トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> テニス一般 > え?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

え?

デマ・でっち上げ・針小棒大・火がなくても煙は立つ・眉唾
・・・の見本市
(たまには本当のこともあるかもしれない)
- 自戒も込めて -



●フェデラー&ラファに代わって、今や時代はジョコ&マレィ。←バッシングの対象となる選手の話

どちらも、見出しだけ読むと「えっ!?」と思う。長いスレッドだし、見出しだけで「そういう奴なのか」って思う人もいるだろうなあ。。。
Djokovic's agent doesn't believe Roger had mono
 blog it
Murray threatens legal action against fan site
 
Murray has got his lawyers involved with a fan site because members of the forum have been posting up images that were found on his official website. Seem pretty extreme to me considering that sort of behaviour is completely normal on all fan sites.

You can see a photo of the letter here.

EDIT: The website is completely non-profit non-commercial and has no adverts. This unfortunately is nothing to do with money.
 blog it



●ラファの偉業にケチをつける気はないけど。
追記: あ、そうか、ひょっとしてラファがRGに優勝してからの戦績のことなのかな?
追記その2: 2005年モンテカルロ以来の戦績のことだそうです。
Nadal wins 100 out of 101 matches on clay
 
His only loss came against Roger Federer in the Hamburg Masters last year.
 blog it
ATPtennis.com - Players - Head-to-Head-6

↑赤枠で囲んだ時期にRGチャンプの交代があったものと思われます・・・



blog it



●ラファはATPの大会スケジュール(特に春クレイの密集ぶり)に不満 
 → ラファ、(一番プライオリティが低そうな)ハンブルグを欠場か?
 
clipped from www.lequipe.fr

Tennis - ATP - Nadal absent à Hambourg ?

 blog it



ジョコ「英国人(テニス選手たち)は怠け者で甘やかされている」

ジョコは、今やフェデラーやラファに追いつき追い越せという勢いなためか、ことあるごとにフェデラー・ファン&ラファ・ファン(の一部)を中心に(←私の目にはそう見える)バッシングされていますね。出る釘は打たれる。

話はずれるけど。
同 じようなことでも、自分の好きな選手の口から出れば「説明」で、嫌いな選手の口から出れば「言訳」に聴こえるのはしょうがない。人間って、そういう風にで きてる。でも、たとえば嫌いな選手の発言を「言訳だ」と非難した後で、好きな選手が同じような発言した場合、どうするの? あ、そうか、説明であって言訳 じゃないんだから、どうするもこうするもないんだ。シツレイしました。

閑話休題。
インタビュー動画を見た時には、ジョコの口調に批判がましいものは感じられませんでした。
赤 字のコメント↓に書かれているように、文脈からしても、非難批判しているわけではありません。前後の文脈から切り離されたコトバが、(見出しになった途端 に)一人歩きするいい見本。いや、この場合、「前後の文脈から切り離されたコトバ」が一人歩きしたのではなく、"they don't work hard enough"という表現が"lazy"になって、ジョコの看板背負って勝手に歩いてる。

Novak called the Brits 'LAZY AND SPOILT'
 

"In the UK a lot of kids are a little bit spoiled because of all the conditions they have, and they don't work hard enough. If you have everything you want, you get a little bit spoiled. You don't have the hunger for the success because you have everything on the plate,"
 
Another source, with video interview:

Pretty inoffensive comments in context of the interview - of course it sounds awful and arrogant when a few key words are quoted and put into headlines.
 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/05/03 ] テニス一般 | TB(0) | CM(5)

おじゃまします。

こんにちは。
突然おじゃましてしまいました。
素通りは失礼かと思い、コメントだけ残させてもらいます。

またお邪魔するかと思いますが、今日はこのへんで。
ではでは^^。
[ 2008/05/03 05:05 ] [ 編集 ]

素通りオッケーです

でも、せっかくコメントをしていただけるなら、何かテニスに関することを一言でも書いていただいたら、うれしかったのに。
[ 2008/05/03 05:36 ] [ 編集 ]

奇しくも

バルセロナ大会の会場で買ったテニス雑誌をさっき読んでいたのですが、そこにティプのインタビュー記事がありました。まだ半分しか読んでないけど、読んだ部分で、彼ら若い世代が実際に経験している戦争のことなどに触れていて、彼やイワノビッチが戦争中に練習するコートもなくて、プールの中に作ったコート(安全のため?)で練習したことなどが述べられていました。

そして、「セルビアの選手は皆、強い闘魂を持っているけれど、それはそういう困難な状況からでて来ているのかな?」という質問に答えて、「僕はあまりそういう風に思わないけど、出身地によるモティベーションの差については、よく言われるよね。例えば、イギリスのテニス選手は、ちょっと勝って、フォアを2発ぐらい続けて打つことが出来たら、もう何でも援助してもらえるとか。当然、僕たちの場合とは違うけど、それに影響されるわけじゃないと思う。大事なのは出身とかじゃなくて、それぞれの選手の資質だ。どこで生まれてもナダルは同じように闘士だっただろう。云々…」
というくだりがあったのです。そこに、今たまたまここに来たら、れいこさんがジョコの発言の記事を取り上げておられ、
>In the UK a lot of kids are a little bit spoiled because of all the conditions they have, and they don't work hard enough.
という部分を読んで、興味深く思いました。

セルビアの人たちは、イギリス人を恵まれた者の代表みたいに思っているんですね。ちょっと才能があるという噂が立つと、すぐにスポンサーが付くということか…。ティプが最も苦しんだのは、各地を転戦しなければならなくなった頃。資金を得るのが本当に大変だったということです。
[ 2008/05/06 06:31 ] [ 編集 ]

それから、今思い出したのですが、

このまえ、今マレーのクレー専用コーチをしてるコレッチャが、マレーのために、すごい数の色んな専門家がいるのに驚いたとコメントしていました。彼自身を含むわけですけど。

ラファなんて、彼のブログに出てくるのは3~4人のいつも同じ顔ぶればかり(笑)。
[ 2008/05/06 07:02 ] [ 編集 ]

いっこさん

プールのコートは、たしかセルビアには冬に練習できるインドアコートがないから・・・ってことだったような。

>どこで生まれてもナダルは同じように闘士だっただろう。
これはいいコトバですね。さすがヤンコ!

こういうことを言い始めたら、飢えや戦争などでスポーツなんてとんでもないという地域がいくらでもあるし、物質的に恵まれていても、それはそれで違うプレッシャーがあるだろうし。

イギリスはテニス協会にお金があるから、練習場は言うまでもなく遠征だとかコーチといったことを面倒みてもらえるようです。

セルビアのBozoljacという選手(100位以内をめざしてるラファ世代)が、月2000ユーロ(プラス旅費)というコーチ代を払えなくてコーチをツアーに同行できない・・とかいってるのを読んだことがあります。

マレーもラファもジョコもフェデラーも、事業者みたいなものですよね。たくさんの人を養わなきゃいけないというか・・・ ラファだって、ブログには名前が出てこないみたいだけど、公式サイトのスタッフだけでも相当数いますよね。
それだけ専門家がついているということは、人を使っている中小企業の社長みたいな立場ですよね。資金繰り(賞金稼ぎ)がうまくいってるうちはいいけど・・・

興味深いコメントを(いつも)ありガト~
[ 2008/05/06 17:29 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。