは今年はGS(などの大舞台)でいい成績をあげたいって言ってたから、いい経験になったんじゃないでしょうか。
とりあえず、入替戦でがんばってもらいましょう!

あのロケ地がヌーシャテル近辺じゃないなら、ピアノ弾いてたのは、そのロケ先の宿泊地か何かなんでしょうね。
シモンのピアノ、もうすこし長い曲を聞きたいですね。

さて、ロディックの悪口記事でも探そうかな(笑)
[ 2009/03/11 06:18 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。