トップページ > 2006 オフシーズン > 艱難汝をデ杯ヒーローにす。

艱難汝をデ杯ヒーローにす。


★ タルピシェフ、最後の試合にサフィンを出したことについて:

「ドミトリー・ツルスノフを出して彼が負けた場合、彼を葬り去ることになるかもしれないと思った。そのような負けを乗り越えるのは難しいものだ。マラトを出す決め手になったのは、彼がこういった試合での経験があること。今までありとあらゆる苦難を経験してきている。彼の方がそういった経験がある。プレイに波はあるが、こういった試合では彼なら必ずやってくれるだろうと私にはわかっていた。」

(今回はやってないけど)例のパンツ下ろしの件なんかもタルピシェフにはお見通しだったのか、聞いてみたい。。。



★ サフィンはこんなことも言ったらしい: 

「僕が今ここにこうして立っていられるのは、バレンシアと僕の最初のコーチ(Mensua)のおかげだ。」(«todo lo que soy es gracias a Valencia y a mi primer entrenado (Mensua)»)

コーチ冥利につきるセリフです。



★ さらに、マラドーナの「神の手」との握手について:

(触れるものすべてが黄金になというミダス王をひきあいに)「彼のミダス並の手腕がうつったにちがいない」("I think his Midas touch just rubbed off me."



119 コーチといえば、TyC SPORTSの動画('El punto del dobles y Tursunov fueron claves' dijo Marat Safin.)。サフィンの右肩後方でルンドグレンがうろうろしてるのを発見。もうコーチとしてのヨリは戻らないのかな~ ならば、今度はナルと組んでテニス界一の・・・・・(以下、自粛)。





<ソースなど>
デ杯決勝インタビュー(ASAP) ロシア
Q.   Captain Tarpischev, after Nikolay Davydenko had a quick loss to Nalbandian, did you face a tough choice whom to play?  
Q: タルピシェフ・キャプテン、ニコライ・ダビデンコがあっけなく負けた後(以下略)
NIKOLAY DAVYDENKO:   It wasn't quite a quick loss because I was running for three hours.
ダビデンコ: そんなにさっさと負けたわけじゃない。3時間走り回ったんだから。
CAPTAIN TARPISCHEV:   I knew that it would be very tense for Nikolay.   Yesterday I made the decision.   Yesterday I knew it would be a tough match for Nikolay.   I thought that should we put Dimitry Tursunov to play that match, should he lose that match, we would be bury him.   It's hard to recover after a loss like that.
What spoke in favor of Marat was the expertise he had in such matches.   He went through all the trials and tribulations in his career.   He had more expertise.   It was clear to me that he could be playing a bit worse or a bit better, but he can't just fail in such kind of match.

デ杯決勝インタビュー(ASAP) アルゼンチン
Q.   Russia has lost two finals before winning in Bercy.   They lost to Sweden in Moscow, they lost to the Americans here in Moscow, then won their third final.   We would like to thank the team for a great game   we hope very much Argentina is going to win its third final in Davis Cup.
記者代表(?): ロシアはベルシーで優勝する前に二度決勝で負けました。モスクワでスウェーデンに負け、再度モスクワでアメリカ人たちに負け、そして3度目の決勝で優勝しました。(記者陣を代表して?)チームのグレイトな試合振りに感謝したいと思います。アルゼンチンが3度目の決勝でデ杯優勝を遂げることを心から願います。
CAPTAIN MANCINI:   Thank you very much.
れいこ: ありガト~





デ杯とは桁がちがいますが、各地で行われていたクラブ対抗戦もひと段落したようです。
スペインはたしかバルセロナ(RCTB1898)、フランスは去年と同じParis Jean Bouinが優勝。フランスの方は、フランス以外の国の選手も名簿に載ってます。サバちゃんとか。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/12/05 ] 2006 オフシーズン | TB(0) | CM(4)

ルンドグレン

れいこさん、こんばんは。
マラトの動画情報ありがとうございました。
スペイン語のインタビューもいいですね。
ルンドグレンさん、ロシアのジャージ着てましたよね。
マラトの人間性が好きなんでしょうか。
コーチでなくなっても良い関係が続いているっていいですよね。
ナルと組んでテニス界一の・・・に続く言葉は「腹」関係ですかね?

デンコが優勝カップを持ってニコニコしている顔が可愛いな~v-290
マラトは表彰式の時にとても澄んだ目をしていましたe-420
準決勝ではツルちゃん、決勝ではマラトとヒーローが変わるけど、やっぱり美味しい所はスター性のあるマラトが持っていっちゃいましたね。
私はまだ余韻に浸っています。

いつかデ杯にモナコが呼ばれる日が来るといいですね~
[ 2006/12/06 00:39 ] [ 編集 ]

ロシアのジャージ

>ルンドグレンさん、ロシアのジャージ着てましたよね。
そこまで気がつきませんでした。というか、あのジャージの模様は何なんでしょう??? ロシアの国花とか?

モナコはベラルーシに同行して、デッドラバー(だったと思う)に出てボルコフに負けたことがあるんですよ。。。寒~いベラルーシ。ガトもモナコも今年の調子のままではデ杯チームには入れない・・・ とりあえず過去さんざんデ杯に貢献してきたガトのいるチームに優勝させてあげたい。モナコは数年後のデ杯主力メンバーになれるよう精進してもらいたいです。

[ 2006/12/06 08:20 ] [ 編集 ]

ジャージじゃなくてポロシャツだった

れいこさん、こんにちは。
今年の締めくくりがマラトの復活ということで、希望の光が見えてきました。

YAHOO!sportsの画像でルンドグレンさんがロシアチームの白い長袖ポロシャツを着ているのがありました。
マラトのコーチをしていた時にもらったのでしょうか?
みんなお揃で着ていましたね。
模様は何だかわかりませんね。
花っぽいと私も思いました。
過去のコーチも大切にしているマラトの人柄がいいですね~

ベラルーシ開催だとガトもモナコもお呼びがかからないですよね。
クレーならガトがいると心強いのにv-12
[ 2006/12/06 11:03 ] [ 編集 ]

いや、実はパジャマ

アンドレーエフとツルスノフあたりは枕投げとかしてたんじゃないかと。
(枕投げる動作がサーブの練習としては有効だと思われます)
[ 2006/12/06 22:24 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)