トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 2008 デ杯 > デ杯オトコ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デ杯オトコ

テニス選手には2種類ある:
【デ杯に出たがる選手】と【出たがらない選手】。

オリンピックのように自国での名誉という要素はあると思う。出場料が出る国もあるらしい。(旅費持ち出し・・という昔のアルゼンチンみたいな例もあるけど) でも、自分のランキングに反映されない試合に命をかけるオトコたちがいる。試合出場のチャンスもほとんどないのに、嬉々として遠くまで出かけていくオトコたちがいる。彼らの名は「デ杯オトコ」。

私はそういうデ杯オトコたちが大好きだ。




デ杯オトコの中のデ杯オトコ

3日間で約10時間試合をしたナル。

「今日観客たちと共に成し遂げたことは、とてもエキサイティングだった。全力を尽くし、走りに走りまくり、そして勝った。だから涙を止められなかったんだ」
「片脚が100%じゃなかったんだけど、この観客たちのためなら・・と思いっきりやったんだ(無理をした)」

ナルが泣いたのには驚いた。ナルも血の通った人間だったんだねえ。よしよし、よくがんばった! 脚、よく休めてね。(気持はわかるけど、あまり無理しないように)


これでナルのホームでのデ杯対戦成績は14連勝。ガトの13連勝を越えました。
連 勝数だけでなく、勝利数もガトを(とっくに)越えています。シングルスでは14勝3敗(ガトは13勝3敗)なんだけど、消化試合での勝利数が多いガトに比 べてナルは消化試合にはほとんど出てない。さらに、ナルはデ杯に参加すればほぼ毎回ダブルスにも出ている。(1回だけ出なかったことがあるが、10勝3 敗。もちろんホームでは全勝)

ちなみに、ナルのデ杯デビューは2002年(ロシア開催)のダブルス。アルノルドと組んでカフェルニコフ・サフィンに6-4 6-4 5-7 3-6 19-17で勝った。(試合時間6時間20分)


この功績、さらに今回の涙・・・・・新・デ杯オトコ・キングの誕生と言っていいでしょう。

こ うなったら、ぜひとも優勝して【輝ける2008デ杯オトコ大賞】を受賞して【デ杯・名誉の殿堂】入りするように。(ちなみにこの名誉の殿堂にはサフィンと かがいる。これらは私がたった今アタマの中で創設したものであり、日本レコード大賞などの実在の団体等とは関係ありません)



ち なみに、ラファが昔「デ杯で活躍できる選手になりたい。ガウディオやサフィンのように」(サフィンじゃなくてモヤだったかもしれない)とか言ってた。そ う、昔はデ杯オトコといえばガトだった。ガトのデ杯オトコとしてのステータスは過去のものになっちゃったけど、近い将来、きっとその実がみのることでしょ う。ナル、頼んだよっ! 



発表!

デ杯オトコへの道は長く険しいけど、今回はベルディフに審査員特別賞をあげます。(ちなみに審査員は匿名の約1名)

  • 功労賞: ガト 
  • 「大将」賞: サフィン (2セットダウンからの勝利はキャリア初???)
  • ダブルス賞: クレモン・ロドラ ー ブライアンズを彼らのホームで破った功績は大きい。
  • パフォーマンス賞: フェリダス(フェリ・ベルダスコ)
  • 采配賞(ギャンブル賞): タルピチョフ
  • 新人賞: ?
  • 応援賞: ?
  • 「肩を抱いてあげたい」賞: PHマチュー



今後のデ杯予定

準決勝は9月19~21日開催、対戦組合せは:

 スペインvs米国(スペイン開催)
 アルゼンチンvsロシア(アルゼンチン開催)

決勝は11月21~23日開催で、

 アルゼンチンvsスペインならば、アルゼンチン開催
 スペインvsロシアならば、ロシア開催・・・だよね? 
 (強豪国同士にしては、前回対戦は2000年までさかのぼる)


決 勝で強敵スペインと当たる前に(その前の強敵ロシアでも同じだけど)、ホームでの初日を2−0でなく1−1で終える・・・という前代未聞の事態を経験でき たのはよかったかもしれない。(モナコが初日のシングルスに出ることになった場合、プレッシャーが5%くらい少なくなるような気が・・・)



日本vsインド

R4 - K.NISHIKORI (JPN) def. M.BHUPATHI (IND)
  7-5  6-1
R5 - S.IWABUCHI (JPN) def. L.PAES (IND)
  6-4  4-6  6-4

錦織圭が、消化試合とはいえデ杯初勝利。岩渕も一矢報いた。

しかーーーし、相手はダブルス名手とはいえシングルスではランキング無しの選手。
錦 織・岩渕両選手の勝利にケチをつけるつもりじゃないけど、なぜそんなブパティやパエスが消化試合に出てきたのか? 表向きにはシングルスに出るべき選手2 人が故障していたからだそうですが、デ杯キャプテンであるパエスを追放したがっている人達がいて、(以下、私の想像にすぎません。たまたま目についたひと つの記事だけでこれを書いてるので)棄権した2選手もその一味らしい。パエス側に追放されて然るべき理由があるのかもしれないけど・・・。








ソースなど:


ナル語る
clipped from www.daviscup.com
“What I lived today with my people was very exciting: I gave it all, run all the way to hell and back, and won, that’s why I could not stop the tears, I expressed myself like that.”
 
”I was not fully fit on one of my legs, but the people deserved the effort and I took no precautions.”
 blog it


インド内紛?
India make a mockery of Davis tie singles
 
The opposing camp, pressing for Paes ouster from the helm, did their own folly when Indias top singles players Bopanna and Amritraj pulled out under murky circumstances.
 

The official line was that both had aggravated their knee and wrist injuries respectively but the undercurrents in the team and during the tie could not be ignored.

 
Paes rightly said in the press conference after the match, All of us will be gone, but the Indian Davis Cup team will remain.
 blog it


ロシアは、ホームでは1996年以来負け知らずの16連勝。
(アルゼンチンは、ホームでは11連勝中・・だったかな?)

Berdych was leading 3-6, 6-2, 7-6 (5), 3-6, 2-1 and facing Davydenko's serve when he fell as he reached for a forehand cross, appearing to twist his right ankle.

"I was feeling really great today,'' said Berdych.

"I had really good confidence but this is just sport. You can't do anything else.''

 

He continued to dominate in the third, but Davydenko saved three set points before Berdych served a winner in the tiebreaker.

"I felt I was losing concentration. It was difficult of course,'' said Davydenko

 
The victory extended Russia's unbeaten streak at home to 16 series since 1995, when Pete Sampras won all three of his matches to lead the United States to victory.
 blog it





ワールドグループQF

◆アルゼンチン3−2スウェーデン
R1 - D.NALBANDIAN (ARG) def. T.JOHANSSON (SWE)
  6-2 5-7 6-4 6-2
R2 - R.SODERLING (SWE) def. J.ACASUSO (ARG)
  6-0 6-4 6-1
R3 - G.CANAS / D.NALBANDIAN (ARG) def. J.BJORKMAN / R.LINDSTEDT (SWE)
  7-5 6-4 6-4
R4 - D.NALBANDIAN (ARG) def. R.SODERLING (SWE)
  6-4 1-6 4-6 6-4 9-7
R5 - J.MONACO (ARG) def. T.JOHANSSON (SWE)
  6-3 6-3


◆ロシア4−1チェコ
R1 - M.SAFIN (RUS) def. T.BERDYCH (CZE)
  6-7(5) 4-6 6-3 6-2 6-4
R2 - R.STEPANEK (CZE) def. I.ANDREEV (RUS)
  6-3 6-2 6-4
R3 - I.ANDREEV / N.DAVYDENKO (RUS) def. R.STEPANEK / P.VIZNER (CZE)
  3-6 6-3 7-5 6-4
R4 - N.DAVYDENKO (RUS) def. T.BERDYCH (CZE)
  6-3 2-6 6-7(5) 6-3 1-2 - Retired
R5 - L.DLOUHY (CZE) def. M.SAFIN (RUS)



◆スペイン4−1ドイツ
R1 - R.NADAL (ESP) def. N.KIEFER (GER)
  7-6(5) 6-0 6-3
R2 - D.FERRER (ESP) def. P.KOHLSCHREIBER (GER)
  6-7(3) 6-3 6-4 6-2
R3 - F.LOPEZ / F.VERDASCO (ESP) def. P.KOHLSCHREIBER / P.PETZSCHNER (GER)
  6-7(3) 7-6(1) 6-4 2-6 12-10
R4 - F.VERDASCO (ESP) def. M.BERRER (GER)
  2-6 7-6(5) 6-4
R5 - N.KIEFER (GER) def. F.LOPEZ (ESP)
  6-4 7-6(2)


◆米国4−1フランス
R1 - A.RODDICK (USA) def. M.LLODRA (FRA)
  6-4 7-6(3) 7-6(5)
R2 - J.BLAKE (USA) def. P.MATHIEU (FRA)
  7-6(5) 6-7(3) 6-3 3-6 7-5
R3 - A.CLEMENT / M.LLODRA (FRA) def. B.BRYAN / M.BRYAN (USA)
  6-7(7) 7-5 6-3 6-4
R4 - A.RODDICK (USA) def. P.MATHIEU (FRA)
  6-2 6-3 6-2
R5 - J.BLAKE (USA) def. R.GASQUET (FRA)
  6-7(4) 6-4 6-4



ゾーングループ I 対戦より

◆スイス4−1ベラルーシ
R3 - M.MIRNYI / V.VOLTCHKOV (BLR) def. Y.ALLEGRO / S.WAWRINKA (SUI)
  3-6  6-3  6-1  6-2
R4 - S.WAWRINKA (SUI) def. V.VOLTCHKOV (BLR)
  7-6(6)  4-6  0-6  7-5  6-4


◆クロアチア3−2イタリア
R1 - S.BOLELLI (ITA) def. I.KARLOVIC (CRO)
  7-6(7)  6-3  6-4


◆スロバキア4−1グルジア
R1 - I.LABADZE (GEO) def. L.LACKO (SVK)
  4-6  7-6(6)  3-6  6-3  19-17
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/04/14 ] 2008 デ杯 | TB(0) | CM(14)

「今後のデ杯予定」について

デ杯オトコ選抜、お疲れ様でした!

>準決勝は9月19~21日開催
>アルゼンチンvsロシア(アルゼンチン開催)

日程・開催地を見て… 
きついっすね~、ロシア勢にとって…
すぐ後に(といっても翌週とかいう訳じゃないけど)モスクワ大会なのに。
まあ、勝っても負けても…モスクワ大会で待ってます、私。
(↑どんだけ先の予定だよ)

ここ最近寝不足気味なので(先日のデ杯はあんまり関係ないけど)、今晩は睡眠をたっぷり取ります。。。
[ 2008/04/14 22:24 ] [ 編集 ]

捕らぬ狸は

まだ先に・・・と思っていましたが、どうしても考えたくなっちゃう。SFについては、日程ですよね。オリンピック、USOと続いた直後になるので、どれぐらいのチームを組めるか?に大きく左右されるため、やっぱり計算できません。(なら、書くなっちゅうに)

ひょっとして、もしかして、ひょっとして、ファイナルがスペインvsロシアの場合は、やっぱり高速カーペットでイヤガラセをされるのかなぁ。。。うん、そうに違いない、芝はありえないから(笑)。

デ杯男大賞の新人賞は、ワールドグループじゃないけど、負けちゃったけど、ピーター・ポランスキー君にあげてください(⇒単なるえこひいき)。

ベルディフの審査員特別賞には、私も一票。チョビとマチューはホントにかわいそすぎる。元気だすんだよっ!!
[ 2008/04/14 23:41 ] [ 編集 ]

サイコ~~!!

れいこさんの記事はいつも最高にオモロイです。
フェデラーなんか「出たくない」タイプですよね。勝利の瞬間も「わ~~っ!!」とチームメイトに抱きつく姿が想像できない(笑)。

ナル、本当に泣いてたんだ~~!!汗拭いてるんだとばかり思ってたわ…v-16

マチューも怪我したんですか?
それとも、ブレイクとの試合で勝ちかけていたのに負けちゃったから?
[ 2008/04/14 23:51 ] [ 編集 ]

私の短い観戦暦でも、マチューが大逆転されたの何度か見ました。 いつだったかマレーに、マッチポイントからひっくり返された時はもう・・・・・

ナルさまお身体は大丈夫でしょうか?! おいたわしや・・・でも決勝では頑張らないで~お願い!
[ 2008/04/15 03:47 ] [ 編集 ]

v-22あっこさん
ホーム有利と言われるのはサーフェスが選べることだけじゃなくて、スケジュール面もあるわけですね。
来年の話をすると鬼が笑うとか言いますが、それじゃ私も・・・「11月にブエノスアイレスで会いましょう」!!! 


v-22にゃ~すさん
>オリンピック、USOと続いた直後
あ、そうか・・オリンピックって8月なんだ。←例年8月はRG後の1ヶ月と同じバミューダトライアングル状態

>ピーター・ポランスキー
抽選会で笑ってる写真はかわいかったけど・・・新人賞は見送ります。悪しからず。

チョビは、現在壁紙で水飲みながら未来に向かってコブシで気合入れてます。


v-22いっこさん
フェデラーも若い時には出てたんですよ。それなりにチームメイトと和気あいあいとやってました。
でもナンバー1となってからはデ杯まで手が回らないから、「キミたちでがんばってくれたまえ」ってことなんでしょう。スイスの人たちも可能性の薄いデ杯優勝よりも「ナンバー1はスイス人」ということに重きを置くのか、それで文句は出てないみたい。

マチューは怪我はしてません。
>ブレイクとの試合で勝ちかけていたのに負けちゃったから?
そうです。今回だけならまだしも、彼はどうもデ杯ではついてなくて。デ杯だけならまだしも・・・・・

けちのつき始めは、2002年ロシアとの決勝第5試合(vsユーズニー)。2セットアップ(それも楽勝スコア)だったのに・・・逆転負け。あれは気の毒だった。


v-22新條さん
>マッチポイントからひっくり返された
こういう記録ではトップかも・・・ 
ひっくり返される人がいなければ、ひっくり返す人は存在しないんですけどね。

>でも決勝では頑張らないで~お願い!
ナル、こういうオネガイに耳を傾けちゃダメよっ! え? たとえファンのお願いでも耳を傾けないからダイジョーブ? あっ、そーですか。
[ 2008/04/15 04:40 ] [ 編集 ]

「デ杯オトコ中のデ杯オトコ」(笑)

れいこさんの命名はほんと絶妙!!!
過去にはガトが大活躍だったとは知りませんでした・・・すいません

でもあのベソかき顔は本当に泣いていたんですね~
熱いな~~~
でも今後のツアーでの燃え尽き症候群が心配(苦笑)
今年はナルの目標はデ杯優勝に尽きますね!
(可能性は大きい・・・?)

マラトもデ杯には欠かせない男だとは思っていたけど、最後の試合に出て、誰かさんに負けるなんて・・・やめてよね。

王者は9月のプレーオフにはほとんど出ているそうです。
以前に、いっこさんと同じようなこと書いたら、「そんなことはないのよ」とお叱りを受けてしまいました。
[ 2008/04/15 06:36 ] [ 編集 ]

ようやく

デ杯燃え尽き症候群から復活中です。各国のデ杯オトコ君たちを熱烈に支持する私としては、9月が待ちきれない!!(笑)

フェデラーは、たしかに以前はよく出てましたよ。喜び合ってる姿もデ杯サイトで見た記憶があります。SFぐらいまでいって惜敗したことがあったんじゃないかな。それ以降、自分1人でチームを背負っていくことに限界を感じたのか、無理して出なくなりましたね。プレイオフだけは必ず出るのは、やっぱりナンバーワンとしての責任感でしょうか。

ナルのベソベソは、かわいいというより、笑えた。。。ごめん。

マチューは、今回、直前にガスケが欠場になったせいで、急遽エース扱いになり、大接戦で勝てそうだったのに、結局ダメだったので、れいこさんご指摘の試合とダブらせて、気の毒としかいいようがないと思いました。それでも、チームに召集されればちゃんと出るし、いいヤツなんだなとも。だから頑張れっ!といいたくなってしまうんですよね。でも、よく見たらマチューって現在12位。エースでも不思議はなかったのね。

関係ないけど、デ杯に出ないオトコたちにも、
・最初から「今年は出ません」と宣言してしまうタイプ
・一応、「出るかも~」という雰囲気を漂わせておきながら、結局なんやかんやで出ないタイプ
があるような気がします。細かく分類はしないでおきますが。
[ 2008/04/15 08:12 ] [ 編集 ]

れいこさん、ごぶさたしてます。

ナルが泣いたのは私も驚きました。しかも結構おもしろい顔で(これでもファンですが)。
そろそろアルゼンチンが優勝してほしいです。
【デ杯・名誉の殿堂】入りして、ますます天狗になったナルの姿が見たいです。

ベルディフはかわいそうで見てられませんでした…
[ 2008/04/15 12:55 ] [ 編集 ]

泣き虫ナル

れいこさん、こんにちは(まろぺさん、おひさしぶりです^^)
わたしもナルが泣いたことに驚きました。デ杯のプレッシャーは余程のものなのでしょう。ナルって血が通ってないことはモチロンなくて、大事なモノとそうでないモノの振り分けが容赦なくはっきりしてるような気がします。ママとかアルゼンチンとかラリーとかデ杯が彼にとっての聖域で、テニスとかファンとか関係者とかは時と場合によってバッサリ切り、ヒューイットは永遠に敵なのです(^^;)。
でも一旦心を許すと相手に全幅の信頼を置くいわゆるツンデレタイプでもあります(笑)
そんな気まぐれでわがままで周りに気を遣わないナルがやっぱり好きです(告白)
[ 2008/04/15 15:17 ] [ 編集 ]

そうそう、フェデラーは去年AIG直前のプレイ・オフに出たために、疲労でAIGを欠場してしまったんですよね。でも、その時のフェデラーを見ていないので分かりませんが、嬉しくて仕方がないという感じではなかったのではないかと思います(笑)。こぶし振り上げて大声で叫びながら(誰かみたいに)応援する彼はやはりちょっと想像できません。実際そのあと自分の稼ぎになる大会を棒に振ってしまったわけだし、確かに全試合5セットマッチで、ヘタすると3日連続だから、本当に大変です。ハスキーみたいに怪我する人まで出る始末で(大したことなかったらいいんですけど)…。勿論国や大会側から謝礼が出るのだろうとは思うけど、きっと見返りになるほどじゃないですよね。それにまた、スイスという国や国民自体が、「デ杯で優勝したい!!」というタイプとは思えません。

マチューは、そういえば、一昨年のRGだったか、ラファにもすごい苦戦を強いておいて、結局勝てなかったことがありました。何が足りないんでしょうか?
[ 2008/04/15 17:21 ] [ 編集 ]

デ杯オンナの会

デ杯オンナのみなさん、こんにちは♪ 仲間がいっぱいでうれしいです。


v-274momoさん
そうなんです、アルゼンチンでの先代はガトでした。でも、ナルが後をついでくれるなら本望です。ついでにGSも獲ってくれてもよくってよ♪

マラトのあれは消化試合だから、いいんじゃないですか。やる時にはやってくれるワケだから。
SFは【やる時にはやるけどめったにやらない】2人が対戦ですね。楽しみです。

>お叱りを受けてしまいました。
そういえば、プレーオフにはよく出てきますね。しぶしぶという感じがするけど。←あくまで私の主観です。


v-274にゃ~すさん
デ杯オトコ・ファンクラブでも作りますか? 

>・最初から「今年は出ません」と宣言してしまうタイプ
>・「出るかも~」という雰囲気を漂わせておきながら、

最初のタイプは、モヤやフェレロみたいに、過去デ杯に貢献したけどランキングが下がっちゃったから自分のテニスに集中するため・・・というケースが多いですよね。(スペインなんかは人材が豊富だから、こういうのはあまり問題にならない)

2番目は・・・昔のコリアを思い出します。故障が多かったのはたしかだけど、彼の父が(どういう理由だったか忘れたけど)「出させない(出ない)」って言ってたこともあったような。←私はどちらかというとアンチ・コリアなので(特に当時は)、悪い方に解釈してる可能性大。


v-274まろぺさん
たしかに、あのベソ顔はなかなか・・・いや、ナルらしくなくて可愛かったですよ。

>天狗になったナル
そうなったら、みんなで「1人で優勝した気になって・・・」ってワルクチ言いましょうね。あ、まろぺさなはファンでしたっけ。。。


v-274nalbyさん
>大事なモノとそうでないモノの振り分けが容赦なくはっきり
ナルほど。

テニスは彼にとっては仕事。(いや、どの選手にとっても) テニス選手だからって仕事人間になる必要はないですよね。
そして、ファンは客みたいなものだけど、「お客様は神様」じゃない。(「ファン」とはいってもイロイロあって、サインや写真を求めてきても明日の試合では相手方の応援ってこともあるわけですしね)

>ツンデレ
(このコトバ、知らなかったです。ググって納得)


v-274いっこさん
>疲労でAIGを欠場
デ杯入替戦に出るならAIGには来ない気だろうと思ってたので、全然驚きませんでした。
フェデラーは、疲労のため2週間先の大会に出ない(けど、その翌週のドバイには出る)とノタマッタ過去もあるし。

今のフェデラーの場合、デ杯は重荷でしかないでしょうね。
バブリンカも成長したし、その気になれば優勝だって不可能ではないけど、自分の力だけではどうにもならない。不可能ではないけど、優勝するまでに何年かかるかわからない。そんなデ杯に関わっていては、自分のキャリアが・・・

フェデラーの判断は正しいと思います。

ラファやロディックやサフィンやナルがデ杯オトコなのは、デ杯オトコでいることのメリットが大きいから。
強豪国だから国の期待も優勝の可能性も大きい。(アルゼンチンはまだ優勝してないけど、だからこそ優勝すれば大きい) 何より、優勝を目指せるから楽しい。 

同じトップ選手でも、フェデラーにはそういうメリットがない。しかも、たまに御出陣なさるデ杯が入替戦・・・ そりゃ、「デ杯LOVE」というわけにはいかないかな、と。

考えてみれば、気の毒。ま、でも、デ杯以外であれだけ勝ってればいいか。

マチューは「結局勝てない」という言葉がぴったりですねえ。。接戦をモノにしやすい選手と逃しやすい選手とあって、彼は後者の典型。
足りないのは「勝つことへの執念」? ラファはそれが異常に強いタイプですよね。なにしろ、試合前のトスでさえ勝ちたがるという・・・ だから接戦をモノにすることも多いし、2セットダウンからでも油断ができない。斜体の文
[ 2008/04/15 21:39 ] [ 編集 ]

捕らぬアヒル・・・じゃなくて狸

なんて思ってると、スペインチームは足元すくわれるかもしれませんよ。
なんたってデ杯オトコの狸・・・じゃないアヒル(しつこい?)は、2007年はアウェーのチェコでベルディフに勝ってるし、2006年はロシアのクレーでツルちゃん相手に負けはしたけど、フルセットしかも第5セットは15-17というスコアだったし、普通のクレーの試合では考えられないくらいの力を発揮するかもです。
まあ、クレーでラファに勝つなんて事はフェデラーに連勝する事以上に有り得ないとは思いますが・・・。

スペインのデ杯オトコたちが好きな方は、私の名前をポチっとクリックしてみるといいことがあるかも。
[ 2008/04/16 08:25 ] [ 編集 ]

獲らぬうちからフォアグラ

…それで、羽はダウン・ジャケットにして~、残りは北京ダックに…v-16
[ 2008/04/16 17:25 ] [ 編集 ]

グルメ・ブログにヘンシーーーン!

美咲さん
ツルちゃんはともかく、
>チェコでベルディフに勝ってる
これは、あまり自慢になりません・・・カナシイことですが。なにしろ、チョビには根性がない。いや、彼なりに根性入れてやってるとは思いますが、そういう風に見えない。

でも、アヒルなのに土でもなかなかイケる(こともある)のは知ってます。ローマでガトに勝った試合は見事でした。MTFあたりでは「クレイでロディックに負けるなんて・・・」とバカにされたけど、あの時はロディックが良かった。(身代わりを立てたのか?と思いましたもの)


いっこさん
いただきま~す♪
つけあわせは、ポテトチップスですね。
[ 2008/04/16 19:49 ] [ 編集 ]

コメントを投稿する









管理人にだけ表示を許可する


...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。