トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 2008 夏/秋 > お気楽シンシナティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お気楽シンシナティ

どっちが勝ってもいいから、フルセットでおもしろい試合見せろ~
・・というリクエスト通り、とりあえず第1セットはタイブレ突入。

マレィって、ラファが活躍した2003ウィンブルドンでは全然名前が出てこなかった気がするんだけど、いつどんな風に伸びてきたんだろう? (←英国メディアがラファをベタ褒めだったんだけど、自国にラファと年の近い有望なジュニアがいるような話が出てこなかった気がする) 当時、たしかに誰かが「(ナダルは)モヤなんかと練習してるそうだ・・ 自分が敵うわけない」と言ってたけど、それはマレィじゃなくて、2回戦でラファに負けたチャイルズ(英国)だった気がする。

わー、マレィがタイブレ取った。第1セット71分。
第2セットはジョコ応援だ。

マレィの名前を覚えたのは、2004年に彼が全米ジュニアで優勝した時。テニスサイトをお持ちのMさんだかNさんが「Murrayが優勝した~」と騒いでいたので、ナニナニ?ダレダレ?と。写真を見たらかわいかったのは覚えてる。が、別にどうということもなく、その後の消息を追うこともなかった。
2005年バルセロナにWCを貰って出てたので、「へ~ あれか」と練習してるのを見つけたけど、別にどうということもなかった。
その後は、【金余り英国テニス協会に甘やかされ放題のワガママ少年】といったイメージを募らせるニュース記事などが時々目に入る程度。気がついたら、トップ選手になっていた。

マレィのゲームは頭脳がモノを言う。どこにどんなボールを打ったら相手が嫌がるか・・・ということを考えるのが趣味・・と文字通り書いてあったかどうかは忘れたけど、そういう子らしい。

マレィのおもしろい所は、そのドライなプロ意識。
協会から散々援助を受けておきながら、大した故障してるわけでもないのに(←たぶん)デ杯出場をドタキャンしちゃうなんてしたたかだと思う。ま、最大の恩返しはトップ選手になってウィンブルドン優勝すること。アルゼンチン(デ杯開催地)まで飛ぶのが、彼のキャリアにプラスにならないなら、それもあり、か。。
英国としても、デ杯に入れこんだ挙げ句大成せずに終わるより、デ杯のひとつやふたつすっぽかしてでもウィンブルドン優勝してくれた方がどれだけうれしいか。

そういうわけで、マレィはエゴイストだって構わない身分なのだ。

第2セット、マレィのサービングフォーマッチ。もつれにもつれて、結局4回?もあったMPをモノに出来ず。タイブレ。

タイブレ4−4。長いラリーの後、マレィのウィナーが決まる。うなだれるジョコ、立ち尽くすマレィ。マレィ5−4、6−4、6−5、7−5。2時間22分。2セットとも1時間11時間でした。

A.Murray d N.Djokovic 7-6(4) 7-6(5)

フルセットにならなかったのは残念だけど、すばらしい戦いでした。ジョコもマレィもおめでとう。マレィはマスターズ初優勝おめでとう。

ナンバー3のジョコに2週連続で勝ったマレィは、果たして第4のオトコになるか?



「昨夜みたいなロケットテニスを・・と思ったけど、ロケットが返ってきちゃった・・」(ジョコビッチ)
とりあえず、セレモニーでは仲良さげなふたりでした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/08/04 ] 2008 夏/秋 | TB(0) | CM(8)

マレィのテニス

マレィが優勝しましたね、おめでとうv-501
容姿には興味ないけど、彼のテニスは面白い。
コートを立体で捉えて配球するし、コースが読みにくいです。
>どこにどんなボールを打ったら相手が嫌がるか・・・ということを考えるのが趣味
納得です。
性格は激しそうですね。しかもしたたかv-294
ハンブルグで叫んだアンディー・マレーのStupid(でしたよね?)
が印象に残っています。あの時はラファに全く歯が立たなかった。

ラファの同世代も台頭してきたし、戦国時代ですね~
ベテラン勢のマラトとモヤさまも続け~~~!
[ 2008/08/04 09:29 ] [ 編集 ]

マレィのテニス Ⅱ

>容姿には興味ないけど、彼のテニスは面白い。
>コートを立体で捉えて配球するし、
Me,too!
今日の試合、おぉ、上手いって叫んだ数はマレーのほうがだんぜん多かったです。
特におもしろいなぁって思ったのは、ボレー。
シングルスで有効なボレーって、どちらかといえば弾ませない、止まるボレーになりがちだと思うんですけど、
マレーは球足の長いボレーも交えてジョコを翻弄してましたね。
あ~いう選択ができるって、したたか!
ダブルスプレーヤーである兄の影響が大きいのでしょうか?!

ジョコとハグしたときのアンディの子犬のような目は、忘れられなくなりそうだ・・・だからどうってことはないのだけれど(苦笑)
[ 2008/08/04 17:41 ] [ 編集 ]

v-46アイリーンさん
>ハンブルグで叫んだ
「アンディ・マレィ、Stupid!!」でしたね。
今回は「アンディ・マレィ、賢い!」と内心叫んでいたかもしれませんね(笑)
ジョコに散々粘られた第1セットタイブレを取った時には、「アンディ・マレィ、えらい!」と言ってあげたかったです。

>ラファの同世代も台頭
ラファはずいぶん若いときからトップになってましたからね。
だから、割と遅咲きだったフェデラーと重なっちゃって、世代の違う二強の時代だったけど、これからは【フェデラー+Baby Ballsたち】がトップ争いをすることになるのかなあ・・・
フェデラー以外のベテラン勢にもトップ争いに絡んでもらいたいけど・・・。ま、単発でもいいから、GSなどの大舞台で「まだまだ若いもんには負けてない」ところを見せてくれればいいかな。。


v-46のびたさん
>シングルスで有効なボレーって、どちらかといえば弾ませない、止まるボレー
↑は、最近のトレンドなんだそうです。以前はそうじゃなかったとか。(パット・キャッシュがタイムズに書いていたことの受け売り)

>マレーは球足の長いボレーも交えてジョコを翻弄
兄の影響はわからないけど、「相手が嫌がる」ことをするのが無上の喜び(←私の勝手な解釈です)という彼のことですから・・
それにしても、そういうことが出来るのは、天性のタッチの良さがあるからでしょうね。

>ジョコとハグしたときのアンディの子犬のような目
この2人は、将来を誓い合った仲(笑)ですから~
(2006年末、ジョコがマレィに「来年は僕たち二人共がマスターズカップに出るところを見たい」と言ったそうな)
[ 2008/08/04 19:27 ] [ 編集 ]

『「相手が嫌がる」弾ませない、止まるボレー 』といえば真っ先に思い出すのが、ツォンガ。
AOでは、このボレーでラファをいじめ抜いてくれましたものv-406

ジョコは、ロジャーとラファの仲の良さに嫉妬して、マレィに走ったのかなぁ(妄想)
[ 2008/08/05 12:32 ] [ 編集 ]

のびたさん
ツォンガも戻って来られませんねえ。
本当に「無事これ名馬」の世界です。

>ロジャーとラファの仲の良さ
う~ん、、、なぜだか、私はこの2人が「仲良い」と言うのは今でも違和感が。

長いことテニス界の頂上で競ってきたことだし、ラファが異常に敬意を払ってることもあって、「何か」があるとは思うけど。
(「仲良し」=同等の友人だけど、この2人はそうじゃない)
・・・誤解されそうだけど「ラファの片思い」というか「ラファがフェデラーに憧れている」というのが一番ぴったりくるような気がします。
お蝶夫人とひろみの関係に近いような。(う~ん・・・フェデラーにあの巻き髪は似合わないか。。ミスキャストだ~)
[ 2008/08/05 17:52 ] [ 編集 ]

え~?!

>う~ん、、、なぜだか、私はこの2人が「仲良い」と言うのは今でも違和感が。
じゃぁ、じゃぁ、プライベートジェットに乗せてもらった、あの至福のひと時は、ロジャーの気まぐれだったの?
今年のウィンブルドンの表彰式でも、ロジャーは何気なくラファの髪を触っていましたよ~。
『何か』があるから、じゃなきゃ、ラファがかわいそうだ~~!

な~んてねv-8

実際、ラファのお友だちとしてプレステやったりコートでテニスボールでキャーキャーミニサッカーやったりなんていうのは、ロジャーの趣味じゃないでしょうからね。

でもいいんです、ロジャーにとってはラファ》》ジョコですからv-221
[ 2008/08/05 21:49 ] [ 編集 ]

ただいま!!

先ほどシンシナティから帰ってきました。

アンディ・マレーくん、マスターズシリーズ初優勝おめでとう!!
もう一人のアンディは不発に終わりましたが、それでもシンシナティは楽しかった!
いろいろと書きたい事は山ほどありますが、そのうちまた観戦写真にコメントを付けてアップしたいと思っています。
今回もプレゼント企画ありです。乞うご期待。
[ 2008/08/05 22:52 ] [ 編集 ]

v-233のびたさん
私は、フェデラーというのは実は【キャーキャー・タイプ】だと思ってます。ラファとはキャーキャーしないと思うけど。

ラファは折にふれてフェデラーへの思いを語ってますが、フェデラーにとってのラファは【目の下のコブ】。自分の地位を脅かす存在だから、今はラファとココロを通わせようとか思う余裕はないでしょう。今後も、ラファがビッグな存在になればなるほど、フェデラーがラファに心を開くのはむずかしいと思います。(それが普通です。フェデラーを非難してるわけではありません)

でも、「仲良く」するだけが良い人間関係のすべてではありませんよね。いいライバルというのは、下手な友だちより貴重だし、親友より得難いものだと思います。
こう考えてみると、フェデラーみたいな人がいてよかったなあ・・と思う私@ラファ・ファンでした。



v-233美咲さん
おかえりなさ~い!
充実した観戦だったようで何よりです。写真&コメント&プレゼント企画、楽しみにしてます。(トピずれでもいいので、適当な記事のコメント欄でお知らせ下さいね)

不発弾は、月末から9月にかけてドドーン!を期待しましょう。←全米で活躍しないと、その憂さをデ杯で晴らされては困る・・という下心(笑)
[ 2008/08/06 06:30 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。