トップページ > カテゴリー [まじめな話 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

TVやライストに知ってる顔が映ったら・・・

TVやライストで試合を見ていると、知っている顔を観客の中に発見。
なんだか嬉しくて「◎◎さんが映ってる!」とネットに書き込む。

時々見かける光景です。

が、そういう風に書き込まれることが嬉しかったり、なんとも思わない人もいれば、そういうのは嬉しくない/困る/嫌だ・・・という人もいるのです。

書き込む前に、その人がどのタイプなのか考えてみませんか?

ちなみに、私は後者の「嬉しくない」タイプ。(チャット欄常連のHRKさんも同じく)
目安になるかどうかわかりませんが、各種プロフィール写真や選手とのツーショット写真などで顔を出している方は、気にしないことが多いようです。

映っていることを喧伝されるのが嬉しくなさそうな人だったら、書き込むのは控えてあげて下さいね。






以下、この記事を書くきっかけになったHRKさんのチャット欄への投稿を転載しておきます。(編集して太字にした部分あり): 

  
スポンサーサイト
[ 2011/11/28 ] まじめな話 | TB(0) | CM(13)

ブログに写真を貼ろう

とはいえ、ゲッティイメージなどから無断拝借するのは考えものです。(私も昔やってたけど・・・汗)
最近はブログなどでの使用可能という写真サイトが増えてきているので、そういう所の写真を使うようにしませんか?



たとえば、私も去年から使っているサイト:

http://www.picapp.com/

大中小の3サイズから選べるようで、これが一番大きいサイズ
Rafael Nadal Of Spain





それから、「ライフ」誌サイト:

http://www.life.com/

検索オプションが便利。
貼付コードは、写真ページにある【SHARE】→【Link To】
「Post in your blog or website」とあるので、ブログなどでの使用OKですが、「For personal, non-commercial use only.」とあるので個人の非商業使用に限ります。(これは、上記picappも同じだと思う)

こちらは掲載サイズはひとつだけで、こんな感じになります:





そして、個人サイト(許可などが必要)ですが、
Via's Tennis Photos (VTP)

If you want to display my photos on your personal website, you will need to email me for permission, and make a link back to my website. Forums or message boards can make links without my permission, as long as you make sure to link back to me.
 blog it





◆私の観戦写真もVia's Tennis Photos (VTP)さんみたいににできたらなあ・・とは思うものの、使っていただいたサイト様から勝手に転載される可能性とか考えると、二の足を踏んでしまいます。





ほかにも同じようなサイトがあったら、教えてくださるとうれしいです。





関連過去記事:「無法地帯!?」(1月28日追記)
[ 2010/01/14 ] まじめな話 | TB(0) | CM(0)

今更の「はじめにお読み下さい」

こんにちは。れいこです。

独断偏見 に満ちた「テニあれ」にようこそ!

・・はい、前のブログの時とまったく同じ書き出しです。以下も以前のものと基本路線は同じです。以前のものを読んだ方は飛ばして下さい。

自分についても、訪問して下さる方たちについても、【子供叱るな、来た道じゃ。年寄り笑うな、行く道じゃ。】という精神でいきたいな~と思ってます。


[ 2007/11/23 ] まじめな話 | TB(0) | CM(22)

自己紹介して下さい!

onmさんのRogiヲタフォーラム(http://rogiotaworld.com/phpbb2/)に自己紹介トピというのができました。
テニあれはフォーラムじゃないけど、お互いのことを知っているとコメントを読むのも一段と楽しくなるんじゃないかと思います。no? 

で、これからまだ10日くらいは更新も滞ることだし、よろしかったらコメント欄で自己紹介していただけませんか~? 簡単なものでも、詳細なものでも、2度3度に分けてでもOKです。追記: 個人を特定できる情報は詳細に書かない方がいいとは思うので、そこは各自でさじ加減を願います。
ちなみに、onmさん(「onama」と読むのだそうです ー 長年の謎が解けました)のフォーラムの自己紹介トピではみなさん次のようなことを中心に書かれています。

【ニックネーム】
【出身地】
【居住地】
【性別】
【テニス歴/テニス観戦歴/Rogiオタ歴】
【好きな人・もの・コト】
【苦手な人・もの・コト】
【性格】


これを流用してもいいですし(onmさんには了解をとってませんが、きっとOKだろうと・・・)、好きな形式でどうぞ。

【ご自分のサイトやブログ】をお持ちの方はその紹介もしてくださるとリンク集代わりになるので助かります。

私としては、特に【好きな選手(たち)】【選手を好きになったきっかけ・その理由】などが知りたいです。

その他、【生観戦歴】【今後の観戦予定】【好みのプレイ(テニスですよ、テニス!)】【テニス以外の趣味・興味】【ガトやバモ族についてどう思ってるか】【夢の対戦】【心に残る対戦・出来事】【選手とのエピソード】などなど、イロイロ書いて下さいね。もちろん、それに対する感想やコメントも。

楽しみにしてま~す♪


PS 私の自己紹介はまた改めてアップします。



とりあえずの自己紹介:


【ニックネーム・ハンドルネーム】 れいこ MTF ではreiko
【居住地】オランダ
【性別】♀
【星座】魚座
【血液型】AB
【テニス歴】中学途中~高校で軟式テニス(ミソッカス部員)



【好きなもの・こと】
【苦手・キライなもの・こと】



【好きな選手たち・好きになったきっかけ・その理由】
1にガト、2にガト、3にガト、4・5はモナコ、それ以下は日替わり・週替わり・月替わりetc.
ガト・フェレロ・モヤ・ラファについては別記。

モナコは2004シュトゥットガルトで(予選1回戦敗退だったのでプレイは見逃したものの)練習が終わった彼と何となくコトバを交わしたのがきっかけ。翌日、当時かなりオキニだったラファと練習に現れ、その足元(フットワーク)に魅せられた。

フェレロ、モヤ、ラファ、ガト・・・の共通点は「RGチャンピオン」。モナコもこの共通点にあてはまることになるのかどうか楽しみ。去年まではモナコだけは例外かなと思ってたんだけど。。。



【生観戦歴】経験豊富な割にはテクニックはイマイチ
【今後の観戦予定】ベルシー

【好きなサーフェス】やっぱりクレイ
【好みのプレイ】なんでもOK。クレイのいつ果てるともないラリーも、目の覚めるような美しいサーブ&ボレーも好き。
ダブルスもおもしろいとは思うんだけど、見るのはシングルス中心になってしまう。
 
【テニス以外の趣味・興味】
スポーツならラグビー。日本を出てからは全然見てないけど。
昔はよく本を読んでました。
演劇・ミュージカルとかコンサートも好きだけど、最近はご無沙汰。

【ガトやバモ族についてどう思ってるか】愛してる

【夢の対戦】ガトvsフェレロが永遠のクラシック



【テニスにはまったきっかけ】【心に残る対戦・出来事】【選手とのエピソード】
2002年RGのフェレロvsガトをたまたまTVで見て、フェレロのフォアにやられてしまった。で、(ガトには全然ひっかからず)フェレロ・ファンに。ヤフー掲示板で知り合ったフェレロ・ファンたちのおかげですっかりはまってしまう。
2002年ベルシーのある日、モヤの美しさにノックアウトされモヤ・ファンに。
2003年、バルセロナでラファを見て仰天。6月くらいからラファ・ファンサイトの掲示板に入り浸りになる。

ガトは気がついたらいつのまにかナンバー1になってたので、何がきっかけだか不明。初めて見たのはGstaad2002で、ニコラペと練習しながら手鼻を かんではコートに鼻水をまき散らしていたのが非常に印象深かった。ベルシー2002では、チェラとの練習中に1人で語り歌い笑いまくる姿が印象深かった。

2003デ杯SF(vsスペイン)では、スペインの決勝進出+ガトがシングルスで2勝を願ってたので、この頃にはナンバー1だったのかも。そのデ杯でガト は当時世界ナンバー1だったフェレロとトップ10常連モヤに惨敗。アルゼンチンのマスコミに叩きまくられ、さらに不調も重なりテニス生命のピンチ! 

翌2004年、日本からの観戦友が一緒だった心強さから、バルセロナで初めて「Good Luck」などとガトに声をかけてみる。ニッコリするどころか緊張で顔がこわばっていたのもなつかしい思い出。みごと決勝進出するも、足が痙攣してたらし いロブレドに惜敗。負けちゃったけど、決勝後の記者会見を終えたガトに「すばらしい1週間をありがとう」などと話しかける。
ハンブルグでは1回戦で当時すでにナンバー1だったフェデラーに惜敗(1-6 7-5 4-6 )。(このハンブルグではフェデラーが決勝でコリア(当時3位)を4セットで下して優勝) 負けた翌日、モヤとの練習を終えたガトに「私、RGのQF・ SFのチケットを持ってるの。そこで会いましょう!」と言うと、「アハハハ、そりゃ、いいね」と笑われた。(それまでのガトのRGでの最高成績はR16)  
で、せっかくQF・SFのチケットがあるなら、と第1週から見にいったRGでガトが優勝。この大会でのガトの試合を全部見られたのは一生の宝。



>続く

[ 2007/10/15 ] まじめな話 | TB(0) | CM(33)

賢い読者になろう

「サフィンが2010年に引退すると表明」というニュースが去年の秋にありましたね。

「ふ~ん。そのうちまた気が変わるわよ」と思った方もいるでしょうけど、「そんなぁ。。(涙)」という方も3人くらいはいたに違いありません。よく考えたら2010年にはサフィンも30才なので引退してもおかしくない。だけど、来季一杯で引退というならまだしも何故4年も先のことを・・・?

答えは: 

僕が言いたかったのは、『一体いつ引退するんですか』といった質問に答えるのに疲れたってことなんだ。その話題を終えるために言ったんだ。
MARAT SAFIN: SHUTTING DOWN THE FOESより)


なーんだ。

ニュース記事の見出しだけ見て、引退発表会見でもあったような印象を受けた方もいらっしゃるかもしれません。そういう人が2010年に「あれ、サフィンって今年で引退だよね」と思・・・わないか。。



ま、とかくニュース記事というのはセンセーショナルな方向に走りがちです。受け手側がそういったものを求めているせいもあるでしょうけど。
ニュースは売れなきゃダメなのです。経済活動だから。



新聞・雑誌やそのHPに加えて、最近はたくさんの人が自分のHP(主にブログ)でニュース関連記事を書いています。そういったブログ記事のほとんどは他のサイトからの情報に基づくもの。特にニュース記事を元にしたものが多いように思われます。

きちんとした日本語ニュースサイトのテニスニュースや記事がとても少ないこともあって、ブログでテニス界のニュースをチェックしている人も多いでしょう。(日本は有数のブログ大国だそうですから、ブログの数も多いし) 

・・・えーと、何を言いたいかというと:

 

「今日のように情報が溢れている時代には、自分でその情報を吟味し真偽を判定し取捨選択する ことがとても大切」

 


いえ、私のセリフではありません。Yuuさん(知る人は知ってる「ぐがのみち管理人)の御言葉です。



YuuさんのHPに、この情報氾濫時代に必読と思われる記事があります:

    354 ~ガセネタから逃れる術~  354 (2003年に書かれたもの)


ブログなどでニュース関連記事を書く人、そして読み手にとってもためになることが書かれています。たとえば:


「”おっ?!と目が留まったタイトルなら特に記事の中身を確認”」


中身を確認したら、元ネタを探索する旅へ。(Part 1~3)

わかりやすい例を使って書かれているので、「”ガゼネタ”ではないものの、書き手の取り上げ方や書き方によって、読み手の印象が大きく 変わってしまう」ことがよーくわかります。



「せめて自分のページでガセネタを振りまかないように気をつけてはいる」というYuuさんを、私もすこしでも見習いたいとは思っています。

でも、みなさん、ぜひこの「~ガセネタから逃れる術~」に目を通して、私のガセネタから逃れるよう自助努力なさってください。 





<ソース>
Yuu Yuu Page
 テニス部門はグガがメインですが、グガに興味のない方でも観戦記など興味深い記事あり。
 外国語ニュースを読み解くことについても興味深い記事があります:
  ~暗号解読のみち~
 Yuuさん、引用についてご快諾ありがとうございました。
[ 2007/05/09 ] まじめな話 | TB(0) | CM(0)

無法地帯!?

無法地帯

日本のテニス雑誌「スマッシュ」HPに「スマッシュ調査団」というコーナーがあります。読者からの色々な質問にとてもていねいに答えていて、とても感じがいい。


そのなかから、みなさんに読んでいただきたいものがあります:


 ★http://www.nsks-smash.com/hiroba/sonohoka.htm にある【依頼内容849】

 ★http://nsks-smash.com/hiroba/tforum.htmlにある【依頼内容321】


「肖像権や著作権といったものに関して、インターネットの世界では一部でほぼ無法地帯」と書かれています。ブログやHPをお持ちの方はもちろん、できれば読者だけの立場の方達にも読んでいただきたいと思います。

決して四角四面に「クロ」と決めつけ糾弾するのではなく、なぜそうなのかわかりやすく説明されています。


とにかく、
上記スマッシュ調査団の言葉をより実情に即して言い換えると:
 「著作権に関して、ブログの世界では一部でほぼ無法地帯」





著作権あれこれ


自分のことについて色々いいわけを考えたのですが、やめます。
かわりに、自覚してること・気がついたことなどをメモしておきます。


  • 私は、写真・記事を無断で転載・引用・翻訳している。
    出典を明記すればいいというものではないが、引用については一定の条件を満たしていればOKらしい。記事などをリンクするのは正当な権利なので、先方の了解を得る必要はない。



  • 自分で撮影した観戦写真であっても、ネット上での公開は厳密に言えばシロではない。
    (大会側からプレスカードをもらっている人でも、報道目的以外では使えないらしい)



  • 非営利サイトだからといって灰色度が薄くなるわけではない
    ただ、商用より大目に見られる可能性は高い。


  • 著作権侵害は親告罪
    つまり「あなたは著作権侵害してるので訴えます」などと言えるのは著作権者のみ。
    また、たいていの場合はまず警告がなされる。いきなり著作権料(というのかな?)請求書が送られてくることはない・・・らしい。


  • 「肖像権」というものもあるが、テニスの場合はあまり問題とされない模様。


  • 最近、右クリックで簡単にPCに取り込めないようにしている写真サイトが増えてきた:     
    http://www.tennis.info/  (ここは昔からですが)
    http://www.afpbb.com/
    http://www.viewimages.com/Search.aspx?phrase=vihome
    また、そうでなくても、ウォーターマークが目立つようになったり、写真サイズが小さくなった気がする。


  • 電子透かし」を取り入れている写真サイトもぼつぼつ出てきた模様。
    また、「◯▽テクノロジーの電子透かし使用してます。(ネット上での無断使用はバレますよ)」という但し書きがなくても、安心?できません。自分の写真を掲載しているサイトを調べるプログラムがあります。


  • 「ブログ時代」以前からテニス関連HPを持ってらっしゃる方達は、ほぼ例外なく著作権というものを遵守している。







なぜいまさら

著作権については、改めて書かなきゃな~とずっと思っていたんです。
前のブログで、法律関係の仕事をしている某有名ファンサイトのウェブマスターが「出所明記&非営利であればまず問題にはならないだろう」と言ってた・・・などと書いちゃったんですが、まさに後悔あとに立たず・・・。

今でも、ある日突然ヤフーから訴えられる・・・なんてことはまずないだろうとは思います。
が、しかし。
訴えられなければいい、というものではない。

また、このままだと、著作権のことなど全然知らない若い子がたとえば私のブログを見て「わーい、私もネットから写真を集めてテニス写真サイト作っちゃお~」→ 誰かに「それって、マズイかも」と言われる → 何がマズイのかわからないし、説明されても「だってみんなやってるじゃん」・・・こういうこともあるかもと思うとゾッとします。

ま、黙って「著作権違反ゼロブログ」をやってれば済む話なんですけど。。。





新しい流れ:アメとムチ

私が「著作権のこと書かなきゃ。でも・・・」なんてうじうじしている間に、新しい流れができてきました。

なんと「指定したブログサービスでならウチの記事や写真を使ってもいいですよ」という太っ腹な話が! 
くわしくは、nannanさんのところの記事を読んでください:

「AFP通信の新サービス」(Masters of the Game)

 http://tennis.daynight.jp/2007/04/afp.html

また、フランスのスポーツ新聞レキップ・サイトの動画にはわざわざブログ・掲示板転載用コードがあります。そのコードを貼付けると、こんな感じ:




Tennis - Coupe Davis - Russie-France - L Equipe
Tennis - Coupe Davis - Russie-France - L Equipe

Tennis - Coupe Davis - Russie-France - L Equipe
Paul-Henri Mathieu parle de la rencontre contre la Russie avant d'attaquer les simples vendredi.




(しゃべっているのは、おフランスのPHマチューざんす)


ニュース・写真など配信する側は、【アメとムチ】の両面作戦で無法地帯をどうにかしようとしてるみたいですね:



  •  無法地帯だから自衛が必要。(厳重なコピーガード)

  •  どうせ盗まれるのなら、いっそのことタダであげちゃおう。







懲りない私

私個人としては、ある程度の無断引用・転載はOKだと思ってます。

最近始めたセカンドブログ「あれこれ」なんかは、隅から隅まで引用・転載のカタマリ。

でも、記事や写真を無断拝借はしているけど、読者がなるべく元記事へ飛ぶように心がけています。無断拝借することで、ソースへのアクセスが増えこそすれ、減らないように、と。
本当は、いちいち元記事に飛ばなくても済むようにした方が読者フレンドリー=アクセスが増える=ウハウハ、なんですけど。
ま、そういう建前の裏には、「切り抜き」に使っているClipmarksというシステムがとても便利で楽だから、という本音もあります。





PS

私の事実認識の誤りや勘違い、また、ご意見などありましたら、コメント欄に書いていただけるとうれしいです。







★参考記事:
「当ブログについて」(Rogi オタワールド!blog)
  http://blog.rogiotaworld.lolipop.jp/?cid=34274

★旧「テニあれ」より 
 はじめにまじめな話
 
 新・はじめに読んでください


★参考まで:
米国著作権法における「フェア・ユース」の考え方について

 あくまでも米国での話。日本では「フェア・ユース」という法解釈はないそうです。

[ 2007/04/07 ] まじめな話 | TB(0) | CM(13)

管理人・注意書き・パスワード記事

管理人

こんにちは。管理人のれいこです。

iLOVEバモ族 238・・・
"Come on!"ではなく"Vamos!"と叫ぶスペイン語圏選手たちがダイスキです。特にGaston "Gato" Gaudio(ここでの通称「ガト」)、そしてJuan "Pico" Monacoのふたりを応援してます。

自己紹介して下さ い!」という記事で自分について書いてますが、ヨーロッパ在であることを活かして2002年半ばからあちこちに観戦に出かけているので観戦歴だけ は豊富。でも、テニスを見る目は持ち合わせてません。

このブログについては、「今更の「はじめにお読み下 さい」 」(過去記事)をご覧下さい。


管理人メールアドレス: reiko_nl#yahoo.co.uk(#をアットマークに替えて下さい)





注意書き

■間違いや不適切な表現などがないよう気をつけていますが、もしもそういうことがあったら・・・ごめんなさい。何か気がつかれましたら、ご指摘いただけると助かります。

次の過去記事にもぜひ目を通して下さいね:

■ストリーミング視聴上の注意事項
合法でないストリーミング視聴においては、ウィルス感染などの危険が高くなるようです。セキュリティ対策は万全に。特殊なソフトやプラグインのインストールを要求された場合は、よく調べてから。P2Pについては「危険性が高いので、不特 定多数のひととファイル交換するのはやめたほうがいい」としておきます。






パスワード記事

不特定多数の目にさらしたくない記事をパスワード制にすることがあります。
内輪や常連だけで盛り上がろうという趣旨ではないので、パスワード希望 の方はお気軽にメールで問い合わせて下さい。

メールアドレス:reiko_nl#yahoo.co.uk(#をアットマークに替えて下さい)




  

[ 2000/12/11 ] まじめな話 | TB(0) | CM(0)

...he looks back and decides that all those years he suffered, those are the best years of his life, cause they made him who he was. 
(From a film Little Miss Sunshine)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。