トップページ > 月別アーカイブ [ 2010年02月 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

RGチケット情報

後日アップしたこちらの記事もよかったらどうぞ: 「RGチケットウエブ購入ガイド・体験記


[ 2010/02/01 ]
少し追記しました。(【緑字】部分)
スポンサーサイト
[ 2010/02/01 ] リンク集/まとめ | TB(0) | CM(0)

購入したかも(BlogPet)

がっちゃんはれいこと記事へ指導するはずだったの。
だけど、れいこと、購入したかも。

*このエントリは、ブログペットの「がっちゃん」が書きました。
[ 2010/02/05 ] がっちゃん | TB(0) | CM(0)

サンチアゴほか の あれこれ

サンチアゴ関連(チリサイトからいくつか):



[ 2010/02/05 ] 2010 | TB(0) | CM(0)

系列(BlogPet)

がっちゃんが上記系列紙みたいなお願いした?
それでれいこはaltトップっぽい試合した?
それでれいこと全米イメージにエントリー♪

*このエントリは、ブログペットの「がっちゃん」が書きました。
[ 2010/02/12 ] がっちゃん | TB(0) | CM(1)

ロッテルダムあれこれ

◆動画 ソーダリンVSベネトー
http://www.sport1.nl/Video/106502-benneteau-soderling.html

◆動画 デンコVSバグダティス(2分弱)
http://nos.nl/video/136089-samenvatting-davydenkobaghdatis.html
(2分弱)
http://www.sport1.nl/Video/106501-davydenko-baghdatis.html(6分ちょっと)

◆ジョコVSキウディネリ(3分)
http://www.sport1.nl/Video/106499-djokovic-chiudinelli.html

◆ジョコVSキウディネリ(30秒) 長~~~いゲーム(17分)をブレイクして、「ウィンブルドンで優勝したかのごとく」(ジョコ本人の弁)コートに膝まずいたジョコ。
 

◆動画 モンフィスVSデバッカー
http://nos.nl/video/136020-samenvatting-de-bakkermonfils.html
http://www.sport1.nl/Video/106496-de-bakker-monfils.html(6分弱)

◆動画 ソーダリンVSサイスリング(3分弱)
http://nos.nl/video/135798-samenvatting-sijslingsoderling.html

◆動画 バグダティスVSブレイク(2分)
http://nos.nl/video/135797-samenvatting-baghdatisblake.html

◆ジョコ(4分)
車いすテニス、ジョコ語る。


◆ロッテルダムで優勝体験

このページの【START】をクリックすると、こういう画面↓が出てきます。
必要事項を記入して【START DE FILM(動画スタート)】をクリック。すると、あなたがデンコ相手に優勝しちゃう・・という動画が出てきます。残念ながら自分の姿は映らないんだけど、新聞見出しやスコアボードに名前が出ます。

Winnen is niet makkelijk, erbij zijn wel. ABN AMRO World Tennis Tournament

予想外の決勝 ダビデンコvsれいこ(笑) 
Winnen is niet makkelijk, erbij zijn wel. ABN AMRO World Tennis Tournament-1
[ 2010/02/13 ] 2010 | TB(0) | CM(0)

ブエノスアイレス・マルセイユ・メンフィス ドローほか

【こっそり追記: 今週のTV放映スケジュール 
ブエノスアイレスは: TyC SportsとCanal 7 (共にArgentina) 1:45 p.m. – 6:00 p.m. LIVE; 7:30 p.m. – 11:30 p.m. LIVE 】

久しぶりにドローその他載せてみます。



あれこれが出てきそうなリンク集(追加するかも):

マルセイユ

ブエノスアイレス
  • http://www.segundosaque.com/
    楽しい動画が出てくるかも~ ガスケが出てきそうな予感。
  • http://tycsports.com/videoteca/?deportes/Tenis
    TyCがTV放映なので、ESPNよりもこちらの方が動画は多いかも。
  • 大会サイトの写真ページ 
    画像を選んで、ページ下にある【Tamano Actual】をクリックするとオリジナルサイズ?の大きなサイズで見られます。
    【Atras】=前、【Siguiente】=次、【CLICK AQUI PARA DEDCARGAR】=ダウンロードするにはここをクリック(その後画像左に出てくる【Descargar presionando aqui】をクリック)、【Cerrar Imagen】=画像を閉じる
[ 2010/02/16 ] 2010 | TB(0) | CM(0)

プチあれ12 Dec2009 - Feb2010

◆エキシビ擁護論

4月10日にサフィンとエキシビ試合予定のロディック語る。
clipped from sports.espn.go.com

"My shoulder is getting better from Australia," Roddick said. "It's not perfect though. It's a little bit of a battle for me right now. If we can use an exhibition like this to stay in shape, then I see the benefit of it physically. I'd rather have exhibitions like this in April, rather than cramming them all in during December. It's definitely a good way to stay in shape without the pressure and expectations of competition."

 blog it

◆2010年注目の若手

恒例になってるスティーブさんのところの若手リスト。この中から将来のトップ10やナンバー1が出る可能性は高いはず。ある程度の見る目や情報を持ってる人たちがリストアップしたものみたいですから。

ラファ以来不作といわれるスペインだけど、Andoni Vivancoなんていう選手が出てます。
アルゼンチンの「花の92年組」からは一人も入ってないけど、ついこの前まで4桁ランキングだったからしょうがないか。。(いまだに4桁の選手もいるし) でも、この世代は人材豊富そうなので、競いながらいつかは世界の一大勢力になってくれることを切に願いつつのんびりと見守ってみようと思ってます。(サバちゃんとか、将来はガトとかがコーチにつくかもしれないし・・・という下心もバッチリあり♪)

clipped from stevegtennis.com
Young Guns 2010
 
Tier I
Player Nat Year
Belyaev, Ilya RUS 1990
Dimitrov, Grigor BUL 1991
Donskoy, Evgeny RUS 1990
Janowicz, Jerzy POL 1990
Kontinen, Henri FIN 1990
Pella, Guido ARG 1990
Williams, Rhyne USA 1991
Yang, Tsung-Hua TPE 1991

Tier II
Basilashvili, Nikoloz GEO 1992
Berta, Daniel SWE 1992
Bhambri, Yuki IND 1992
Harrison, Ryan USA 1992
Krajinovic, Filip SRB 1992
Kuznetsov, Andrey RUS 1991
Mina, Gianni ITA 1992
Rufin, Guillaume FRA 1990
Tomic, Bernard AUS 1992
Vivanco, Andoni ESP 1990
 blog it



[ 2010/02/14 ]
◆ガスケ、新コーチと共に再出発

ほんの子供の頃から天才として注目されてきたガスケ。2002年、15歳でWC出場したモンテカルロでスキリャリ(当時はキャリアの終わりに近くて54位だったが、2000年に最高ランキング11位を記録)に勝ったことでさらに大きなプレッシャーがかかります。結局そのプレッシャー故にガスケはポテンシャルを開花させることができずにきました。

今回、昔からのコーチのデブリッカーさんと二人で新しいコーチを探すにあたって≪フランス人でなく外人≫と言ってたのは、(ガスケにプレッシャーをかけ続けた)フランステニス界とは違う風を入れたかったからだそうです。

「目標は楽しむこと、結局はテニスをするだけで、それ以上のなにものでもないんだから」というガスケ。本人も「ものすごくやる気になってる」と言ってるけど、新コーチのガブリエル・マルクスの言葉からもガスケのやる気と決意が伺えます。

clipped from www.ole.clarin.com
Lo busqué a Gabriel porque quería cambiar de cultura. Toda mi carrera la hice en Francia, ya conozco a todos.
 
No quería tener otro coach francés. Me encanta mi país, pero buscaba otra visión de las cosas
 
El asunto es mi historia, fue difícil empezar tan temprano en Francia. A los 15 vencía a Squillari y la gente me puso mucha, mucha presión. Es por eso que nunca jugué en forma fácil, esperaban demasiado de mí.
 
El objetivo es disfrutar, al final sólo juego al tenis y nada más. Quiero trabajar y estar saludable en una cancha. Estoy muy motivado, mi ranking está por los 50 (53°) pero puedo volver al top 20, y más tarde al top ten. Necesito dos o tres meses. Volveré a ser lo que fui, sin dudas
clipped from www.fuebuena.com.ar
“y con una historia de revés a una mano que tiene nuestro tenis, con Vilas, Sabatini, Clerc, Mancini, Gaudio, todos con reveses excelentes”.
 blog it
[ 2010/02/18 ] テニス一般 | TB(0) | CM(24)

登場された(BlogPet)

がっちゃんが擁護したよ♪
でも、登場された。

*このエントリは、ブログペットの「がっちゃん」が書きました。
[ 2010/02/20 ] がっちゃん | TB(0) | CM(0)

フェレロとモヤ語る - アカプルコほか あれこれ

◆2週連続優勝後、フェレロ語る(2月22日付記事より)

  • 今年はトップ10復帰を目指す。RGも、この調子でいけばチャンスはあるだろう。
  • フィジカル面は元々強かったが、新生フェレロの鍵はメンタル面が強化されたこと。(メンタル強化を手伝ってくれる友人がいる)
などということを語ってます。
clipped from www.elmundo.es
"Quiero seguir motivado y jugando a este nivel. Mi meta para este año es estar entre los diez primeros otra vez. Es un objetivo para mí muy importante. Ganar dos torneos me permite coger mucha confianza"
 
"Físicamente estoy muy fuerte, y eso es una baza muy fuerte para un jugador sobre pista de tierra, porque si no, no llegas a la bola, no puedes aprovechar tu principal golpe, que en mi caso es la derecha"
 

"Ese es un cambio muy importante. Últimamente estoy mentalmente muy fuerte. Tengo un amigo que me está ayudando en ese aspecto. Estamos trabajando duro y estamos en el buen camino", revela el español, quien afirma que el mensaje que trata de internalizar tiene que ver con "ser simplemente más fuerte que el otro".

 

"¿Ganar de nuevo Roland Garros? Si juego a este nivel puedo hacer un buen resultado. Son siete partidos y hay que estar muy bien de físico. Yo lo voy intentar y dar lo mejor de mi, ganar nunca se sabe, pero tener la opción (de ganar el título) puede ser...".

 blog it


◆動画 Fernando Verdasco habla en exclusiva con Los Capitanes(2分半弱)
ベルダスコ、モナコ戦を前に語る

◆アルマグロvsガスケ(アルマグロ語る)


◆モヤ語る

「僕は終わっちゃいない。もっとも、またGS優勝できるとは思ってないけど。今日だってリシャール・ガスケから1セット取れた。彼は今54位だけど、実力からいけばもっと上だ」
「昔とは目標が違うんだ。もう一度選手だという気持ちになりたい、今日みたいにセンターコートに出ていきたい。練習中のようなレベルでプレイできれば、ランキングもグンと上がるだろう」
「今年で最後だなんて言ってない。でも、その日がいつきてもおかしくない。先のことは今後の成績に掛かっている。WCじゃなくて自分の力で大会に出ていい成績を上げてトップ50に戻りたい」

アカプルコが今のクレイからハードになる可能性について
「僕にとってはどちらでもかまわない。たとえサーフェスが氷になってもアカプルコは大丈夫だよ」

clipped from www.google.com
"No estoy acabado, aunque ya no espero ganar otro Grand Slam, si mi nivel fuera bajo no le hubiera ganado hoy un set y hubiera tomado ventaja en el otro ante el francés Richard Gasquet, un hombre situado en el 54, pero que merece estar más arriba"
 
"Ahora las metas son diferentes, busco sentirme jugador de nuevo, salir como hoy a la pista central en algunos torneos y si juego al nivel que he mostrado en los entrenamientos, pudo subir mucho el ránking"
 
"No he anunciado que sea mi último año, aunque a estas alturas cada vez que voy a algún lugar, sé que puede ser por última vez; mi futuro depende de mi rendimiento. No quiero participar con invitaciones, sino ganarme mi lugar y espero jugar bien durante semanas enteras para quizás acercarme al 50 del mundo"
 
"Para mí no significa nada, a Acapulco vendré aunque se juegue en hielo"
 
"Es difícil hablar de mí mismo, ellos han trabajado duro y construido su camino"
 blog it


◆訂正
  • ドバイQ・R1 Dick Norman (BEL) d. (2)Simone Bolelli (ITA) 6-3 7-6(6) 
    これは・・・ 今のノーマンはシングルスは片手間になってるはずなのに。。
    【訂正: ボレリは繰り上がりで本選入りしたので、ノーマンには負けていません】
[ 2010/02/26 ] 2010 | TB(0) | CM(0)

この動画を見よ! - ブエノスアイレスほか あれこれ

◆動画 Conferencia de prensa Telmex 2010 [HQ]
Zeballos会見の模様
ほかにも去年の南米チャレンジャーシリーズなどの動画あり

◆ブエノスアイレス総集編 ★おすすめ




[ 2010/02/23 ]
◆フェレロ語る

clipped from blog.oregonlive.com
More than that, the "Mosquito," as Ferrero was nicknamed, was expected to be the clay-court expert who would finally win majors on other surfaces, too. In that great 2003 season he briefly attained the World No. 1 ranking and beat Andre Agassi to reach the final of the U.S. Open. (Watch Ferrero close out that semifinal win below.)
 
 
He's just won back-to-back titles -- in Brazil and Argentina, both on clay -- and believes in himself like at no time since his Grand Slam year. He's set the Top 10 as his goal for 2010.
 
"This victory makes me believe in this goal,"
 
"I have been working very hard and I know that I can be on the court forever,"
 
"That helps my game a lot because I get to the ball much earlier and can be more aggressive."
 blog it

◆今年は、雨が多かったこと、そしてアルゼンチン選手が少なかった(且つあまり勝ち上がらなかった)こともあって、入場者数がかなり少なかったそうです。

アカプルコを筆頭にこの時期の南米シリーズがハードに移行・・・という話が盛んに出ています。(アカプルコは来年からでも・・という意向) ブエノスアイレスも、自国のナンバー1デルポを確保するためにハードへ・・・という考えが(も)あるようです。

アルゼンチンでは、クレイを得意とした世代(ガト・コリア・カレリ・カニャス)が去っていく中、新たに台頭してきた選手はほとんどがハードが得意(またはハードでもクレイでもOK)です。デルポはキャリア初期にWCでブエノスアイレスに出場したものの、その後は国外のハード大会に出ています。マイヤーも 今年は北米ハード出場。Zeballosもハードが得意で、デ杯キャプテンに北米ハードに出たら・・と言われたそうだけど、地元大会に出たいということで ブエノスアイレスに出場。シュワンクもハードは得意。(御大ナルはコートを選ばず ←弘法筆を選ばず) ラファ対策だったとはいえ、自国でのデ杯決勝にハードコートを用意するくらいですからね。

また、ハードにすればフェデラーやラファ(ほかのトップ選手たち)が来てくれるんじゃないか・・というのも理由のひとつらしい。しかし、これに対しては「同じハードなら遠くまで行かずヨーロッパ近辺の大会に出る」という声もあります。

さて、どうなることやら。・・・とりあえず来年のブエノスアイレスはクレイにしてちょーだいっ! オネガイっ!

動画(BlogPet)

きょうがっちゃんは放映したいです。
だけど、シモンを練習するつもりだった?
だけど、れいこで炎症に復帰すればよかった?
だけど、擁護したかったの♪
それでれいこは動画とか会見したかも。
でも、がっちゃんが付記事もエントリーするつもりだった。

*このエントリは、ブログペットの「がっちゃん」が書きました。
[ 2010/02/27 ] がっちゃん | TB(0) | CM(0)

...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。