トップページ > 月別アーカイブ [ 2007年04月 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

有名なモデルとかもいて(BlogPet)

きょう、ここで試合しなかったよ。

ジョコの日記から:(あちこち省略したり端折ったりしてます)
テニスの話はこれくらいにして ;-)たぶん知ってるだろうけど、今回はよかった。
有名なモデルとかもいて、注目の的さ。
コトをよりおもしろくするために二人で入場しようっていうだけなのに;-)インディアンウェルズは砂漠で、テニス以外することがない。
がっちゃんがいい成績を残せたのはふつうはつまらないんだ。
オスカーみたいにね;-) がっちゃんは、入口のところでカメラにポースとったりインタビュー受けてる選手たちにあーだこーだ言ってやった。
彼らはスターなんだから少しは元気づけてやらないとね。
そこにJ J(J e l e n a J a n k o v i c.c o m/e n g l i s h/G G日記とちがって、ここに書きたいことも踊ることもいっぱいあるんだけど、アナ(イバノビッチ)をびっくりさせようと,彼女のサイトに観戦記を書いた。
テニスやめておく。
マスコミに悪用されるかもしれないから。

ソースN o v a k D j o k o v i c's D i a m i,24t h M a r y19:45) (以下略) マイアミは全然違う。
何回か夕食に出掛けてナイトライフも経験した;-)インディアンウェルズは砂漠で、テニス以外することがない。
がっちゃんがいい成績を残せたのはたぶんそのせいだ;-) がっちゃんは、入口のところでカメラにポースとったりインタビュー受けてる選手たちにあーだこーだ言ってやった。
彼女にも評判がよくてうれしい。
ジャーナリストの才能があるとまで言われた。
プレイヤーズパーティっていうのはふつうはつまらないんだ。
オスカーみたいにね;-)インディアンウェルズは砂漠で、テニス以外することがない。
がっちゃんがいい成績を残せたのはたぶんそのせいだ;-)会場はすごく混んでいて、音楽はウルサイし、話すこともできなかった。
あのさ、どうしてがっちゃんたちの友情を壊そうとするんだい! 楽しくやろうってことになった。
有名なモデルとか聞かれた。
テニスやめてジャーナリストになちゃうかも:-)インディアンウェルズは砂漠で、テニス以外することがない。
がっちゃんがいい成績を残せたのはふつうはつまらないんだけど、今回はよかった。
さっそく、つきあってるのか?とかもいて、30人ものパパラッチが写真を取り続けるんだ。
オスカーみたいにね;-)たぶん知ってるだろうけど、アナ(イバノビッチ)をびっくりさせようと,彼女のサイトに観戦記を書いた。
彼女にも他の人にも評判がよくてうれしい。
ジャーナリストの才能があるとまで言われた。
赤い絨毯がしかれていて、ここに書きたいこともいっぱいあるんだけど、やめておく。
マスコミに悪用されるかもしれないから。

ソースN o v a k-d j o k o v i c.c o m/e n a J a n k o v a k D j o k o v i c's D i a r c h2007(M i a m i,24t h M a r y19:45) (以下略) マイアミは全然違う。
何回か夕食に出掛けてナイトライフも経験したナイトクラブで開かれた。
テニスやめてジャーナリストになちゃうかも:-)インディアンウェルズは砂漠で、テニス以外することがない。
がっちゃんがいい成績を残せたのはたぶんそのせいだ;-)会場はすごく混んでいて、ちゃんとソースあり(笑)



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「がっちゃん」が書きました。
スポンサーサイト
[ 2007/04/01 ] がっちゃん | TB(0) | CM(1)

ナダルのお誕生日@RG2006、ほか(動画)

L'Equipeサイトの動画集より。 (同サイト提供のブログ掲載用コードを使用しています)


RUSHES Anniversaire Rafael NADAL - L Equipe
RUSHES Anniversaire Rafael NADAL - L Equipe

RUSHES Anniversaire Rafael NADAL - L Equipe
Anniversaire Rafael NADAL pendant Roland Garros 2006



★おフランス勢中心だけど、他にもイロイロあり: http://video.lequipe.fr/search/?q=Tennis モナコとラファのエギジビ(練習試合@RG2006)


RUSHES Entrainement Juan MONACO et Rafael NADAL - L Equipe
RUSHES Entrainement Juan MONACO et Rafael NADAL - L Equipe

RUSHES Entrainement Juan MONACO et Rafael NADAL - L Equipe
Entrainement Juan MONACO et Rafael NADAL pendant Roland Garros 2006



ジョコの練習(RG2006)x2


RUSHES Entrainement Novak DJOKOVIC 1 - L Equipe
RUSHES Entrainement Novak DJOKOVIC 1 - L Equipe

RUSHES Entrainement Novak DJOKOVIC 1 - L Equipe
Entrainement Novak DJOKOVIC pendant Roland Garros 2006






RUSHES Entrainement Novak DJOKOVIC 2 - L Equipe
RUSHES Entrainement Novak DJOKOVIC 2 - L Equipe

RUSHES Entrainement Novak DJOKOVIC 2 - L Equipe
Entrainement Novak DJOKOVIC pendant Roland Garros 2006



ガトとナルの練習(RG2006)


RUSHES Entrainement David NALBANDIAN et Gaston GAUDIO - L Equipe
RUSHES Entrainement David NALBANDIAN et Gaston GAUDIO - L Equipe セブの誕生日(RG2006)


RUSHES Anniversaire Sébastien GROSJEAN - L Equipe
RUSHES Anniversaire Sébastien GROSJEAN - L Equipe

RUSHES Anniversaire Sébastien GROSJEAN - L Equipe
Anniversaire Sébastien GROSJEAN pendant Roland Garros 2006



ナダル練習(RG2006)x4


RUSHES Entrainement Rafael NADAL 4 - L Equipe
RUSHES Entrainement Rafael NADAL 4 - L Equipe

RUSHES Entrainement Rafael NADAL 4 - L Equipe
Entrainement Rafael NADAL pendant Roland Garros 2006






RUSHES Entrainement Rafael NADAL 3 - L Equipe
RUSHES Entrainement Rafael NADAL 3 - L Equipe

RUSHES Entrainement Rafael NADAL 3 - L Equipe
Entrainement Rafael NADAL pendant Roland Garros 2006






RUSHES Entrainement Rafael NADAL 3 - L Equipe
RUSHES Entrainement Rafael NADAL 3 - L Equipe

RUSHES Entrainement Rafael NADAL 3 - L Equipe
Entrainement Rafael NADAL pendant Roland Garros 2006






RUSHES Entrainement Rafael NADAL 3 - L Equipe
RUSHES Entrainement Rafael NADAL 3 - L Equipe

RUSHES Entrainement Rafael NADAL 3 - L Equipe
Entrainement Rafael NADAL pendant Roland Garros 2006



クレモン@マルセイユ


RUSHES Entrainement Rafael NADAL 3 - L Equipe
RUSHES Entrainement Rafael NADAL 3 - L Equipe

RUSHES Entrainement Rafael NADAL 3 - L Equipe
Entrainement Rafael NADAL pendant Roland Garros 2006



[ 2007/04/01 ] テニス一般 | TB(0) | CM(0)

セブの誕生日@RG2006、ほか(動画)

L'Equipeサイトの動画集より。 (同サイト提供のブログ掲載用コードを使用しています) セブの誕生日(RG2006)


RUSHES Anniversaire Sébastien GROSJEAN - L Equipe
RUSHES Anniversaire Sébastien GROSJEAN - L Equipe

RUSHES Anniversaire Sébastien GROSJEAN - L Equipe
Anniversaire Sébastien GROSJEAN pendant Roland Garros 2006



ナダル練習(RG2006)x4


RUSHES Entrainement Rafael NADAL 4 - L Equipe
RUSHES Entrainement Rafael NADAL 4 - L Equipe

RUSHES Entrainement Rafael NADAL 4 - L Equipe
Entrainement Rafael NADAL pendant Roland Garros 2006






RUSHES Entrainement Rafael NADAL 2 - L Equipe
RUSHES Entrainement Rafael NADAL 2 - L Equipe

RUSHES Entrainement Rafael NADAL 2 - L Equipe
Entrainement Rafael NADAL pendant Roland Garros 2006






RUSHES Entrainement Rafael NADAL 1 - L Equipe
RUSHES Entrainement Rafael NADAL 1 - L Equipe

RUSHES Entrainement Rafael NADAL 1 - L Equipe
Entrainement Rafael NADAL pendant Roland Garros 2006



クレモン@マルセイユ


Portrait Arnaud CLEMENT, février 2007 - L Equipe
Portrait Arnaud CLEMENT, février 2007 - L Equipe


ガスケ@ジュニア(1999年)


52 PARIS Richard Gasquet - L Equipe
52 PARIS Richard Gasquet - L Equipe

52 PARIS Richard Gasquet - L Equipe
Portrait Richard Gasquet, aout 1999


[ 2007/04/01 ] テニス一般 | TB(0) | CM(4)

マイアミ決勝

(Q)G Canas (ARG) vs (10)N Djokovic (SRB) - Best of 5 Sets

ふたりとも決勝進出おめでとう!

 私としては、どちらが勝ってもOK。
持てる力を出し切って歴史に残る対戦になりますように。

コイントス、ふたりともリラックス&集中してるように見えましたね。
さ、始まります。

ユーロスポーツのライブコメント: http://www.eurosport.com/tennis/miami-masters/2007/livefullpage_mtc189492.shtml


2セット目

ジョコがブレイクし、2−3。 
カニャスのBP。ジョコのボールがアウトとコールされる。ジョコはチャレンジ。1mmほどIN → ポイントやり直し。 ジョコが次のポイントをとる。
またカニャスのBP。 長ーーーーーーいポイント。 デュース。
再びデュース。Adジョコ。ジョコ、ネットへ。短いストップボレーをカニャスが拾って、ロブ。ジョコのアタマを超えて・・・ジョコはラケット拍手。
カニャスのBP(このゲーム3つ目)。
ジョコのエース。吼えるジョコ。デュース。Adジョコ。
カニャス、ネットへ。ジョコのボールがネット。デュース(いくつ目?)。カニャスのミスでAdジョコ。
さて・・・? ジョコのBHドロップショット(短いスライス?)をカニャスが拾うが・・・ネット。(8回デュースがありました)2−4

ジョコのSPx3からカニャスが粘りますが、2−6。セットカウント、ジョコ2−0カニャス

3セット目
ジョコが4−4になったポイント! 気合が入ってましたね。それまでちょっとラケット投げたりしてたけど、気合を入れ直したのかな。こういうところがジョコのメンタルのすごさ、かも。

そして、ジョコが勝ちました。
カニャスがジョコ側のコートに来て祝福。ジョコもカニャスも、いい顔です。

おめでとう!

ジョコがトロフィーを掲げる。
微かに聴こえてくるBGMはU2の"Beautiful Day"、かな?

ランキング 4月2日付

今年の成績だけを集計したランキング(ATP Race)を下にコピペしました。
ほんの3ヶ月だけの成績ですから、このランキング=実力ではありませんが。

ちなみに、ふつう【ランキング】と言ったら【ATP Ranking】(過去1年間の成績)を指します。ちょっと前まで【エントリーランキング】と呼ばれていたことからもわかるように、大会のエントリーやシードはこちらのランキングによります。



   1st  Federer,Roger/SUI         276
   2nd  Djokovic,Novak/SRB        272

この3ヶ月だけとはいえ、
フェデラーとジョコの差はわずか4ポイント。
そして、3~6位は団子状態。

   3rd  Murray,Andy/GBR           212

   4th  Roddick,Andy/USA          210
   5th  Nadal,Rafael/ESP          205
   6th  Haas,Tommy/GER            201

   7th  Ljubicic,Ivan/CRO         180
   8th  Gonzalez,Fernando/CHI     170
   9th  Youzhny,Mikhail/RUS       152
  10th  Chela,Juan Ignacio/ARG    146

  11th  Davydenko,Nikolay/RUS     124
  12th  Ferrer,David/ESP          120
        Canas,Guillermo/ARG       120
カニャスは、
去年9月に復帰した時、
「2007年をトップ20で終えることが目標」
と言ってた。
ATPランキングは29位。

  14th  Robredo,Tommy/ESP         112
  15th  Blake,James/USA           104
  16th  Fish,Mardy/USA             96
  17th  Moya,Carlos/ESP            95
 モヤ、この調子で・・・!

  18th  Baghdatis,Marcos/CYP       92
  19th  Gasquet,Richard/FRA        85
  20th  Soderling,Robin/SWE        78
  21st  Ferrero,Juan Carlos/ESP    73
  22nd  Malisse,Xavier/BEL         71
  23rd  Simon,Gilles/FRA           64
  24th  Hewitt,Lleyton/AUS         58
        Monaco,Juan/ARG            58
  まだまだこれから!


  26th  Rochus,Olivier/BEL         56
  27th  Melzer,Jurgen/AUT          53
  28th  Nalbandian,David/ARG       52
        Querrey,Sam/USA            52
        Horna,Luis/PER             52
  31st  Berdych,Tomas/CZE          51 
   こらこら、こんなところで・・・


        Santoro,Fabrice/FRA        51
  33rd  Mayer,Florian/GER          50
        Del Potro,Juan Martin/ARG  50
  35th  Nieminen,Jarkko/FIN        47
        Almagro,Nicolas/ESP        47
        Calleri,Agustin/ARG        47
  38th  Spadea,Vincent/USA         46
  39th  Becker,Benjamin/GER        45
  40th  Korolev,Evgeny/RUS         44
  41st  Massu,Nicolas/CHI          42
        Koubek,Stefan/AUT          42
  43rd  Stepanek,Radek/CZE         41
  44th  Safin,Marat/RUS            40
        Benneteau,Julien/FRA       40
  46th  Mathieu,Paul-Henri/FRA     39
  47th  Lopez,Feliciano/ESP        38
        Karlovic,Ivo/CRO           38
  49th  Gabashvili,Teimuraz/RUS    37
  50th  Johansson,Thomas/SWE       35
  51st  Ancic,Mario/CRO            33
  52nd  Delic,Amer/USA             32
        Serra,Florent/FRA          32
  54th  Garcia-Lopez,Guillermo/ESP 31
        Guccione,Chris/AUS         31
        Kohlschreiber,Philipp/GER  31
  57th  Montanes,Albert/ESP        28
  58th  Bjorkman,Jonas/SWE         27
        Clement,Arnaud/FRA         27
        V. Arguello,Martin/ARG     27
  61st  Verdasco,Fernando/ESP      26
  62nd  Di Mauro,Alessio/ITA       25
        Gicquel,Marc/FRA           25
        Hrbaty,Dominik/SVK         25
  65th  Andreev,Igor/RUS           24
 ATPランキングは、なんと235位

  66th  Capdeville,Paul/CHI        23
        Ginepri,Robby/USA          23
        Hernych,Jan/CZE            23
        Ramirez Hidalgo,Ruben/ESP  23
  70th  Lu,Yen-Hsun/TPE            22
        Mahut,Nicolas/FRA          22
        Monfils,Gael/FRA           22
  73rd  Acasuso,Jose/ARG           21
        Goldstein,Paul/USA         21
        Hartfield,Diego/ARG        21
  めざせ、ウィンブルドン本選入り!

  
        Llodra,Michael/FRA         21
        Mirnyi,Max/BLR             21
        Saretta,Flavio/BRA         21
  79th  Bracciali,Daniele/ITA      20
        Dlouhy,Lukas/CZE           20
        Grosjean,Sebastien/FRA     20
  82nd  Russell,Michael/USA        19
        Seppi,Andreas/ITA          19
        Udomchoke,Danai/THA        19
  85th  Falla,Alejandro/COL        18
  86th  Devilder,Nicolas/FRA       17
        Gaudio,Gaston/ARG          17
  勝負はこれから。とりあえず元気な姿が見たい。

        Kunitsyn,Igor/RUS          17
        Tursunov,Dmitry/RUS        17





ソース:
http://www.sportsnetwork.com/merge/tsnform.aspx?c=sportsnetwork&page=tennis-m/stat/index.aspx


ジョコビッチについて私が知っているいくつかのこと 


ジョコ
Roland Garros 2006



1987年5月22日、ベオグラードに生まれる
(仲の良いマレィは同年5月15日生まれ)

86年組出世頭ふたりも誕生日が近いのは偶然か:
 ナダル6月3日生まれ
 ガスケ6月18日生まれ

現在の居住地:モンテカルロ

ニックネーム
 Nole, Nox, Nokia 
    一般的にはNole。
 日本では「ジョコ」が定着しつつある模様。

ジョコの両親はレストラン(ピザ&パンケーキ)「Red Bull」を経営。
1991年、そのレストランの隣にテニスコートができる。(ジョコ父はテニスコートが隣に作られることを拒むこともできたようだが、OKを出した)
早速4歳のジョコがそこのテニスクラブに通い始める。

ジョコ父・おじ・おばはプロのスキー選手だった。ジョコ父は息子がスキー選手またはサッカー選手になることを望んでいたが、幼少時からテニスの才能を発揮したジョコはテニスの道へ。

12歳までJelena Gencicの指導を受ける。
その後、ミュンヘンのNiki Pilicのテニスアカデミーへ。
ミュンヘンではテニスだけでなく、学業にも励む。
(母国語であるセルビア語の他にドイツ語と英語に堪能)
ジョコ曰く「Education is so important for life.」

現在のコーチはMarian Vajda(2006年6月~)。
その前のコーチがRicardo Piatti(ルビチッチのコーチ。2005年夏~)だったこともあり、ルビチッチやアンチッチと親しい。

7日しか誕生日の違わないマレィとは12歳の時にフランスの大会(Petits As?)で出会って以来のつきあい。

プロ転向は2003年。

2005年度をトップ100選手中の最年少として終える。
(ちなみに、2006年度最年少トップ100はデルポトロ)

2006年度をトップ20最年少選手として終える。



★12歳までコーチだったJelena Gencicは、モニカ・セレスのコーチだったこともある。

ジョコビッチ:
「彼女(Gencic)の言うことには何でも従った。彼女は繰り返し繰り返し、僕にはナンバー1になる才能があるって言ってた。僕は彼女の言うことを信じた。そして今でも信じている」



★ジョコビッチ:
「僕はテニスに人生を捧げている。そうでければ成功はおぼつかないだろうから。」
「もし僕が毎日友達といっしょに学校に通っていたとしたら、プロとしてやっていけるだけの成功はなかっただろう。たくさんの時間、たくさんの練習、たくさんのエ ネルギー、コートやコート外でのたくさんの要求に対応することが必要だから。それが僕の人生で、自分で選んだんだから文句は言わないし、後悔もしない。時 には練習したくない日だってある。だけど、完璧さを求めるなら、人生における目標 ー  僕の場合はナンバー1になること ー を達成したいなら、できることすべてをしなければならない」



★昨年12月の記者会見より:
「僕の目標は世界のベストになること。急ぐ必要はないけど」
「僕は19歳で、トップ20選手の中では最年少だ。ロジャーフェデラーと互角の勝負ができる可能性がある選手の1人だと見なされているのは知っている」
「あと10~15年間プロとしてやっていき、ある時点でナンバー1になりたい」
「手始めに、来季はトップ10に入り、そこにとどまりたい」
「上位選手たちとの対戦成績が良くないのは確かだけど、敗戦から学んだし、今後の対戦のためにたくさんの経験を積んだ」
「来年グランドスラムに優勝したいとは思うけど、まだまだ道のりは遠く、そういうことをやってのける機会がやってくる前にまだまだたくさん練習・経験を積まなければならないことはわかっている。」
「フェデラーの時代がどれだけ続くかわからないけど、あまり長くないことを願う。若い選手たちのニュージェネレーションが台頭してきていて、僕もその一人だからね。」






ジョコ
Roland Garros 2006



★今回のインディアンウェルズ&マイアミでウッドフォードにボレーなどを見てもらっていたジョコ。今後も機会があれば客員コーチのような立場でチーム・ジョコに参加してもらいたいようです。
さらに、あのマッケンローにもラブコールを送っているという話もあり。

マッケンロー:
"If I had to make my bets now, I'd say these two (マレィとジョコビッチ)have a good chance of finishing in the top eight and qualifying for the Masters Cup." [今年3月の発言]







<ソースなど>
Djokovic breathes a lot more easily
 http://www.timesonline.co.uk/tol/sport/tennis/article586411.ece)

The Players’ Player -- Novak Djokovic
 http://www.tennis.com/print.aspx?id=64332


FEATURE-Serbian teenager Djokovic is thinking big
(Reuters、Dec 4, 2006 - リンク切れ)


Djokovic joins the name game in search of high-profile accessories
 http://www.timesonline.co.uk/tol/sport/tennis/article1593768.ece?print=yes

全米2005インタビュー
 http://www.asapsports.com/show_interview.php?id=22513)

ジョコビッチ公式サイト:
 http://www.novak-djokovic.com/english/ 
 動画が充実しています。(ページ下にあるメニューバーのMultimedia、またはページ左下のVideosから)









1
[ 2007/04/03 ] 選手 その他 | TB(0) | CM(4)

最強ダブルスペア誕生!?

リバー・オークス・インターナショナル(エギジビ)の結果より:

Monaco/Hartfield  6-3,7-6 Gimelstob/Fisher
 わは 

D. Hartfield def.  6-7,6-3,7-6 Kuznetsov
 ハートフィールド、3セット目3−5からの逆転勝ち。

そして、サバちゃん快勝中。
 M. Zabaleta def.  6-4,6-1 Goldstein
 M. Zabaleta  6-4, 6-4 R. Ginepri
次はモナコと対戦(←モナコがVemicに負けなければ)。

モンタニェス,今現在バモ裏動画(http://www.segundosaque.com/)トップを飾ってます。なんだかヒトが変わったような気がするんだけど・・・気のせい?
 A. Montanes  6-4,6-7(2),6-4 A. Delic
 A. Montanes  6-3,7-6 B. Becker



シングルスドロー

(1)Dmitry Tursunov (RUS) bye
Ivo Karlovic (CRO) vs Ryan Sweeting (USA)
(7)Ruben Ramirez-Hidalgo (ESP) bye
Alex Kuznetsov (USA) vs Diego Hartfield (ARG)

(3)Robby Ginepri (USA) bye
Mariano Zabaleta (ARG) vs Paul Goldstein (USA)
(6)Juan Monaco (ARG) bye
Robert Kendrick (USA) vs (q)

Danila Arsenov (RUS) vs Benedikt Dorsch (GER)
(5)Nicolas Massu (CHI) bye
Albert Montanes (ESP) vs Amer Delic (USA)
(4)Benjamin Becker (GER) bye

Vince Spadea (USA) vs Victor Hanescu (ROU)
(8)Michael Russell (USA) bye
Rainer Schuettler (GER) vs Justin Gimlestob (USA)
(2)Jurgen Melzer (AUT) bye

メルツァー、手首の調子がよくないため棄権。
ダブルス・ドロー、ネット上には(まだ?)出ていない模様。






ツルスノフはデ杯に招集されませんでした。まだ手首が万全ではないことが理由だったようです:
 "With the wrist, nobody knows if I could go five sets. I think they made the decision that was best for the team. It wasn't about me personally. I'm not ready for this (tie). It was better to pick somebody else.


が、「課題はたくさんあるが、トップ10に入る力はあると思う」とのこと。
 "I have many things to improve.  But I think I have the ability." 



トップ10のイスが足りませ~ん!

 


 




<ソース>
Dmitry Tursunov takes comfort in this setting, testing his wrist away from the Davis Cup fray
  http://www.chron.com/disp/story.mpl/sports/4678349.html


Vemic proves strangely effective
 http://www.chron.com/disp/story.mpl/sports/4686434.html

大会HP:

 http://www.riveroaksinternational.com/ 


 




 




 



ATP上四半期レポート


ATP FIRST QUARTER (ATPサイトの上四半期レポート)より その1

ランキング急上昇
       2006年度末ランキング/4月2日付ランキング/ランキングアップ数

 1) Guillermo Canas                     143      29     +114
 2) Michael Russell                      145      68      +77
 3) Sam Querrey                           127      67      +60
 4) Oscar Hernandez                   142      88      +54
     Chris Guccione                        152     98      +54
 6) Ernests Gulbis(タナボタ君)  139      87      +52
 7) Alexander Peya                      140      94      +46
 8) Diego "el GATO" Hartfield     119     82      +37
 9) Evgeny Korolev                       100     66      +34
10)Juan Martin del Potro                91     58     +33

カニャスはともかく(!?)、ディエゴ(Hartfield)の躍進がうれしい。。。





ATP FIRST QUARTER (ATPサイトの上四半期レポート)より その2

ティーンエージャー@トップ100(若い順)
                                             年齢            ランキング
                                                                  (2007年4月2日、2006年4月3日
1) J. M. del Potro          18才 6ヶ月      58 (自己最高)      145
2) Ernests Gulbis         18才 7ヶ月       87           279
3) Evgeny Korolev       19才 1ヶ月      66 (自己最高)       164
4) Sam Querrey            19才 5ヶ月      67        367
5) Novak Djokovic       19才 10ヶ月      7(自己最高)       64
    Andy Murray             19才 10ヶ月    11 (自己最高)      45





BABY BALLSの進撃ぶりにわくわくです。
ナダルはもちろん、ベルディフやガスケやバグダティスもいるし。
ここに名前の出てない選手たちの中からもまだびっくりするような逸材が飛び出してくるかもしれないし。

彼らがこれからどんな成長ぶりを見せるか?
抜きつ抜かれつする間に、どんな名勝負を見せてくれるか?
誰がどれだけGS優勝をなしとげるか?
誰がいつナンバー1になるか?
スランプもあるだろうけど。
一体、どんなドラマが待っているのか? 
想像しただけでクラクラしてしまいます。

20才そこそこのBABY BALLSの引退話が出るのは10年も先の話。
10年間、みんながみんな常にトップにいられるだろうか・・・。

つくづく、故障を乗り越え、30才をすぎて「トップ20復帰を目指すぜ!」と言い、それをやってのけそうなモヤはえらいと思う。(モヤだけじゃないけど・・・) 

若手も中堅もベテランも・・・・・VAMOOOOOS!
[ 2007/04/06 ] テニス一般 | TB(0) | CM(5)

無法地帯!?

無法地帯

日本のテニス雑誌「スマッシュ」HPに「スマッシュ調査団」というコーナーがあります。読者からの色々な質問にとてもていねいに答えていて、とても感じがいい。


そのなかから、みなさんに読んでいただきたいものがあります:


 ★http://www.nsks-smash.com/hiroba/sonohoka.htm にある【依頼内容849】

 ★http://nsks-smash.com/hiroba/tforum.htmlにある【依頼内容321】


「肖像権や著作権といったものに関して、インターネットの世界では一部でほぼ無法地帯」と書かれています。ブログやHPをお持ちの方はもちろん、できれば読者だけの立場の方達にも読んでいただきたいと思います。

決して四角四面に「クロ」と決めつけ糾弾するのではなく、なぜそうなのかわかりやすく説明されています。


とにかく、
上記スマッシュ調査団の言葉をより実情に即して言い換えると:
 「著作権に関して、ブログの世界では一部でほぼ無法地帯」





著作権あれこれ


自分のことについて色々いいわけを考えたのですが、やめます。
かわりに、自覚してること・気がついたことなどをメモしておきます。


  • 私は、写真・記事を無断で転載・引用・翻訳している。
    出典を明記すればいいというものではないが、引用については一定の条件を満たしていればOKらしい。記事などをリンクするのは正当な権利なので、先方の了解を得る必要はない。



  • 自分で撮影した観戦写真であっても、ネット上での公開は厳密に言えばシロではない。
    (大会側からプレスカードをもらっている人でも、報道目的以外では使えないらしい)



  • 非営利サイトだからといって灰色度が薄くなるわけではない
    ただ、商用より大目に見られる可能性は高い。


  • 著作権侵害は親告罪
    つまり「あなたは著作権侵害してるので訴えます」などと言えるのは著作権者のみ。
    また、たいていの場合はまず警告がなされる。いきなり著作権料(というのかな?)請求書が送られてくることはない・・・らしい。


  • 「肖像権」というものもあるが、テニスの場合はあまり問題とされない模様。


  • 最近、右クリックで簡単にPCに取り込めないようにしている写真サイトが増えてきた:     
    http://www.tennis.info/  (ここは昔からですが)
    http://www.afpbb.com/
    http://www.viewimages.com/Search.aspx?phrase=vihome
    また、そうでなくても、ウォーターマークが目立つようになったり、写真サイズが小さくなった気がする。


  • 電子透かし」を取り入れている写真サイトもぼつぼつ出てきた模様。
    また、「◯▽テクノロジーの電子透かし使用してます。(ネット上での無断使用はバレますよ)」という但し書きがなくても、安心?できません。自分の写真を掲載しているサイトを調べるプログラムがあります。


  • 「ブログ時代」以前からテニス関連HPを持ってらっしゃる方達は、ほぼ例外なく著作権というものを遵守している。







なぜいまさら

著作権については、改めて書かなきゃな~とずっと思っていたんです。
前のブログで、法律関係の仕事をしている某有名ファンサイトのウェブマスターが「出所明記&非営利であればまず問題にはならないだろう」と言ってた・・・などと書いちゃったんですが、まさに後悔あとに立たず・・・。

今でも、ある日突然ヤフーから訴えられる・・・なんてことはまずないだろうとは思います。
が、しかし。
訴えられなければいい、というものではない。

また、このままだと、著作権のことなど全然知らない若い子がたとえば私のブログを見て「わーい、私もネットから写真を集めてテニス写真サイト作っちゃお~」→ 誰かに「それって、マズイかも」と言われる → 何がマズイのかわからないし、説明されても「だってみんなやってるじゃん」・・・こういうこともあるかもと思うとゾッとします。

ま、黙って「著作権違反ゼロブログ」をやってれば済む話なんですけど。。。





新しい流れ:アメとムチ

私が「著作権のこと書かなきゃ。でも・・・」なんてうじうじしている間に、新しい流れができてきました。

なんと「指定したブログサービスでならウチの記事や写真を使ってもいいですよ」という太っ腹な話が! 
くわしくは、nannanさんのところの記事を読んでください:

「AFP通信の新サービス」(Masters of the Game)

 http://tennis.daynight.jp/2007/04/afp.html

また、フランスのスポーツ新聞レキップ・サイトの動画にはわざわざブログ・掲示板転載用コードがあります。そのコードを貼付けると、こんな感じ:




Tennis - Coupe Davis - Russie-France - L Equipe
Tennis - Coupe Davis - Russie-France - L Equipe

Tennis - Coupe Davis - Russie-France - L Equipe
Paul-Henri Mathieu parle de la rencontre contre la Russie avant d'attaquer les simples vendredi.




(しゃべっているのは、おフランスのPHマチューざんす)


ニュース・写真など配信する側は、【アメとムチ】の両面作戦で無法地帯をどうにかしようとしてるみたいですね:



  •  無法地帯だから自衛が必要。(厳重なコピーガード)

  •  どうせ盗まれるのなら、いっそのことタダであげちゃおう。







懲りない私

私個人としては、ある程度の無断引用・転載はOKだと思ってます。

最近始めたセカンドブログ「あれこれ」なんかは、隅から隅まで引用・転載のカタマリ。

でも、記事や写真を無断拝借はしているけど、読者がなるべく元記事へ飛ぶように心がけています。無断拝借することで、ソースへのアクセスが増えこそすれ、減らないように、と。
本当は、いちいち元記事に飛ばなくても済むようにした方が読者フレンドリー=アクセスが増える=ウハウハ、なんですけど。
ま、そういう建前の裏には、「切り抜き」に使っているClipmarksというシステムがとても便利で楽だから、という本音もあります。





PS

私の事実認識の誤りや勘違い、また、ご意見などありましたら、コメント欄に書いていただけるとうれしいです。







★参考記事:
「当ブログについて」(Rogi オタワールド!blog)
  http://blog.rogiotaworld.lolipop.jp/?cid=34274

★旧「テニあれ」より 
 はじめにまじめな話
 
 新・はじめに読んでください


★参考まで:
米国著作権法における「フェア・ユース」の考え方について

 あくまでも米国での話。日本では「フェア・ユース」という法解釈はないそうです。

[ 2007/04/07 ] まじめな話 | TB(0) | CM(13)

オレンジに染まれ

上に書いたけど:

オランダvs英国
http://www.nos.nl/nosstudiosport/artikelen/2007/4/5/05041200daviscuplive.html
写真下の【NAAR DE LIVESTREAM】(=to the livestream)からライブストリーミングが見られる??? (オランダ国内だけかもしれません)
第一、私のPC(マック)でさえ何も映らないんですが。。


ベルギーのロクス兄弟が【あのヴァスケ・コールマン=鬼ダブルス@デ杯】から1セット取っちゃいました。
で、オランダ国民・・じゃなくて在住民としての義務感からオランダvs英国を覗いてみたら、オランダが5−2でリード! わお! 
オランダのハーセは昨日が20才のお誕生日だったそうです。BABY BALLSの一員として、いつか世界の檜舞台で活躍できる日が来ますように。(このままじゃ、オランダテニス界は世界から忘れ去られてしまう・・・)

あ、ちがう・・・カンチガイ。もうすでに英国の1セットアップなのでした。今2セット目で、オランダがセット1−1に持ち込めるかどうか、という場面。

SP! そして、セット1−1! ワタクシ、今日の午後はオランダ人になります。


★動画各種(オランダTV)
http://www.nos.nl/nosstudiosport/artikelen/2007/4/6/index_av.html
ビデオマークからどうぞ。
ちなみに:
 Davis Cup: samenvatting dag 1(Day1サマリー)
 Davis Cup: reactie Andy Murray  (マレィのリアクション)
 De Davis Cup-historie van Groot Brittannië-Nederland(デ杯英国vsオランダの歴史)


3セット目、オランダ3−2英国でオランダサーブということは・・・1ブレイクアップ! (ちゃんと試合見てろ~) しかし、BPx2。一個逃れてBPx1。Kom op!(=オランダ語板カモン!) デュース…オランダのジャッジミス、マレィ兄のラッキーショット?でブレイクバック。3−3。

どうでもいいが、オランダは今季からヤン・シーメリンクがデ杯キャプテン。この人、声がゴン。ふにゃふにゃ~と優しい声で話す。

英国s5−3オランダ。しかも40−0のSPx3。しかし、しのいでデュース。しかしSP4つ目。しかしハーセのレシーブがエース。マレィのサービスエース。5つ目のSP・・・やられちゃった。セット2−1で英国リード。

お隣のベルギーは・・・ドイツ2−1ベルギーで、しかも4セット目4−1でドイツがリード。こりゃダメだ。

おっと、赤ちゃんを抱えたきれいな女性が映りました。え? ハースの・・・? えーーーっ! ハースのコドモだそうです。ハースはハースでもハース姉(だか妹)ですが。

ドイツが勝って、12年ぶりのSF進出を決めました。


★動画各種(英国BBC)
http://news.bbc.co.uk/player/sol/newsid_6530000/newsid_6532700/6532743.stm?bw=nb&mp=rm
ストリーミングは英国国内だけですが、インタビューなどは国外でも見られるようです。


英国vsオランダはセット英国2−1オランダで迎えた4セット目。5−5です。
ハーセ、君は・・・若いなあ。君の若者らしいミスが、ナダルやジョコの若者離れしたプレイに慣れた目には新鮮に映る。

6−6、タイブレ。マレィ兄、冴えてます。6−2で英国の4tie points(と言うのですね)。オランダが粘りますが・・・ダメでした。

マレィ兄、すばらしいデ杯デビューでした。

私が席を外している間に・・・ルゼツキが引退宣言をした模様。とにかくデ杯はこれで最後。どうやら、ツアーからも(近いうちに?)引退。

英国の勝利を決めた最後のポイントはルゼツキのボレーでした。おつかれさま~
[ 2007/04/07 ] 2007 デ杯 | TB(0) | CM(0)

グーグルのアーカイブ検索

今頃・・ですが、
グーグルのアーカイブサーチが◎: 

 http://news.google.com/archivesearch

昨日偶然見つけました。
有料記事が検索結果に出てくることも多いけど、それはしかたない。

検索画面の【Search Archives】ではなく【Show Timeline】を選ぶと、時系列にそって記事が出てくる。私にとってはこれが特に便利。
[ 2007/04/08 ] 雑多 | TB(0) | CM(0)

きのうがっちゃんが(BlogPet)

きのうがっちゃんが、記事も検索すればよかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「がっちゃん」が書きました。
[ 2007/04/08 ] がっちゃん | TB(0) | CM(1)

バレンシア・ヒューストン - ドローとリンク集

ヒューストンでロディックとオルナが棄権。
LLはペヤとブルグスミュラー。

バレンシアでもフェレールが棄権。
LLはナバロ・パストゥール。




ATPリザルトページ(ドロー、OOP、結果など)



ヒューストン大会サイト
MTFヒューストンフォーラム


バレンシア大会サイト 
MTFバレンシアフォーラム





ヒューストン  

(1) RODDICK, Andy USA (LL)Peya vs MONTANES, Albert ESP
QUALIFIER vs RAMIREZ HIDALGO, Ruben ESP
RUSSELL, Michael USA vs GOLDSTEIN, Paul USA
SPADEA, Vincent USA vs (7) GINEPRI, Robby USA

(3) HAAS, Tommy GER vs QUERREY, Sam USA
DEVILDER, Nicolas FRA vs (WC) GIMELSTOB, Justin USA
GROSJEAN, Sebastien FRA vs HARTFIELD, Diego ARG 
KARLOVIC, Ivo CRO vs (6) BECKER, Benjamin GER


(5) MELZER, Jurgen AUT vs SCHUETTLER, Rainer GER
HANESCU, Victor ROU vs VERKERK, Martin NED 
QUALIFIER vs (WC) SWEETING, Ryan USA
VASSALLO ARGUELLO, Martin ARG vs (4) FISH, Mardy USA

(8) MONACO, Juan ARG vs (WC) GAMBILL, Jan-Michael USA
DELIC, Amer USA vs KENDRICK, Robert USA
QUALIFIER vs HORNA, Luis PER (LL)Burgsmuller
QUALIFIER vs (2) BLAKE, James USA

フェルケルクとハネスクは故障復帰者同士の戦い。
モナコvsオルナになるように願掛けしよっと。



ダブルス

1)BRYAN/BRYAN vs AUCKLAND/HUSS
GINEPRI/LIPSKY vs (wc)GAMBILL/MARTIN
3)GOLDSTEIN/THOMAS vs PARROTT/QUERREY
BECKER/BURGSMULLER vs (WC)KENDRICK/KUZNETSOV

ケンドリック・クズネツォブだなんて・・・見てみたい。
(テニスしてなくてもOK)

PEYA/PHAU vs MELO/SA
RAMIREZ HIDALGO/VASSALLO ARGUELLO
4)HAGGARD/SCHUETTLER
DELIC/RUSSELL vs FISHER/GIMELSTOB
GARCIA/HORNA vs 2)KNOWLES/NESTOR



シングルス予選

Allez-Alejo 1. Peya, Alex vs. bye
Lipsky, Scott vs. Salzenstein, Jeff
Parrott, Travis vs. Nishikori, Kei 
bye vs. 6. Kuznetsov, Alex

錦織圭が出てます。クズネツォブやペヤに勝って本選入りしたらすごい。

2. Sanguinetti, Davide vs. bye
Martin, David vs. Moser, Frank
Clayton, Alex vs. de Chaunac, Sebastien
Hipperdinger, Diego vs. 7. Dorsch, Benedikt

3. Guzman, Juan-Pablo vs. bye
Cole, Theron vs. Vemic, Dusan
Kryvonos, Nikita vs. Burgsmuller, Lars
Marshall, Jason vs. 8. Armando, Hugo

4. Phau, Bjorn vs. bye
WC. Corduneanu, Evghenii vs. Rosa, Bruno
Poerschke, Lars vs. Wolmarans, Fritz
bye vs. 5. Zabaleta, Mariano





バレンシア
 

(1)David Ferrer (ESP) (LL)Navarro Pastor vs Daniele Bracciali (ITA)
(WC)James Ward (GBR) vs (q)
Sergio Roitman (ARG) vs Jan Hernych (CZE)
(8)Guillermo Garcia Lopez (ESP) vs Evgueni Korolev (RUS)

(4)Fernando Verdasco (ESP) vs Potito Starace (ITA)
Simon Greul (GER) vs (q)
Kristian Pless (DAN) vs (q)
(5)Gilles Simon (FRA) vs Teimuraz Gabashvili (RUS)

(7)Filippo Volandri (ITA) vs Igor Andreev (RUS)
Oscar Hernandez (ESP) vs Stefan Koubek (AUT)
Alessio di Mauro (ITA) vs (q)
(3)Nicolas Almagro (ESP) vs Jan Hajek (CZE)

(6)Florian Mayer (ESP) vs (WC)Santiago Ventura (ESP)
Alejandro Falla (ECU) vs Andreas Seppi (ITA)
Alberto Martin (ESP) vs Feliciano Lopez (ESP)
(2)Juan Carlos Ferrero (ESP) vs Ernests Gulbis (LAT)

うわ、、、フェレロはいきなりタナボタ君とですか。。。
タナボタ君がクレイ苦手なことを祈りましょう。
で・・・フェレロvsフェリになったら(なってもらわなきゃ困るんだけど)、運を天にまかせます。
でも、ここでフェレロに優勝してもらいたいね、イロイロな意味で。



ダブルス

(5)Kohlmann/Lindstedt vs Butorac/Murray
Behrend/Wassen vs Kerr/Skoch
(4)Moodie/Perry vs (ALT)Gulbis/Van Haasteren
Cibulec/Roitman vs (WC)Andujar/Hernandez
Gabashvili/Simon vs (WC)Navarro-Pastor/Portas
(3)Allegro/Prieto vs Volandri/Seppi
Korolev/Koubek vs Mayer/Pless
(2)Cermak/Friedl vs Almagro/Granollers

デ杯QF終了

ということで、9月21~23日のデ杯SFは:

 ロシア vs ドイツ(ロシア開催)
 米国 vs スウェーデン(スウェーデン開催)


バモがいなくても捕らぬタヌキということで、決勝開催地は:

 ドイツ vs 米国ならドイツ
 ロシア vs 米国なら米国 (すみません、スウェーデンは興味ないので除外)

決勝はドイツvs米国を希望しまーーーす!
そしたら見にいけるもんね。

とは言ったものの、そんなバモの香りもないものにお金出すのはもったいないかも。
ならやっぱりロシアvs米国かな。で、ロシアの2連勝は悔しいので、米国が優勝でいいかな。シングルスがロディック&フィッシュなら言うことなし。
1週間早いけど、フィッシュのバースディプレゼント。(フィッシュは12月9日生まれ。デ杯決勝最終日は12月2日)

ま、これで心安らかにデ杯SFや決勝を観戦スケジュールからはずすことができます。


そして、そのSFと同時開催のワールドグループ入りを賭けたプレイオフに出場する国も勢揃いしました。
今回各地域グループ1の2回戦に勝ったブラジル、ペルー、日本、韓国、英国、イスラエル、スロバキア、セルビア
そして、2月の1回戦で負けたチリ、ルーマニア、クロアチア、オーストラリア、チェコ、スイス、ベラルーシ、オーストリア
この16カ国が来年度のワールドグループ入りまたは残留をかけて対戦します。
日本の対戦相手はどこになるでしょう? 4月11日(水)に抽選会です。




RUSSIA v FRANCE
P.Mathieu (FRA) d N.Davydenko (RUS) 26 62 61 75
M.Youzhny (RUS) d R.Gasquet (FRA) 62 63 67(8) 57 86
I.Andreev / N.Davydenko(RUS) d S.Grosjean / M.Llodra (FRA) 36 75 63 36 63
S.Grosjean (FRA) d I.Andreev (RUS) 75 46 26 63 64
M.Safin (RUS) d P.Mathieu (FRA) 76(3) 63 62
3−2でロシア勝利
最後はやっぱりサフィンがやってくれました。花束がやたらと似合ってましたね。


BELGIUM v GERMANY
T.Haas (GER) d K.Vliegen (BEL) 67(4) 75 64 62
P.Kohlschreiber (GER) d O.Rochus (BEL) 63 75 76(4)
M.Kohlmann / A.Waske (GER) d C.Rochus / O.Rochus (BEL) 46 62 63 61
3−0でドイツ勝利確定
C.Rochus (BEL) d M.Kohlmann (GER) 36 64 64
D.Norman (BEL) d P.Kohlschreiber (GER) 62 63

試合終了後、ドイツチームがベルギーチームのロッカールームにやってきたそうです。
今回みたいに楽しそうにはしゃぐ観客は見たことない、と驚いていたとか。



USA v SPAIN
J.Blake (USA) d T.Robredo (ESP) 64 63 64
A.Roddick (USA) d F.Verdasco (ESP) 76(5) 61 64
B.Bryan / M.Bryan (USA) d F.Lopez / F.Verdasco (ESP) 75 63 36 76(5)
3−0で米国勝利確定
T.Robredo (ESP) d B.Bryan (USA) 64 64
J.Blake (USA) d F.Verdasco (ESP) 63 76(3)

フェリ・ベルダスコ組、健闘。
しかし、スペイン完敗でした。


SWEDEN v ARGENTINA
T.Johansson (SWE) d D.Nalbandian (ARG) 67(3) 76(2) 62 76(0)
R.Soderling (SWE) d J.Del Potro (ARG) 76(4) 76(4) 64
J.Bjorkman / T.Johansson (SWE) d D.Nalbandian / G.Canas (ARG) 46 76(4) 62 63
3−0でスウェーデン勝利確定
J.Bjorkman (SWE) d S.Prieto (ARG) 61 62
J.Del Potro (ARG) d R.Lindstedt (SWE) 76(7) 64

ナル・・・第2試合に出るデルポのためにも自分が勝たなきゃアカン、と言ってたじゃないか~~~っ! 





ディック・ノーマンの日記より:
De duitsers zijn ons komen opzoeken in de kleedkamers, niet om ons te feliciteren met onze matchen, maar om te zeggen dat ze enorm opkeken naar de Belgische supportersgroep.  Zo'n bende uitgelaten supporters hadden ze nog niet meegemaakt.

World Group Play-offs line-up complete




[ 2007/04/09 ] 2007 デ杯 | TB(0) | CM(6)

モナコ優勝

River Oaks International決勝 
  D. Tursunov  2-6,1-0,ret N. Massu
  Hartfield/Monaco 7-6(5),2-6,7-6(8) Goldstein/Thomas

SF
  D. Tursunov  6-1,6-1 M. Zabaleta


ということで、モナコ・ハートフィールド組が優勝です!
2回勝っただけだし、公式大会じゃないけど、2回ともダブルス職人ペアに勝ったし、とにかく優勝は優勝。
よいクレイシーズン幕開けとなりました。

とにかく、この二人のダブルスだなんて・・・想像しただけでとても幸せな気分

写真アップアップ

Juan Monaco
CreativeCommons Attribution-ShareAlike License, Brianna
Photo by pfctdayelise (Brianna) - thanks so much.
For conditions for using the photo, see: http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/
写真転載については、著作権者pfctdayelise (Brianna) が条件付きで許可しています:http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/deed.ja


この人、セブとかミルニーとかイロイロ撮ってます。


flickrにも観戦写真はけっこうあるのですが、
転載を許可してる写真はやっぱり少ないようです。
ふつうに検索していたら、なかなか見つからない。
お助け検索システムなどについては、別館ブログ「あれこれ」の
flickr画像をブログで使っちゃおう】を参考にしてください。
[ 2007/04/10 ] 雑多 | TB(0) | CM(0)

クレイシーズン開幕!

ヒューストンでは、サバちゃんが予選から本選入り308
さらに:
(8)J Monaco (ARG) d (WC)J Gambill (USA) 75 64308

バレンシアでは: E Korolev (RUS) d (8)G Garcia-Lopez (ESP) 63 16 63

また夜にでも何かあれば追記します。
とりあえず、モナコとサバちゃんの勝利と、ガトの顔(@別館掲載動画)が見られてうれしい。


ヒューストン1回戦
[Q]M Zabaleta (ARG) d [WC]R Sweeting (USA) 60 76(8)
[Q]D Vemic (SRB) d R Ramirez Hidalgo (ESP) 63 60

きゃ~、サバちゃんが勝ちました!
で、先週モナコに勝っちゃったVemicがイダルゴに楽勝。
Vemicはいわゆるジャーニーマンだけど、今年は○位入り(数字忘れた)を目指すって言ってた。チャレンジャー界のサントロみたいなプレイをするらしい。(私が見たダブルスの試合ではミスばっかりで相手コートにボールをほとんど返せてなかったけど)



バレンシア1回戦
(2)J Ferrero (ESP) d E Gulbis (LAT) 63 61
(7)F Volandri (ITA) d I Andreev (RUS) 64 76(8)
E Korolev (RUS) d (8)G Garcia-Lopez (ESP) 63 16 63
(Q)A Gensse (FRA) d J Ward (GBR) 67(2) 64 63

J Wardは現在ランキング851位の20才。フェレロのアカデミーで4年半ほど修業してることもあり、今回の予選WCが出た模様。父親はロンドンでタクシー運転手をしているそうで、テニス修業に何年も資金を出せるほど裕福ではないそうだけど、有望な選手ということでアカデミーが柔軟な対応をしてるようです。(マレィが修業してた頃は、たしか年30,000ポンドかかるってことだったと思う)

Ward off temptation in his quest to follow in Murray’s footsteps(英国The Times)

デ杯プレイオフ対戦発表

デ杯プレイオフの対戦組み合わせが発表になりました。
下線が開催国)



  • オーストラリア vs セルビア
    ヒュー vs ジョコ=カンガルー vs カンガルー

  • オーストリア vs ブラジル

  • ベラルーシ vs ペルー

  • チリ vs イスラエル
     

  • クロアチア vs 英国
    ルビチッチ、出てくるようです

  • チェコ vs スイス

  • ルーマニア vs 日本

  • スロバキア vs 韓国



日本に来るのはルーマニア。
パベルとハネスクと・・・(あとは知らない)



ソース: 2007 World Group Play-off Draw
[ 2007/04/11 ] 2007 デ杯 | TB(0) | CM(8)

第1シードがそろって棄権。

<追記>
なんと・・・ 
D Hartfield (ARG) d S Grosjean (FRA) 64 64
[Q]M Zabaleta (ARG) d [4]M Fish (USA) 75 64
 
いや、チャンスはあると思ってたけど(そう思わなきゃ応援なんかしてられない)、、、

ハートフィールドは、資金の問題もあってふつうのATP大会に出る機会が少ない。(ウェアのスポンサーもついてないみたいだし) こうなったら、ついでだからハースにも勝って - その前にカルロビッチだけど - ぜひとも決勝進出を! 

サバちゃんは・・・ディフェンディング・チャンプに勝っちゃいました~~~
ヒューストンの後はまたチャレンジャーに出て、その後ローマ→ハンブルグ→ローランギャロスという予定。今156位だけど、去年秋は300位台だったことを考えると、よく戻ってきたもんだと思う。ガトもがんばれ!(と、結局ガトに話がつながる)




ヒューストンでロディックとオルナが棄権。
LLはペヤとブルグスミュラー。

バレンシアでもフェレールが棄権
LLはナバロ・パストゥール。

どちらも第1シードが棄権です。

チャンス、チャンス、チャーーーンス♪
モナコ、チャーンス!
あるいは・・ディエゴ(ハートフィールド)!
ハースとかフィッシュとかメルツァーでも悪くはないけど。
セブとかサバちゃんでも。

バレンシアはフェレロで決まり?
決勝希望はフェレロvsコロレフ。





<バレンシア>
P Starace (ITA) d (4)F Verdasco (ESP) 61 46 63
A Martin (ESP) d F Lopez (ESP) 62 36 62
Butorac/Murray d (1)Kohlmann/Lindstedt 63 67(2) 10-7 (Match TB)

フェリとベルダスコ、仲良くイチコケ・・・。ふたりでどこかに遊びにでも行く約束があったのかっ!? ま、ベルダスコはデ杯で故障したとかしないとかいう記事があったけど。。。

ベト”安定”マルティンはこのところ100位近い所まで落ちてたけど、クレイシーズンにまたランキングを戻すかな?

マレィ兄ペア
、ダブルスランキング急上昇中。





<ヒューストン>
勝敗の行方がとても気になる2試合:
 S Grosjean (FRA) vs D Hartfield (ARG) 
 [Q]M Zabaleta (ARG) vs [4]M Fish (USA)






春遠からじ

今年の春クレイで、フランコに代わってガトの臨時コーチを務めるMartin Jaiteのコトバより:


「ガストンが引退するかって? 彼が言うには、うまくボールを打てないからって即引退ってわけじゃないそうだ」
「技術面をどーのこーのするつもりはない。自信をつけるだけだ。試合中の心の持ち方を変えられるように。ガストンは勝ちたがっている。このスランプを乗り越えることができると自信をもって言える。
「練習と同じようにプレイできるように(導きたい)。そのためには、試合に勝つことによって自信をつける必要がある。以前なら楽に勝てたような相手に負け るというのはしんどいものだ。最近の戦績を見てガストンはもうダメだと思うかもしれないが、彼は力に満ちている。実際、彼の状態がいいことを知ってびっく りした。彼は現状を打破できると確信していて、練習に励んでいる。大丈夫だ。僕はヨーロッパくんだりまで遊びに行くわけじゃない。もしそうなら、ここで家 族といた方がマシだ。」



ワタシ、期待いたします。
もちろん、いきなり来週モンテカルロで優勝したり、2回目の全仏優勝・・・は無理でしょうけど。
(と言いつつ、辞書を取り出し「不可能」の文字を消しておく)





<ソース>
"Gastón tiene muchas ganas de ganar"
translated by Vale (MTF)
[ 2007/04/12 ] 選手 ガト | TB(0) | CM(0)

...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。