トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 選手 バモ族 > デルポトロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デルポトロ

デルポとマレィの主な対戦:

  • Murray d Del Potro 6-0 6-1(全米2004ジュニア)
  • Murray d Del Potro 6-4 6-1(RG2005ジュニア)
  • Murray d Del Potro 5-7 6-4 1-2 ret.(ローマ2008)
  • Murray d Del Potro 7-6(2) 7-6(1) 4-6 7-5(全米2008QF)

デルポの連勝は23で止まりました。
出場大会連勝記録も4で打ち止め。
おつかれさま&すばらしい夏の陣おめでとう!

来週のランキングは15位になるようです。もちろん自己最高ランキング更新。

一方マレィは、ようやく大舞台に登場。
来週には4位になるそうで、4強時代に突入か!?という声もある。ポイント上では3強を追うグループのトップになっただけだけど、今回の戦いぶりを見れば納得できる。ただ、その4強(ラファ・ジョコ・フェデラー・マレィ)が定着するかどうか。今回のデルポ他そこに割って入る、または5強・6強時代にしちゃう力のある選手はけっこういますからね。(個人的には、ガト・・とは言わないからベルディフやモナコにそうなってもらいたいところ)

マレィの会見

ローマでの出来事があちこちで言われてたみたいだけど、やっぱりコドモのケンカみたいなものだったのかな? ま、これを機会にまた仲良くやって下さい。

clipped from www.wowow.co.jp
(勝利者)アンディ・マレー(イギリス・第6シード)
vs フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン・第17シード)
3-1(7-6(2) 7-6(1) 4-6 7-5)
 

試 合の初めから、僕らの間にはお互いのゲームに対するリスペクトみたいな感情があったと思う。ラインコールについての議論とか、相手を怒らせようとするよう な態度とか全くなかった。僕らがローマの試合で言い合いをしたことが取り沙汰されてたけど、僕はそんなこと問題じゃないって言ってた。それで試合の終わり に彼が「この前のこと、ごめん」って言ったんだ。僕は彼にすごい連勝だったねって言った。これからも僕らはいい試合をすると思うよ。それだけ。

 

僕 はやったことないけど。あなたが言ったように、彼の年で8強入りするなんてすごいことだ。あんなに連勝して、それが終わったら感情的になるんじゃないか な。そんなたくさんの試合に勝ち続けるって、大変なことだから。だからフェデラーやナダルの成し遂げたことは信じられないほどすごいと思う、それをずっと 続けるって本当にタフなことだから。彼は挽回するチャンスがあったのに活かせなかったから、ガッカリしたかもしれない。最後の方では体が疲れてたと思う。 だから多分、そんなこと全部のせいじゃないかな。

 blog it




デルポの会見

■動画 Del Potro no pudo reprimir las lagrimas(marca.com)

デルポ@会見。途中で泣き出したデルポを、記者たちがイイコイイコする。

そして、私はといえば・・・
MARCATV - Beta
captured from marca.com



"Delpo, emocionado tras la derrota"(3分半) ー デルポの会見(スペイン語。泣きます)。ダビン語る。デルポ語る。「ムーライ」というのはマレィのこと。(それじゃまるで「安藤村井」)

"VER MAS VIDEOS"からモナコたちのダブルス映像もあり(50秒)

■Del Potro, desconsolado luego de su eliminación
デルポが泣くところが少し。デルポ語る。"lucha, lucha, y no gana(戦って、戦って・・でも勝てなかった)"だけはわかった。
(最近は“Torre de Tandil(タンディルのタワー)”とか呼ばれることもあるらしい)




泣き虫デルポ■

デルポは涙腺がゆるい。クレイジーダニにからかわれて涙ぐんだとか、ゴンとの対戦でチリ応援団がひどいこと言った(涙)とか、デ杯デビュー戦で勝ってQF進出を決めた時も泣いたし、例のローマでも怪我の痛さとリタイアしなきゃいけない悔しさでベンチでビービー泣いてたし、泣き虫な逸話には事欠かない。

コートでの威圧感が出てきたことだし、泣き虫は卒業かと思ったら、また泣いた。

<<<今回に限らずなんですが、以下、スペイン語記事からなのでかなりあやふやです>>>

まず、試合後ロッカールームで泣いた。ダビン・コーチがやってきて「負けたけど、得たものはマレィより大きかった」と言ったとか。

で、会見場へ。
まず英語で会見。質疑応答4つ。(少ない!)
そして、アルゼンチンの記者たちに囲まれて質問に答えます。が、3分くらいでうなだれ、「もうこれ以上だめ・・」とつぶやいて泣きます。

2、3分で泣きやむ。

「負けるのはいいことじゃない。でも、強いてポジティブなことをあげるなら、いい負け方をしたと思う。ここで一旦立ち止まって、ここまでに成し遂げたことを振り返って、前に進もうと思う。(中略)勝てなかったけど、満足してる」

「彼(マレィ)はとても賢いプレイをする。だけど、観客は僕のプレイを気に入ってくれたと思うし、だから僕はOKなんだ。残念なことに、どちらかが負けなきゃいけない。今回は僕だった。いい成績を残せたわけだし、6位いや来週には4位になる選手と対等にプレイできた。すべてを出し切ったから、いい気持だ。恥ずかしくなんかない」


涙には、ここまで自分が成し遂げてきたことを思っての嬉涙・・というのも少しあったらしい。

(試合終了後のネットでの会話について) 「おめでとうと、SFがんばって、と言ったんだ。それから、ローマでのことは誤解だって言った。そしたら彼も『いいんだ、僕も悪かったよ』って、それから2セットダウンからよく挽回したって言ってくれた」

「1週間休んだら、テニスで一番すばらしいこと - アルゼンチンでデ杯を戦うことが待っている。(ホームでデ杯戦に出るのは)初めてなんだ」


clipped from www.lanacion.com.ar

"No me guardé nada, saqué todo lo que tenía, me voy bien"

 

"No es lindo perder, pero si tengo que sacar algo bueno es cómo perdí. Ahora hay que parar un poco y ver todas las cosas lindas que hice y seguir adelante. Me sentía muy cansado; en el segundo set hice un mal movimiento y me empezó a molestar la rodilla izquierda, aunque no es nada serio; traté de dejar el agotamiento de lado, las ganas me llevaron adelante. No gané, pero me voy contento igual", dijo.

 

"Me ganó muy bien, es un jugador muy inteligente, pero siento que a la gente le gustó cómo jugué y por eso me voy bien. Desafortunadamente uno tiene que perder, y esta vez me tocó a mí. Igual rendí muy bien y jugué de igual a igual ante un jugador que ahora es el 6° del mundo, pero que será 4°. No me guardé nada, saqué todo lo que tenía y por eso me voy bien, no con una sensación fea", agregó el tandilense.

 blog it




■マレィとの件の後日談(翌日)

デルポ:「(マレィとは)ジュニア時代からの知合いだ。フューチャーズとチャレンジャーとかでいつも一緒だった。彼のママは、彼と同じで、いつもすごく叫ぶんだ。気分が悪くなることもあるくらいさ。ヒューイットみたいなもので、必要以上に叫びすぎる。ローマでのこともそういうことだったんだ。」

「友だちはなれないし、なりたいとも思わない。でも、対戦することがあれば、昨日みたいに言葉は交わす。ノープロブレムさ」


>ヒューイットみたいなもので、
んーーーと、、、ヒューがアイドルだったって言ってなかったっけ。
過去の話になっちゃったってこと?

clipped from www.eleco.com.ar
“Nos conocemos desde chicos, siempre coincidimos en torneos ‘futures’, ‘challengers’ y otros certámenes. Su mamá, como él, siempre era de gritar mucho… A veces, eso cae mal. Es muy parecido a (Lleyton) Hewitt, que grita demasiado cuando no hay que hacerlo. Eso es lo que pasó en Roma”,
 
“Nunca seremos amigos, no me interesa ser amigo de él. Pero mientras juguemos y nos saludemos como ayer, no va a haber problema”
 blog it




■デルポのサーブは、まだまだあんなもんじゃあない模様。"Puedo sacar un 50% mejor"(まだ50%くらいいいサーブが打てる)なんて言ってる。
■9月14日(日)にボカジュニア(デルポはボカ・ファン)のお偉いさんたちから表彰?されるらしい。

■フランコ・ダビン(コーチ)談

「シュトゥットガルトでの決勝(初の決勝進出)でガスケに勝ってクルマを貰ったのが、大きなきっかけだった」


きっかけは、ガスケに勝ったこと? それともクルマ?(笑) そういえば、賞品のクルマは妹にあげると言ってたけど、結局惜しくなっちゃったのか、妹は免許もってないからとか言ってデルポが乗り回す気らしい。

「こんなに勝ちが続くことは、またいつあるかわからない。テニスとメンタルの両面をキープしなければならないから、すごくむずかしいんだ。ガストン(ガウディオ)には、『一生のうちに何度完璧な試合をすることができると思う? めったにあることじゃない』って言ってたもんだ。ガストンはいつでも完璧なプレイじゃなきゃ・・ってタイプなんだ。フアン(デルポトロ)の場合は、少しは楽しもうって話してる」


これとは別の記事で、
デルポ大躍進のきっかけになったのは、シュトゥットガルトのボレリ戦(6-3 3-6 6-3)と決勝(vsガスケ、6-4 7-5)だったと言ってました。(ボレリには、今年のRGで6-3 6-7(7) 5-7 2-6で負けている)

clipped from www.clarin.com
--Sí. Una situación así no sé si la va a volver a vivir. Una seguidilla de éstas es muy difícil. No se logra todos los días. Hay que ir en forma pareja, tanto con el tenis como con lo mental. A Gastón (Gaudio) yo le decía, "¿Cuántos partidos perfectos creés que jugás en tu vida? Son muy pocos". A Gastón siempre le gusta jugar perfecto. Y en el caso de Juán, hablamos mucho para que también disfrute un poco.
 blog it


■デルポのフィットネストレーナー

キッツで「この春には見かけなかったなあ」と思ってたら、やっぱりダビン・コーチが2ヶ月ほどまえにスカウトしたんだそうです。
で、そのトレーナーが言うには、デルポのカラダはまだ未完成(no está estructurado por completo)。身長が伸びるのは止まったんじゃないかと私は思うけど。。

El preparador físico, Martiniano Orazi
Un cuerpo que todavía debe evolucionar
 

El PF también habló de lo que se viene: "Su físico todavía no está estructurado por completo. Estamos bien, pero para lo que él está solicitando, hace falta una mejoría en el tren inferior, más fuerza y potencia en las piernas para sus desplazamientos. Además, para estos partidos tan largos y giras extensas, hace falta un respaldo físico importante; eso es algo que va a conseguir de a poco".

 blog it


■小さい(?)デルポ写真あり

Cuando Del Potro era Del Potrillo

 
Parece que sólo le pega fuerte a la pelota, pero es mucho más que eso.
 
Pero no tengo dudas de que el próximo será de Juan Martín.
 blog it




■参考過去記事:「デルポトロ(追記)
この記事後半に2005年頃からのデルポの歩みをまとめてあります。(自動的に始まる動画があってすごーーーーくうるさかったので、そういう動画を削除しました)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/09/06 ] 選手 バモ族 | TB(0) | CM(6)

対戦するの?

対戦するの?
[ 2008/09/06 14:03 ] [ 編集 ]

安藤村井

れいこさん、村井君とは呼んでましたが
『安藤村井』におザブ3枚献上します(笑)

今頃、時間ができたので、錦織君対デルポを見てますが、
やっぱりショットの強さが昨年目の前で見た時と全然違いますね~
泣き虫はなかなか治らないのかな~
ずっと連勝していて気が抜けたこともあったんですよね。
それにしてもプレーヤーとして成長しましたね。
AIGにもちゃんと来てね!

村井君にゴメンネって言って、凄い連勝だったねって返した会話、いいですね♪
[ 2008/09/06 21:41 ] [ 編集 ]

そうか~

デルポは泣き虫さんだったか(笑)
ああやって、いい子いい子されると余計に泣けるんだよね…
いつかは連勝が止まるんだし、また一つ成長出来るよね。
モナコもデルポも、日本にきてからその後にかけてうまくいかなかったけど、こうやって強くなった所を見れるのは嬉しいかぎり。
昨年のAIGでプロに転向した錦織と、前夜祭で一緒にプレーしたフェレール。
この2人が翌年の全米であんな戦いをするとは思ってもいなかったし、次に対戦したデルポがこんなに強くなってるとは思いもよらなかった。

村井君とのネット越しの会話はいいね。両者とも。
サフィーナはセレナに負けたけど、この2人もネット越しに素敵な笑顔でした。
兄妹揃って全米タイトルはお預けになったけど、また次頑張れ。
[ 2008/09/06 23:37 ] [ 編集 ]

v-123がっちゃん
今日はふたつ対戦するよ。雨がふらないといいね。


v-123アイリーンさん
おひねりも欲し~い(笑)

デルポはカラダができてきているし、今のコーチとは相性がいいだけじゃなくて、どの大会にも付いてきてくれるるのがいいんだろうと思います。
去年まではコーチがついてきてくれない大会での棄権率が異常に高かったし、見ていてガッツが足りなさすぎと・・ということもあったけど、この夏は見事でしたね。

選手同士がオフコートでいちゃいちゃ(?)する必要はないけど、コートではお互いにリスペクトしあえる仲であってもらいたいです。


v-123jonsiさん
文句なくテニス界一の泣き虫ですねえ・・

>強くなった所を見れるのは嬉しいかぎり。
テニスファンとしての醍醐味のひとつは、それですよね。
アレがこうなったか・・・と。いきなり完成されたものを見るより感慨深い。特に応援してきたというわけでもない選手でもそういう気持になるし、応援してきた選手なら尚更。

キャリアの頂点(に近いところ)からファンになると、この気持が味わえない。
私も、初恋のフェレロが優勝した時はすごくうれしかったけど、長年のファンに比べたら私のうれしさは浅かったんだろうなと思います。
私がファンになった2002年にはフェレロはもうRG優勝大本命だったから準優勝じゃ物足りなかったけど、もしモナコがRG準優勝したら・・・キャーーー♪♪♪
[ 2008/09/07 01:03 ] [ 編集 ]

そうそう

jonsiさん、サフィーナちゃんとセレナの会話もすがすがしかったですね。
全仏前からよく頑張ったと思います。
セレナは冷静でしたね。
風がとても強かったので気になってます。
お天気悪そうですね。
いいコンディションで試合をさせてあげたいな。
[ 2008/09/07 01:07 ] [ 編集 ]

アイリーンさん
ニューヨークは台風・・・
全米は雨は降るけど、台風なんか来たことあるんでしょうか。
波乱の時代の幕開けにはふさわしいような。。

台風さえ去ってしまえば、きっとスカッとした青空の下での素晴らしい決勝になるでしょうね。
[ 2008/09/07 18:27 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。